FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「同期のサクラ」第2話 モラハラ、パワハラ】

   

丸山智己って、こういう役、ピッタリだよね。
最近、わりといい人役やったりしてたので。
戸田恵梨香の彼氏とか。
でも、やっぱりこういう悪い役のほうが、顔にも合ってる。

相武紗季とのツーショットでは「リッチマンプアウーマン」思い出して
ひとり興奮してしまいました。
相武紗季は、また、あのときは高飛車な感じの自信満々な
仕事できます女性を演じてたけど。ここでは、ぜんぜん違うもんな~。

そんな芸達者な役者さんに囲まれた「同期のサクラ」第2話
そんな丸山智己が大学の先輩ってことでも
絶対に逆らえない、営業のキクオくん(竜星涼)。

会社では、残業を減らすようにと
各部署へ人事から通達をするのだが。
営業だけ、特にキクオだけ、桁違いの残業をしていた。
上司の桑原は聞く耳を持たず、キクオには無理難題をおしつける。
サクラの上司の椎名桔平は、
どうやら、桑原とは同期らしいけど、恐いからって、
自分からは行かない。
なんてやろうだ。たく。。。

でも、相変わらず忖度しないサクラは、
まっすぐに突き進む。
というお話だけど、

途中、ちょっと眠くなって最後まで見れずに
寝落ちしちゃったんだけど。

残り、ちゃんと見ましたよ。

もう、良いかな?と思ったんだけど。
見て良かった。

最後の10分。
このドラマは、特に大事だった。

同期の5人が、それほどベタベタする仲良しってわけじゃないけど
心の底では、とても信頼して絆が強いっていうのが伝わる。


次回は、ゆりちゃん(橋本愛)の番みたい。


だけど、ああいうサクラみたいな
ロボットKY女子って、いるんだろうか?
どうして遊川和彦って、ああいうキャラが好きなんだろ?
カホコのときも、ヘンだったけど、
もう少し人間味はあったよね。



だけどさ。
毎回、冒頭の現代シーン。
サクラが意識不明で入院してるシーン。。
もう目が覚めることはない。とか言われてるけど。
これが、最終回に来るかと思うと、
ちょっと萎えるよね。。。
こんな不幸が待ってるなんて。


【視聴率】第2話 9,5%
 少し上がった!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | 同期のサクラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「同期のサクラ」第1話 え!?死ぬの!??】

   

いきなり主人公の高畑充希が意識不明の重大状態なんだもん。
こんな始まり方ってーー;

これが最終回のシーンだとすると
かなり絶望的な未来が待ってるのかしら。。。
と思わせる、遊川和彦作品。


そして、ときは10年前。
大手ゼネコンの入社式。

高畑充希が演じる、サクラは
やっぱり、ロボットっぽい。

カホコのようでもあり、アタルちゃんのようでもあり。
ちょっとサチコも混じってて。


だけど、やっぱり見入っちゃうのよ、遊川和彦作品って。


融通がきかない、真面目すぎるサクラ。

でも、夢は表参道で仲間たちと一緒にカフェでお茶することだったりと
女の子っぽいところもあるのだ。

どうやら、あの方言は新潟らしい。


しっかし、真剣佑の顔面偏差値の高いコト高いこと。。
顔見てるだけで幸せな気分になれるよね。

そして民放久々の橋本愛ちゃん。
この人、すっごく棒だったんだよね。

「あまちゃん」のあとのNHKの主役のドラマなんか特に。
ドーナツなんとかってやつ。
もう、見てられない、聞いてられないレベルだった。

だけど、「いだてん」で久々に見たときの
まあああ!うまかったこと。
ビックリした。
身のこなしもセリフもすべてが自然で素晴らしい女優になってた。

で、今回の百合。
これも、なかなか橋本愛に合ってて良かった!!
優しい笑顔で、サクラの無謀ぶりを
広い心で受け止める。
と、思ったら、ついに切れた。

あのときは、すっごくカッコ良かった。
しかも、もっともなこと言ってたし。

だけど、サクラの言ってることも、もっともだったことが
あとで分かる。


鬱陶しいけど、きっと、人の心をぐっと掴んでしまう
そんなサクラなんだろうなって思う。

やっぱ高畑充希じゃないと、なかなかこれは出来ないよ。

菅野美穂だって、遊川和彦ロボット作品出てるけど
やっぱり、妙だったもん。
意外としっくりきちゃう高畑充希。
カホコは可愛らしかったけど。
サクラは、どんな人となりを魅せてくれるのか
けっこう、楽しみ。


社長が、カホコのジージだし。
上司に椎名桔平と相武紗季。
とーっても良いし。


本当のじいちゃんから送られてくるFAXの言葉もまた
心打つよね。


サクラが見つけて、みんなで一緒に行くレストラン?喫茶店?
あの店のオーナー?店長?老女?
あの人も、遊川和彦作品によく出てくる
「曲げられない女」や「家政婦のミタ」のミタさん。カホコの園長さん。

柳家ユカって女優さんらしい・・・・・・


わわあわわわw!!!!!!!!
なんと、遊川和彦のお姉さんなんだ@@;

知らなかった。


【視聴率】第1話 8,1%
うう~~~ん。。。裏で「相棒」拡大版だったから
30分ほどかぶっちゃってたもんなぁ。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | 同期のサクラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「同期のサクラ」高畑充希の先輩は相武紗季、草川拓弥&大野いとは隣人カップル演じる】

  



高畑充希が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「同期のサクラ」に、
相武紗季、草川拓弥(超特急)、大野いとが出演していることがわかった。

大手ゼネコン・花村建設の新入社員であるサクラが駆け抜けた
10年間を1話ごとに1年ずつ描く本作。高畑がサクラに扮したほか、
これまでに橋本愛、新田真剣佑、椎名桔平らの出演も発表されている。

相武が演じるのは、サクラたちの新人研修を担当する先輩・火野すみれ。
サクラとは10歳年が離れており、社会人や働く母として奮闘中という役どころだ。
相武は「サクラ達を時には厳しく、時には温かく見守りながら、
すみれ自身も成長していく10年になると思います。
姉御肌な役柄は初めてなので新しいキャラクターを演じることに
ワクワクしています」とコメントした。

そして草川と大野は、サクラが暮らすアパートの隣人カップル役に
キャスティングされた。劇中には毎回、彼らとサクラの
“朝の一コマ”が用意されているそうで、プロデューサーの大平太は
「今回のドラマは、サクラの10年間を描くわけですが、
全く変わらないサクラに対して、恋人から夫婦になり、
子供を産み、転職、離婚の危機を迎え……と変化していく
隣人カップルとサクラのやり取りを楽しんでもらえたらと思います」と語った。

「恋妻家宮本」の遊川和彦が脚本を手がけた「同期のサクラ」は、
10月に放送スタート。毎週水曜22時よりオンエアされる。
(ナタリー)


<キャスト>
高畑充希
橋本愛
新田真剣佑
椎名桔平
相武紗季
草川拓弥
大野いと
竜星涼
岡山天音


こっちは続々出演者、発表されてる。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | 同期のサクラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【竜星涼&岡山天音、高畑充希の同期役で出演決定『同期のサクラ』】

 

竜星涼、岡山天音が、高畑充希が主演を務める新水曜ドラマ
『同期のサクラ』(日本テレビ系、10月スタート、毎週水曜22:00~)に、
高畑演じるサクラの同期役で出演することがわかった。

『過保護のカホコ』(2017年)制作チームが集結し、
高畑は脚本家・遊川和彦と再びタッグを組む。高畑が今作で演じるのは、
過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない
、忖度できない主人公・サクラ。
物語はサクラが駆け抜けた10年間を、1話ごと1年ずつ丁寧に描いていく。
2009年春、スーパーゼネコンの最大手「花村建設」の入社式に、
明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。
名前を「サクラ」という彼女の夢は「故郷の島に橋を架ける」こと
。しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、
会社人としての歯車が徐々に狂いだす……。

竜星が演じるのは、熊本出身のアツい男でサクラの同期・清水菊夫。
大学では応援部出身で、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている。
しかし、サクラのような「故郷に橋を作る」というような明確な夢や目標はなく、
応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じている。

また岡山演じるのは、同じくサクラの同期で、
努力家で能力はあるが、なんでも悪いほうに考えてしまう
ネガティブ男・土井蓮太郎。
最初は、何にでも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的であるが、
同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていく。
(ドガッチ)



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 同期のサクラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【新田真剣佑、高畑充希&橋本愛と初共演『同期のサクラ』で社長を目指す野心家演じる】

  


新田真剣佑が、高畑充希が主演を務める新水曜ドラマ『同期のサクラ』
(日本テレビ系、10月スタート、毎週水曜22:00~)に、
高畑演じる北野サクラと橋本愛演じる月村百合の同期役で出演することがわかった。

『過保護のカホコ』(2017年)制作チームが集結し、高畑は
脚本家・遊川和彦と再びタッグを組む。
高畑が今作で演じるのは、過疎の離島で育ち、夢のためには
どんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公・サクラ。
物語はサクラが駆け抜けた10年間を、1話ごと1年ずつ丁寧に描いていく。
2009年春、スーパーゼネコンの最大手「花村建設」の入社式に、
明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。
名前を「サクラ」という彼女の夢は「故郷の島に橋を架ける」こと。
しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、
会社人としての歯車が徐々に狂いだす……。

新田が演じるのは、入社後配属までの研修期間、
サクラと同じグループになった5人のうちの1人となる木島葵。
葵は、国交省の幹部で厳格な父と、東大卒でエリート官僚の道を進む兄に
強いコンプレックスを持っている。2人に続いて、東大進学を目指すが
不合格となり、アメリカの大学に留学。卒業後、日本に帰国して
「花村建設」に入社する。新入社員ながらも「花村建設」の
社長を目指すと明言する野心家である。
また社長になる野望のためなら、サクラとは対照的に、
上司とも部下とも上手くやっていけるキャラクターとなっている。

「葵」の花言葉は、「大望」「野心」などの意味を持つ。
「故郷に橋をかける」という明確な夢を持ち、どんな状況にも
決して忖度しないサクラと共に10年を過ごすことで、人間として、
男として成長していく葵の姿に注目が集まる。
(ドガッチ)




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 同期のサクラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ