FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【『ボイス』殺人鬼・カチカチ野郎は伊勢谷友介「もどかしかった」】

  

日本テレビ系ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(毎週土曜22:00~)の
殺人鬼・カチカチ野郎役が、俳優の伊勢谷友介だったことが、
17日に放送された第6話で判明した。

樋口(唐沢寿明)の妻・未希と、ひかり(真木よう子)の父を殺した
フード姿の殺人鬼・カチカチ野郎。
SNSを中心に、その正体は誰なのか、さまざまな推測が飛び交っていたが、
伊勢谷がカチカチ野郎「本郷雫」を演じていた。

伊勢谷は「すでに何人かの方からSNSで『(カチカチ野郎を演じているのは)
あなたなんじゃないか?』と書かれたりしていたんですが、
名乗り出られなくてもどかしかったです(笑)。

本郷雫は社会の中で、ある特別な場所に居続けた結果として
“恐怖”や“怯え”という、すべからく動物が持っているはずの機能が排除され、
狂気に染まってしまった人です。
本来、怯えや恐怖というものは人間を存続させるためのもので、
起きてはいけないことを自分で想像して恐れるからこそ、
自制したり優しさを持ったりすることにつながると思うんです。
それを失ってしまった人間の姿を自分がリアリティをもって伝えることで、
怯えや恐れ、哀れみがあるからこそ人は優しさをもって、
社会の中で生きていけるんだ、というようなことを
見てくださった方々が感じられるよう、僕は最大限
雫の側を見せていければと思います」と話している。

次週は『24時間テレビ42』の放送のため、
次回の第7話は31日に放送。疑念と策略が渦巻く中、
ECUはついに樋口の妻、ひかりの父の2人の死の真相に迫りはじめる。

同ドラマは、TVerと日テレTADAで、ここまでの6話分の期間限定無料配信を実施
第1話~3話(17日22:54~24日23:00)
第4話~5話(24日23:00~31日22:00)第6話(17日22:54~31日22:00)という
配信スケジュールになっている。
(マイナビ)
 
そりゃ言いたいよね。
でも、わかってたよ。
伊勢谷友介さんだって♡

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ボイス 110緊急指令室 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ボイス」第6話 伊勢谷友介キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】

   
 
来たねキタね!来たよ、キタ伊勢谷友介さん!!

やっぱね、そうだと思ったんだよ。
あれは、絶対、手塚とおるさんじゃないよお~!って。

今回、冒頭からキム兄の死亡フラグが
立ちっぱなしで。


そうそう。
キム兄は、脅されてたんだよね。
美人局で引っかかってしまって。

本当は、そういう奴じゃないってこと
樋口(唐沢寿明)も、よく知ってて。

だけど、さすがに何度も起きるとなると
必然。故意だって。


そして、本郷グループのジュニア。
雫(伊勢谷友介)。

これが、わっるい男なんだわ。
非道すぎる。


だけど、やっぱり倫理的な問題もあるんだろうな。
韓国ドラマの原作版では、
もっともっと、もーっと、人とは思えないような
残虐な殺人事件を、いくつも起こしてる。


その間を、すっ飛ばして高級クラブのシーンになったので
びっくりした。


本郷グループにつながる様々な伏線事件も
あるはずなんだけど。
本当に、一気にすっ飛ばした。


アパート管理人を殺し、知能障害の弟と生きるために
管理人の顔に整形させられた姉が
組織を裏切り、警察に真実を打ち明けると
すぐに惨殺され、


高級クラブのママである社長が、カチカチ野郎を目撃し
ECUに通報し、
それを見ていたジュニアが、惨殺。


通報を受けた、橘みずからクラブに向かい
その遺体の一部を発見する。

とか、っていうシーンは、一切なく。
クラブの社長も殺されなかったし。
そこに向かったのも、キム兄。


なるほど。
すべてをキム兄の動きで
まとめたってわけだ。

同じように16話もやるわけにはいかないし
放送時間も、だんぜん短い日本ドラマなので、
どこを、どう端折るのかは、かなり考えないと
ブチブチになってしまうけど。
これは、これで、うまくつなげたな~って。感じた。


病院で、樋口の息子を襲うシーンも
もっと複雑だったけど
透(増田貴久)がいたときに起きて、
不審な男がいたことに、すでに気づいていた透が
戻ってきて、息子を助けるっていうのも
かなり簡素化してて。
これで、良いじゃん。とも思えたし。


何もかも同じにする必要はないもんね。
あくまでも「リメイク」


ただただ、やっぱり、唐沢寿明。
めちゃうまいんだけど。
もう少し
せめて40代の俳優さんでも、良かったかなとは思う。

アクションに走るシーンに
すごく頑張ってるんだけど。
ところどころ、やっぱり、年齢が見え隠れしちゃう。。。


30代なら小栗旬あたりとか。
40代なら、西島秀俊とか。
それこそ、こういう役こそ、岡田准一がやっても面白かったかも。
でも、真木よう子とじゃ、「SP」になちゃう。

で、やっぱり、気になる真木よう子の滑舌だわ。。。


伊勢谷友介がホンボシだということが明らかになり。
樋口と橘が、その存在にいつ気づくのか。

異常すぎる鬼畜のジュニア、伊勢谷友介。
うん!伊勢谷友介なら、ピッタリだわ。と
あの後ろ姿の美しいお尻にうっとりしながら、納得した昨日でした。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





 

br_decobanner_20110417165910.gif | ボイス 110緊急指令室 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ボイス」第5話 金属の音】

   
 

韓国では、「風鈴」ってメジャーなものではないのかしら。

CSで放送している韓国版の「ボイス」を見たら、
ちょうど日本版での5話にあたる話だったので

先に見ちゃったのだ。


この内容は、とてもじゃないけど
日本で放送したら、バッシングの嵐になるんじゃないかと思ってた。

でも、ソニンがゲストでやるって言うんだから。
やるんだろうな。。。って。


でも、本家に比べたら、虐待シーンも
包丁で刺すシーンも、ぜんぜんぬるかった。
ホッとしたのと、ガッカリしたのと、両方かな。


おそらく、日本版のほうだけ見てたら
それはそれは、引き込まれて
あっというまの1時間で

最後、助かって、良かった><。。。って思えたんだろうけど。


やっぱり、週に2回放送してると、内容の濃さが違いすぎる。

どっちか、どうかと聞かれれば
やっぱり、本家のほうが、すごいと思った。

ソニンも久しぶに見たけど、
とても頑張ってたとおも思う。

でも、韓国版のほうの、母親役の女優さんのほうが
もっと、もっと、もっっとすごかった。
洗濯機の中を覗き込むシーンなんて、
ぎゃあああああああぁああああ~~!~!!!!!
って、大声で叫んだよ。
あんなもんじゃない。

見つけたときの、あの顔。
あんなもんじゃない。


義理の父親から逃れられない恐ろしさで
なかなか本当のことを言えない姿は
もっと緊張感があったし
あんなに、あっけなくなかった。


同じように、管理人が戻ってきた唐沢寿明に
飲み物をすすめて、
電気室につれていくシーン。

そして、毒に侵されたふりして、倒れ込むシーン。

あれは、さすがの唐沢寿明だった。
あのシーンは、こっちのほうが、すさまじかった。
あの目をひん剥いて、ひっくり返るんじゃないかと思わせる表情は
すごい。

でも、あのあとなんだよ。

クライマックスといってもいいかもしれない。

子どもは、そのさらに奥の壁の向こうに閉じ込められていて。

「諦めないで。ずっと携帯を指で叩いて、音で知らせて」と
通報したときに言われたとおりに、
ずっと
ずっと、その命が枯れそうになるのを
ぐっと諦めずに、頑張って、指先だけ必死に動かす子どもの姿。
もちろん血まみれなんだけど。
見るに堪えない姿ではあるんだけど。

あれは、「音」を聞き分けられる真木よう子の役には
重要なシーンだったんじゃないかと思うんだよね。

でも、そこが、みごとに、ごっそり抜けてて。

あっさり、空き室の部屋に子どもは隠されてて
無事に発見されたという話になっちゃった。

これも、日本向けだったのかもしれない。
あのシーンは、重要だけど
残酷すぎるものでもあったから。
かな。。。


このさき、どっちを先に見ていこうか。


これまでも、日本リメイクでの韓国ドラマは
本家を見ようとしたのは、日本の作品を見て
とても惹かれたから。

「ごめん、愛してる」とか。
あれも、ハマったなぁ~。



なので、これからは、頑張って別物と自分に
言い聞かせながら、両方楽しもうと思う。


にしても、アゴかくかくの真犯人さ。
ついに正体分かっちゃったけど。
あれは、もしかしたら模倣犯なんじゃないかという気がしてきた。

やっぱり、以前の映像を見ると
ちょっと手塚とおるさんとは違って見えるんだよね。

まだ、伊勢谷友介説、捨ててないぞ。

これも、韓国版見ちゃったら、分かっちゃうんだろうな^^;

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

br_decobanner_20110417165910.gif | ボイス 110緊急指令室 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ボイス」第4話 伊勢谷友介じゃなかった・・・】

    

え、なんで違ったんだろう????
先週見たときは、絶対、伊勢谷友介だと思ったんだけど。
口角の上げ方や、声。
体の細さや、背の高さ。
ほんの少ししか見えてなくても、すごくカッコよかったのに。

えええええ・・・

手塚とおるさんなのぉ~??????



エンドロールには、しっかり名前載ってたからな。。。

そんな、手塚とおると伊勢谷友介
間違える???

花びら風呂に入ってた気がするんだけど。
あれも、手塚とおる???


もしかしたら、手塚とおるさん、
黒幕、真犯人と見せかけておいて、
実は、違って。
本物の黒幕は伊勢谷友介。
とか、あるかな。。。

でも、アゴ鳴らしてたしなーー;


土に埋められて死ぬ寸前だったのに、
唐沢寿明によって、掘り起こされ、
無事救出された真木よう子は、
すぐに、捜査に加わっちゃって、あれ、大丈夫だったの?

入院されたりすると、また話が変わっちゃうので、
あっさり、戻れて
見る方は、それでも良いんだけど。

けっこう、今回の新田(森永悠希)。
粘ったよね。

というのも、この新田、樋口(唐沢寿明)と
真木よう子の父を殺した、真犯人の殺人現場。
目撃しちゃってたんだね。。。。

それも、嬉しそうに話しちゃって。

それを、真犯人は知っちゃったのね。

で、木村祐一が、わざと新田が逃げるように細工して
殺させたんだ。

あの連行してた警察官の中に
黒幕、いたのかと思ったし
もしかしたら、木村祐一だったのか!?とも思ったくらい
新田の動きを把握しすぎてたけど。

さすがに、背格好は、木村祐一とは、似ても似つかなかったからね。

でも、手塚とおるさんなのか。。。。。


だけど、肝心の真木よう子も、唐沢寿明も
その顔は見てない。



そして、今回、妹が拉致され、ECUによって
無事保護され。
自分も、打診されていたECU入りを決意した森下栞(石橋菜津美)。
5ヶ国語話せるから、おおいに活躍しそうだ。


色々、雑なところはあるけど。
このスピード感、スリルはクセになる。
1時間、あっというま。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ボイス 110緊急指令室 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ボイス」第2話 伊勢谷友介?】

   

水槽のある場所。。。
橘ひかり(真木よう子)が指定した場所は
当たっていた。

ハンマーを振り下ろした瞬間に
身をかわした吉川愛ちゃんは、なんとか難を逃れ
逃げ惑い。

もうスリリングというよりも、心臓飛び出そうなくらいに
ドッキドキだったよ。

早く!!!早く唐沢寿明来てくれ!!!と
テレビに向かって、ずっと叫んでた。

間に合った><。。

ホッとするのもつかの間。
今度は、その狂気が、唐沢寿明、樋口に向けられる。

早く~~~!!!!!
早く助けを!!!!!

マッスぅ~~!!!はやくううううう!!!


間に合った><。。。



そんな橘は、遠くの音も聞き分けられるという。

12才(だったかな)
事故にあって、2年間目が見えなかったことがあり。
その頃から聴覚が鋭くなっていったんだって。

2年も目が見えなかったのに
治ったんだ。。


そして、橘は、自分も樋口の妻(菊池桃子)が被害にあったときに
父親も、同じ犯人によって殺害されていたことを明かす。

しかも、扱いは事故死。

新聞には、どこにも、同じ犯人によって殺害されたことは
隠蔽されている。

父親は、樋口の妻が襲われたあとに
現場近くにいたので、現場へと向かっていたのだ。
それを司令室のあかりに伝えると
一人で犯人確保をしようと追いかけ始めた。

応援が来るまで待ってくれという娘の声は届かず。。。

「その犯人は、普通じゃない」と言っているのに。。

低い声。
尖った顎。
その雰囲気。

もう、これは伊勢谷友介じゃね?って。

どうやら、警察幹部なのか
警察と深い関わりがあるのか。
とにかく権力を持ってる人物らしいということがわかると
とんでもない恐怖に襲われる。
怪物が権力を持っている。


でも、だとすると、警察上層部は、
犯人が誰かを知った上で隠蔽しようとしてるってことだもんね。。。
どうして分かったんだか、
自分から支持したんだか。。
考えるだけでも、恐くなる。


そして、橘がECUチームとしてスカウトした
語学堪能、頭脳明晰な森下(石橋菜津美)は
入る気はない。と断ったものの、
そのあと、妹と電話で話している最中に
妹が拉致されてしまい緊急指令室に通報が入る。

と、ここで今週は終わった。


ふたたび緊迫感の中にさらされていく。。。


これは、本当に目が離せない。
すごいドラマだ。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ボイス 110緊急指令室 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ