FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【『麒麟がくる』、6/30収録再開 長谷川博己「大らかなお気持ちでお待ちいただければ」】

   

NHKは9日、新型コロナウイルスの影響により休止している大河ドラマ
『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の収録を、
6月30日より再開すると発表した。
一方、放送再開時期については、収録再開後の状況を見ながら判断するとしている。

『麒麟がくる』の収録は4月1日から休止していた。これに伴い、
放送も6月7日の第21回を最後に休止となっている。

 明智光秀役を務める主演の長谷川博己は、収録再開と放送の
一時休止について「楽しみにしていただいてる方々がたくさんいらっしゃることは、
何気ない日常の中、お声掛けいただいたり、ひしひしと感じています。
この流れを一度止めてしまうのは誠に心苦しいのですが、ご存知のように
撮影も休止中で撮り溜めたものがない状況となっています。
ただ、撮影再開の目処は立っており、その日に向かいスタッフ・キャスト一同、
安全面を十分考慮した上で準備しております。
全44回、何とか放送していきたいと思っておりますので、
今後の『麒麟がくる』明智光秀のミステリーの顛末を、
楽しみに、どうか大らかなお気持ちでお待ちいただければと思います」とコメントしている。

収録は「感染防止のための制作マニュアル」に基づいて行う。

 なお、NHK連続テレビ小説『エール』および『おちょやん』については、
現在、収録再開に向け準備を進めているという。
(クランクイン)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ●麒麟がくる(2020年大河ドラマ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【『麒麟がくる』“家康”風間俊介は「確かな演技力で巧みに…」制作統括が称賛】

   

きょう31日に放送されるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜20:00~)の第20回に、
風間俊介演じる松平元康(徳川家康)が初登場する。
風間演じる松平元康(徳川家康)は、徳川幕府の創始者。
幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、
母と離れて孤独な子ども時代を過ごす。
桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。
のちに今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。

制作統括の落合将氏は「お待たせしました!
ついに皆さんが待ちに待った徳川家康の本役・風間俊介さんの登場です。
聡明で孤独な幼い竹千代は成長し、桶狭間の年(1560年)、
今川方の青年武将として、先鋒に駆り出されます。
戦うのは、のちに同盟を組む織田信長。
この合戦で今川義元が敗れたことにより、
家康の運命も大きく変わっていきます」と伝え、
「考えてみれば家康は三河という小国に生まれ、
幼いころから幸薄い武将で、親元を離れ人質になり、
捨て石のように今川に使役されます。
いわば、自分の意思ではなく、さだめに従って生きていった末、
300年続く新たな幕藩体制をつくりあげてしまったまさしく『運命の人』です」と説明。

「風間さん扮する家康は、その登場時から自分の意思が通用しない世界で
自分にできることは何か、懸命に探そうとします。
そのどうしようもなさや、悲しさをたたえた人物像を、確かな演技力で、
巧みに演じてくれています」と風間の演技を称賛し、
「長谷川(博己)さんの光秀、染谷(将太)さんの信長、佐々木(蔵之介)さんの秀吉、
そして風間さんの家康が、どう天下を動かしていくのか、
『麒麟』を呼んでいくのか・・・まだ4人がそろうシーンの撮影はこれからですが、
今から楽しみでなりません」と今後への期待を語った。
(マイナビ)


前回、予告で風間俊介が家康だって分かったときに
なんか、めちゃくちゃワクワクしたもんな。。。

もしかしたら、キャストを書いたときに
すでに知ってたはずだったかもしれないのに。
あまりに登場人物が多いから
全員の配役まで把握してないからね^^;




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●麒麟がくる(2020年大河ドラマ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【NHKが一時休止する大河ドラマ「麒麟がくる」と朝ドラ「エール」の代替番組発表】

   


NHKは27日、新型コロナウイルスの影響で一時放送休止が決まった
大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)と
連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・0)の代替番組を発表した。

 「麒麟-」は、特集番組「『麒麟がくる』までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」を
6月14、21、28日に放送。

「独眼竜政宗」「国盗り物語」「利家とまつ」の名場面や出演者が語る秘話などを届ける。
一方、「エール」は同29日より第1回放送分から再放送する。

 同局はこの日、感染拡大防止の観点から定例会見を中止した代わりに
報道各社の質問に書面で回答。
4月1日から撮影を中断している両番組の収録再開時期について
「なるべく早く再開したいが、現時点では未定」と説明。
話数や放送期間の変更についても「再開後の収録状況を見ながら検討したい」としている。

 また、同局はドラマ制作のマニュアルも公表。
「四方を囲んだセットにしない」「少なくとも2時間ごとにスタジオの強制換気を行う」などの
徹底した感染防止対策が盛り込まれている。
(サンスポ)

「独眼竜」って渡辺謙さんのだよね!!
「利家とまつ」では松嶋菜々子も出るし。
見てなかったので、楽しみだな~。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●麒麟がくる(2020年大河ドラマ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【金子ノブアキが大河ドラマ帰還!今井翼、榎木孝明と共に「麒麟がくる」出演決定】

   
現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の新キャストとして
金子ノブアキ(RIZE、RED ORCA)、今井翼、榎木孝明の3名が発表された。
「麒麟がくる」は、明智光秀ら戦国時代の英傑たちの天下を狙う戦いを描く物語で、
明智を演じる長谷川博己が主演を務めている。
金子は織田信秀と信長に仕え、近江六角氏の征討などで軍功を上げた
佐久間右衛門尉信盛役を、今井は馬廻として信長に仕え、
桶狭間の戦いで今川義元を討ち取った毛利新介役を演じる。
また榎木は朝倉宗滴と共に活躍した越前朝倉家の家臣・山崎吉家に扮する。

金子は2014年放送の「軍師官兵衛」以来となる大河ドラマ出演について
「ここまでに培った全てを注ぎ込む所存です」と意気込み、
今井は「身に余る演出をつけていただき、胸が高鳴る時間を
過ごさせていただきました。
壮大な桶狭間の戦いのシーンに是非ともご注目ください」とコメント。
榎木は「歴史はよく勝者の書き残した歴史とも言われますが、
役者も役を如何様にでも膨らませて行ける強みがあります。
サバイバルゲームのような下克上の戦国時代を必死で生きる、
肚の据わった武将をイメージしています」と役に対する思い入れを明かしている。
(ナタリー)


こりゃますます楽しみ!!!

ほんと「麒麟がくる」キャスト良い!!



 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●麒麟がくる(2020年大河ドラマ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「麒麟がくる」全44話死守!“完走”望む視聴者の期待に応え大河初の越年決定的】

   

新型コロナウイルスの感染拡大で撮影休止中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)が、
当初の予定通り全44話で放送する方向であることが19日、分かった。
放送は6月7日の21話をもって一時休止。
放送再開は8月下旬となる予定で、最終回が来年になることは決定的だ。
視聴者の期待に応えるためにも、制作陣は越年覚悟で撮影再開を準備している。
 収録は4月1日から休止中。
再開については、緊急事態宣言が今月末に解除されることを前提に、
早くても6月末になる予定。出演者からは「安全を期した上で撮影に
万全の態勢で臨みたい」との声も上がっており、
6月末から7月初旬の撮影に向けてロケ地などの調整に入る。

 「このスケジュールでは撮り切れず年内で終わることは不可能。
戦国時代ではないですけど、現場も戦乱のような
目まぐるしい忙しさになるでしょうね」(スタッフ)。
ただ、視聴者からの「話数を減らさないで」「最後まできっちり見たい」との
要望も多く寄せられ、スタッフも「裏切ることはできない」と一致団結している。

 一方、放送の中断期間が2カ月以上に及ぶことも判明。
当初の東京五輪・パラリンピック期間に予定していた5週分を含めた
10週分を休止する見込み。
6月14日から見合わせるため、このプランでは再開は10週後の8月23日となる。
ここから毎週1話ずつ放送すると、年内ギリギリまで放送しても40話まで。
最終回を迎えるのは来年1月24日となる。

 越年となれば、暦年制で放送する大河ドラマでは初めてのこと。
次期作品の「青天を衝け」の開始時期にも影響を与えることは確実だ。
そうした影響を最小限にするためにも、局側は1週で2話分放送する案や、
年末年始に特番を組む案も検討している。同局関係者は、
「視聴者に44話をしっかり見ていただけることが大前提で進めていく」と、話している。
(スポニチ)


結局年越しで頑張るんだ。
6月7日で一旦中止したあとに
8月下旬まで放送がないのは寂しいけど。。

じゃ、オリンピック期間だった間は
何を放送するんだろう?
こうなったら、「新選組!」の特別編でも流してくれないかな。
「真田丸」でも良い~。
いや「新選組」が良い~!





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | ●麒麟がくる(2020年大河ドラマ) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ