FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【成田凌、2020年後期朝ドラ『おちょやん』でヒロインの夫役 杉咲花「とても心強い」新キャスト発表 】

 
 

俳優の成田凌が、女優の杉咲花が主演を務める
2020年度後期NHK連続テレビ小説『おちょやん』(9月28日放送開始予定)に
出演することが28日、明らかになった。
杉咲演じるヒロイン・千代の夫となる喜劇界のプリンス・天海一平(あまみ・いっぺい)を演じる。

成田が演じる天海一平は、人気喜劇一座の座長・天海天海(あまみ・てんかい)の息子。
幼い頃から子役として、いやいや役者をやっていたが、
やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。
千代とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。
やがて2人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

そのほか、千代の父・竹井テルヲ役にトータス松本
千代の新しい母・竹井栗子役に宮澤エマ
芝居茶屋の女将・岡田シズ役に篠原涼子
芝居茶屋の主人・岡田宗助役に名倉潤
ライバル芝居茶屋の女将・富川菊役にいしのようこ
喜劇界のアドリブ王・須賀廼家千之助役に星田英利
上方演劇界のドン・大山鶴蔵役に中村鴈治郎
千代の憧れの女優・高城百合子役に井川遥
千代の最初の師匠・山村千鳥役に若村麻由美が決定した。

杉咲は「私の演じさせていただく千代が劇中でお芝居の世界に魅了されていくように、
素敵な共演者の皆さまとご一緒させていただける時間は、
私の俳優人生においてもきっと刺激的で贅沢な、特別な時間になるのだろうなと、
今から楽しみで仕方がありません」とコメント。

また、成田について「千代にとって、生涯良くも悪くも、
とてつもなく大きな存在になるであろう天海一平を演じられる成田さんとは
今回で5回目の共演ということもあり、とても心強いです」と述べ、
「最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなにより素敵な作品を
お届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います!」と意気込んでいる。

103作目の“朝ドラ”となる『おちょやん』は、今なお上方女優の
代名詞と言える存在で“大阪のお母さん”として親しまれてきた
喜劇女優・浪花千栄子をモデルにした作品。大正から昭和の戦前、
戦中、戦後の大阪を舞台に、貧しい家庭に生まれたヒロイン・竹井千代が、
女優の道を駆け上がっていく波乱万丈の人生を描く。
タイトルの“おちょやん”は大阪の言葉で、茶屋や料亭などで働く“小さい女中さん”を意味する。



すごい!!
やっぱり戸田恵梨香伝説は、ホントだった!!





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | おちょやん(2020年後期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【来秋朝ドラ“ヒロイン”は杉咲花「パワーと勇気を」 103作目『おちょやん』に決定】

  

NHK大阪放送局は30日、2020度後期の「連続テレビ小説」
103作目が『おちょやん』に決定し、ヒロインを女優・杉咲花(22)が務めることを発表した。
戦前から戦中、戦後にかけて活躍した上方を代表する
喜劇女優・浪花千栄子さん(1907~1973)をモデルにした
波乱万丈の半生を描き、タイトルは、料亭や茶屋などで働く
小さい女中さんを意味する古い大阪弁。
脚本はドラマ『半沢直樹』『陸王』『下町ロケット』などのヒット作で知られる八津弘幸氏が務める。

会見に白いワンピース、白い靴で登場した杉咲は「(ヒロインに決まったときは)
本当にうれしかった。こんなに感動的な瞬間があるんだぁと
一瞬パニックになって、ちょっと泣いてしまいました」と素直に喜び
「皆さんの大切な15分に、パワーと勇気をお届けできるような
ヒロインになりたいです」と笑顔で意気込みを語った。

 朝ドラには『とと姉ちゃん』(2016年前期)でヒロインの妹役を演じて以来2度目の出演。
「(『とと姉ちゃん』の)高畑充希さんをそばで見ていて、
疲れがたまっていく中でもていねいに細かく役に取り組んでおられた。
とても勉強になりました。私も最後までていねいに向き合っていけたらと
思います」といい、すでに大阪弁のレッスンをスタートさせている。

 杉咲が扮する竹井千代は明治末期、大阪・南河内の貧しい家に生まれ、
9歳で道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。女中として働くうち、
いつしか芝居の世界に魅せられ、女優を夢見るようになる。
杉咲は17歳~40代ぐらいまでを演じるという。

 制作統括の同局・櫻井壮一氏は「女優の物語ということで、
まずは確かな演技力が必要でした。加えてチャーミングさと
力強さを兼ね備えている杉咲さんにお願いすることにした」と経緯を説明。
「往時の道頓堀は、日本で一番芝居がさかんな街として栄えていた。
大阪のド真ん中を舞台に、多くの方々に楽しんでいたかけるドラマにしたい」と力を込めている。

 同作は朝ドラ103作目(大阪放送局制作として44作目)。
来年4月にクランクイン、秋に放送がスタートする。


1年後かぁ。。。

あっというまに来るんだろうな。。。






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | おちょやん(2020年後期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ