FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【2020年NHK大河ドラマ 明智光秀主人公「麒麟がくる」主演は長谷川博己】

  


NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした
「麒麟がくる」に決まったと発表した。
主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。

 長谷川は大河ドラマ初主演。大河出演は2013年「八重の桜」以来。
今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。

 東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。
ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、
凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。
「明智光秀は謎めいた、ミステリアスな人物。
いろいろと想像で池端先生にお話をさせてもらった時に、
池端先生から明智光秀像が鮮烈で、やらなければならないなと思いました。
長旅になりますけど、これを乗り越えた後に、
人が見れないような景色が見れるのではと思い、しっかりやりたい。
明智光秀は三日天下ですけど、やり遂げた後に1年ぐらい天下がほしい」と意気込んだ。

 大河第29作「太平記」を手掛けた池端氏のオリジナル脚本。
大河としては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てる。
物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、
丹念にそれぞれの誕生を描く。

 放送中で俳優の鈴木亮平(35)が主演を務める「西郷どん」、
歌舞伎俳優の中村勘九郎(36)と俳優の阿部サダヲ(47)がリレー形式で
主演を務める来年放送の「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に続く59作目となる。
「いだてん」は異例の早さで既にクランクインしている。
(sponichi)




 制作統括の落合将氏は「最近の大河ドラマとしては珍しく、1540年代から始まります。
まだ信長も子どもで、父の信秀が活躍していた時代。
今川義元もまだ20代の青年、各英傑たちの『父親世代の活躍』から描く、
いわば『ビギニング物語』です」と作品コンセプトを説明。

 「そして、その中心として描かれる青年・明智光秀もまだ何者でもありません。
何者でもない各地の若い武士たちが、未来の見えない乱世で何者かになっていく…というより、
変化し続ける時代から逃げることを許されず、何者かにならざるを得なくなっていく…。
そしてそんな状況は、どこか現代の日本とも重なる気がします」と
時代背景に触れてから「麒麟は一体誰のもとに来るのか…。
まだ鉄砲もろくにないころの戦国の夜明けを舞台に、
記念すべき年の大河ドラマは原点に帰って“毎週わくわく見てしまう
”英傑たちの青春群像劇を届けるべく、まい進したいと思っています」とアピールした。
(suponici)


いやあったああ~!!!!

NHKへの貢献度は高いからね。
文豪から朝ドラ。
ついに大河主演!
やりたいって言ってたもんね。
今度は心身ともに疲弊しないように頑張って!!


【放送予定】
 2020年1月から
【収録スケジュール】
 2019年6月クランクイン予定
【脚本】
 池端俊策
【主演】
 長谷川博己
【制作統括】
 落合将
【演出】
 大原拓 ほか


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

br_decobanner_20110417165910.gif | 麒麟がくる(2020年大河ドラマ) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ