FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「TWO WEEKS」第1話 はめられた三浦春馬】

 

スピーディだ。
しかも、ギリギリの究極状態まで追い込んでいくところ
やっぱり、こういうところは韓国ドラマならでは。なのかも。

なんかね、もう最初から、柏木愛は
殺される気配プンプンだった。。。

だいたい高嶋政伸の秘密を暴くために近づくなんて。
無謀すぎる。
それをやらせていた、検事、芳根京子。
月島楓。

っていうか、冒頭で結末流されちゃってたしな。。。
こういう演出、分かりづらくなるから
やめてほしい。

なんで愛は、命をかけてまで楓に強力したのか。
楓は、どうして高嶋政伸を調べていたのか。


チャラい三浦春馬は鑑定士。
愛は、お金には困ってないはずなのに
三浦春馬、結城大地の店に色んなものを持ってきては
換金してもらう。
大地の顔見たさ。らしいけど、それを高嶋政伸に知られてしまう。

それだけで愛は殺され、大地がやったことにされてしまったわけでは
ないと思うけど。

その大地と高嶋政伸の関係は・・・?



ある日、昔の恋人すみれ(比嘉愛未)が
大地に会いにやってきた。
よほどひどい別れ方をしたのか、
自分から会いにきたのに、すみれは、すごい態度。

娘が白血病なのだという。
8才になる娘。

それは、大地と付き合ってたときに
妊娠がわかり、おろすしかないと
病院まで一緒に来ていた大地に言われた回想シーンが流れる。

しかし、すみれは堕ろさず、生んでいたのだ。

突然聞かされた娘の存在。

その娘が白血病で骨髄移植のドナーを探しているのだと聞かされる。
検査をすると、適合した大地に
手術当日、2週間後に病院に来てほしいと頼まれる。

検査のときに、入院している少女と出会った大地。


「おとうさん・・」と、気軽に話しかけてきた少女は、
はなだった。

はなちゃん。
お父さんの写真、持ってたんだね><。。。
すぐに分かったんだ。
あんなイケメンだもんね><

すっごく嬉しそうだった、はなちゃん。

大地も、看護師に「はなちゃん」と呼ばれていた少女が
本当に娘だったことが
たぶん、分かったんだね。。。


怪我をしないでください。
お酒、タバコも控えてください。と注意を受けたのに。


はめられて、殴れられて。

意識が戻ったときには、血だらけのナイフを持たされ
その目の前には、愛が殺されていた。
都合よく、そこに警察官まで現れる。
こりゃ絶体絶命だわ。。


護送される大地。。。

ドナーの話をしても弁護士に
それは無理だろうと言われる。

護送される大地。。。


護送される大地。。。



え!
こんなことって!


これは、偶然に起きた事故?
なんだよね。


とっさに警察官を揺り動かすけど
応答がない。
ハッとした大地は、すぐに手錠をはずし
倒れたバイクを起こして
乗った。。。


この2週間を描くのか。

これは、ドキドキハラハラ。
追っているのは警察だけじゃないだろうし。

今、保釈された容疑者が逃亡するのが流行ってる?けど。


すみれの婚約者の三浦貴大は、
やっぱり刑事か~。
今度は医者じゃなく刑事。
どっちも似合うよね、この人。

「神酒クリニック」のときに、やっぱり囚人の男が
娘の白血病を助けるために
三浦貴大たち医者が逃走するのを手助けして
ドナーにしたって話があったっけ。。。
今回は、さすがにそうはさせられない。

でも、はなちゃんとも仲良しで
とても信頼されてるよう。
もしかしたら、この人が、本当に大地を救うなんてことが
ある?


【視聴率】第1話 8,4%
やっぱ一桁かぁ。。この枠は、なかなか厳しいよね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

br_decobanner_20110417165910.gif | TWO WEEKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【磯村勇斗、ジルベールの次は殺し屋に!三浦春馬主演『TWO WEEKS』に参戦】

  


磯村勇斗が、7月16日からスタートする三浦春馬の主演ドラマ
『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)に出演することがわかった。

同作は殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、
白血病の娘(稲垣来泉)の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描く
タイムリミットサスペンス。
三浦に加えて、結城を追う新米検事・月島楓役として芳根京子、
新人刑事・乾大輝役として鈴木仁、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、
結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、
悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演する。

三浦春馬の鋭いまなざしが印象的なティザー映像解禁!『TWO WEEKS』
磯村が演じるのは、逃亡中の結城が遭遇する冷酷な殺し屋・灰谷。
闇をまとった不気味な雰囲気と殺気を帯びた目が印象的だが、
誰からの指示で動いているか、そして結城にとって敵か味方かも不明の謎の男。
灰谷の登場は第2話(7月23日放送)からだが、結城の逃亡劇に
大きな影響を与える重要なキーパーソンとなる。

連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で注目を浴び、『今日から俺は!!』(日テレ系)での
卑劣なヤンキー・相良猛役、
『きのう何食べた?』(テレビ東京系)の自由奔放なジルベールこと井上航役など、
次々と話題作で鮮烈なインパクトを残してきた磯村。
寡黙な殺し屋として、視線や表情での繊細な芝居が求められる今作で、
今最も注目を浴びる若手俳優の一人である彼がこれまでで
最も凶悪な役をどう演じるのか、期待が高まる。
さらに、三浦とは激しいアクションシーンも予定されており、
逃亡犯・結城と殺し屋・灰谷がどう関わり合いながら物語が進行していくかにも注目だ。
(ドガッチ)


<キャスト>
三浦春馬
比嘉愛未
三浦貴大
芳根京子
黒木瞳
高嶋政伸
磯村勇斗


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | TWO WEEKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【比嘉愛未、連ドラで初めての母親役「ターニングポイントになる」】

   
 

女優の比嘉愛未が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『TWO WEEKS』
(7月スタート、毎週火曜21:00~)に出演することが6日、明らかになった。
連ドラで初めて母親役を演じる。

同作は、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、
突然存在が明らかになった白血病の娘・はなを救うために
逃亡する2週間のタイムリミットサスペンス。

比嘉が演じるのは、結城の元恋人・青柳すみれ。
8年前に結城から一方的に別れを告げられた後、
結城に黙って娘のはな(稲垣来泉)を産み、
シングルマザーとして育ててきた。
しかし、白血病に侵されたはなのドナー適合者を探すため、
はなの父親である結城のもとを訪れる。

比嘉は「連ドラでは初めての母親役ということで、
役者として1つのターニングポイントになる挑戦です。
だけど、乗り越えた先は絶対景色が変わるような気がしますので、
楽しみながら取り組んでいきたいです」と意気込みをコメント。
「すみれは信じられないくらい不運な女性ですが、
相当な覚悟と強い母性を持った女性です。その複雑さも繊細さもひっくるめて、
すみれの思いを自分の中に落とし込んで演じていけたらと思います」と意欲を示した。

ほかにも、すみれの婚約者で結城を追い詰める刑事・有馬海忠役で三浦貴大、
結城と古くから付き合いがある実業家・柴崎要役で高嶋政伸、
楓(芳根京子)を娘のようにかわいがる
国会議員・久我早穂子役で黒木瞳の出演が決定。

三浦は「ただの正義漢ではない、有馬なりの葛藤や、
愛情を丁寧に演じていければ」、高嶋は「狂気じみた笑顔が、
今回の役における芝居で重要なポイントだと思うんです」、
黒木は「早穂子の正義感がどのように崩れていくのか、
とても楽しみにしているところです」と、それぞれ語っている。
(マイナビ)


<キャスト>
三浦春馬
比嘉愛未
三浦貴大
芳根京子
黒木瞳
高嶋政伸



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | TWO WEEKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「三浦春馬」が夏ドラマで主演、フジ得意の韓流ドラマ・リメイクで父親役?】

 
 

柳楽優弥に池松壮亮、林遣都と“俳優つぶぞろい世代”の
1990年生まれにあって、忘れていけないのがこの人、
三浦春馬(29)の存在である。このたび、7月から始まる夏ドラマの主演に内定した。

フジテレビ関係者が言う。

「うちの火曜21時枠に、三浦が主演することが決まりました。
2013年に韓国で放送された『Two Weeks』というドラマのリメイク作品です。
オリジナル版は、白血病を患う娘がいる父親が、
骨髄移植手術に同意したその矢先に、国家的な陰謀に
巻き込まれるというストーリー。手術までの2週間、
自らにかけられた疑いを晴らし、娘を救うことができるのか……
という逃走劇を軸としたヒューマンドラマです。
三浦が演じるのはこの父親役になると見られます。
オリジナル版はBSフジで15年に放送していました」

 三浦が地上波の作品で主演を張るのは、
17年の『オトナ高校』(テレビ朝日系)以来となる。
その経歴を振り返れば、08年と10年に2シーズンで放送された
『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)や、戸田恵梨香と共演した
11年の『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)など、
数多くの作品で主演を務めてきた実力派だ。

 とはいえ、不安要素がないわけではない。
前述した直近の地上波主演作『オトナ~』の平均視聴率は3.3%(
視聴率はビデオリサーチ調べ関東地区。以下同)だった。
同じ「土曜ナイトドラマ」枠で翌年放送された『おっさんずラブ』は平均4.0%、
最終話で5.7%を記録したことを鑑みれば、やや物足りない数字だ。

「フジの火曜21時の連続ドラマ枠は、関西テレビの制作です。
最近こそヒットに恵まれていないものの、
一昨年に放送された小栗旬と西島秀俊ダブル主演の
『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は平均10.6%と悪くなかった。
今回の『Two~』原作も同じくアクションが映える作品ですから、
数字は狙えるはずです」(同・フジ関係者)

もうひとつヒットの“担保”となりそうなのが、すでに韓国で
ヒットした作品のリメイクという点である。ここのところ多い
韓国リメイクの連続ドラマ作品をまとめたのが、
掲載の表である(昨年、テレ朝系で放送された松嶋菜々子主演
『誘拐法廷〜セブンデイズ〜』もリメイク作だが、単発のため割愛)。
15年以降、コンスタントに放送されているうえ、
7本中じつに5本がフジ系列の作品。韓流モノの“輸入”には定評があると言えそうだ。


「余談ですが、原作がドラマではないものの、フジで11年に放送された
反町隆史の『グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜』も、
韓国の小説の映像化でした。なんだかんだ言って、
フジは韓流モノが好きなんですよね。
昨年の『グッド・ドクター』は平均11.2%といい数字だったわけで、
韓流リメイク作で結果が出たのは事実。
局としても、すでに人気がある作品を下敷きにすることで、
ある程度の視聴率は見込めると判断しているのでしょう」(同・フジ関係者)
(デイリー)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





韓流のリメイクって嫌われるのに。。。


br_decobanner_20110417165910.gif | TWO WEEKS | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ