FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【窪田正孝&二階堂ふみの朝ドラ『エール』がスタート!】

  

窪田正孝が主演、二階堂ふみがヒロインを務める『連続テレビ小説 エール』
(NHK総合、毎週月〜土8:00〜)が、3月30日(月)からスタート。
第1週は「初めてのエール」が放送される。

連続テレビ小説第102作目となる本作は、昭和という激動の時代に、
人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と
その妻・関内音(二階堂)の物語を描く。

大正時代。福島の老舗呉服屋の長男・古山裕一(石田星空)は
不器用で内気な少年で、いじめられがち。
しかし担任の藤堂先生(森山直太朗)の勧めで作曲を始めると、秘めた才能を発揮する。

一方、父の三郎(唐沢寿明)と母のまさ(菊池桃子)は店の経営に
行き詰まっていた。そこに裕一の伯父・権藤茂兵衛(風間杜夫)から
ある申し出があり……。ある日、音楽家を夢見る裕一は、
ガキ大将の村野鉄男(込江大牙)の秘密を知ってしまう。
(ドガッチ)

おもしろいと良いな!
面白い朝ドラでありますように。。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | ●エール(2020年前期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【【エール】土曜日はバナナマン日村のナビゲートで一週間を振り返り】

 


 NHKで30日からスタートする連続テレビ小説『エール』
(月~土 前8:00 総合ほか)では、土曜日は「一週間を振り返ります」としてきたが、
朝ドラが大好きという、自称「朝ドラおじさん」の日村勇紀(バナナマン)が
ナビゲーターとして出演することが発表された。
月曜から金曜までのドラマを楽しんだ視聴者も、
土曜日に初めて見る視聴者も楽しめるように、日村が番組を解説する。

 オファーを受けて日村は「驚きやうれしさを通り越して“無”になりました(笑)。
“朝ドラ好き”と公言していましたが、まさかでしたからね」と、コメント。
今後、「僕は、今週の『エール』で印象に残ったシーンや
注目ポイントを紹介していきますが、もともと“朝ドラ”ファンなので、
ドラマの魅力をより多くの方に広めたいです!」と意気込む。

 「放送開始の時期が、ちょうど新生活を迎えるタイミングで、
“朝ドラ”に飛び込んでみようかなっていう方は多いと思うので
『エール』から見てみようかなという方や平日の放送を見逃した方に、
ドラマをみるキッカケになれればうれしいです。
『エール、 相当いいぞ』っていうのは1週目からもう感覚で分かるので、
新しい土曜もぜひお楽しみ下さい」と、呼びかけている。

 土曜日の放送について、制作統括の土屋勝裕氏は
「連続テレビ小説『エール』の物語は、明治42年の主人公誕生から
50年以上にわたる物語が描かれます。
劇的な人生なのでエピソードがてんこ盛りのうえに、
魅力的な人物が次々登場するので、見逃してしまうと
お話についていけなくなってしまうかもしれません。
土曜日に、日村さんのナビゲートで一週間のドラマを“おさらい”して、
日村さんと一緒にドラマを見ながら、泣いたり笑ったり、
ときには突っ込みを入れたりしながら、土曜日の『エール』を
楽しんでいただければ幸いです」と話している。

 『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」
「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの
応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)さんと妻で
歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに描く、
音楽とともに生きた夫婦の物語。福島で生まれ、
のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一を窪田正孝、
のちに裕一と結婚する関内音を二階堂ふみが演じる。
(ORICON)

土曜日はなくていいよね。
振り返り番組はちょうど良いかも。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●エール(2020年前期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【RADWIMPS野田洋次郎『エール』で朝ドラ初出演】

   

2020年度前期(3月30日~)放送のNHK連続テレビ小説『エール』の
東京編に出演する主なキャストが6日、発表された。
ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎が朝ドラ初出演を果たすことが
明らかになった。そのほか、加弥乃、仲里依紗、三浦貴大が初出演し、
古田新太、野間口徹の出演も出演が決定した。

 『エール』は朝ドラ通算102作目。「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」
「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの
応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で
歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、
音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。
窪田正孝が主人公の裕一、二階堂ふみがヒロインの音を演じる。

 今回発表された“東京編”では、昭和5年、裕一と音が福島と豊橋、
それぞれの故郷に別れを告げ東京で新生活をスタートさせる。
裕一は、レコード会社の専属作曲家として働きはじめ、
音は、オペラ歌手になるために音楽学校に入学。個性豊かな人たちに囲まれて、
2人はそれぞれの夢に向かって歩み始める。

 野田が演じる木枯正人(こがらし・まさと)はレコード会社の
コロンブスレコードに裕一と同期で採用された作曲家。
ギターが得意で、行きつけのカフェで弾き語りを披露したりしている。

 朝ドラ初出演に野田は「かつて日本の音楽の礎を築いた方々の人生を、
少しながら追体験させてもらえる機会を頂き嬉しく思います。
古山裕一、関内音、そしてその周りで瑞々しく生きる人々みんながとにかく愛しいです。
きっと観てくださる皆さんの毎日に、素敵な彩りを加えてくれることと思います。
ぜひ裕一、音たちと一緒に泣いたり笑ったりしてください。
そして流れてくるたくさんの素晴らしい曲たちに、身をあずけてみてください」とコメントを寄せた。
(ORICON)


<キャスト>
窪田正孝
二階堂ふみ
薬師丸ひろ子
松井玲奈
森七菜
光石研
古川雄大
平田満
野田洋次郎
加弥乃
仲里依紗
三浦貴大
古田新太
野間口徹




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●エール(2020年前期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【GReeeeN、次期朝ドラ『エール』主題歌担当】

  

 俳優の窪田正孝が主演を務める2020年度前期NHK連続テレビ小説
『エール』(3月30日スタート)の主題歌が、ボーカルグループ・GReeeeNの
「星影のエール」に決定したことが17日、明らかになった。

朝ドラ102作目となる『エール』は、全国高等学校野球大会の歌
「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの歌「六甲おろし」など、
スポーツシーンを彩る応援歌の数々を手掛けた福島県出身の
作曲家・小関祐而(こせき・ゆうじ)氏と、
妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、
音楽とともに生きた夫婦を描く物語。
小関氏をモデルにした主人公・古山裕一を窪田、妻となる関内音を二階堂ふみが演じる。
GReeeeNは「今回の主題歌のお話に、大きなご縁を感じております。
僕たちGReeeeNメンバー4人は福島県で出会い、結成をしました。
僕たちのゆかりの地、福島出身の偉大な作曲家・古関裕而さんを
モデルとした作品に関われること、大変光栄です」と喜び、
「来年、2021年は東日本大震災から10年となります。
戦後、多くの方が古関さんの作られた音楽に支えられたように
今作の主題歌『星影のエール』も、日々起こる人生の大事な
場所で支えになれたらうれしいです」とコメント。

そして、「楽曲を書くにあたっては、ドラマの主人公・窪田正孝さん演じる裕一、
二階堂ふみさん演じる音の夫婦の姿、そして、それぞれの人生の
主人公である皆さんと、大切な誰かの姿を想像しました。
時に支えあい、導き、ともに泣き笑い、夢を語り合い、
落ち込んでは慰め、励ましあいまた前を向く。
夫婦、親子、恋人、親友、それぞれ自分にとって大切な人の
顔を想像しながら聴いてもらいたいです。
そばにいる大事な人との人生を照らしあえる星影であれますように」と
楽曲に込めた思いを明かした。

制作統括の土屋勝裕氏は「人生の応援歌ともいえる曲を数多く作曲していて、
しかも今回の主人公・古山裕一が生まれ育った福島県で結成された、
GReeeeNの皆様に『エール』の主題歌を依頼しました」と起用の理由を説明。
「毎朝聴いてその日一日頑張ろうという元気が出てくる曲、
困難な時代を互いに励ましあいながら乗り越えていくというドラマの
世界観にふさわしい曲、そして、何度でも聴きたくなり、
覚えやすく、歌いやすく、ノリが良く、盛り上がり、そして必ずヒットする曲、
などと無理な依頼をしましたが、GReeeeNの皆さんには
無理なことはない! 願った以上にすばらしい曲を届けていただきました!
互いに『エール』を送りあう仲間たちや愛する人のことを想う名曲です。
ぜひ、毎朝『星影のエール』を聴いて、
元気に一日を過ごしていただきたいと思います」と太鼓判を押している。
(マイナビ)




 





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | エール(2020年前期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【柴咲コウ、朝ドラ初出演「とても光栄」 『エール』でオペラ歌手役】

  

俳優・窪田正孝が主演し、3月30日から放送されるNHK連続テレビ小説第102作
『エール』(月~土 前8:00 総合ほか)に女優・柴咲コウが出演することが決定した。

 NHK連続テレビ小説102作目となる本作は、昭和という激動の時代に、
人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と
その妻・関内音(二階堂)の物語。2人は福島、そして愛知に生まれ、
遠い距離を乗り越えて愛を育んでいく。

 柴咲が演じるのは、世界的に活躍するオペラ歌手・双浦環(ふたうら・たまき)。
幼少期の音(二階堂)は、環との出会いをきっかけに、
プロの歌手を目指す。環はのちに、音と裕一(窪田)に
多大な影響を与える存在となる。
初登場は第7回の4月7日予定。
(ORICON)





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●エール(2020年前期朝ドラ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ