FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【主演は吉沢亮 2021年大河ドラマ『青天を衝け』 新一万円札・渋沢栄一の生涯描く】

  



NHKは9日、東京・渋谷の同局で会見を行い、2021年に放送される
大河ドラマ(第60作)が『青天を衝(つ)け』で、主演を吉沢亮(25)が務めることを発表した。
吉沢の大河ドラマ出演は今作が初めて。
脚本は大森美香氏が担当する。主人公は「日本資本主義の父」と称され
新一万円札に描かれる渋沢栄一で、その生涯と幕末から明治の激動の時代を描く。

タイトルの由来は、若き栄一が藍玉を売るために信州に旅したとき、
険しい内山峡で読んだ漢詩の一節『勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征』
(青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で
手に唾して進む)からとられた。2020年夏クランクイン予定。

 会見に登場した吉沢は「歴史ある大河ドラマの60作目の
主演をやらせていただくことになり、光栄に思っております。
歴代の大河ドラマの主人公は、名実ともにトップクラスの素晴らしい方が
演じてきた印象が強いので、僕にお話をいただけたのは光栄である一方、
プレッシャーも尋常じゃないくらいあって、今の真ん中に立って
何ができるかという不安はあるが、精一杯やりたい。
渋沢栄一の人生をエンターテインメントとして楽しく届けられるように頑張ります。
よろしくお願いします」とあいさつした。

 制作統括の菓子浩氏は「渋沢栄一という愛すべき人物を、
『青春』というキーワードでみずみずしく描きたいと考えています。
脚本の大森さんは、上質なエンターテイメントを作り上げる名手。
そして、主演の吉沢さんは、硬軟自在な演技で魅せる実力派。
骨太な人間ドラマが生まれると確信しています。
2021年、エネルギッシュでチャーミングな渋沢栄一と一緒に、
激動の幕末・明治を旅しましょう!」とコメントを寄せた。

 吉沢は1994年生まれ、東京都出身。
特技は剣道で二段の腕前。2009年に行われた
『アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン』で受賞しデビュー。
『仮面ライダーフォーゼ』(11年)の朔田流星/仮面ライダーメテオ役で注目を浴びた。
映画『リバース・エッジ』(18年)で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
放送中の連続テレビ小説『なつぞら』ではヒロインの幼なじみ・天陽役が大きな反響を呼んだ。

 脚本家の大森氏は、2015年後期NHK連続テレビ小説『あさが来た』のほか、
『ランチの女王』『不機嫌なジーン』、映画『デトロイト・メタル・シティ』
『カイジ 人生逆転ゲーム』『宇宙兄弟』などを手掛けている。

 大河ドラマは現在『いだてん~東京オリムピック噺~』が放送中。
来年は長谷川博己主演の『麒麟がくる』が放送される。

●2010年からのNHK大河ドラマと主演俳優・女優
・2020年『麒麟がくる』長谷川博己
・2019年『いだてん~東京オリムピック噺~』中村勘九郎/阿部サダヲ
・2018年『西郷どん』鈴木亮平
・2017年『おんな城主直虎』柴咲コウ
・2016年『真田丸』堺雅人
・2015年『花燃ゆ』井上真央
・2014年『軍師官兵衛』岡田准一
・2013年『八重の桜』綾瀬はるか
・2012年『平清盛』松山ケンイチ
・2011年『江~姫たちの戦国~』上野樹里
・2010年『龍馬伝』福山雅治

(オリコン)


これは大抜擢!!天陽くん!
吉沢亮は、顔だけじゃなく、とてもうまいので
見応えありそうです。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | 青天を衝け(2021大河ドラマ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ