FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「文学処女」第3話 処女の森川葵】

  

9月11日からスタートしてる「文学処女」
なんとなく録画してあったのを見始めた。

城田優が作家で
森川葵が編集者。

森川葵は、文学オタクで
とにかく子供の頃から、異常に本が好き。

26才になる今の今まで
恋は、小説の中でしかしたことがない。

そんな森川葵が演じる月白鹿子は
文學界でもオンナ好きで有名な小説家、加賀屋朔(城田優)の
担当編集者になる。

初めて加賀屋の自宅に行ったときには
同じ布団から、
別の出版社の編集者、泉里香が下着姿で出てきたり。

まあ、よくある恋愛ドラマ。

まっすぐでマジメで
本当に加賀屋の本を売りたい!と思ってる月白だけど
どこかポンコツなので
加賀屋にからかわれ、
月白のアツい思いに感激した加賀屋が
ホテルの部屋に月白を連れ込み
打ち合わせと言う名の
これまた、からかい半分の口説きがあったり、なかったり。


酒に弱い月白は、
酒が入ると、妙に絡む。


月白のマンガの世界だか小説の世界だかと
混同して、
妄想して。


指先なめられ、あえぐ森川葵はさ。。

絶対、処女じゃないし。

なんかね。
この子みてると、
あざといな・・・って、感じが
どうしても邪魔して
ドラマが、純粋に入ってこないの。

こんなふうに、高橋一生に迫ったんだろうな~って。



「わた、わた、わたし・・・
先生と、いたしてしまったんでしょうか・・・・」

なんて、可愛く処女っぽいこと言ったりするんだけど。


そんな二人が、いつしか惹かれ合って
本気で恋する担当と作家な話なんだろうな。
と、分かってはいるけど。
そんな単純じゃないかもしれないので
一応、見てる。

月白と同期の望月くんは、月白が好きらしいんだけど。
これも、かなりのイケメンなのに
もたもたしてて、はっきりしない。

深夜ドラマ独特の
ゆるーい恋愛ドラマ。


森川葵って、けっこう売れてる女優なんだと思ってたけど。
わりと深夜ドラマが多いよね、最近。。。

すごく上昇志向の高い子だと何かで読んだか
聞いたので、
まあ、頑張って。
応援してないけど。

Aスタジオのアシスタントの頃までは
わりと好意的だったんだよ。
だけどね。。。。

ま、いいや。

早くそんな気持ちを払拭するくらい
いい演技を見せてください。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ





 

br_decobanner_20110417165910.gif | 文学処女 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【森川葵が色気アップ!?城田優との大人の関係に注目『文学処女』】

  

 

森川葵と城田優がダブル主演を務めるドラマ『文学処女』
(MBS、毎週日曜24:50~/TBS系、9月11日スタート、毎週火曜25:28~)が、
9月9日よりドラマイズム枠にてスタートする。
「初恋は本の登場人物」というリアルな恋愛経験がない26歳の新米編集者と、
非常に癖の強い超人気ミステリー作家のいびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描いた物語だ。

城田優、念願の恋愛ドラマに森川葵とW主演『文学処女』
8月29日に行われた製作発表会&第1話試写会の場で、森川は
「26歳でも恋の経験がないまっすぐで純情な役」と自身が演じる
月白鹿子を表現していたが、その言葉どおり、劇中では、
恋に恋する女子にありがちな恋愛妄想を炸裂させながらも、
「作家さんと一緒に、抱きしめたくなるような一冊を作ること」を
夢見て仕事にまい進する新人編集者を熱演している。

一方、天才作家・加賀屋朔について、城田は「物語のなかで、
女性がキュンキュンする軸となるキャラクター。最初は謎めいた人物なので、
あまり感情的な部分は見えませんが、だんだんと人間らしさが出てきます」と語ると、
深夜ドラマならではのセクシーシーンについても
「僕にはセクシー要素がまったくないのですが、求められたものを出せるように、
乾いた雑巾を一生懸命絞るように、セクシーさを出しました」と発言し、
期待を煽っていた。

第1話では、鹿子と加賀屋の出会いを中心に、鹿子の会社の同期で、
よき相談相手である望月千広(中尾暢樹)、ライバル出版社の朔の
編集担当の有明光稀(泉里香)らとの関係性が描かれていくが、
序盤からさまざまな恋の予感が想像できる伏線もチラホラ張られており、目が離せない。

森川と城田は、2015年に放送された連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)で先
生と生徒という関係性だったが、本作では、恋愛関係に発展していく。
このドラマのために体を絞ったという城田の裸のシーンは第1話から登場するが、
城田も2話以降で登場する森川とのきわどいシーンに
「3年前に感じなかった色気を感じました。エロかった」と発言。
大人のラブストーリーとしても期待が持てる。

“大人の恋愛”がテーマの作品だが、一方で、小説に対する熱い思いを持つ
編集者の成長物語という側面も、物語に深みを与えている。
前述したとおり、鹿子は無類の小説好きで、本に対する思いは、
どの編集者にも負けない。当然、作家に対しても
「良いものを書いてもらいたい」という思いに妥協はない。そんな鹿子によって、
編集者泣かせの加賀屋や、周囲が変化していく姿にも注目だ。

原作は「LINEマンガ」で連載中の中野まや花による同名コミック。
女性ファンが、望月派と加賀屋派に分かれて論争が繰り広げられるなど、
非常に注目度が高い作品であるが、実写ドラマを見た中野は、
「面白くて、嫉妬してしまった」というぐらい完成度は高いと明かす。

「深夜に疼くような感情を持ちながらドキドキしてほしい」と森川は
見どころをアピールしていたが、「恋愛なんてファンタジーの世界」と
つぶやいていたヒロインが、どんな恋を成就させるのか……最後まで見届けたい。
(ドガッチ)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

br_decobanner_20110417165910.gif | 文学処女 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ