FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【『時効警察』初のゴールデンSP放送決定 武田真治らがゲスト出演】

 

 俳優のオダギリジョーが主演するテレビ朝日系ドラマ『時効警察はじめました』
(毎週金曜 23:15~ ※一部地域除く)が10月からスタートするのを前に、
9月29日(21:00~)『時効警察 復活スペシャル』の放送が決定した。
同ドラマが、ゴールデンタイムでスペシャル放送されるのは、これが初めて。

このスペシャルでは、出向先のアメリカ・FBIから総武署の時効管理課に
舞い戻ってきた霧山修一朗(オダギリ)が、9年前に時効になった
「浦島ガソリンスタンド火災事件」を“趣味”で捜査し、ある男と事件の関連性を疑う。
その男とは、“71歳にして40代の肉体を持つ男”として
人気沸騰中のタレント・美魔王藤原で、武田真治が演じる。


「台本を読み進めるうちに、本当に生意気ながらも
『これは自分がやるべき仕事だな』と思いました(笑)」と明かし
、「誰にも頼まれていないトレーニングを長年コツコツと続けてきたことが、
この役に僕を導いてくれたのかなと考えると、本当によかったなと思いました」と話した。


オダギリについては「大きな意味では同世代なのですが、
表現者として間違いなく彼はトップランナーの1人だと思います。
認めるのは悔しいですが、繊細な表現から大胆な表現まで
いろいろできる方ですし、俳優をやる上で絶対に必要なミステリアスさを
持ち続けてらっしゃる!」と絶賛し、「『時効警察』が続けられているのは
オダギリさんのおかげだと思います」と評する。

そして、麻生久美子についても、「実際にお会いするとさらに、
“これだけの人気シリーズの看板ヒロインを演じられている魅力”が
伝わってくる方ですね。監督の要望やオダギリさんの演技に、
すごく柔軟に軽々と、すいすい合わせて演じられるので
『さすがだな!』と思いました」と振り返った。

さらに、同スペシャルには、菊地凛子余貴美子もゲスト出演する。
(マイナビ)

武田真治、めっちゃ売れっ子だわ。。。
あちこち出てる。。。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | 時効警察 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【12年ぶり『時効警察』に新時代のクリエイターが集結!大九明子、今泉力哉、福田雄一】

  

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、
助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件を捜査するシュールな
脱力系コメディーミステリー『時効警察はじめました』(2019年10月スタート)。

12年ぶりの最新シリーズとなる今回、メイン監督・脚本を務める三木聡のもと、
新時代のクリエイター勢が集結することが発表された。その顔ぶれは?

『時効警察』史上初の女性監督として初参戦するのは、今注目の映画監督・大九明子。

2017年に監督・脚本を務めた映画『勝手にふるえてろ』が、
東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ
数々の賞を受賞し大きな話題となった大九明子。

今年公開された監督映画『美人が婚活してみたら』でも高い評価を得ている彼女が、
『時効』で監督・脚本を担当し新しい風を吹かせる。

また、WEBドラマ『午前3時の無法地帯』(2013年)でオダギリとタッグを組んだこともあり、
“恋愛映画の旗手”との呼び声も高い映画監督・今泉力哉も参加。

今年公開された監督映画『愛がなんだ』は口コミで大ヒットし、
上映館が2倍以上に増加。
9月公開予定の『アイネクライネナハトムジーク』への期待も高まっている今泉が
『時効』でも監督としてその手腕を存分にふるう。

そして、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや『今日から俺は!!』、映画『銀魂』シリーズなど
エッジの効いた大ヒット・コメディーを生み出し業界内外から
熱烈な支持を受ける福田雄一も脚本家として『時効』に初参加。

さらに、話題のCMを数々手掛け、初の長編映画監督作
『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017年)が
「ヨコハマ映画祭」やフランスの「ヴズール国際アジア映画祭」で
賞を受賞するなど注目を集まる映像ディレクター・森ガキ侑大も参加。

連続ドラマ初監督作となったWOWOW作品『坂の途中の家』(2019年)も
好評だった森ガキが、『時効』で待望の地上波連ドラ監督デビューを果たす。

そんななか、大ヒットドラマシリーズ『特命係長 只野仁』(2003~2012年)をはじめ、
『時効警察』の第1シリーズでもメガホンを取った塚本連平も
『時効』の監督として舞い戻ってくることに。
ほかにも新たな脚本家として、映像と舞台の両面で活躍する田中眞一と小峯裕之が参加する。

以上のように注目のクリエイターが勢揃いする『時効警察はじめました』。
放送開始が待ちきれない!

※番組情報:2019年10月期 金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』
2019年10月スタート!【毎週金曜日】午後11:15~深夜0:15放送、(※一部地域を除く)
(ドガッチ)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | 時効警察 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【磯村勇斗『時効警察』出演 オダギリ出演作は「片っ端から拝見」】

  


俳優の磯村勇斗が、10月にスタートするテレビ朝日系ドラマ『時効警察はじめました』
(毎週金曜 23:15~ ※一部地域除く)に出演することが7日、明らかになった。 

磯村は、時効になった事件を趣味で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)と
同じ総部署・時効管理課に所属する又来(ふせえり)の息子・又来康知を演じる。

「以前から『時効警察』が好きで見ていたので『ついに皆さんと
ご一緒させていただける機会が来たのか!』と、うれしかったです。
霧山さんと三日月さんのペアがとても微笑ましくて大好きだったんですけど、
今回は2人の関係性を目の前で拝見できて、
すごく素敵な現場にいるな、と感じています」と喜んだ。

また、オダギリの大ファンとのことで、「オダギリさんが髪を伸ばしたら
僕も伸ばして1つ結びにしたり、オダギリさんがレザーのロングコートを着ていたら
僕も買ったり…と、デビュー前はよく真似をしましたし、
出演作も片っ端から拝見していたんです」と明かしたが、
「ただ、さすがに霧山ヘアはハードルが高くて、真似できませんでしたけど…」と笑顔。

「憧れのオダギリさんとの初共演に最初すごく緊張しました。
オダギリさんは穏やかな方で、撮影合間も一緒にお話をしてくださるんですけど、
やっぱり今でも一方的に緊張します(笑)」と言い、
「麻生(久美子)さんも本当におきれいな上に、"永遠の10代"みたいな
かわいい仕草が素敵で…! 本っ当にドキドキする現場です」と心境を打ち明けた。
(マイナビ)


すっごいな~
磯村勇斗。
不良少年にゲイに殺し屋に、刑事。
なんでもこなせちゃう貴重な役者だからね!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | 時効警察 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【吉岡里帆『時効警察』チームに加入!】

  

吉岡里帆が、10月期の金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』
(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)で、
初の刑事役に挑むことが分かった。

本作は、時効になった事件を趣味で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)と
助手・三日月しずか(麻生久美子)の活躍を描いたシュールな
脱力系コメディミステリードラマ。
12年ぶりの復活で、新作が放送されることは既に発表されていたが、
このほど『時効警察はじめました』というタイトルで、
前2シリーズと同じ金曜ナイトドラマ枠で10月から放送されることが決定した。

また、温和な無秩序課長・熊本(岩松了)、
無類のイタズラ好き・又来(ふせえり)、
人生の99%が無表情なサネイエ(江口のりこ)ら時効管理課の面々、
トレンチコート命の残念エース刑事・十文字疾風(豊原功補)や
いい加減を極める先輩刑事・蜂須賀(緋田康人)、
ちゃっかり鑑識官・諸沢(光石研)、
そしてナレーターの由紀さおりも12年ぶりに再結集するという。

そんな中、吉岡は本作で本格コメディに挑戦し、
さらに刑事役を演じるのも初挑戦。
「ガンバリマス!」が決めゼリフのやたらと
ガンバル刑事課期待の新人で、隙あらば霧山&三日月の
趣味の捜査に首を突っ込んでいく彩雲真空を演じる。

吉岡は前2シリーズを一視聴者として見ていたそうで、
「皆さんがまた集まることがファンとしてうれしかったと同時に、
自分もあの世界の中に入れるということで『ホントに!?』と思いました」と
目を輝かせながら告白。

現場では、のっけから“時効”ワールドに溶け込むという
潜在能力を発揮し、左腕を垂直に立て、その肘の部分に右手を添える、
気合が入りすぎて逆にゆるい「ガンバリマス!」
ポーズを自ら生み出したという。「スタッフさんとの打ち合わせで『期待してるよ』と
言っていただけたとき、無意識のうちにやっていたポーズで、
本編でも“使おう”ということになったんです(笑)。
普段はこんなポーズを取ることがないんですけど、
力が入っていたんだと思います」と振り返る。

そんな“ガンバル吉岡”は本編でも縦横無尽に大暴れするが、
「麻生さんにプロレス技をかけるという私的衝撃シーンもあるんです。
すごくドキドキしました! しかも私、劇中でプロレスラーにまで
なっちゃいます(笑)」と予告。「いろいろチャレンジできるので、楽しいです。
かなり頑張っているので、ぜひ見ていただきたいです」と意気込んでいる。

『時効警察』のメイン監督を務める三木聡とは、
映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で
タッグを組んだこともある吉岡。今回も三木監督の手腕に脱帽したそうで、
「もっと即興でツッコミやボケが飛び交っているのかなと
思っていたんですけど、特に三木さんが脚本・監督を担当される回は、
皆さんが台本にあるセリフを一語一句、絶対に変えることなく、
すべて完璧に積み上げられた会話劇になっているんです。
そこは意外でした」としみじみ。

三木聡監督も「若くてエネルギッシュな吉岡さんのテンション高めな芝居が
『時効警察』に新しいテンションをもたらし、
時効警察をよりパワーアップさせてくれていると思います」と、
早くも大きな信頼を寄せている。

また、吉岡は主演のオダギリとは初共演。麻生とは『音タコ』以来の
再共演となるが、「オダギリさんは、誰よりも皆さんのことを見ていてくださって、
とても頼もしい方。麻生さんはかわいくて、面白くて、無敵な人。
大好きです!」と声を弾ませていた。

現場ではオダギリものけぞるスピードで共演陣と一体化しているらしく、
オダギリも「新しく加わることは、不安や心配も大きかったと思いますが、
吉岡さんは見事に馴染んでいます。
というより、既にみんなから愛されています。明るくて素直で人柄が良く、
麻生さんは『こんな素敵な子供が欲しい』と、
吉岡さんの家庭環境を聞き出したりしています。
時効警察は独特な現場ですが、吉岡さんなら何の
心配もないと思います」と太鼓判を押している。

実に12年ぶりの復活となるが、オダギリはレギュラーキャスト陣と再会し
「みんな何も変わっていませんでした。見た目も変わってないし、
掛け合いも当時のまま。初日から何の違和感もなく、
12年前の感覚に戻ることができました。
ただ、みんな確実に体力は落ちています(笑)」と明かしている。
(ドガッチ)


これはナイスキャスティング!かも。
なんかピッタリな気がする。吉岡里帆。

<キャスト>
オダギリジョー
麻生久美子
吉岡里帆
ふせえり
岩松了
豊原功補
光石研
緋田康人
江口のりこ
由紀さおり

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 時効警察 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ