FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「サギデカ」最終回 一番悪い奴】

  
 

加地(高杉真宙)をわざと逃していた今宮(木村文乃)。

再び、今度は高額の詐欺で動き出した加地は
番頭(長塚圭史)が首魁(田中泯)に金を届けるのを
自分が行かしてくれと言うのだが、やはり、それはさせてもらえなかった。

金を持っていけと言われ、
車のトランクのバッグから金を取る時に
加地は、自分のスマホをバッグの底に入れ込んだ。。。


いやぁ・・・
これは、バレるよね。
絶対、分かっちゃうよね。
中身見れば、すぐに見えちゃう。
GPSだって気づいちゃうし。

田中泯のすぐ近くまで追いかけられたかと思ったけれど。。。


やっぱり。。。。


加地、やられてしまった。


消息が消えた加地を心配する今宮。

すると、加地から連絡が入った。

生きてたのか。
あんな殴られ方して、生きてたのか!!

そこからの警察の追い込みは、すごかった。

あっというまに、首魁の田中泯まで繋げてしまった。
やっぱり、暴力団組長だったわけか。
にしても、この田中泯さん。
こんなスキンヘッドにすると、本当にスゴミがあって不気味さも増して
それっぽく見える。


けっこう、あっけなく逮捕出来て、
番頭も逮捕。
加地も無事に救い出すことが出来たわけだけど。。。

今宮、ビックリ。

なんと、田中泯と、廻谷(青木崇高)がつながっていたのだ。

廻谷を取り調べることになった今宮。


驚いた~。
日本中にはびこるオレオレ詐欺の構造を考えたのが
この廻谷だったとは。
廻谷の母と田中泯が幼なじみ。
いったい母親って、何者なんだろ。


でも、確かに今宮と廻谷の出会いは偶然だったし。
廻谷は、今宮の前では、実直だったと思う。
ほら、やっぱり好きだったんだ。今宮。
取り調べで告白とは。

それを、じっと見ている眞島秀和さん。
ここでは足ドンはなかったけれど。


犯罪を愛しそうになってしまう今宮。
そっちがわの人間でなく、警察官になって、
その思いを打ち消すかのように犯罪を憎み許さない正義感という名の
裏表、ギリギリの思い。


ううううーん。
木村文乃にそんな細かい表現が出ていたかどうかは。

頭にきた感情的なって吐き出すセリフが
ちょっとまだ、わざとらしい感じが抜けきれないCMみたいなところが
やっぱり、気になったけど。
でも、雰囲気はすごく良いし、
好きな女優だし、ま、いっか。そこは。



高杉真宙くん。
警察だったり犯罪者だったりと
最近、大活躍の若手俳優。
ホントに若手俳優、すごい競争率なので大変だと思うけど
さらに印象に残る演技を身に着けて頑張ってほしいわ。


おもしろかったです。

青木崇高さん、やっぱ良い役者だなぁ~
優香、良いなぁ~^^;

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | サギデカ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「サギデカ」第3話 ヘビーだった第3話】

  

 

ちょいちょい具合が悪くなったり
急に涙があふれ出たり。
かなり不安定な刑事の木村文乃。。。


いったい・・・・・・。


というところで、今回、その謎が分かった。

以前、付き合っていたらしい、刑事の同僚、眞島秀和さんに
木村文乃、今宮はなぜ刑事になったのかと聞かれ
「犯罪に惹かれるからだ」と答えたらしい。


親子で車上生活をし、20代の娘が老人に詐欺をはたらき
生活費を稼いでいた詐欺師を取り調べているときに
やはり、そんな症状になった今宮は、
しばらく休むように上司に言われ。

捜査は続ける!!と言ったものの
祖母が怪我をしたと連絡をもらい、
良い機会だからと、帰された。


バイクで知り合った、廻谷(青木崇高)が
ちょうど店に来たので、ツーリングに出かけた二人。

とっても、いい人だよね。
青木崇高さん。
すごく良いよね。
このひとは、絶対良い人でいてほしいよね。。。。


と、いう願いも虚しく????



途中、電話ボックスを見つけると
突然、幼い頃のことが、フラッシュバックした、木村文乃。

おばあちゃんに聞いても教えてくれないので、
自分で調べた。


なんと。。。。


そんな過去があったのね。


同じころ、上司の遠藤憲一も、
今宮について、調べ、祖母に会いに来ていた。
でも、大丈夫。
犯罪をしていたからと刑事を辞めなくちゃならないことには
ならないらしい。


困窮していた両親は
詐欺に手を染め
その電話を、娘の今宮夏蓮にさせていた。

金を受け渡しのときに、車の事故で両親ともに亡くなった。


その今宮夏蓮が、今では詐欺の刑事だもんな。。。。


そして、1話で逮捕した詐欺の掛けコだった、加地(高杉真宙)と
ちょいちょい会っていた今宮だったけれど。
次のしごとに誘われていることを聞くと
もう協力は得ないとキッパリ。

ここからは、1本電話しただけで
詐欺の教唆になってしまうからと、今宮は伝えるのだけど。。。


その加地の先輩が詐欺ではなくて
強盗殺人を犯してしまっていた。。。

って、この先輩さ。
「TWO WEEKS」でも、出てるよね。
三浦春馬が勤めていた店の人。。。

玉置玲央さん。。。


結局、このひと、殺されちゃったみたい。
海で裸で浮いてたーー;


この先輩。
店長の上が番頭と呼ばれる、長塚圭史で、

そのトップが、田中泯さん。
いつも、なんか踊ってる。。。。
この田中泯さんが、青木崇高に電話してたんだよね。。。


いったいどんなベンチャー起業家なんだか。


前回の2話は、老人相手の投資詐欺で
ちょっと悲しかったけど。

今回は、今宮の過去も分かったり
青木崇高が怪しかったりと
いろんな急展開が起きて、見応えたっぷりだった。


全話5話だから、もうあと2回しかないのか。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








br_decobanner_20110417165910.gif | サギデカ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「サギデカ」第1話 名前のないオトコは高杉真宙】

 
 
高杉真宙くん。
テレ朝では刑事やってるけど。
こっちでは追いかけられるほう。

高杉真宙が演じるのは、オレオレ詐欺の掛け子と呼ばれる
直接、騙す相手に電話をするのが仕事で
中でも、とても有能な掛け子。

詐欺専門の刑事、捜査2課の今宮(木村文乃)
綿密な内偵を重ね、詐欺集団のアジトを見つけ
向かいの部屋に潜入捜査に入り、
同僚の刑事、森保(眞島秀和)、戸山(清水尋也)らとともに
手塚係長(遠藤憲一)の指示のもと突入し
高杉真宙を逮捕した。

しかし、捕まるのは、たいがい下っ端で
組織の上が誰がいるのか、まるで知らされていまい人物ばかり。

取り調べでも、なかなか口を割らないどころか
詐欺のどこが悪いのか。
自分たちのやっていたことは正当な仕事だと訴える青年に
刑事たちは、なかなか手を焼いていた。。。


今宮は、そんな青年が大切にしていた古いポータブルミュージックプレーヤーに
入った音楽を頼りに、ついに、彼の正体を突き止めた。


加治颯人
彼の生い立ちは、それはそれは壮絶なものだった。
だけど、だからといって人の金を奪うことが正しいはずもなく。


この颯人の幼少期の頃の回想シーンが流れるんだけど。
これが、ホントに壮絶。
もう悲しすぎて。悲しすぎて。
たった一人で強く生きていくために
颯人が決意したことは、並大抵のことではないと思われるし
また、その体験が、掛け子としての才能で発揮されてしまったことで
洗脳されたかのように、まっすぐ詐欺の道を進むことが
今宮との出会いで、変化していく予感は
ここで、感じさせていた。


加治は、釈放される。

手塚係長たちが、彼は上から可愛がられる。
口も硬い。
仕事も出来る。

その上で、泳がせてみる判断を下したのだ。




遠藤憲一さん。
やっぱり、こういう渋い刑事。
めっちゃ似合うよね。
大人のラブストーリーもいいけど。
こっちのほうが、魅力的かな~。


詐欺のドラマは、つい先日終わった杉野遥亮が主演だった「スカム」があるけど。
こちらは、詐欺する側がメインで描かれてた。
杉野遥亮の演技も、なかなか良かったけど
今回の、高杉真宙も、なかなか良い。

まあ、若手イケメン俳優が
ホントによりどりみどりで、秀逸な逸材がてんこ盛り。
これは残っていくのも大変な競争だけど
切磋琢磨で、良い俳優が育っていくのは
とても楽しみだ。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

br_decobanner_20110417165910.gif | サギデカ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【木村文乃さん主演!『サギデカ』制作開始! NHK土曜ドラマ】

 


「振り込め詐欺」「還付金詐欺」…あの手この手で市民を騙(だま)し、
大金を奪い取る『特殊詐欺』犯罪者たち。
2018年の全国被害総額、356億円。
なぜ、これだけ注意喚起がなされても、被害が無くならないのか?
なぜ、捕まるのは「受け子」「かけ子」ばかりで、
詐欺グループのトップまでたどり着けないのか?
そんなジレンマに愚直に向き合い、詐欺犯の実態に肉薄し、
何としてでも摘発しようと心血を注ぐ、警視庁の女性刑事を主人公とした
社会派ヒューマンドラマ。取材にもとづくオリジナル作品。
犯人の若者達、被害者の老人達、そして刑事達。境遇こそバラバラだが、
皆ある種「生きづらさ」を抱えている。
それでも人は“一生懸命に生きていく”ということを、主人公の眼差しを通して描いていく。


【あらすじ】
捜査二課・知能犯担当の今宮(木村文乃)はがむしゃらかつ
綿密な捜査を重ね、バイクを駆って犯人をどこまでも
追い詰めていくような女性刑事。その内偵が功を奏し、
同僚の森安(眞島秀和)らは振込め詐欺のアジトに突入、
実行犯“かけ子”達の逮捕に成功する。
しかし彼らも組織の末端に過ぎず、大金を手にする上層部の
事を何も知らない。係長の手塚(遠藤憲一)は今宮に、
かけ子の加地(高杉真宙)を釈放して泳がせる事を提案。
彼が上と接触するのを狙う“突き上げ捜査”だ。
それは今宮と加地の長い駆け引きの始まりだった… 
そんな折、今宮の祖母・しのぶ(香川京子)が
切り盛りする店に、著名な起業家・廻谷が通うようになる。
まるで境遇の違う今宮と廻谷だが不思議と意気投合し、
お互いにとって憩いのひと時となるのだった。

「地面師詐欺」「投資詐欺」―― 今日的な事案にも向き合いながら、
振り込め詐欺捜査に突き進む今宮だが、やがてさまざまなジレンマに直面する。
「僕らは経済的強者である老人から金を獲り、社会に役立てている」と
主張する加地。被害に遭うばかりでなく、時に共犯者に
祭り上げられてしまう老人たち。目の前の被害を食い止めるか、
泳がせて上を狙うか、究極の決断を迫られる刑事たち。
それでも今宮と仲間たちは捜査手法を駆使し、
狡猾(こうかつ)に逃げる詐欺グループの全貌を徐々に掴んでいく。
そして今宮には、何としても首魁(しゅかい)を挙げたいと思う、もうひとつの理由があった。
『どうせ捕まえられない』とか、思ってんじゃねぇぞ―
(NHK)

土曜ドラマ『サギデカ』

【放送予定】
総合 2019年8月31日(土)スタート 毎週土曜 よる9時から9時49分 <連続5回>
BS4K 2019年8月28日(水)スタート 毎週水曜 よる7時50分から8時39分<連続5回>
【作】
安達奈緒子(「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」)
【音楽】
谷口尚久


<キャスト>
木村文乃 
高杉真宙 
眞島秀和 
清水尋也 
足立梨花 
玉置玲央 
長塚圭史 
鶴見辰吾
香川京子 
遠藤憲一
 /
各話ゲスト・・・泉ピン子 筒井真理子 伊東四朗 ほか 
【制作統括】
須崎岳(NHKエンタープライズ)、高橋練(NHK)  
【演出】
西谷真一、村橋直樹(以上NHKエンタープライズ)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | サギデカ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ