FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「インハンド」第7話 菜々緒の娘】

  
 
ビックリ。

菜々緒。
牧野には、娘がいたのだ。

その娘、ミカが入院していると知った、紐倉博士(山下智久)と
高家(濱田岳)は、お見舞いに。

ミカちゃんは、原発性免疫不全症候群だった。

完治するには、骨髄移植が必要だけれど
母の菜々緒でも一致せず移植ができないでいた。

菜々緒の夫で、亡くなったミカの父、賢一も
PIDではあるが、発症しなかった。
賢一は、研究者で、自分の体のありとあらゆるものを
ミカのためにと、残していた。


菜々緒は、紐倉に、
なんとか、ミカ治療法を見つけてほしいと頼んだ。


今回は、個人的な依頼だったね。


PIDの研究は、なかなか進まず
大変な事だった。
紐倉の元上司の時任三郎にも、協力を頼みにいくけど
これまた、難しい問題だと。

でも、そこは、

「天才」

調べに調べ。


紐倉は、菜々緒がやろうとしていることも
分かっていた。

なんと、
夫の残した精子で妊娠しようとしていたのだ。
ミカの病気を治すために。


これは、いろんな意見が出そうな問題。
悪いことなのか?と聞かれれば。
亡くなった夫の子供を生むことは、
決して法律違反じゃないもんね。
でも、その子供を、姉の命のための骨髄移植のための
道具のような扱いをするために生むということは、
倫理的に?

でも、紐倉は、もちろん反対などしない。

天才だからね。



しかし、ミカの容態は急変し
一刻を争う事態に。。。


どんなときも、仕事をやめられず
ミカを置いて仕事へ向かうことの多かった菜々緒だけど。

仕方ないよ。。。
シングルマザーだもん。
しかも、外務省だよ。
やめるわけにはいかんよね。
子供がいるなら、なおさら。安定の役人だもの。


そして、ついに、紐倉は
その治療法を見出した!!


ミカちゃん。
紐倉博士に、ひと目ぼれするところが、
乙女で可愛かった~。


そのミカちゃん。
なんと、「ふん便移植」で治すという
すごい発想。

担当医に説明したところ、
この方法は、アメリカでも有効だとされている方法なので
やってみる価値はあると、
さっそく。


走り回る、ミカちゃん。
そこは、紐倉博士の研究所。

いつのまにか
「ねえ、てつぅ~」と、下の名前を呼び捨てにする、ミカちゃんwww


結婚するんだって。!

紐倉博士と。


菜々緒は、山Pのお母さんに!!



明るい終わり方で、とても良いよね。
今回は。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

br_decobanner_20110417165910.gif | インハンド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「インハンド」第6話 ドSの照男兄ちゃん】

  
 

すっごく面白かった。。。!!!
話題になってるように、「なつぞら」のテル兄ちゃんとは
まるっきりの別人な清原翔で。
めっちゃ魅力的で

山PとのドS対決もステキだった~。

「オマエ、気に入らないなあ」と言われれば
山P
「俺は、嫌いじゃないぞ」
と、言い返す。

こんなおチャメな山Pたまらんです。

ところどころ出てくる
紐倉の冗談が
大好きだわ。


今回は、陸上のエース、野桐(清原翔)の
ドーピング問題。

内閣官房サイエンスメディカル対策室の
正式なアドバイザーとなった紐倉への
最初の依頼だった。

にもかかわらず、
あまりにも、影響が大きすぎる人物のため
いろんなところから圧力かかっちゃって。
途中でもう良いとか言われちゃう
お役所仕事。

でも、それでもやめないのが
紐倉博士。

というより、野桐に、とても興味があったらしい。

変人、天才どうしで
通じるところもあったようで。

二人の掛け合い、絶妙だった。


結局、遺伝子ドーピングをしていた野桐。
そのリスクは、とんでもないリスクで。

どうしても、命に変えてでも
最高峰のスピードを見てみたかった野桐を
「見てこい」と、送り出す山P。

完走はできずに、倒れ込む野桐。

その倒れ方。
病魔に侵されてるさま。
すごい演技だったな。。。


なにより、照男と別人すぎる
対局にある人物をみごとに演じきった清原翔。

今後、すごい活躍に期待しちゃう。

実は、私。
天陽くんより、清原翔派。

夢中になりそうな予感^^;



山Pも、今回もさらに良かった~。
あのキャラは絶対好きになっちゃうよね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





 

br_decobanner_20110417165910.gif | インハンド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「インハンド」第5話 山Pの手の秘密】

 
 

そうだったのか。。。
そんなことがあったのか。。。。

全然、山Pのせいなんかじゃなかったじゃないか!!!

助手は、山Pのせいで自殺したとか言っちゃって。


菜々緒のつとめる内閣官房サイエンス・メディカル対策室では
紐倉を正式にアドバイザーとして雇う話が出ているが
紐倉の過去が黒いままだと
そうはいかないと、調査を進めるなか、
最先端の科学技術ビジネスで成功しているフューチャージーンという
会社の情報を入手した。
そのCEOは、アメリカ疫病予防管理センターCDC時代に
紐倉の上司だった福山(時任三郎)だった。
福山なら、紐倉の過去を知っているのでは?と
高家(濱田岳)と一緒に、会いに行くことに。

快く面会を受けてくれた福山。

そして、紐倉の壮絶な過去の話を
二人は、聞くことになる。。。


そのころ、CDCの紐倉と入谷は東南アジアの1つの島にこもって
研究をしていた。
紐倉の助手だった入谷は現地の子供たちととても仲良くなり
紐倉に一緒にいたずらをしかけてきたりと
楽しそうな日々。
紐倉の大好きな寄生虫も、たくさんいて
紐倉も、とても楽しそう。

ところが、現地の少女が病気に侵されてしまう。
それは、アメリカ軍が殺傷力と感染力を増幅させた新型のエボラウイルスを開発したもので
殺人兵器。
故意にばらまかれたものだった。

入谷は、その検体を持ち帰り、すぐに薬を作るべきだと
訴えたが、そんなことをしたら、アメリカ軍に殺されてしまう。と
紐倉は、止めた。

しかし、入谷は、勝手に検体を持ち帰り研究を
一人で進めていた。
その後、その島はウイルスの感染がすすみ
ついには、アメリカ軍は隠蔽するために、
島ごと爆破しようとする。


入谷の行動に、アメリカ軍が気づき
入谷と紐倉を追って、アメリカ軍がやってくる。

しかし、入谷は、自分ひとりでやったものと
アピールするため
ビルの屋上から、アメリカ軍に追い詰められるなか
紐倉は、自分の敵であるかのように、英語で罵倒し
アピールした。

そして、自らもエボラに感染しながら
ビルから飛び降りた入谷。
その腕を、つかみ助けようとする紐倉。

ところが、そのとき、入谷が紐倉に
なにかを伝えたのだが
それを、紐倉は思い出せず。

そのシーンだけがいつもいつも
思い出され、
苦しみ。
無い腕、手が、痛むのだった。



アメリカ軍のリーダーが
「撃て!!!」と、命令した。

「二人ですか?」と聞くと
「一人だ」と、入谷を撃てと命令したのだが・・・・。


転落していく入谷の手を掴み、
懇親の力で、引き上げようとしていた
紐倉の、腕。
その腕をめがけて銃弾が放たれてしまう。。。


入谷は、転落し、
紐倉は、そのとき
腕を無くした。。。


壮絶なシーンだった。。。
衝撃的だった。


高家は戻って、福山から預かった入谷の遺品を
紐倉に渡した。
そのなかには、研究の日誌がつけられ。
写真がはさまっていた。


ぼくは、紐倉の助手で本当にしあわせだった。
ありがとう。

と、そこには書いてあったのだ。

それを見たときに、
あのシーンの入谷の言葉を思い出すことができた山P・・・。


ちょっと、高家を、助手として
大切にしよっかな~とも
思った瞬間でもあったみたい。

あの写真。
高家の顔が、貼ってあったのが
なかなか。


あんなドSの博士の助手は
なかなか務まらないからね~。

なんだかとても内容の濃い回だった。。

そして、次回は、テル兄ちゃんが出ますよ!!
ゲスト、清原翔さん。


楽しみ~


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






 

br_decobanner_20110417165910.gif | インハンド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「インハンド」第4話 ボルナ病ウイルス】

  
 

体の痛みもおさまった様子の紐倉博士(山下智久)は
高家(濱田岳)の落花生を食べまくっていた。
カラは全部、床。

タカイエが掃除をしていたのは、そのカラだったのね。

そこに、菜々緒がやってきた。


外務事務次官(紫吹淳)のもとに
「人を自殺させる病原体」をばらまくという脅迫状が届いたというのだ。

実際に、そこに載っていた名前の中には
自殺などするような状況ではなかったような女性が自殺していて
もう一人の女性は、自殺未遂を起こしている。
男性ひとりは、行方不明になっていた。
残る一人は、外務事務次官の娘、恵奈(吉川愛)だという。

いつもなら、断りそうな案件を
紐倉は、引き受けるという調査。

てっきり、吉川愛ちゃんが、可愛かったからかと思った^^;


その自殺をさせる病原体は
ないことは、ないと紐倉は説明し始めた。


なるほど。。。
また、難しくなってきたぞ。


でも、インフルエンザの薬の件は分かりやすかった。
そういうことか。


一方、紐倉の過去が気になっている菜々緒は
藤森慎吾に、調査をさせていた。

「イリヤ」とは、いったい誰なのか。


てっきり、イリヤって女性の外国人かなんかの名前かと思ってた。
イリヤは入谷だった(!)


助手だったという入谷、
彼も、紐倉のせいで死んだと言われているけれど。



紐倉は、吉川愛ちゃんに会って話すと
4人が共通することは
「治験」を体験したことだった。

その治験薬に問題があったのかもしれないと
タカイエを治験に参加させることに。


これ、潜入させて調べさせるっていうのを
濱田岳がやると、
なんか、こう、器用にいろんなところに潜っても
怪しまれずにやれそうな気がして
うまいこと選んだな~って、昨日は特に感心しちゃった。


製薬会社に勤める鍋島(山中崇)と
一緒に開発をしていたという入谷。
鍋島は、入谷を殺したのは、紐倉博士だと
タカイエに断言した。。。



結局、自殺させる病原体は
牧場の馬から感染した「ボルナ病ウイルス」だったことがわかった。
行方不明になってた医学部に通う緒田も
その可能性に気づき、
馬小屋で意識を失ってたのを紐倉と恵奈が発見した。


そして、脅迫状を送ったのは
恵奈だということが分かる。
さすが紐倉博士。

今回、冒頭で出てきた外務事務次官の紫吹淳が
めっちゃカッコよくて、
バラエティに出てる紫吹淳しか
最近では印象にないので

あらためて、あ、この人も宝塚の男役、トップスターだった人なんだわ。と
思っちゃったよ。
もっと、カッコいい役やれば良いのに。

よく出る山中崇さんも
どんな役でもはまるし
山Pの過去に携わる重要な人物を今回演じているのね。

時々、フラッシュバックする紐倉博士の映像のナゾ。
高熱が出てるっぽい
無くなった手の痛み。


なんか、藍沢を演じた山Pが
ギバちゃんが演じた黒田先生の
腕を切断したのを思い出しちゃったな。。。

ちょっと黒田先生の声が聞こえる気がした。

「そのとーりだ~ぁ」って。


しかし、吉川愛ちゃんは
相変わらず、めちゃめちゃ可愛い。
深キョンのドラマでは、うっとうしい女の子を演じてたけど。
子役の頃の危うい美少女は、
みごとに美しく成長したよね。
これから、どんどん出てくるかも。
引退して、再びスカウトっていうのは
言い訳にはちょっと無理があるけど。
こうして、再び才能ある女優さんが
復帰できるのは、嬉しいことだよね。


次回の第5話から、紐倉の上司だった時任三郎が登場。

過去は明かされるのか!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

br_decobanner_20110417165910.gif | インハンド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【時任三郎、山下智久と初共演 『インハンド』で上司・部下の関係に 5話より出演】

   

俳優・時任三郎が10日放送の山下智久主演・TBS系連続ドラマ
『インハンド』(毎週金曜 後10:00)第5話より出演することがわかった。
時任は最先端の科学技術を駆使したビジネスで世界中から
大注目されている会社のCEO・福山和成(ふくやま・かずなり)役として
ドラマ後半の鍵を握る重要人物を演じる。

同ドラマは山下智久演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲と
濱田岳演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の
凸凹トリオが、科学が巻き起こす様々な事件を爽快に解決していく
ヒューマンサイエンスミステリー。

 現在はビジネスで大成功している福山だが、実は紐倉が
CDC(アメリカ疫病予防管理センター)で働いていた頃の元上司。
福山は紐倉にとってどんな人物なのか…。
そして福山が登場する第5話では、ついに紐倉の義手の秘密が明かされることとなる。

 紐倉の過去をひも解く上で重要となるのが、5年前に
ある国で起きた恐ろしい事件。このシーンは、沖縄で大規模ロケを慣行。
ジャングルなど過酷な環境での撮影も多かったが、
時任と山下は初共演とは思えないほど息ぴったりの演技で、
上司と部下の関係を体現した。沖縄で撮影されたこのシーンは、
見応えたっぷりの仕上がりに。初共演の2人がどんな化学反応を見せるのか。
そして5年前に起きた恐ろしい事件の真相、そして紐倉の義手の秘密とは…。

 また福山と同じく5年前の事件に大きく関わっている
紐倉の元助手・入谷廻(いりや・かい)を演じるのは、俳優・松下優也。
これまで詳しい役柄は発表されていなかったが、
きょう3日放送の第4話から松下演じる入谷についても徐々に明かされていく。

 時任は「山下くんとは今回が初共演ですが、
僕が演じる福山は紐倉の過去を知る人物として絡みも多いので、
楽しくご一緒させていただいています。劇中では紐倉をクールに
演じられていますが、沖縄ロケの合間には現地の子供たちととても
楽しそうに遊んでいて、その時の朗らかで優しい笑顔が印象的でした。
そんな山下くん演じる紐倉に福山がどのように絡んで、
結末にどう関与していくのか、ぜひ楽しみにごらんください」と期待をあおる。
(oricon)



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






 

br_decobanner_20110417165910.gif | インハンド | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ