FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【木村拓哉主演「教場」白髪、義眼の木村拓哉】

   

木村拓哉は、「グランメゾン東京」あたりから変化したのかと思ったけど。

どうやら、この「教場」
いや、その前に放送されていた映画「マスカレード・ホテル」あたりから
変化したみたいに思えた。

「マスカレード・ホテル」のほうは、また別に書くとして。


「教場」とっても、良かったです。

等身大の木村拓哉が見れた気がする。
無理に、「ぶっちゃけ!」みたいな若作りキャラじゃなく
白髪っていうのが、もう、
実際、この風間教官は、何歳なのかはわからないけど。
外見どおりの年齢にふさわしい感情をいっさい表に出さず
冷静で、冷徹。
落ち着きのある風間像を演じてた。


それにしても、警察学校。
警察官になりたいという生徒って、こんなに悪い人
多い!???って、ちょっとびっくりなんだけど。。。


おとなしめで、人見知り。
ちょっととろくて、表だってバカにはされてないけど
少し卑屈な男、平田を
これまた、林遣都が、すっばらしい演技で魅せてくれた。

朝ドラの信作とは、また別人。
ましてや「おっさんずラブ」の牧の片鱗なんて、ありゃしない。
すごい演技力の幅広さを、再び見せてくれたって感じ。

かばっていたのに、殺されそうになる
教師を2年間していた宮坂を、工藤阿須加。

この宮坂が、またガタイはいいけど
ちょっと弱気なのか。
何度も危ない目に合うんだよね。
それも、同じ教場の生徒に脅されるっていう。

工藤阿須加も、「ニッポンノワール」の悪人とは
まったく別人。
でも、やっぱり、こういうキャラのほうが似合ってるかな~。


林遣都が、そうそうに警察学校リタイアしたと思ったら
葵わかなも、けっこう早い段階でリタイア。

とても仲の良かった楠本(大島優子)が
実は、葵わかなが演じる岸川に脅迫文を送っていたという
とても怖いお話。。。。

それも実際、楠本の勘違いだったっていうから恐ろしい。。
なのに、仲良しで半ば楠本に依存していた岸川は
なんと、
なんと、なんと!!!
楠本を、あれ、殺そうとしたのかな。。。
死んでもおかしくなかったよね。

駐車場で作業していた楠本を
立体駐車場の機械を動かして、体を挟んでしまうっていう。。。

ほんとに。

こんな子は、やっぱり警察官になってはいけないよねーー;


でも、楠本のほうは、風間から指摘されて
自分の間違いに気づく。

やって、やられて。
生まれ変わったのだと心をいれかえる楠本。

その楠本を好きな南原(井之脇海)は
拳銃マニアで、自ら改造銃を作っていたというとんでもない生徒だった。


こんな問題児たちを、
風間は、ものすごく鋭い観察眼で
生徒一人ひとりを、とてつもなく注意深く見ていて
察していくのよ。
すごい。

その解決のしかたも見事だったし。

怖いし、冷たいけど。
決して不条理ではないんだよね。
筋が通ってる風間教官。

そして、なにより、警察官になるには
人の心がわからなくてはダメだし。
広い視野も必要。
色んな角度から物事が見られないといけないということを
言葉ではなく、
きっちり教えてったと思う。


脚本、君塚良一さん。

さすがです。!!


そして、音楽。

とっても印象に残る
そのシーンで効果的に素晴らしい音楽が流れて
いったい誰なんだろ?と調べたら、

そうか~~~
佐藤直紀さん。。
なるほど。。。。


すごいスタッフが勢揃いしてたわけだ。


大島優子も、とてもうまかったし。


注目の川口春奈も、
自信過剰で、偉いママのもと
甘えて育ったわがまま感もよく出てたし。

それより、富田望生。
ホント、この人、うまい!!!

すっごく良かったです。今回も。


三浦翔平の涙も良かったし。


そして、一番印象に残った生徒は
都筑を演じた味方良介だった。
あの存在感。
あの迫力。
一本筋が通った曲げない都筑を
本音をひた隠していた、本当はものすごく熱いものを持っていた都筑を
素晴らしく演じてた。
この味方良介って、誰なんだろう??って、
ちょっと調べたら、今回、ドラマは初出演だとか?
テニミュの舞台俳優さんだったらしい。
どうりで。。。。

その舞台っぽい大げさにもなりかねない大きな声は
逆に、とても警察官らしくて、良かったよ。
この人は、伸びてってほしいな。
色んな役で見てみたいな!と思ったな。




風間教官が、義眼になった経緯を
もっと詳しく、再現含めて見たかった気がするけど。
二夜連続、とても楽しませていただきました。

ただね、風邪で寝込んでいたのでリアルタイムで
寝ながら見てたんだけど。



CM多すぎ!!!!
最初の20~30分過ぎたら、1シーンごとに
5分おきじゃないかと思うくらいにCMCM.

だから、リアルタイムで見なくなるんだよ。
わかってない。フジテレビ。
わかってない。民法。ってホント思ったわ。。。。



【視聴率】第1夜 15,3%  第2夜 15,0%


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | 教場 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【木村拓哉の目に“義眼”がはっきりと…『教場』新ビジュアル公開】

   

俳優で歌手の木村拓哉が、フジテレビ開局60周年特別企画ドラマ
『教場』(1月4日・5日21:00~)で見せる新たなビジュアルが27日、公開された。

長岡弘樹氏の同名小説が原作の同ドラマは、木村演じる警察学校の
カリスマ教官・風間公親が、極限状態を生き抜く生徒
それぞれのよこしまな思惑を暴いていくミステリー。
今回公開されたビジュアルは、風間の“義眼”がはっきり分かる画像となっている。

原作では「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されている風間。
この役を演じる上で“義眼”をつくりあげることにも、かなりの時間を費やしている。
髪型同様、義眼に関しても何度も監督やヘアメークと話し合いを重ね作り上げた。

外で太陽の光が当たった時の見え方、建物の中で暗い時の見え方、
さらにはその姿をカメラで撮影した時の見え方などあらゆる形を検証し、
その中で一番迫力が伝わるものとしてできあがったのがこのビジュアル。
見るものすべてを見透かしているようなその眼差しからは、恐怖すら感じる。

また、予告動画第5弾として、教官・風間公親の義眼がより分かる
映像もきょう27日10時から、フジテレビ公式のYouTubeで公開される。
(マイナビ)



「グランメゾン東京」も、とても良かったので
期待しちゃう。

フジテレビでメイキングやってたけど。
けっこう面白そうだった。
注目の川口春奈も出るしね!




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | 教場 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【木村拓哉、衝撃の白髪ビジュアル 撮影現場で一般人も気づかず】

  


俳優の木村拓哉が、フジテレビ開局60周年特別企画ドラマ『教場』
(来年1月4日・5日21:00~)で演じるビジュアルが30日、公開された。

長岡弘樹氏の同名小説が原作の同ドラマは、木村演じる警察学校の
カリスマ教官・風間公親が、極限状態を生き抜く生徒それぞれの
よこしまな思惑を暴いていくミステリー。
原作で、風間のビジュアルは「冷厳な白髪教官」
「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されているが、
今回、白髪で色のついた眼鏡をかけ、手には白手袋を持ち、
肘をたて指を組んでたたずんでいる木村の姿が公開された。

木村が俳優として白髪で演技をするのは、今作が初めて。
顔の右側には影が落とされており、その全貌は明らかになっていない。
しかし、よく見ると原作で「義眼を思わせる」と表現している右目も、
わずかに確認することができる。

このビジュアルは、中江功監督をはじめ、ヘアメーク担当やスタッフと
木村とで何度も話し合いを重ね作り上げたもの。
よりリアリティーのある白髪の表現を探るため、髪の毛のブリーチや
白髪に染めることなど、いくつもの選択肢を探り、
木村自身もすぐにオーダーに対応して臨むほどの気合の入れようだったという。

ヘアメーク担当によると、参考にしたのは原作『教場2』の書影。
その書影には風間の後ろ姿が描かれており、髪の毛の生え際は白髪だが
他の部分は黒髪も多くある。すべてを白一色にするのではなく、
黒を残す事でより原作に近い“風間公親”を表現した。

木村は、自身のビジュアルに関して、
「撮影現場に来られた一般の方が『今日木村拓哉が来ているってどこにいるの?』と
言っている横に自分がいました(笑)。
それくらい分からなかったんじゃないかなと思います。
普段との見た目のギャップがあったのかもしれないですね。
本編のできあがりが本当に楽しみです」と、その変貌ぶりに本人も驚きつつ自信を覗かせた。




これ、もしかしたらこれまでのキムタクとは
まったく違った役柄だったのかも。
だから「グランメゾン東京」での演技にも変化が起きたのかもしれないな。とか
勝手に思ってしまった。
これは、期待しちゃう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | 教場 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【木村拓哉主演『教場』に小日向文世・佐藤仁美・和田正人・ノンスタ石田ら】

  


俳優の木村拓哉が主演するフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ
『教場』(2020年新春、2夜連続放送)の新たな共演者として、
小日向文世、佐藤仁美、和田正人、石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、
筧利夫、光石研の出演が16日、発表された。
長岡弘樹氏の同名小説が原作の同ドラマは、木村演じる警察学校の
カリスマ教官・風間公親が、極限状態を生き抜く生徒それぞれのよこしまな
思惑を暴いていくミステリー。

小日向が演じるのは、今作の舞台である神奈川県警察学校の
学校長・四方田秀雄。風間を陰で支え、校内で唯一風間の過去を知る人物で、
「これまでと違ったシチュエーションで木村君と共演できるのも、
とても期待が膨らみました。今回の現場での木村君は
今まで見たことのない木村君で、とても新鮮でした。
この作品で、木村君はまた新しい役に出会い、これまでとは違った
人物像を確実に作り上げていました。また、彼らを本当に警察学校の
生徒だと思ってしまうくらい必死に警察訓練を受けて臨んでいる生徒役の
若い役者陣も常に緊張感をもって真剣に演じているので、
見ごたえのある作品になるのではないかと思っています」と語る。

佐藤が演じるのは、風間教場の副教官で、生徒から
「お酒を飲み過ぎたようだ」と言われる服部京子。
「木村さんは、教官役ということもあってなのか、
生徒たちに時には厳しく、時には優しくと、生徒たち中心の
気遣いがすごかったです。もう、教官やん!!!という感じでした。
それに、ちゃんと、ついていこうとする生徒たちしかいませんでした。
いつもいい緊張感の中での撮影だったと思います」と振り返った。

和田が演じるのは、同じく副教官で時に威圧的な態度や発言で
生徒たちを攻め立てる須賀太一。「木村さんが、すでに役柄を
身にまとわせた状態で生徒たちにぶつかっていく姿を目の当たりにし、
心が震える程の刺激を受けたことを覚えています。
この『教場』という現場では、一瞬でも気を抜いてはいけない、
教官と生徒の本気のぶつかり合いが求められる場であるとも思いました」と実感を語る。

石田が演じるのは、生徒の1人・樫村卓実(西畑大吾)の
大学の先輩で、横須賀白澤署の警察官・尾崎賢治。
「木村さんと絡むシーンは残念ながらなかったんですが、
僕の撮影初日にお会いすることはできました。が、緊張であいさつが
精いっぱいで話しかけることすらできない自分が本当に情けなかったです。
不慣れな現場で右も左もわからない僕でしたが、
キャストもスタッフもみなさん優しく、楽しくやることができました」と充実の様子だ。
(マイナビ)


<キャスト>
木村拓哉
工藤阿須加
川口春奈
林遣都
葵わかな
井之脇海
富田望生
味方良介
村井良大
大島優子
三浦翔平
小日向文世
佐藤仁美
和田正人
石田明(NON STYLE)
高橋ひとみ
筧利夫
光石研


新年のSPドラマだけあってキャストも多いし、めちゃ豪華だけど。。


だけど?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | 教場 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【大島優子、ショートカットで体作り 木村拓哉と6年ぶり共演】

  

俳優の三浦翔平と元AKB48で女優の大島優子が、
フジテレビ開局60周年特別企画ドラマ『教場』(2020年新春、2夜連続放送)に
出演することが27日、明らかになった。

長岡弘樹氏の同名小説が原作の同ドラマは、木村拓哉演じる
警察学校のカリスマ教官・風間公親が、極限状態を生き抜く
生徒それぞれのよこしまな思惑を暴いていくミステリー。
三浦と大島は、生徒役で出演する。

三浦が演じるのは、元ボクサーである最年長(32歳)生徒の日下部准。
自身の役どころについて「ボクシングで挫折し、
もう後がなく、絶対に辞められない気持ちで臨んでいるのですが、
やはりどこか甘えが出てしまい、そこを教官につっこまれていく。
すごく人間らしいです。日下部には、学校の隅で家族に電話する場面や、
風間教官に“辞めたくない”と言い切るところなど非常に
人間味のあるシーンがたくさんあるので、全体を通して見てもらえば、
彼の人となりが良くわかるかと。“すごくいいやつだな”と(笑)」と語る。

初の父親役で、初共演となる木村については
「本当に教官らしいたたずまいで、良い意味のプレッシャーというか、
ピリっと現場が締まります。でも、怖いというのではなく、
実際の教官と生徒のような感じの関係と距離を作ってくださっています。
そしてスタジオを出れば、気さくに話しかけてくれるので、とても楽しいですね。
良い意味でオンとオフが切り替えられていると思います」と印象を述べた。

一方の大島が演じるのは、元インテリアコーディネーターの楠本しのぶ。
ほかの女性生徒役のキャストと同じく、印象的なショートカット姿を見せる。
「最愛の人が亡くなった過去を持ち、復讐と友情の間で葛藤を抱えながら、
警察官を目指す女性です」と役柄を説明し、
「キャストの中でも小柄なので、ジムに通い、体作りをしています。
撮影の他に訓練などもあり、体力も必要になるのでしっかり食べています!」と役作りを紹介。

木村とは『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(13年、TBS)以来
6年ぶりの共演で、「以前、兄妹役で共演させていただきました。
今回は、常に教官として生徒30人に目を配ってくださり、
まさに、そこに風間教官がいます」と語った。

西坂瑞城プロデューサーは「事前訓練でも風間教場が同じベクトルを向くため、
お2人はリーダーシップを発揮し、作品を背負ってくれています。
それは全員で教場卒業を目指そうとする日下部としのぶの姿と重なります。
果たして、風間教官の強固な壁を生徒全員で突破することができるのか?
三浦さんと大島さんにその成否がかかっているといっても
過言ではありません」と期待を示している。
(マイナビ)


<キャスト>
木村拓哉
工藤阿須加
川口春奈
林遣都
葵わかな
井之脇海
富田望生
味方良介
村井良大
大島優子
三浦翔平


<放送日>
2020年新春 二夜連続放送
脚本:君塚良一

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | 教場 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ