FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ノーサイドゲーム」最終回 「アストロズvsサイクロンズ」】

 

 めっちゃ良かった!!最終回。

あのラグビー決勝は、やはり見応えのあるものになったよね><。。。


前半こそ苦戦したアストロズだけど。
このままじゃ終わらないよね。
絶対!と思ってた。

プレーがまた、とても丁寧に描かれてて。
ああいうラグビーみたいな早いボールのパスまわしとか
流れをスローで追っていくのって
本当に大変だと思うけど。
とてもよく演出されていたよね。

感動的だった。


そして、最終回も浜畑(廣瀬俊朗)が、めちゃめちゃ良かったよね。。。

チームの精神的支柱。

自分の膝などチームのために壊れるのなら本望っていう
すごいプレー。
後半始まる前に選手交代で出場を告げられたとき
私も、てっきり七尾と交代なのかと思った。

そういう戦い方もあるのね。


大泉洋GMにだけ、この試合で自分の選手生命は終わると告げる浜畑も
また、めっちゃカッコ良かったよ。。


やっぱりラグビーのルールは難しいけど
なんとか追いついてったよ。


サッカーと違って、いっぺんに5点や3点入るのは
すごいよね。


そして、脇坂の野郎ですよ。

みごとに、大泉洋。君嶋が、してやったりだ。


滝川さん(上川隆也)は、本当は、なんて良い人だったんだ。
って、前回も書いたけど。
そういう根っこに優しさを秘めてて
根っからの悪人ではないというのを、意地悪しながらも
出してた上川隆也の演技。
ホント、素晴らしかった。


そして、大泉洋GM
俳優、大泉洋。
もう、本当に素晴らしかったです。

面白いところは、ちゃんと笑わせてくれて。

泣かせるところは、しっかり泣かされた。

良いドラマでした。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ノーサイド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【櫻井翔、『ノーサイド・ゲーム』に出演! 浜畑役・廣瀬俊朗と同級生初共演】

   

アイドルグループ・嵐の櫻井翔が、15日に放送されるTBS日曜劇場
『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜21:00~)の最終回に出演することが12日、わかった。

池井戸潤の同名新作小説を原作とするこのドラマは、出世の道を絶たれた
大手自動車メーカー「トキワ自動車」のエリートサラリーマン・君嶋隼人(大泉)が
、再起をかけ戦っていく姿を描く企業ドラマ。

放送も残るところ最終話(9月15日)を残すのみ。トキワ自動車では
カザマ商事買収を巡って滝川(上川隆也)が失脚し、
脇坂(石川禅)が常務に昇進した。しかし脇坂がラグビー部廃止の方針を打ち出し、
君嶋は焦る。さらに、改革案を提出しては一蹴され続けている
日本蹴球協会の閉鎖的な体質。これが変わらない限り
アストロズの収支も上向かない。
蹴球協会の重鎮たちは君嶋の熱意を受け取ってくれるのか!?
そして目前に迫った王者・サイクロンズとの全勝対決。
今年こそアストロズは優勝をもぎ取ることができるのか!?

そんな最高潮の盛り上がりを迎える『ノーサイド・ゲーム』最終回に
櫻井翔の参戦が決定した。櫻井は、浜畑譲役で出演中の
ラグビー元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗と慶應義塾大学の同級生。
廣瀬が先日放送された日本テレビ『しゃべくり007』に
『ノーサイド・ゲーム』最終話直前、および
「ラグビーワールドカップ2019」開幕直前ということで放送局の
垣根を越えて出演した際、櫻井は心配だったからと収録に立ち会ったという。
櫻井自身も幼稚舎時代にラグビーの経験があり、
その時のポジションはスクラムハーフだった。
そして今回ドラマで廣瀬との同級生初共演を果たす。

櫻井が演じるのはアストロズの練習場に現れた謎の男・赤木。
君嶋が行ってきた様々な改革の一端を担う重要な役どころだという。

櫻井は「初回からずっと興奮しながらこのドラマを見ています。
ぜひこのドラマに出演したいと思っていましたが、今回念願がかなって
お邪魔することができました。府中の現場に来たら
『デモ隊が来ていた門だ!』『君嶋GMとアストロズだ!』と全てが
ドラマと同じで興奮しました」と振り返り、
「毎週楽しみ過ぎて、今回は自分が演じる部分以外は台本を読んでいません!
だから君嶋さんがどう闘うのか、アストロズがどうなるのか知りません!
視聴者の皆さんと一緒に結末を楽しみにしています(笑)」とコメント。

「大泉さんとはバラエティでは何度も共演していますが、
お芝居をするのは初めてです。君嶋さんが目の前にいるということもあり、
不思議な気分でした」と大泉との共演の感想を語り、
「今回の出演が楽しみで、昨日美容院に行って髪を切りました。
僕が演じた赤木という男に注目すると共に、
このドラマで初披露する髪型にも注目してください(笑)」と自身の髪型もアピールした。

大泉も「櫻井さんがこのドラマを初回から全部見てくださっているそうで、
大感激しています。そんな櫻井さんが全力でぶつかってきてくれて
すごくうれしかったです。キャスト・スタッフ一丸となって撮影しているこのドラマに、
間違いなくいいシーンが加わったと思います!」と喜び、
「君嶋も最後まで全力でぶつかっていきます! その様をぜひ見守ってください。
そして、我らがアストロズはサイクロンズとの決戦に挑みます。
テレビの前でアストロズを応援してください! よろしくお願いします!!」とメッセージ。

また、廣瀬は「櫻井とは同級生で、ドラマの放送を見ると連絡をくれて
感想を言ってくれます。長ゼリフのときも『良かった』と言ってくれました。
彼も昔ラグビーをやっていたので、こうやって撮影現場で
一緒にいることができてうれしいですね」と語った。
(マイナビ)

これは盛り上がりそうな最終回だ!!




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ノーサイド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ノーサイド・ゲーム」第9話 本当の敵はそばにいた】

  

上川隆也の素晴らしい演技だわ。
すごい表現力に感服。

これまで、大泉洋の目の上のたんこぶではあったものの、
そこまでラグビーを毛嫌いしてないんじゃないかっていうのが
ずっと出てたよね。。。

本当はラグビーを愛しているけど
それを隠しながら、会社のため、経費削減は仕方ないと
大泉洋がそこは、どうにかするのを期待してたのが
端々に出てた気がする。

前作の三上博史ほど、適役としても
そこまで、憎い適役ではない感じがしてたのは、
本当の敵じゃなかったからなんだ。

っていう、今回のどんでん返しで分かるという。
上川隆也の演技力の素晴らしさだ。

そこのところ、加減して演じてたのか。
って、第9話にして、分かってすごくスッキリした。


浜畑の男っぷりも、とっても良かったよ。
七尾が、自分を乗り越え、トラウマを乗り越え
戦う姿も、大泉洋が乗り越えるべきものと重なって。


いよいよ最終回。

これは、勝つでしょう。
勝たなきゃ。


アストロズ存続を上川隆也にも、もう一役かってもらって
乗り越えられるんじゃないかと期待をこめて。

最終回は、20分拡大だそうです。
最終戦、白熱しそう~



【視聴率】第9話 12,2%


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | ノーサイド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ノーサイド・ゲーム」第6話 ゴードン全部さらってく】

   

まあね、大泉洋。
本社には、まだ戻らないと思ってたよ。

普通、リーグ戦2位でシーズン終了したら
もっと、会社側も応援体制に入るんじゃないの?

上川隆也、ラグビーそこまで嫌う理由
ほかにあったりするんじゃないの?

大泉洋、君嶋を本社に戻って、自分を手伝ってほしいと
これまでも、君嶋のいい相談相手になっていた脇坂(石川禅)は
もう1年GMとして、やりたいと
断ると。

なんか、態度豹変。
目つきが変わった。

一度断ったら、二度と誘わない!
って、子どもかっ!
このひとも、しょせん、こういう人だったんだ。。。って感じ。

今度は、この脇坂も敵対していくのかしら。

感じ悪い。


ラグビー協会のほうは、金儲けはしないだの
プロじゃないだの、
伝統が、だの、ワケわかんないこと並べて
集客に力を注ごうなどとは、まったく思ってない。
これも、ちょっと不思議。

めんどくさいだけなの?とも思ったけど。
どうも、上の上の人。
会長、富永(橋幸夫)の意向なんだと言われ、
とたんに、君嶋に賛同しそうだった人たちも
再び、黙り込んでしまう。



もう、この手のグタグタは、飽きてきたわ。
と、思った、後半最後のほう。

「紅白戦」をやることになったアストロズ。
観客も、たっくさん。

子どもたちも、たくさん応援に。


スタメン組と控え組が2つに別れての
真剣勝負。


流れは、圧倒的にスタメン組?
と、思われたそのとき!

一人の控え組の選手が、際立った動きをしていた。


これぞ、本場で鍛え上げたラグビー。
ゴードン!!
七尾だった。

これには、一緒に働いていた社員もビックリ!

レベルが、まったく異次元。


その動きに度肝を抜いた浜畑(廣瀬俊朗)。。。
彼のことは、知らなかったのかな。

いや、でも3ヶ月も一緒に練習してれば
スタメン組なら
「こいつ、別格。」って
気づくはず。
その素性を、誰も3ヶ月知らなかったのかな????
それとも、控えは、一緒に練習してこなかったとか?
ま、いっか。


この試合。
敵のサイクロンズも、しっかり見てた。

どうやら、浜畑さん。移籍を誘われちゃうみたいね。。。


七尾の登場で、また何かが動き始めそう。
良いことばかりではないのが、池井戸潤だよねーー;

 
【視聴率】第6話 13%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ノーサイド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ノーサイドゲーム」第5話 運命の決勝戦】

 

面白かった~。ワクワクした。普通に試合見てるような気分を
味わえた。

そんな簡単に勝ち続けるわけ
ないじゃないか!と思う反面。
けっこうなテンポ良さで進んでいき、
何よりも、ここに来るまでのアストロズの選手たちの努力を
見てきたので?

すっかりサポーターの気分で応援だよ。

勝つことにひたすらこだわる柴門監督の手腕と
ラグビーを知らないけれど
いろんな角度から、ヒントになる言葉を発する、大泉洋。

このコンビがたまんないね。

そして、今回の立役者、佐々くん(林家たま平)。
良かった~。
林家正蔵の息子なんだって。知らなかった。
良い味持ってるよね。中高って、本当にラグビー部に所属してたんだ!!

アストロズのメンバーたちが、だんだん一丸となって。
家族になっていくのが、とてもよく伝わってきてた。

あんなに、最初の頃はぎくしゃくしてたし
里村なんて、ボランティアやだ~!って言ってたのに。


そして、決勝戦。
柴門監督の古巣、サイクロンズと戦うことになり
前日記者会見を行うことにした、GMの大泉洋。

あんまりラグビーは記者会見って、しないんだ。

あの記者会見も、しびれたよ。
ああいう雰囲気作りは、大切だよね。


最後は、本当に惜しかった。
ラグビーもビデオ判定は導入されてるんだ。

ビリだったアストロズが、リーグ2位って、ものすごい事だけど。

優勝しないと、ダメなんだろうな・・・。


ラグビーは、降格したりはしないんでしょ?

でも、閉鎖しちゃったら、おしまい。

がんばれ!大泉洋GM!!


全力で応援だわ。
あとは、ルールがもっと分かるようにならないとな。

【視聴率】第5話 11,4%


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ノーサイド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ