FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「パーフェクトワールド」第4話 このポジションは渡さない!!と言われた山本美月】

 
 

嫌な女だよね。
中村ゆり。

わりと、この人、嫌な女の役が多いような
気がする。

かと思えば、「花子とアン」では
美しい病気の妻を演じてたっけ。
あれは印象的だったけど。。。

でも「探偵の探偵」の
毒姉とか、ピッタリだったし。

今回も、かなりプライベートに踏み込んだ
ヘルパーの役で。

結婚したけど、結婚する前から
松坂桃李、
樹が入院してた頃から
樹のこと、好きだったんだよね。この人。
だけど、まさか年下の大学生。
しかも、重大な事故のあと。
自分の気持ちは言えなかったんだろうね。
それで、ヘルパーという形で
ずっとそばにいることを選んだのかも。

看護師やめたのは、結婚したからじゃない気がする。

まさか、樹に彼女が出来るとも
思わなかったんだろうね。

樹のいないところで
意地悪としか思えないような言葉を、山本美月に
吐き捨てるんだもん。
本当に、純粋にヘルパーだけを仕事としてるのだとしたら。
よろこんであげても、いいはずだし。

母親の麻生祐未が、すごく喜んだようにさ。


だけど、いちいち挑戦的。

あんたに、樹の何がわかるの!!
って感じ。
覚悟はあるの!?

まあ、それは、本当のことなんだろうけど。

だから、よけいに、つぐみは必死。
でも、介護ヘルパーの資格を取ろうと勉強してることは
言っても良いんじゃないのかな?
そこ、おかしいよね。

建築デザインに介護。
そりゃ大変だよ。


晴人(松村北斗)も、樹に彼女ができたことも
少し影響あるんだろうな。。。
レンタル彼女とかさ。。。
それが、まさか、つぐみの妹だとはね。。。

あれだけ、断られても
指名した晴人。
しおりに、本気になりかけてるよね。

しおりは、絶対に障害者とは付き合えない!と
姉を見ていて、そう思ってるし、
そう言ってるけど。
この二人も、どうなっていくか
わからない。
とはいえ、姉妹で障害者と付き合うっていうのは
うーん・・・

あるのかな・・・・?


けっこう、刺さる。
晴人の気持ちも。
樹の気持ちも。

そして、次々訪れる壁。

睡眠不足で、駅のホームから転落なんて><。。。

この前、インフルエンザで駅のホームから転落したって人がいたけど。。。
それくらい、普通にあるよ。ってことなのかしら。。。


電車には、轢かれなかったみたいだけど。
そしたら、死んじゃうよね。
ドラマ、終わっちゃうよね。。。


ますます、自分じゃ守れない。って
樹も思うし、
つぐみの両親も思うし。
別れろ!って言われるよね。。。。


悲しい。。。


【視聴率】第4話 6,5%


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | パーフェクトワールド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「パーフェクトワールド」第2話 車いすバスケ】

  

驚いた。
樹(松坂桃李)と同じ設計事務所で働く、渡辺晴人(松村北斗)も
障害者だったんだ・・。
足がなかった。

つぐみ(山本美月)は、その晴人に
樹を車いすバスケをやっている体育館へ
連れてきてほしいと頼まれたのだ。

騙して、連れて行ったわけだけど。
もともとバスケでエースだった、樹。
事故いらい、二度とバスケは、やらないと決めていた樹だったけれど
そのボールと床の音。
シュートの音。
汗、匂い。
やっぱり、目の前で触れるともう一度触れたくなった樹。

最初は、嫌がってたけど
すぐに楽しそうに。

車いすでやるバスケの難しさも
また、やりがいになったのかも。

帰りは、めっちゃ笑顔。



樹とつぐみが、樹のマンションの前に帰ると
捨て犬がいたり、
母(麻生祐未)が待っていたり。

そうそう。
先週、病室にいる樹に
いきなり扉をあけるなり
「ごめんね~!!」と、樹に抱きつく中村ゆりで終わったんだっけ。

なにこいつ。
また、こういう昔ながらの月9みたいな展開!?
って、嫌な気分になったけど。

樹が事故で入院していたときの看護師で
そのあと、結婚して、ヘルパーになって
樹のところにも手伝いに来ているとか。

それにしては、なれなれしい。
まあ、つぐみがいたから、余計に。なんだろうけど。

しかし、結婚してるのに。
どうして、あんなに、つぐみに敵対心むき出しなのだ?
今後の展開にカギとなる人物になっていくのかしら。
面倒くさいわ、こういうの。



つぐみと幼馴染の洋貴(瀬戸康史)は
今度こそ!プロポーズをする!!と
意気込んでるわりに
いつも、タイミングを逃してしまう。



捨て犬のチャコを飼うことになった樹は、
チャコのおかげで、また、つぐみと気持ちが寄り添えるように。
つぐみも、チャコのおかげで
自分の思ったことを。

なんでも、勝手に自分の気持ちまで決めつけてしまう樹に
ハッキリ言うことも出来たし。

ここまで、自分をさらけ出せるようになってる、つぐみの
存在って、とても大切だと思うんだよね。
樹。


そして、今回の入院のこともあって
実家に戻らないか?と心配する、母の文乃(麻生祐未)。

今回は、麻生祐未さん、意地悪なお母さんじゃなくて、
つぐみを、とても気に入って
一緒に、ケーキ買いにいって、おしゃべりしたりする仲になる。

母の思いを知ったつぐみは
つい涙を流して、
自分の気持ちを、ちゃんと樹に伝えるとも決心できたのだ。

いい関係。



原作も、映画も見てないので
とても引き込まれて見てます。このドラマ。

松坂桃李が、とてもうまいし。
山本美月も、とても可愛いらしいし。

二人には、しあわせになってほしいな。。と願いながら
見守りたい。


【視聴率】第2話 5,8%



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

br_decobanner_20110417165910.gif | パーフェクトワールド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「パーフェクトワールド」第1話 初恋の人】

  
 

車椅子の松坂桃李は、あまり見たくないかな。。。と
思ってた。

病気もの、障害者ものって苦手なので。


だけど、このドラマは、ちょっと違った。


高校卒業いらいの偶然の再会をした
つぐみ(山本美月)と、樹(松坂桃李)。

インテリアデザイン会社の事務をしている、つぐみは
代表の美千代(とよた真帆)が
取引先の人たちと一緒にいる店へと
仕事のものを届けにいくと
そこに、偶然、樹がいたのだ。


樹は、つぐみが高校時代
ずっと好きだった人。
いつも、ずっと樹を見ていたつぐみ。

その回想シーンは
なんか、中谷美紀の「わたし結婚できないんじゃなくて、しないんです」の
健太郎と松井珠理奈を思い出すようなシーンだったな。。。

瀬戸康史が出てたり、同窓会があったりと
展開も少し似てるけど、
脚本家は、違う人だった。



事故で脊髄損傷で下半身が動かなくなった樹を
そうとは知らずに
まだバスケを続けているのか?と、聞いてしまったつぐみ。

帰る樹を見て、言葉を失う。

事情を会社の人から聞くと
帰ったつぐみは、自己嫌悪。。。。



戸惑いながらも、
前向きに生きている樹に
さらに惹かれていく、つぐみ。


だけど、明るく前向きな樹になるには
やはり、そう簡単ではなかったし
つぐみの知らないところでは、
やはり、たくさんのものを抱えている樹。


それは、1枚の結婚招待状。


うーん。

元彼には、招待状、送らないよねーー;

それは、高校時代から付き合っていた美姫(水沢エレナ)からだった。


だけど、樹は、つぐみと再会して
美姫から結婚式は無理でも、同窓会には
来られないかと、電話が。


平気なふりして、同窓会に出たのかと思ったら、
樹は、つぐみに、一日だけ彼女のふりをしてほしいと頼んでいた。

だけど、嘘をついていると思うと
まったく楽しくない、つぐみ。

そこへきて、美姫からは
あれこれ言われる。
オマエが言うな!って感じだわ。

その美姫は、樹に
「樹が、今でも一番好き」とか言うのだ。

ドラマぽくて、なかなかのセリフだ。


なるほど。
事故にあって、樹の方から別れようと言ったけど
美姫は、これ幸いと別れたわけなのだ。
一緒に生きようとは、思わなかったのだ。
なのに、美姫は、樹から別れようと言ったから私は別れたのだと
主張するのだ。

そういう女なのね、美姫。


回想シーンからも、
つぐみは、いつも樹を見ていたけど、
その隣には、いつも美姫がいて。

そこまであからさまに見つめてられるのなら
告白しろよ!と同級生の男子にも言われたのに
彼女がいるから。と
言えなかったのだ。

というより、つぐみは、いつもいつも
前に進む前に、諦めちゃう子だったらしい。

そして、今も。


だけど、樹との出会いで
少しづつ変わっていきそうな、つぐみ。



樹も、カッコつけながらも
尿意や便意が分からず、粗相してしまうこともあるのだと
最初は冗談に話しながらも
つぐみの前で、失敗してしまったことから
突き放そうとしたけど
つぐみは、樹を、優しさで包み込んだ。

このとき、見てて、なんか、ドキっとしたな。

自分のコートを、そっとひざにかける、つぐみ。
そして、一人にしてくれ!!と、怒鳴った樹の
車椅子を、そっと押していく。



褥瘡って、初めて知ったけど。
痛みを感じないっていうのは
恐いことなんだと
あらためて知る。。。

高熱が出て、初めて、自分の体の変調を知るって。
あんなひどい状態なのに。。。


高校の頃描いていたつぐみの絵を
樹は、見に行ったことがあると、
病院で告白した。
その絵は、自分の高校時代、そのものだったと。

コンペのためのデザイン画を
手伝ってくれと、樹は、つぐみに頼み
久しぶりに絵にふれたつぐみ。


きっと、ここから
支え合って、とか簡単なレベルで
話しが進んでいくとは思わないけど。

山本美月の、つぐみがとても一途で
綺麗で、柔らかくて。
応援したくなる気持ちになっていった。



【視聴率】第1話 6,9%

そうか、やっぱり低いね。。。
でも、この枠っていつもそうだよね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | パーフェクトワールド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【菅田将暉、米津玄師Pで松坂桃李ドラマ主題歌「胸躍る自分がいる」】

 
 

俳優の菅田将暉が歌い、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした楽曲
「まちがいさがし」が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『パーフェクトワールド』
(16日スタート、毎週火曜21:00~)の主題歌に決定した。

『パーフェクトワールド』は、20歳の時に事故で脊髄を損傷して
車椅子生活を送ることになった建築士・鮎川樹(松坂桃李)が、
高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、
心を通わせ合っていく姿を描くもの。
河西秀幸プロデューサーからオファーを受けていた菅田が
「この曲を主題歌として起用したい」と提案して決定した。

菅田は「まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、
背中を見ていた人です。気づけば10年近くなりますでしょうか?
今では会えば家族のようなあいさつをし、
離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。
そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。しかも米津玄師が作ってくれる。
正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。
ちょっと吐きそうでした。ただこんな贅沢なことはないと
胸躍る自分が間違いなくいました」と心境を紹介。
「『パーフェクトワールド』という作品が、皆さまの心に残るよう、
少しでもお力になれればと思っております。
当たり前のことですが、一生懸命歌わせていただきます」と意気込む。


松坂は「初めて聴いたとき、歌声から菅田の作品への想いが
ビシビシと伝わってきました。
米津さんの書かれた歌詞に樹の心情とリンクする言葉が多く、
ドラマの世界観からそのまま曲が流れていくことを
容易に想像できるくらいピッタリだと思いました」と感想を述べ、
「お互い、同じ時期にデビューをした菅田とこういう形で
作品作りに関わるということに不思議な縁、
巡り合わせを感じます。10年前には全く想像しなかった出来事です。
この楽曲を聴きながら、ワンシーンずつを大切に
撮影に臨んでいきたいと思います」と気を引き締めた。

河西プロデューサーは「菅田将暉さんの歌声は、
優しさの中にも芯が強くて心に訴える印象を持っており、
このドラマにぴったり合うと思っていました。
なぜなら『パーフェクトワールド』はラブストーリーでありながらも、
自分の足りない部分を誰かに助けてもらったり、
完璧にはならない人生の中に希望を見つけたり、
とメッセージ性が強いドラマだからです。直感的に、
そして衝動的に菅田さんにオファーをさせていただきました」と
経緯を明かした上で、「楽曲をはじめて聞いたとき、
自分の選択は間違っていなかったと確信する素晴らしい楽曲に
興奮したのを覚えています。米津玄師さんが菅田将暉さんへ書いた楽曲は
ドラマとの親和性も抜群で、既にパーフェクトワールドにとって
『まちがいさがし』はなくてはならない存在です」と太鼓判を押した。

この楽曲は、16日の第1話内で初披露される。
(マイナビ)


おおお。
これは、毎回主題歌聞くのが楽しみだわ♪

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | パーフェクトワールド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【SixTONES松村北斗、松坂桃李と10年来の友人役『パーフェクトワールド』】

  
 

俳優の松坂桃李が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ
『パーフェクトワールド』(4月16日スタート、毎週火曜21:00~ ※初回20分拡大)に、
松重豊、麻生祐未、中村ゆり、ジャニーズJr.内ユニットSixTONESの松村北斗らが
共演することが12日、発表された。

生涯一人で生きていくと決めていた車いすに乗った建築士・鮎川樹(松坂)が、
高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていくことで
生き方が変化していくラブストーリーの同作。
松重はつぐみの父・元久、麻生は樹の母・文乃、中村は樹を身体的にも
精神的にも支えるヘルパーの長沢葵、松村は樹とは
10年来の友人でもある渡辺晴人を演じる。

他にも、つぐみの母・咲子役で堀内敬子、樹の元彼女の雪村美姫役で水沢エレナ、
樹の良き理解者でもある渡辺設計事務所の代表・渡辺剛役で木村祐一、
インテリアデザイン事務所「クランベリーズ」の代表で、
夢を追いかけようと頑張るつぐみを応援する東美千代役でとよた真帆が出演。

河西秀幸プロデューサーは「樹とつぐみの純粋なラブストーリーを盛り上げる
素敵なキャストの皆さまにご出演いただけて、今からとても楽しみです。
それぞれのキャラクターが立場に応じて、2人の恋を阻むことになります。
でも、それは単に理由もなく邪魔するのではなく、見方によっては
すごく共感できる恋の障がいなのです」といい、
「ラブストーリーでありながら、自分の子供が障がいの多い恋を選択したら…など、
親世代の方にも共感いただけるドラマとなっています。
自分だったらどうするか…と、登場人物の心情に寄せながら
お楽しみください」とコメントを寄せている。
(マイナビ)


<キャスト>
松坂桃李
山本美月
松重豊
麻生祐未
中村ゆり
松村北斗(SixTONES)
堀内敬子
水沢エレナ
木村祐一
とよた真帆



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | パーフェクトワールド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ