FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【玉木宏、主演ドラマで将棋担当の新聞記者役】

 
 

俳優の玉木宏(39)が18日、都内で行われた、主演する
NHK BSプレミアム「盤上のアルファ~約束の将棋~」
(2月3日スタート、日曜・後10時)の試写会に出席した。

 塩田武士氏の同名小説が原作。俺様的な性格が災いし、
花形の社会部から文化部・将棋担当に異動させられた新聞記者(玉木)と、
プロ棋士(四段以上)を目指し、特例で
三段リーグ編入試験を受けようとする真田(上地雄輔)。
復活を期す2人の男の人間ドラマを描く。

 玉木は「この作品を通して自分なりに勉強して、将棋の面白さ、
厳しさを知りました。(原則26歳までに四段になれないと退会になる)奨励会の
厳しさを知ってこそ、面白さが分かった」。撮影を通じ、
羽生善治九段(48)、加藤一二三元名人(79)にインタビュー。
「お二方とも記憶力がすごい。『いついつの、この盤面で』と、
ピシャリと覚えていた。僕なんか昨日、何を食べたかも忘れている…。
共演の機会をいただき、うれしく思います」と喜んだ。

 同学年の上地とは初共演になる。玉木は「20代初めの頃、
よく遊んでいた。ようやく一緒に仕事をすることができた。
同級生、同世代と一緒に仕事をする機会も減ってきている。
上地君とタッグを組んで仕事ができたのは、非常に楽しい時間でした」としみじみ。
上地も「玉木君とは20年近くの付き合い。彼はもう活躍していた。
いつか、こいつと肩を並べてやりたい―と思った役者と仕事ができてうれしかった」と話した。
(報知)


<キャスト>
玉木 宏
比嘉愛未
上地雄輔
野々すみえ
安井順平
堀井新太
夏子
岡 まゆみ
原 日出子
石橋蓮司
近藤正臣


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「時効警察」12年ぶり復活!霧山はFBIから帰国、三日月は離婚後の設定】

  
 

 オダギリジョー主演のコメディードラマ「時効警察」が
今年、12年ぶりに連続ドラマとしてテレビ朝日系で放送されることが8日、
同局より発表された(放送時期は未発表)。
前シリーズ「時効警察」「帰ってきた時効警察」が放送されたのは
2006年から2007年。
2010年に殺人事件など凶悪事件の時効が廃止されたことにより、
さらに窓際となった時効管理課のその後が描かれる。
時効が成立している事件を趣味で捜査する主人公・霧山修一朗をオダギリ、
その助手となるヒロイン・三日月しずかを麻生久美子が続投。
メイン監督を、前シリーズに続き三木聡が務める。

本シリーズは、総武警察署の時効管理課に所属する霧山が、
交通課の婦人警官・三日月とコンビを組んで時効になった事件を
解決していくさまを、シュールな笑いを交えて描くミステリー。
「あくまで趣味」の捜査としており、毎回、霧山が真相を
口外しない約束として犯人たちに「誰にも言いませんよ」カードを渡して
幕を閉じるのがお約束だった。

12年ぶりの新シリーズでは、霧山は出向していた
アメリカのFBIから帰国して古巣の総部署・時効管理課にカムバック。
一方、三日月は交通課課長補佐となり、霧山に思いを伝えられぬまま
6年前に刑事課の刑事と結婚し、のちに離婚したという設定。
時効管理課の主な仕事は、時効になった事件の資料を
検察へと送ることと、その捜査資料の管理だったが、
殺人など凶悪事件の時効が廃止され、以前よりもさらに窓際部署となっている。

 トボけた味わいの警察官・霧山がアタリ役となったオダギリは
「12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思うので、
高齢化したキャスト&スタッフ手を取り合って、
前作以上に面白い作品にしたいと思います」と意気込みをアピール。
相棒・三日月役の麻生は「12年分の年齢を重ね、
“三日月しずか”もより残念さが増しているであろうことに不安が募りますが、
怖いもの見たさと大好きなキャラクターをまた演じられる喜びで
嬉しいような恥ずかしいような複雑な気持ちでおります」とコメントしている。

 2006年1月クールに放送された第1作は最高視聴率12.1%、
平均視聴率10.1%を記録。
翌年4月クールに放送された第2作は、前シーズンを上回る最高視聴率13.5%、
平均視聴率12.0%となった。
三木聡をはじめ、映画監督の園子温、ミュージシャン、劇作家、
映画監督のケラリーノ・サンドロヴィッチ、劇作家、演出家、
俳優の岩松了らが演出に名を連ねていた。(編集部・石井百合子)

「時効警察2019(仮)」は2019年、テレビ朝日系にて放送
(シネマトゥデイ)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【福山雅治、銀行員役で日曜劇場初主演! 香川照之と『龍馬伝』以来タッグ】

  
 
歌手で俳優の福山雅治が、4月スタートのTBS日曜劇場『集団左遷!!』(仮)
(毎週日曜21:00~)で主人公の銀行員を演じることがこのほど、わかった。
福山が日曜劇場で主演を務めるのは本作が初めて、
さらに、銀行員役を演じるのも初めて。

江波戸哲夫氏の『新装版 銀行支店長』『集団左遷』を原作とするこのドラマは、
スーパーマンではなく“普通”のサラリーマンである銀行員の片岡洋(かたおか・ひろし)が、
廃店候補の蒲田支店の仲間と巨大組織の理不尽に立ち向かう物語。
平成最後の日曜劇場がおくる“最大の下剋上” ストーリーとなる。

福山演じる主人公の銀行員・片岡は、理不尽なことだと分かっていても
飲み込んで我慢し、「会社で生き残るためだ」と考えている“the サラリーマン”。
だが、部下や仲間の頑張りにほだされてしまう情に厚い男でもある。
片岡は50歳を目前にして支店長への昇任人事を受けるが、
赴任先は廃店が決定している蒲田支店。
上層部からは「廃店が決まっているので頑張らなくて大丈夫です。
無事廃店の際には本部に戻し優遇いたします」という特例を受け、
人生で初めて「頑張るな」と言われて困惑する。
廃店になることなど知らない支店員たちを前に
「頑張らなくてもいいよ」とも言えず、自分の立ち位置に葛藤し、
部下たちの頑張りを目の当たりにして「このままでいいのか」と思い悩んでいく。

片岡の異動先である蒲田支店の副支店長・真山徹(まやま・とおる)役には
香川照之が決定。真山はどこか掴みどころのないような男で、
常に笑顔で全てを見透かしているような真山の扱いに片岡は苦労する。
福山と香川はNHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年放送)以来9年ぶりの共演。
2人の台詞のやりとりや劇中での関係性にも注目だ。
(マイナビ)


もう4月ドラマの発表かぁ。
早いな。
福山雅治だからかな。
銀行マンの話しか。
最近、多いよね。
半沢以来。
半沢直樹はやらないのかな。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【及川光博:「相棒」元日SPで2年ぶり再登場 反町隆史と新旧“相棒”のアクション共演も】

    
 

テレビ朝日系の人気刑事ドラマ「相棒シーズン17」(水曜午後9時)の
“平成最後”の元日スペシャルが2019年1月1日午後9時から
放送されることが決定し、及川光博さん扮(ふん)する“2代目相棒”神戸尊が
約2年ぶりに再登場することが11日、明らかになった。

元日スペシャルは2006年から毎年放送されており、
今回は大地真央さんと西岡德馬さんがゲスト出演。
大地さんは「相棒」シリーズ初出演となる。

 及川さん演じる尊は、映画「相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!
特命係 最後の決断』(2017年公開)、「シーズン15」の
第13、14話(同年2月1日、同8日放送)にも登場しており、
今回が約2年ぶりの復活。現在は「警察庁長官官房付」である神戸は、
右京からある依頼を受けて、特命係の窮地に登場し、
反町隆史さん演じる現在の相棒・冠城亘とともにアクションに挑む。

 大地さんは物語の鍵を握るシャンソン歌手の神崎瞳子、
西岡さんは衆議院議員の敦盛劉造を演じる。スペシャルは、
敦盛のひ孫が誘拐された事件からスタート。誘拐犯は
「記者会見中のシャンソン歌手・神崎瞳子に告発文を読ませろ」と指示。
その告発とは、大手生命保険会社の社員の死に関するものだった……という展開で、
大地さんは劇中で歌声も披露するという。
(MANTAN)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【藤原竜也&香川照之、テレビ局の買収をめぐって激突「放送禁止スレスレのドラマ!」】

  
 

藤原竜也と香川照之が共演するTBS×Paraviスペシャルドラマ『新しい王様』が、
2019年1月8日23時56分からスタート。
藤原は「カネの力」や「所有する」ことに対して距離を置き、
新しい価値を見つけようとしている自由人・アキバ、
香川はカネやモノや女へのあくなき欲望をストレートに追求する
ファンド会社代表の越中(えっちゅう)勲を演じる。

正反対の価値観を持ち、正反対の人生を生きる2人が、
まったく別の動機から東京のキー局・中央テレビを買収することになり、
激突する姿を描く同ドラマ。
これまで数々のヒットドラマを世に送り出している山口雅俊が
脚本・演出を手がける。
脚本からは社会派の香りが漂うが、明るくテンポの良い
爽快さも持ち合わせた演出で、人間の本音や欲望、
社会の実情やカネの仕組みに正面から取り組んだ
ゴージャスで知的なエンターテインメントドラマとなっている。

ドラマにはほかに、杉野遥亮が人材派遣会社の
駆け出し社長・鴨宮コウシロウ役、武田玲奈が
看護学校の元生徒・三井エイリ役で出演する。

藤原は映画『カイジ 人生逆転ゲーム』
『カイジ2 人生奪回ゲーム』以来となる香川との共演に
「香川さんとの芝居は心地いいものがあり、とても刺激でした」とコメント。
「脚本が画期的かつ挑戦的な内容で、新しいドラマになりそうだと感じています。
専門用語が多く、長台詞もあり撮影は大変でしたが、
自分で考えるよりは山口監督の思いに少しでも
僕が近づけようという思いで、演じました。アキバと越中という
まったく思想の違う二人の掛け合い、対立が魅力的で最高に面白いドラマです。
ぜひご期待ください」とメッセージを寄せている。

また、香川は「『カイジ』で組んだ藤原竜也さんと
山口雅俊監督(※『カイジ』ではプロデューサー、
製作として参加)が、10年の時を経て再びのカイジテイストを
さらにボリューム倍増させて送り込む、放送禁止スレスレのドラマ! 
乞うご期待!」と話している。

なおドラマは、シーズン1(全8話)が2019年1月8日(火)からTBSで放送。
シーズン2(全9話)が2019年1月17日(木)からParaviで配信される。
(ドガッチ)


山口雅俊さんって、ウシジマくんの脚本、監督した方なのね。
藤原竜也に香川照之って、濃ゆい~
面白そう~。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ