FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【山口智子、『ロンバケ』以来23年ぶりの月9「ホッとする親近感」】

  

 女優の山口智子が、フジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(7月8日スタート、毎週月曜21:00~)に
出演することが10日、明らかになった。
月9ドラマに出演するのは、木村拓哉とのW主演作
『ロングバケーション』(96年)以来、23年ぶりとなる。

上野樹里演じる新米法医学者・万木朝顔が解剖で、
時任三郎演じる父であるベテラン刑事・万木平が捜査で、
遺体の謎を解き明かしていく同ドラマ。山口は、朝顔が勤める
興雲大学の法医学教室の主任教授・夏目茶子を演じる。

茶子は法医学の権威で、仕事は非の打ち所がない一方、
「明日、死ぬかもしれないから」がモットーで、困難な仕事を抱えていても
プライベートと仕事は完全に別物というキャラクター。
どんな遺体を前にしても冷静沈着でありながら、
その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳で謎多き女性だ。
朝顔の一番の理解者であり、朝顔にとっては法医学者を目指すきっかけにもなった、
最も信頼を寄せる人物となっている。

原作を読んで、「今も色あせない、時代を越えた面白さを感じました。
“死”というものに対峙(たいじ)することで、“生きる”力を強く再燃させていく。
死が生を照らし出すテーマは、死から目を背けがちな現代社会において、
とても大事な発信だと改めて思いました」という山口。

23年ぶりの月9出演については「去年、木村拓哉さんと22年ぶりに
共演させていただいたのですが、まるで2分くらいしか時が経っていないような感じで(笑)。
『監察医 朝顔』と『ロングバケーション』はドラマのテイストは違いますが、
“月9”という言葉には、離れていた時間を感じさせない、
幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような(笑)、
ホッとする親近感を覚えます」と語る。

主演の上野とは初共演だが、「これまでの作品を拝見して、
自分の心に正直な芯の強さをお持ちの方だなと思っていました。
教授として朝顔の成長を見守る茶子ですが、
程よく突き放し野生動物のようにサバイバルさせる厳しさと、
世界を旅してきた広い視野とユニークな発言で朝顔を導く優しさがあります。
自分自身の人生を、責任を持って味わい謳歌して、
若者たちを力強く先導してゆける先輩でありたいと思います」と意欲を語っている。
(マイナビ)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ショップチャンネル



br_decobanner_20110417165910.gif | 監察医 朝顔 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【風間俊介、月9初レギュラーで「誰かの宝物に」 上野樹里と初共演】

  
 

俳優の風間俊介が、フジテレビ系ドラマ『監察医 朝顔』
(7月8日スタート、毎週月曜21:00~)で、月9初レギュラーを務めることが
18日、明らかになった。

上野樹里演じる新米法医学者・万木朝顔が解剖で、
時任三郎演じる父であるベテラン刑事・万木平が捜査で、
遺体の謎を解き明かしていくもの。風間は、朝顔の恋人で新米刑事の桑原真也を演じる。

平が異動してくる警察署の強行犯係に配属となった真也は、
朝顔とは交番勤務時代からの交際で、もともと刑事になることが夢。
しかし、たまたま捜査でコンビを組むこととなった平が
朝顔の父親であることを知り、義理の父親になるかもしれない上司との日々に
胃が痛い思いをしているという役柄だ。


風間は「学生時代、貪(むさぼ)るようにテレビドラマを見ていました。
そんな僕にとって“月9”は憧れであり、宝物のような作品を沢山くれました。
このドラマも、誰かの宝物になっていくと思います。
僕も憧れの場所で、見てくださる皆さま、そして、
あの頃の自分が喜んでくれるよう、頑張りたいと思います」と謙虚にコメント。
上野とは初共演だが、「先日お会いした時に、
とても柔らかな居心地の良い空気を感じました。
作品の話になると、しなやかな強さを感じ、この物語も
上野さんのような、柔らかさと強さがある物語に
なっていくのだろうと思いました」と印象を語っている。

共演者は他にも発表。志田未来は、アルバイトとして
法医学助手を務める医学部生・安岡光子。
中尾明慶は、法医学者を縁の下で支えるのが臨床検査技師・高橋涼介。
森本慎太郎は、平が異動してくる強行犯係に勤める刑事・森本琢磨。
坂ノ上茜は、同じく強行犯係に勤める新米刑事・愛川江梨花。
戸次重幸は、強行犯係の係長・山倉伸彦。
平岩紙は、興雲大学の法医学教室に勤めている法歯学者・藤堂絵美。
三宅弘城は、遺体の状況を調べるのが検視官・伊東純。
板尾創路は、興雲大学の法医学教室に勤めるベテラン法医学者・藤堂雅史。
柄本明は、朝顔の母方の祖父・嶋田浩之を演じる。


金城綾香プロデューサーは「ただただ大好きな役者さんに
集まっていただきました。上野さん演じる朝顔、
時任さん演じる平が生きるこの世界に、
風間俊介さんをはじめとした皆さんの最高の芝居力が
素敵な息を吹き込んでくださるのが、今から楽しみです。
濃厚な1時間を、この7月から毎週お届けできるよう、
キャストスタッフ一丸となって頑張ります!」と意気込んでいる。
(マイナビ)


<キャスト>
上野樹里
時任三郎
風間俊介
志田未来
中尾明慶
森本慎太郎
坂ノ上茜
板尾創路
柄本明
三宅弘城
平岩紙


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 監察医 朝顔 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【上野樹里『のだめ』以来、約13年ぶり月9主演 『監察医 朝顔』実写化】

  


女優の上野樹里が、7月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『監察医 朝顔』
(毎週月曜 後9:00)で、大ヒットした『のだめカンタービレ』(2006年10月~12月)以来、
約13年ぶりに月9枠に主演することが、わかった。(『のだめ』は玉木宏とのW主演)。

上野は新米法医学者・万木朝顔(まき・あさがお)を演じ、
彼女のよき理解者で仕事相手としても寄り添う
ベテラン刑事の父・万木平(まき・たいら)には時任三郎が起用された。

“月9”に帰還する上野は「初めての主演ドラマは月9『のだめカンタービレ』でした。
長期にわたって演じさせていただいたので、たくさんの思い出がありますし、
いろんな経験をさせていただきました。そんな特別な思い入れのある枠に、
また出演することができて大変うれしく思います」と喜びを語る。

 今回、演じるのは死因を明らかにし、遺体の“生きた証”を見つけ出すため、
時に自身の仕事の範疇(はんちゅう)を超えてまで懸命に、
そして真摯に遺体に向き合う主人公の朝顔。
彼女は解剖で、そして父・平は捜査で、遺体の謎を解き明かす。
そして遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの
心を救っていく様がサスペンスフルかつハートフルに描かれる。

 一方、朝顔と平は11年3月11日に発生した東日本大震災で
母がいまなお行方不明となっている…という過去を持つ。
存在自体が“生きた証”である母の遺体が震災で奪われてしまったなか、
朝顔は誰かの“生きた証”を見つけ出す法医学者の仕事に打ち込み、
平は時間があれば遺体を探しに東北へ向かう。
各話でさまざまな事件を扱いながら全話を通して、
母の穴を埋めようと前向きに進んでいこうとする父娘の日々がつづられる。

 原作は06年から『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載が始まり、
6巻以降は電子版のみでの発刊となるも人気を博し続け、
13年発刊の30巻をもって完結をした医療漫画。原作では、
朝顔は阪神大震災により母を亡くした、という設定ですが、
今回、連続ドラマ化するにあたり、東日本大震災により母が
行方不明になっている、という設定にアレンジする。

 上野が連ドラ主演を務めるのは『アリスの棘』(TBS系14年4月)以来5年ぶり。
そして初の月9ドラマ単独主演となる。時任とは『江~姫たちの戦国~』(NHK11年1月)でも
父娘関係を演じたが、浅井長政役の時任は江(上野)が生まれたての頃に
自害した…という設定のため、共演シーンはなく、
今回改めて父娘を演じることとなる。クランクインは5月中旬以降を予定している。 

 時任との共演に上野は「今回は、震災で母を亡くした父娘という役どころですが、
8年前に震災があった時も父娘という役どころだったことに、
何かご縁を感じます」としみじみ。時任も上野について
「以前から勝手に親近感を抱いていた方だったので、
共演がとても楽しみです」と期待を寄せる。

 上野は「新元号から始まる最初の作品ということもあり、
皆さんの心に残る素敵(すてき)な作品になるよう、
精一杯頑張りたいと思います」と意気込み、時任は「“死”をテーマにしたドラマですが、
半面的に“生きることの素晴らしさ”をお伝えできたらと思っています。
また、エンタテインメントとしても楽しんでいただけるよう頑張りますので、
ぜひごらんください」と呼びかけている。
(oricon)



のだめが13年前だということに驚き@@;

上野樹里は、大河「江」で主演をつとめたけど
なんか、あまり評判が良くなかったらしく
その後、使いにくいとか言われちゃって。

「アリスの棘」で久しぶりに主演で復帰したときには
嬉しかったな。
あの「のだめ」と「ラストフレンズ」のときのルカとのギャップ。
すごい女優だと鳥肌たったのは、今でも鮮明に覚えてる。
そして、去年の「グッド・ドクター」では、
主演の山崎賢人を包み込むような
心の広い穏やかで柔らかい印象の女医を演じたのを見て
この人、さらに役の幅が広がってて
本当にすごい女優になったな。。。と、感じたっけ。
こんな実力のある女優を、ドラマ界は放って置いちゃいけない!って。

また素晴らしい芝居を見せてくれるに違いない。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 監察医 朝顔 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ