FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「黄昏流星群」最終回 まさかのハッピーエンド】

  


ここまでとっ散らかっちゃって。
これは、もうグダグダになってて
最終回は、どう収束するんだ!????と
期待よりも、不安に思っていた「黄昏流星群」。

娘はジャニーズふって、父親よりもさらに10才も年上の
高田純次と海外逃避行するし、
その娘の婚約者、ジャニーズの藤原流星と
母親の中山美穂が、まさかの恋仲に。

最初、流星のほうが夢中なのかと思ってたら
だんだんミポリンのほうも、夢中になってって。
ダメよ~とか言いながらも、
なんだかんだで受け入れるようになってて。
まあ、ドラマでは、キスだけだけど。

驚いたことに、家出して、
藤井流星の家に居座るという。。
母親の麻生祐未が倒れ、一応、心配だからっていう名目だけど
大きなお屋敷とはいえ、
病気で苦しんで倒れてる母親がいるのに、
庭で優雅にハーブティ飲んで、手を握り合うって。

どういうこと!!!???
って、書くのも、バカバカしくて、
書けなかったけど。

蔵之介は、黒木瞳に別れを告げられ
家も仕事も変えて、
目の前から、キレイさっぱり、去っていった黒木瞳。
目黒栞」さん。
これには、蔵之介の娘が
自分のことは棚に上げて、
両親に結果的には、認めさせたのに
黒木瞳に、「父と別れてくれ」と、言ってったのだ。

娘に、そう言われて、
別れる決意をした、栞さん。。。


つい先日、亡くなったばかりの
ずっと介護をしていた母と同じ、糖尿病だということが分かり、
このままだと、失明するとも言われていたのに
なぜか、治療もせずに
海の近くに引っ越し、
肉体労働の仕事を選ぶ、黒木瞳。
もう、自分をイジメ抜くのが快感としか思えないよね。


銀行から、帰ってこいと命令が出て
不正が発覚した古巣の銀行を一掃する仕事を与えたれた蔵之介は
持ち前の能力を活かし、悪事を暴き
真実をあぶり出し、執行役員へと道が開けたというのに。
あんなに銀行大好きだったのに、

なんと、断った。

もう、やれることはない。と。
残りの人生は、自分の人生を歩きたいと。


ミポリン、麻生祐未から、もう息子とは、合うな。
ここまでだ。と言われ
行くところがなくなると、自宅に戻り。

何もなかったように出来る。って言ってたように、
そのまま、銀行の山場も、なんとか二人で乗り越え

夫婦生活も、元サヤに戻りつつあり、
久しぶりに、ベッドで微笑む中山美穂を抱きしめる夫、蔵之介。


ああ、この夫婦は、
あれを乗り越え、絆として、生きていくんだわ。。。と、思われたのだけど。



まさか、ここから、最終回、
大きな発展があるとは。
しかも、前向き。


ミポリン、別れるなら、やるなよ。。。


爽やかな朝を迎えた夫婦、二人。

「話しがあるの」と
離婚届を、差し出す中山美穂。

ビックリする蔵之介。


「あなたの中には、別の人がいる。」
と、まあ、抱かれて、より実感したんだろうね。
ああ、この人は、まだ目黒栞を忘れてないんだと。
もし、自分を見てくれてれば、言い出さなかったのかもな。

とはいえ、
「私も好きな人がいるの」

と、キタ。


そうか、やっぱり「好きな人」なのか。。。


二人、別々の道を選ぶことにした夫婦。


栞さんは、病状が悪化するなか、
倒れたり、大変。
そんな栞さんを見て、雇い主の美保純が
「洗いざらい、すべてを話して!」と、言った理由は、
ここにあったのだね。

蔵之介のもとに、手紙が届いた。

それを、受け取ったには、ミポリンだったけれど
ちゃんと、蔵之介に伝えた。
自分なら、栞さんのところに走っていくと。



一目散に、走る蔵之介。

やっぱり、全然、黒木瞳のこと、忘れられなかったんだね。
ほんとに。


水をまいてた黒木瞳が、
蔵之介の姿を、見つけると、ホース捨てて
両手を、顔に!!

このね、仕草の、超可愛かったこと。黒木瞳さん。
「うわ、めちゃ可愛い!!」って、声に出して言っちゃったもん。


そりゃ、演出なんだけど。
これが、可愛いって思わせる黒木瞳って、
ホント、すごいわ。




時がたち。



元気そうな、黒木瞳。

山でカフェ・レストランを営む仲良し夫婦。
だれが、見ても、そう思える、蔵之介と栞さん。

もう、この雰囲気が、
すべてを物語ってた。
シアワセ。って。


中山美穂も、藤井流星と。
こっちも、年の差乗り越え、
麻生祐未ママの再び呼び出し、支えてほしいという伝言どおり
支える道を選んだんだ。


なんか、とても、キレイに決まった。


こんなにキレイに終わるとは思わなかった。

フジテレビは、このドラマ、勇気もって流したと思うわ。


そして、佐々木蔵之介さん、
ほんと、キツかったと思うわ、この役。


でも、かなり夢中にさせてくれました。
いろいろ、不満も吐き出したけど。


藤井流星は、名前が流星だからキャスティングされたって噂があるけど。
ホントか???


いや、良い最終回でした。


【視聴率】最終回 6,5%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | 黄昏流星群 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「黄昏流星群」第5話 娘の恋人は父より16才年上の高田純次】

  
 

見入ってしまった。

佐々木蔵之介と黒木瞳のラブシーン。。。


本気でこの人たち、愛し合ってる。
って思ってしまうほどの
迫真の演技。

やっぱオオトナの演技力は、
ハンパないわ~。。。。


ついに一線を超えてしまうのか!?
と、佐々木蔵之介と黒木瞳は
ホテルのエレベーターへ。

ところが、同じエレベーターに
なんと、娘の美咲が!
キスしてるし!

相手の男は、婚約者の藤井流星ではなく
どうみても、自分よりも年上の
高田純次。

とりあえず、部屋に入り
黒木瞳を抱きしめ
いたそうとしたのだけど。

娘のことが頭から離れない蔵之介。

できない。

黒木瞳は、焦った自分のせいではないかと
謝り続ける。
こういうシオらしいところが、黒木瞳さん
たまんないよね。


「山につれてってください!」と、笑顔の黒木瞳。
こういうオトナな対応のところも
たまんないよね。


でも、その週末、
藤井流星の母、麻生祐未が
本当は二人で毎年行くはずだった鬼怒川温泉。
具合が悪くて、行けないので
美咲と、ご両親も一緒にどうですか?と言われ
4人で行くことに。

車でイチャつく美咲と、藤井流星。

安心しながらも、
本当に好きなのは、カレではないことを知ってる
蔵之介は、気が気ではない。


ミポリンに、美咲の先生のことを聞くと、
大学の教授だったことがわかる。
ネットに顔まで出ちゃうし
年齢だって出ちゃうしね。


しかし、援交でもしてるのかと思ったけど
そんな年じゃないし。
にしても、まさか恋人が高田純次とはな。。。
あっちももちろん妻子持ち。
66才。。。
おさかん。
だから高田純次ならぴったり。
でも、セリフ無かったな。
残念。。。。



黒木瞳との山登りが、また出来なくて
謝るメール、ライン入れても、
既読のまま。

そして、ミポリンのほうは、
夫が、せっかく優しくしてくれてるのに
「こういうところに来たからって、
そういうことするの、やめて!」って言う。
家なら良いのか?
こういうところでも、コないと、なかなか
じゃないの。
こういう拒否るところに、妻への関心が
なくなっていった要因でもあるのでは?
まったく見向きもしない夫よりも、いいと思うけど。

しかし、ミポリンは、どうしても、浮気の影を
消し去ることが出来ないのね。
だから、よけいに拒んだのね。


黒木瞳からの電話、出ちゃったし。
名前、ハッキリ出てるのに
「間違えました」って、
ウソはバレバレだしね。


湯冷ましに、外歩いてると
藤井流星が、一人。
悲しくなってきたミポリンは、
無理して笑おうとして、泣いてしまう。

なぜか、キスする藤井流星。

これも、ワケわからん。

美咲には、本当は好きな人が、別にいる気がする。
と言った藤井流星は、
だから、自分は本気で愛せない。ってところなんでしょうか。

まあね、マザコンなのは
言うまでもないんだけど。



黒木瞳から電話あったことなど知らない蔵之介。
実は、そのとき、母親が亡くなってしまってたのだ。

あのお母さんが、ご臨終の宣告受けてるときの
黒木瞳の、顔。
表情。
すごかったな。。。
うまかったな。。。


いろんな感情が混ざっているのを
表情で全部表していたもんな。。。



母が亡くなったことを、食堂で聞いて
初めて知った蔵之介。


葬式には行くのだけど
自分は、なんの力にもなれないと
小野武彦さんの居酒屋で、グチグチ。

すると、大将、さっすが良いこと言うね~

「難しく考えるなよ
自分がどうしたいか。
ただそれだけのこと」


それを聞いて、何も言わず席を立って
まっすぐに黒木瞳のところに駆けつける蔵之介。

もう、夢中さ。

だれにも止められない。

ここまでの気持ちがあるのなら。
もう妻とは、別れてあげてよ。
銀行じゃないんだし。


葬儀場で、食堂のおばちゃんが、蔵之介を目撃してたのが
ちょっと気になったけど。


もう、この二人は止められない。
50過ぎの恋は始末に悪そうだ。


自宅に帰ってきてひとり号泣する黒木瞳の
可愛らしいこと。。
もう、たまんないでしょ。
これは。

しょうがないよ。
相手が黒木瞳だもん。。。。



。。。。。



????


はぁ。。。


美咲と高田純次教授。
ミポリンと藤井流星。

どうなるの、この家族。
グチャグチャすぎる。


【視聴率】第5話 6,7%



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | 黄昏流星群 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「黄昏流星群」第3話 よろめき黒木瞳さん】

  

 

なんて可愛いんだろう。

還暦近いとか!?


ヘタすると妻役のみぽりんよりも
可愛いのよ、これが。

だから、佐々木蔵之介、いや瀧沢完治も
惹かれちゃったわけだけど。

っていうか、もはや、妻がいることさえ
意識してない気がするの、この完治さんって。
まるで悪びれてないし。
秘め事みたいな雰囲気がまるでないくらいに
積極的なのだ。

それにつられてなのか、
あれだけ、拒否してた栞さん(黒木瞳)が
あの傘のプレゼントいらい、
断然、よろめいちゃってるのだ。

いつ、そんなに好きになっちゃったの?
っていうほどに、
完璧に乙女な恋する娘になっちゃってる。


「次の休みに山に行きましょう」と言われ
「日曜日なら」と答え

その日が来るのを、ワクワクしてる栞さん。

会社の食堂では、
つい、他の人の目もあり
冷たいそぶりをすると、
ああ、栞さんは、妻ある身だし
他の社員の目もあるので、距離置こうとしてるのかな?
と、思ったら
メールで「さっきは、ごめんなさい」とか
即座に謝っちゃう。
もう、これは、中学生の恋心と同レベルで
その夢中さを、印象づけたね。



完治が、約束した日曜に
最後のチャンスだと、友人から
銀行の頭取との接触の機会をもらい
栞さんに、都合が悪くなったと告げると、
「わかりました」と、答える栞さんだけど、
実は、とても、とても、
ガッカリしてる女心。

そんな手に取るような思いを
本当に、可愛らしく表現してる黒木瞳さんは
もはや化物レベルに美しい。。。。

ホントは、怒るところなんだろうけど。
黒木瞳なら、ま、仕方ないか。と思わせてしまうところが
すごい@@;

「さよなら」と、一度、別れを言ったのに
戻ってきて、抱きつくとか
もうこれは、完治じゃなくても
見てた男性陣は、トキメキものだったんじゃないでしょうか。
ぜんぜん年齢とか関係なく、もう、可愛かったのは
やっぱり黒木瞳さんだからなのかしら?




それに引き換え、
中山美穂なのだけれど。。。

どうして、復帰してから、
セリフをしゃべるごとに、
声が震えるんだろう。?????

あれ、すごく不自然。
誰か、言ってあげて!!

ものすごく緊張してるからなのか。
でも、完全に復帰したんだから
このドラマの主演級でもあるわけだし、
聞くところによると、ギャラも中山美穂は破格だっていうし。
ちゃんとして!
って言いたくなる。

それに、娘の恋人の藤井流星も
魅力ないんだよね。。。
残念ながら。。。

どうして、娘のことを話すのに
わざわざ
「お会いできませんか?」とか言うかな。
これは、中山美穂が言ってるわけじゃないんだけど。
なんかイライラする。

実は・・・・って、話はじめて
涙して、
ハンカチ受け取って。

どうも原作では、この妻と娘の恋人の恋っていうのは
ないらしい。
ドラマでも、いらなかった気がする。

娘も娘で、
いつも、なんだか、イライラしてるし。
父親に対しての態度も、よくない。

中山美穂も、支店長婦人なのに(だったのに)
器が小さすぎるし、
なんか、へん。

これは、やっぱり、中山美穂が
演じきれてないような気がするんだよな。。。

と、どうしても、何様!?
てきな意見になってしまいます。

やっぱりね、女性からは、だんぜん印象悪いよ。
男作って、小学生の息子、捨てて
フランスから日本に一人だけ帰ってきちゃうんだもん。
まだ離婚もしてなかった(と思う)のに、
その男と、抱きつきながら、インスタに写真載っちゃうんだもん。

そんな人が、どんな演技しても
やっぱり、共感はしにくいよね。

正直、嫌われちゃってると思う。。。


このドラマに関しては、
栞さんが、完治さんとどうなっていくのか。
最終的に完治は、妻を捨てるのか、
妻には、どんな態度を取っていくのか
ちょっと見守っていきたいと思うので
見続けます。


【視聴率】第3話 6,1%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ




br_decobanner_20110417165910.gif | 黄昏流星群 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「黄昏流星群」第2話 恋に夢中の蔵之介】

 
 

これ、キャストを佐々木蔵之介の妻を黒木瞳にして
スイスで出会って恋におちる女性を中山美穂にしたら
また違ったんじゃないかな。

黒木瞳のほうが品があるし
銀行員の支店長の妻って雰囲気も十分出せるだろうし。

恋に落ちるのがみぽりんだったら
「やっと会えたね」って、口説けるし。


ま、でも、年上だろうが
可愛いしキレイだから、良いよね。
黒木瞳。

で、あんなに避けてたのに
傘を買ったと言われて
住所を教えるのは躊躇してたけど、
母親のいる施設の住所を教えると
さっそく蔵之介から、荷物が届き。

キレイな傘を見て
「男の人から、プレゼントをもらうなんて
何年ぶりかしら」って
すっかり笑顔の栞さん。

ちょろい。


で、蔵之介のほうも、もちろん自宅の住所は書かずに
銀行の住所を書いているところが、なんともオトナ。

お礼の電話をする黒木瞳。
電話がかかってきただけで
舞い上がる蔵之介。

そして、すっかり黒木瞳も舞い上がってて
「会って直接お礼を言いたい」とまで言い出した!!

こんなに心変わるのか。

っていうよりも、最初から嫌いになったわけじゃなくて
驚いちゃったのね。
もったいないことしたかな。って気持ちもあったんだろうね。きっと。

そして、案外誠実な人だったので
惹かれていったのね。



いっぽう、中山美穂のほうは。

だから、早く出向になったって言おうよ。
ほら、忘れたスマホ届けに銀行来ちゃった。
で、ネクタイピンをプレゼントしたのが、本仮屋ユイカだって
分かっちゃった。
だけど、出向がわかったので
誤解してた不倫は、本当になかったことだとも分かったはず。

どっちが良かったんだかーー;


なんだか、中山美穂が、
男が欲しくてしょうがないオーラ満載に出てるところがリアル。
学生の頃の先輩だったり、娘の恋人だったり。
とりあえず、誰か私を愛してくれ!!って感じが出過ぎてる。
夫が、妻を「オンナ」として、まるで見てないっていうのが
びんびん伝わってくるよね。
もっと大事にしてあげてよ。。。


でも、もう蔵之介は黒木瞳に夢中。


で、ここから何が始まるのだ?
夫婦して不倫?



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

br_decobanner_20110417165910.gif | 黄昏流星群 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「黄昏流星群」第1話 恋する佐々木蔵之介】

 

あんまりドキドキしないのは、

たぶん、主演が佐々木蔵之介だからかな。

これが仲村トオルとか江口洋介あたりだったら
ドキドキしすぎしゃって。


こういうオトナの恋愛ドラマは
昔っからあるけれど。
やっぱり、これくらいの年齢になると
ふと、我にかえると
もう一度。
自分を忘れるくらいの恋を。
とか、

もう一度愛されたい。。とか
思うんだろうな。


真面目一筋で銀行に28年間勤めてきた瀧沢完治(佐々木蔵之介)。
支店長を勤める支店も成績抜群で
本社に栄転も目の前。と
誰もから思われ、もちろん、自分でもそう信じていた。

ところが、本店に呼ばれ
あろうことか、倉庫会社への出向をほのめかされた。


やけに瀧沢に、色っぽく支店長の世話をする本仮屋ユイカ。


彼女が、本店の同期から仕入れた話だと
瀧沢が懇意にしてきた上司が、なんとセクハラで訴えられたというのだ。
他人の失敗で、みごと道を外れてしまった、瀧沢。

まあああ、それはそれは落ち込み方も
ハンパない。
王道の酔っぱらいだけど。
その後が違った。

「明日、スイスに行ってくる!」

え?



家族には、言えない。
仲間にも言えない。
誰もが本店栄転だと言ってたのに。と
おそらくプライドも、めちゃくちゃ高い人なのね。
不倫もしないで頑張ってきたのに。


せっかく、やってきたスイスは、ずっと悪天候。
マッターホルンが見たかったのに。

意を決して、上まで上がろうとする瀧沢。
しかし、大雪でほかに客などいるわけもなく。

ところが、動き出す寸前のロープウェイに乗り込んできた
女性客が。。。

みれば、なんと、日本人ではないか!!


そんな~~~。
そんな偶然ってある~~~?
いや、それがあるのが、ドラマで、あるのが漫画なのだ。

「日本の方ですか?」と、尋ねると
笑顔で、「はい」と答えながら、こちらを振り向いた
黒木瞳さんの、まああキレイな事!
可愛いこと!!

これなら、十分、恋。あるわ。


だけど、異国の地と
忘れたい現実と
眼の前の美しい人とで
理性をすっかり失った瀧沢は、黒木瞳に襲いかかる。

手で口をふさがれ、
キスを拒み、去っていくその人。


せっかくなら、一緒に翌日山の登って。
もう一度盛り上がって。
もう少し距離を縮めて
最後の一夜あたりだったら良かったのにね。。。


でも、逃げられたから、そこからドラマが始まるのだ。


これも、ドラマならではの偶然。

出向先に命じられた荻野倉庫こそが、
彼女の勤め先でもあったのだ。

それを知った瀧沢。
もう、これはスキップしながら出向先に転勤するでしょう。

それに、荻野倉庫で働くひとの中に、中川家の礼二いたもん。


瀧沢の妻はというと。

中山美穂。真璃子。
仕事一筋の夫の寂しさを一人娘を育てることで
心を埋めていたことに気づいたこの頃。
その娘も、会ってほしい人がいると言い出し
さらに寂しさを痛感する。
友人の八木亜希子には、旦那が浮気してるんじゃないの?と
からかわれ。
娘からは、夫への部下からのネクタイが
女の人が選んだものだと言われ。

その上、意味の分からないスイス出張が旅行だったと知らされ
動揺する真璃子。

でも、その真璃子の前に現れるのは
まさか、

娘の恋人、藤井流星なのか?
そうなのか????


そんな危うい夫婦の物語。


面白いです。

好きです。こういうの。
一人ひとりの心の動きの描かれ方が、とても丁寧。
と思ったら、脚本家は、浅野妙子さん。
やっぱり脚本が良いと思った。

【視聴率】第1話 7,3%
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ






br_decobanner_20110417165910.gif | 黄昏流星群 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ