FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【米倉涼子と菜々緒が「10月ドラマ」で共演】




「X」の次は「V」だった。
8月2日発売の「週刊文春」が、女優の米倉涼子が秋からの新ドラマ
「(仮)リーガルV」(テレビ朝日系)に出演すると報じた。

 米倉といえば、同局系の主演ドラマシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が大ヒット。
2012年からスタートし、昨年第5シリーズが終了。
決めゼリフ「私、失敗しないので」が一世を風靡した。

 新ドラマでは米倉は弁護士役に挑戦。
大門未知子を彷彿とさせる“闘う弁護士”のようだが、
文春の記事によると、共演者は林遣都と菜々緒。
林は米倉に振り回される若手弁護士役、
菜々緒はライバル役の弁護士か検事役ではないかと同誌は予想する。

ストーリーはもちろんのこと、興味深いのは米倉と菜々緒の美脚対決だ。
実は、2人は14年放送の「ドクターX」で共演していた。

「ニュースサイト『モデルプレス』の取材で、
共演に際し2人は互いの印象を語っていました。
米倉は菜々緒に対して『美しい体のラインの持ち主』と褒めたうえで、
一緒に並ぶのは超ヤダと冗談ながらも拒否反応。
菜々緒も米倉に対して『スタイルもすごくバランスが取れていて、
本当に素敵です』と認めていましたが、
外見よりも気配りなど内面を称えているように感じました。
美脚という点では甲乙つけがたいですが、
若さと長さでは菜々緒にやや分があったように思えます」(テレビ誌ライター)

 じつは意外にも、米倉は自身の脚にコンプレックスを持っているようだ。

「5月20日に都内で開催された『日経ヘルスpresentsビューティーミューズ大賞2018』の
授賞式に出席した米倉は、膝から下がO脚のため
脚にコンプレックスがあることを明かしています。
また脚がむくみやすく、『ドクターX』の衣装のミニスカートに
抵抗があったとこぼしていましたね。
さらにライバル役が『Missデビル』(日本テレビ系)で
散々美脚を見せつけた菜々緒という点を考えると、
今回は米倉のミニスカート姿は考えにくいかもしれません」
(アサジョ)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【『逃げ恥』新垣結衣&脚本家が日テレ秋ドラマに移籍】



2016年秋に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)で
主演した新垣結衣(30)と脚本の野木亜紀子氏が、
日本テレビの秋クールのドラマで再びコンビを組むことが「週刊文春」の取材で判明した。

新垣と星野源(37)が夫婦役を演じた同作は、『逃げ恥』が流行語になるなど
ブームを巻き起こし、最終回の総合視聴率は33.1%を記録。
そこで5年連続の視聴率三冠を狙う日本テレビが、
秋ドラマの切り札として、ヒットコンビの移籍を実現させた形だ。

「2人は日テレで2015年に『掟上今日子の備忘録』で一度組んでいますが、
このときは平均視聴率9.7%と振るいませんでした。
しかし、野木さんは今年1月クールの『アンナチュラル』(TBS)も成功させて
今やヒットメーカー。共演陣も松田龍平(35)やブレーク中の田中圭(34)など
演技派を揃え、日テレも高視聴率を期待しています」(日テレ関係者)

 水曜10時枠で放送される新作ドラマは、『逃げ恥』に続いてブームを巻き起こせるか。

 8月2日(木)発売の「週刊文春」では、
王者・日本テレビと猛追するテレビ朝日の激しい視聴率争いの
展望をはじめとした、秋のテレビ改編を詳報している。
(文春)


そうなのね、「掟上今日子の備忘録」の脚本って
「逃げ恥」の人と同じだったのか。
あまりおもしろくなかったのは、
どうしてなんだろう?
原作はもちろん人気作品だったみたいだし。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【グルメコメディ「忘却のサチコ」連ドラ化!単発ドラマに続き高畑充希が主演】

  

 

阿部潤「忘却のサチコ」の連続ドラマ化が決定。
主人公・佐々木幸子役は、今年の1月2日に放送された
単発ドラマから引き続き、高畑充希が務める。

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中の「忘却のサチコ」は、
29歳の文芸誌編集者・佐々木幸子が主人公のグルメコメディ。
冷静で完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と呼ばれ、
周囲から一目置かれるサチコだが、結婚式当日に新郎・俊吾に逃げられてしまう。
俊吾のことを忘れるため、サチコは美食を探し求めて奔走するが……。
単行本は10巻まで刊行されている。

ドラマ「忘却のサチコ」はテレビ東京金曜深夜放送の「ドラマ24」枠で、
10月クールよりオンエア。
監督には星野源や乃木坂46などのミュージックビデオを手がけ、
ドラマ「下北沢ダイハード」の演出も務めた山岸聖太、
脚本にはドラマ「1リットルの涙」や大河ドラマ「花燃ゆ」の大島里美が、
単発ドラマ版より引き続き名を連ねている。

今回の連続ドラマ化にあたり原作者の阿部、主演の高畑からコメントも到着した。
阿部は「新年放送したドラマ版『忘却のサチコ』が この秋、
連ドラになって帰ってくる!?
僕にとっては、お正月に続いて今回も夢のようなお話で
感謝感激しっぱなしです!!」と、コメント。
ドラマスペシャルを経て幸子役に愛着を持っていたという高畑は
「これで終わりは寂しいなぁ…と思っていて。
編集長役だった吹越満さんとも”絶対連ドラやりたいよね”ってお話していたから、
実現してすごく嬉しいです」と喜びを語った。
(ナタリー)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「健康で文化的な最低限度の生活」第1話 義経えみるです】

   

どうして、「義経」って名字に
誰も反応してなかったのか。

チェーンストーリー見て
わかった。

すでに、こっちで新人同士が
初めて顔合わせのときに
みんなが義経って名字に驚いてた。

「弁慶と牛若丸?」
「義経です、義経えみるです」
「いやいやいや、マジかよ」
「源義経の子孫?」
「いや、それ名前ですよ」
ってな具合。

名前のことで盛り上がってると
川栄だけが、白けてるという。


最近、この手の裏設定。
多いよね。
たまたまオフィシャルサイトで見つけたので
見たけど。
そうは、見ないよ。


さて、ストーリーは、
生活保護受給者を担当する
公務員で働くケースワーカー。
義経えみる(吉岡里帆)が
生活課に配属になった日からのお話。

配属になって、すぐに担当になった生活受給者が
妻の病気介護をし、妻が他界し
それから働けなくなり、生活保護を受給しているが
担当者になった、えみりに長々と電話で対応することになる。

「死にたい」と言ったり
「僕なんか死んだほうがいいですよね」と言ったりする平川さん。。。


そういうときは、親戚が近くにいるので
連絡するように言われ、
そうすると、
これまでにも、何度もあったことなので。と
相手にしてくれない。。。

そうだよな。
そんなのいちいち。。

と、自分はこの仕事は、向いてない。。
と、思いながら、
早く帰って、自分にご褒美あげよう。と
なんとか切り替えようとするえみりだったけれど。。。


はるたん、
いや、上司の京極大輝係長に
平川さんが、自殺したことを知らされる。。。。

それから2ヶ月。


えみりは、
二度と、あんなことのないように。と、
受給者と、真摯に向き合うことを決意して
仕事に取り組んでいた。

そして、今度、担当になったのが、
遠藤憲一さん。

出てるな~!!!
エンケンさん!!
と、思ったけど、
これは、1話のゲストだね。
うん。


そのやせ細った体。
咳こむ姿。
丸まった背中。
悲壮感ただよう中年男を、
まああああ、
遠藤憲一さん、本当に、
顔は、いつも同じなのに
どうして、そんなに違う顔になるんだろう??と
感心しちゃう。

この前、大河勝海舟で見たばかりだし。


食事は、一日に一度。
それも、取るか取らないか。
自宅を尋ねると、
とても、小奇麗にしている。

高価なものを買った形跡もなく。

すると、
はるたん、いや、(しつこいこのくだり・・・^^;)
京極係長は、
なにか、他に使っているのではないかと言う。


借金があったことが分かると、
えみりは、なんとか、弁護士相談所に相談するようにと
説得するけど、
いっこうに動こうとしない。

いい加減、かまわないでほしい!と、
あげく、怒鳴られるしまつ。。。

娘くらいの女性に自宅を見に来られ、
冷蔵庫をあけられ、
あれこれ言われてしまうことに、疲れ切ってるようすの阿久沢(遠藤憲一)。

と、そこに、救いの
井浦新、登場。

しかし、井浦新も
すごい。

今回は、また普通の人の役で(?)
声まで違うんだもん。

阿久沢とえみるの間に入り、
阿久沢の昔の事業のことを聞いたりと、
話を聞く姿勢になると、
とたんに、心を開きだした、阿久沢。

えみるには、話したこともないことまで
話す。


でも、そんな先輩ケースワーカー、半田(井浦新)の姿を見て
学んでいくって話だね。
えみるは、めちゃくちゃまっすぐで、超真面目。
そんな、えみるが、色んな悩みや秘密や様々な人生を背負っている
生活保護受給者に寄り添っていく話は
どこか、お役所仕事でしょ!
みたいなところもあるし
どこか、キレイごとすぎ!なところもあるし
田中圭みたいな係長は、いません!みたいなところもあるけど。

それも、みんな、ドラマ。
夢見せてくれるドラマならでは。

ただ、今回、
アギーレ?
法律事務所のCMを思い出すような内容で
それが、すべてを解決したかのような偏りが
ちょっと違和感だったのが
残念だったな。

もっと、えみりらしさで
解決してほしかった。
弁護士相談所に一緒に行って、
帰りのエンケンさんとのやりとりは、とても微笑ましくて
親子のようで、良かったけどね。


吉岡里帆って、
すごい子だな。
まだ、ドラマに出だして
そんなにたってないのに、
こんなに立て続けに
主演ドラマを張れるって。

誰だったか、
吉岡里帆のファンの女の子がいて
「吉岡里帆は女神」ってプロフに書いてた子を思い出したよ。
確かに、女神。

ときに小悪魔。

あの小悪魔な演技も、すごくいいよ。
ああいうの、またみたいな!

【視聴率】第1話 7,6%

ね・・・
低いよね。。
残念だな。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【<水9・テレ朝「刑事7人」シーズン4 東山紀之主演 7月スタート>

   

新メンバーに田辺誠一、白洲迅、
「刑事資料係」に眠る超凶悪犯罪に
新生、刑事7人が挑む!!

東山紀之が演じる天樹悠を中心とした個性的な刑事たち7人が
難解な刑事事件に挑む姿を描いた「刑事7人」が第4シリーズに突入。
最大の黒幕が身内という衝撃のラストを迎えた前作から1年。
元別動捜査隊のメンバーたちは1年後、
新たに加わる個性派刑事たちとともに
資料室に眠る未解決の「超凶悪犯罪」に特化した
スペシャルチームとして復活。
(テレ朝)

<キャスト>
東山紀之
田辺誠一
倉科カナ
白洲迅
塚本高史
吉田鋼太郎
北大路欣也



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ