FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ゆうたろう、月9『シャーロック』でレギュラー スケボーに苦戦】

  


モデルのゆうたろうが、フジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』
(10月7日スタート、毎週月曜21:00~ ※初回30分拡大)に
レギュラー出演することが決定した。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく
古典ミステリーの傑作を、ディーン・フジオカと岩田剛典のコンビで
現代の東京を舞台に映像化する同ドラマ。
ゆうたろうが演じるのは、レオという名の謎多き情報屋の少年で、
原作に登場する、情報屋として生計を立てるストリートチルドレンがモデルになっている。

過去にディーン演じる誉獅子雄に拾われて以来、
獅子雄の指示で犯人とおぼしき人物を尾行し、有益な情報をつかんで
報酬をもらっているレオは、弱冠16歳でありながら年上の獅子雄に
生意気な口をきくこともしばしば。
しかし、その優秀なリサーチ力を武器に対等な関係を築いている。
そんなレオにとって、必需品アイテムはスケートボード。
移動手段は基本的にスケートボードなのだが、
全くの未経験者だったゆうたろうは「最初はちんぷんかんぷんで…」とかなり苦戦したという。

ゆうたろうは、今回が初対面だというディーンについて、
「第一印象は“おっきい人だな”って。背丈ももちろんなんですが、
後ろ姿にオーラがあって。はじめは緊張していたんですけど、
ディーンさんのほうから優しく話しかけてくれて緊張もすぐに解けました。
そしてとにかくカッコイイんです!(笑)。
ふとした表情でも絵になる方だなっていつも思っています。
そして、ディーンさんは自分の意見を持っている方。
誰も気を使わないで我慢しない良い空気感を作ってくださるので、
ありがたい環境でお芝居させていただいています」とコメント。

今作で披露するファッションについては「情報屋なので、
変装するシーンが意外と多いんです。毎話、全然違う髪型になったり
髪の色も変わったり。そういうところも楽しんで見てほしいです。
そして、服装もカラフルなものだったり、古着を着たりもします。
服は大好きで自分の軸としている部分。監督と打ち合わせしているときに、
“私服でいいよ”って言ってくださって、
実は私服も何着か貸しだししているんです。
僕の私服を見たことがある人は“あれ?これって”って
気付く人もいるんじゃないかな(笑)」と予告した。

太田大プロデューサーは「獅子雄とどう知り合ったのかなどは
謎に包まれており、風貌は中性的で、生活感を想像しにくいキャラクターです。
それを体現できる方として、ユニセックスな雰囲気で、
かつ、ファッショニスタとしても個性的な才能を持っている
ゆうたろうさんがぴったりだと思い、お願いしました。
このドラマのおしゃれ番長として、小悪魔的な魅力を発揮してくれることを
楽しみにしています」と期待を語っている。
(マイナビ)





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | シャーロック | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ディーン・フジオカ、主演ドラマ『シャーロック』の主題歌歌う!「ラブバラードで書き下ろしました」】

  



俳優のディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)が、主演を務める
10月7日スタートの月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)で、
主題歌「Shelly」(読み:シェリー)を書き下ろしたことがわかった。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルが生んだミステリー小説
「シャーロック・ホームズ」の原作の魅力をそのままに、
名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく
古典ミステリーの傑作を、現代の東京を舞台にスリリングかつ
スタイリッシュに映像化したもの。ディーンは本作の主人公であり、
原作上“シャーロック”に該当するキャラクター、誉獅子雄(ほまれ・ししお)を演じる。

同曲は、事件解決の天才でありながら自らも犯罪衝動を抱える
ミステリアスな男“シャーロック”が、実は過去か未来かまたは現在進行形、
人生のどこかのポイントにおいて、自分にとって
「運命の女神」とも言える一人の女性“Shelly”を一途に思う、
そんなピュアな経験をしたことがあったのではないかという、
DEAN本人による着眼点のもと書き下ろされたラブバラード。
そんな劇中では描かれることのない物語を示すことで、
頭の回転が早く、罪と悪と謎に魅せられた男からはおおよそ想像がつきにくい、
内側に秘めた知られざるロマンティックで切ない思いが、
ドラマにより一層の深みを与えてくれる楽曲となっている。

DEANがフジテレビドラマの主題歌を担当するのは、
2018年4月期に放送された木曜劇場『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』の
「Echo」以来約1年半ぶり。ほかにも、テレビ朝日系の報道番組
『サタデーステーション』『サンデーステーション』のエンディングテーマや、
ドラマ『今からあなたを脅迫します』(2017年、日本テレビ系)の
主題歌などを手掛けており、今年1月にはこれらの楽曲を収録した
アルバム「History In The Making」を発売している。

以下、DEANのコメントを紹介する。

<DEAN FUJIOKA コメント>
“シャーロック”の知られざる一面をラブバラードで書き下ろしました。
さまざまな不可解な事件や謎を解いてきた“天才”ですが、
一歩間違えば自身も犯罪者になりかねない、そんな“犯罪衝動”を抱えた危険な男。
そんな男が、謎を追いかけ、真実を突き詰めていく中で、
運命に翻弄されるのと同じように、手が届きそうで届かない“Shelly”という
運命の女神に出会ったとしたら……。そんな実際には描かれない
アントールド・ストーリーをこの楽曲で表すことで、
さらにドラマ『シャーロック』の魅力が、より立体的になると良いなと思って制作したので、
是非聴いていただけるとうれしいです。



<第1話あらすじ>
都内にある病院の中庭で、この病院に勤務する消化器内科医の遺体が発見された。
捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)は、何者かによって
屋上から突き落とされたのではないかと病院関係者へ事情聴取するが、
患者からの信頼も厚く、異性関係のトラブルとも皆無だった被害者が
殺されるはずなどないと口をそろえる。
その様子を静かに聞いていたのは犯罪捜査専門コンサルタントの
誉獅子雄(ディーン)である。
公にはしていないが、江藤は、ずばぬけた観察眼と天才的な
思考回路を持ち合わせる獅子雄の力を時折借りながら
事件捜査に当たっている。
彼らの証言に潜む虚偽を瞬時に見抜き、必要な情報と不要な
情報を整理していく獅子雄。そんな中、事情調査中にも関わらずその場を
静かに立ち去った一人の男がいた。
この病院に勤務する精神科医の若宮潤一(岩田剛典)である。
その様子を見逃さなかった獅子雄は、彼が何か真実を
握っているのではないかと察知し、重要参考人として調査を開始する。
(ドガッチ)

うひょよ~い!!

早くこいこい10月月9。





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | シャーロック | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【“あな番”で話題の山田真歩、月9『シャーロック』に出演決定】

  


女優の山田真歩が、フジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』
(10月7日スタート、毎週月曜21:00~ ※初回30分拡大)に出演することが決まった。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、
ディーン・フジオカと岩田剛典のコンビで現代の東京を舞台に映像化する同ドラマ。
『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ)での怪演で話題を集めた
山田が演じるのは、江藤警部(佐々木蔵之介)の部下で原作上の
“グレグスン警部”にあたる小暮クミコ役だ。

小暮は、警視庁捜査一課の巡査で、お調子者の上司・江藤警部を
うさんくさく感じながらも、江藤が唱える“迷”推理に鋭いツッコミを入れ、
うまいこと方向転換しながら解決へ導く冷静沈着で優秀なキャラクター。
事件現場に突如として現れる獅子雄(ディーン)のことは、
気に食わない邪魔な存在として見ているが、楽しそうに
捜査する獅子雄、若宮(岩田)の“顔面最強”バディに対し、次第に興味を持つようになっていく。


山田は「小学生の頃、学校の図書館に全巻そろっていた
『シャーロック・ホームズ』を時間も忘れて夢中で読んだのを覚えています。
今回、その世界的人気ミステリーの日本版ドラマ『シャーロック』に、
登場人物として参加できるなんてとても光栄です。
女性警官クミコを演じながらこの世界を存分に楽しみたいと思います。
スタッフもキャストも気合の入った素晴らしい方ばかり。
“毎週月曜の夜が待ち遠しい”と思っていただける、そんなドラマを
皆で力を合わせて作っていきたいと思っています」とコメント。

太田大プロデューサーは「男性陣ばかりの中で唯一の
紅一点となるクミコには、存在だけで印象に残るような方が必要でした。
山田真歩さんは、どの映画やドラマでも、怪演される場合でも、
しっとりと穏やかな役柄でも、どちらにせよ必ず強い印象を残される方なので、
お願いさせていただきました。
女性警官クミコが、教室でバカ騒ぎするような『シャーロック』の男たちを、
どこか冷めた目で見る“女子代表”として、毎回厳しく取り締まる様子を
楽しみにしています」と期待を語っている。
(マイナビ)





こういうのって、話題のドラマで話題になった俳優さんを起用するのは
いつオファーしてるんだろう?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | シャーロック | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ディーン・フジオカ、月9『シャーロック』撮影開始「記憶に残るいい思い出を」】

   

歌手で俳優のディーン・フジオカがこのほど、都内でフジテレビ系月9ドラマ
『シャーロック』(10月7日スタート、毎週月曜21:00~
※初回30分拡大)のクランクインを迎えた。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、
ディーンと岩田剛典のコンビで現代の東京を舞台に映像化する同ドラマ。
この日の撮影は、謎の死を遂げた消化器内科医師の過去をひも解くため、
犯罪捜査の専門コンサルタントである誉獅子雄(ディーン)が、
被害者の大学時代の教授を訪ねるシーンだ

西谷弘監督と綿密にすり合わせながらディーンならではの“シャーロック”像を
丁寧に探っていく。キャラクター創造についてディーンは
「今日いろいろと試すことができたので、監督とコミュニケーションを密に取りながら、
より輪郭がはっきりとした“シャーロック” 像を作っていけたらいいなと思います」と、
確かな手応えを十分に感じている様子だ。

西谷監督とは『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(18年4月期)以来、
約1年半ぶりのタッグとなるディーンだが、ブランクを感じさせない
息の合ったやりとりを見せ、「(西谷組は)同窓会みたいな感じですね。
この現場の居心地の良さを今回初めてご一緒する方にも
浸透させていけたらと思います。長いようで短い1クール、
記憶に残るようないい思い出をみんなで一緒に作れたらいいなと思っています」と
意気込みを見せた。

そして、今後バディを組むことになる、原作上“ジョン・ワトソン”にあたる
キャラクター・若宮潤一を演じる岩田との共演シーンも控え、
「岩ちゃんとは次の撮影現場で初共演になります。リハーサルで
いろいろトライしてきたので、間の感じやタイミングは分かってきています。
現場でいかに遊んで、一緒に楽しんでいけたらと」と、期待を示していた。
(マイナビ)




「モンテ・クリスト伯」も「レ・ミゼラブル」も、素晴らしいドラマ。名作だったから。
きっと今度も、魅せてくれるはず!

フジテレビは、「カラマーゾフの兄弟」もとても良かったし。
古典文学を原作にしたドラマへの取り組み方が
すごく良いので、これは期待して良いと思う。
まあ、視聴率は別として。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | シャーロック | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ディーン&岩田剛典『シャーロック』役名発表、原作イニシャル生かす】

  
 

俳優のディーン・フジオカとダンス&ボーカルグループ・EXILE/三代目
J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が、
フジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』(10月7日スタート、毎週月曜21:00~
※初回30分拡大)で演じる役名が、2日に開催された同局の10月改編説明会で発表された。

今回発表された役名は、ディーンが「誉獅子雄」(ほまれ・ししお)で、
岩田が「若宮潤一」(わかみや・じゅんいち)。
いずれも、「S・H」「J・W」というイニシャルを生かした日本名になっている。

なお、誉に事件の捜査依頼をする警視庁刑事部捜査一課の警部で、
原作のレストレード警部にあたる佐々木蔵之介が演じる役柄の名前は、
江藤礼二(えとう・れいじ)だ。

また、今作はアーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを
原作としているが、原作でわずかに言及されながら詳細が
明記されていない事件(=アントールドストーリーズ)にスポットライトを当てると説明。

これについて、太田大プロデューサーは「原作の中に70個くらい、
シャーロック・ホームズが過去に解決したとされたり、
迷宮入りしたとされる事件が存在していて、その全貌が
全く分かっていないものがあります。世界のシャーロックファンや、
その後の作家がこれに触発されて、いろんなオマージュ作品や
パロディを作って、どういう事件だったのかをかなり多く創作してきたのですが、
今回、現代日本にシャーロックを蘇らせるということで、
新たな解釈をわれわれとしても求めて作っていきたい。
それによって、オリジナリティを作れたらと思います」と意図を語った。
(マイナビ)






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | シャーロック | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ