FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【深田恭子、"ゆりゆり"横浜流星の受賞をハグで祝福!『はじこい』2ショットに会場沸く「2020年第44回エランドール賞」受賞者】

  
 

第44回エランドール賞の授賞式が本日2月6日に
東京・京王プラザホテルで開催され、新人賞を受賞した横浜流星が出席した。

2019年1月より放送されたドラマ「初めて恋をした日に読む話」の不良高校生、
“ゆりゆり”こと由利恭平役で一躍ブレイクした横浜。
「昨年は本当にたくさんの作品や素敵な人と出会え、
皆さんのおかげでこの賞をいただけたと思っています」と
丁寧に感謝の気持ちを伝え、「まだまだ未熟者ですが、
誠心誠意役と向き合って、いい作品を届けていけるよう精進します」と誓った。

「初めて恋をした日に読む話」で主演を務めた深田恭子も花束を渡しに登場し、
横浜とハグを交わすと会場から絶叫が巻き起こる。
深田は「役にストイックにのめり込む流星くんがまぶしくて。
そのあともいろんな作品に出てる姿を見て、入り込みすぎちゃって
大丈夫かな?と心配していたんですけど、
そんな心配も要らないくらい立派に活躍されて。
今は陰ながら応援しています」と横浜の活躍ぶりを絶賛。
「また一緒にお仕事できる機会があったらうれしいです」とほほえみ、
仲むつまじく会話を交わしていた。
(ナタリー)




たまらんね!!!このハグ!!!

ここのところ、ちょうど年末にCSで放送していた「初めて恋をした日に読む話」を
見ているところだったので、感動しちゃった。


「2020年第44回エランドール賞」受賞者
新人賞
神木隆之介、安藤サクラ、横浜流星、清原果耶、吉沢亮、橋本環奈

プロデューサー賞
映画『翔んで埼玉』若松央樹(フジテレビ)、古郡真也(FILM)
NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』清水拓哉(NHK)、家冨未央(同)、
大越大士(テイクファイブ)

プロデューサー奨励賞
映画『蜜蜂と遠雷』石黒裕亮(東宝)
TBS系ドラマ『凪のお暇』中井芳彦(TBS)

特別賞
映画『新聞記者』製作チーム

アクターズセミナー受賞者
片桐美穂、佐伯大地、ついひじ杏奈、内藤聖羽、仁科あい、吉川一勝


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【真木よう子、共演した上白石萌歌は「役者としての信頼感がある」と絶賛】

  



2月22日にNHKのBSプレミアムで放送される特集ドラマ『ファーストラヴ』
(21:00~22:59)の試写会が5日、東京・渋谷の同局で行われ、
真木よう子、上白石萌歌が出席した。

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説をドラマ化した同ドラマ。
父親を殺した女子大生の環菜(上白石萌歌)のルポを書くために、
彼女と向き合うことになった公認心理師の由紀(真木よう子)が、
真相を探る中で環菜と家族のゆがんだ親子関係を知ることになる。
2人のやり取りを中心に繊細な女性心理を描写しながら、
目に見えづらい心の闇を臨床心理の視点から紐解く原作の世界観を丁寧に描く。

自身も過去に家族との問題を抱えていたという真木は
「今回は、脚本をいただいた時に女性としてこの役をやってみたいと思いました」といい、
「やはりとても苦しいシーンはあるんだろうとは分かってはいたんですが、
過去の自分に聞いてみたら共感できたんです。
性的虐待を受けた訳ではありませんが、女性であれば
全員どこかで必ず共感できる物語でした。
女性を次のステップへ導かせるような役だったので、
挑戦したいと思いました」とその理由を明かした。

真木が演じる由紀にゆがんだ家族関係など真実を知られることになる
環菜役の上白石は、真木とは対称的に原作を読んでから収録に臨んだという。
「こんなにもページをめくりながらやるせなさで涙が出てきた役はありませんでした。
本当にこの作品を撮っている間はこの子を救いたいという一心で
役と向き合っていた気がします。
自分とも向き合っていた時間だったので、良い時間だったと思います」と充実した様子だった。

2人の絡みが同ドラマの見どころの一つとなっている。
上白石と共演して感じた点を真木が「環菜は心に傷を負っていて、
難しい役だと思ったので、どの現場でも心がけてはいるんですが、
相手にカメラが向いている時でも全力でお芝居しました。
ただ、白石さんは割と頑張れと言わなくてもきちんと役に入っていたというか、
見ていて安定したお芝居をしていた記憶があります。
こっちが本当の気持ちでぶつかると返してくれて、
役者としての信頼感がありましたね」と褒めると、
上白石は「真木さんの目に助けられました。
真木さんじゃなければ出来なかったことだし
、生まれなかった感情だったというのはありますね。
感謝しています」と真木に感謝しきりだった。
(マイナビ)




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【水川あさみ、結婚後初のドラマで婚活中の女性演じる】

  

2月26日にNHKのBSプレミアムで放送する福井発地域ドラマ『シューカツ屋』
(22:00~22:59)の試写会が4日、東京・渋谷の同局で行われ、
水川あさみ、上川周作、橋本じゅんが出席した。

主演の水川あさみが、就活支援室へ異動して破天荒な支援室の面々と
学生たちに振り回されながらも就活支援に打ち込む女性を演じた同ドラマ。
全国の国立大学の中で就職率12年連続トップを誇る福井大学をモデルにしている。

主人公の流川美野里を演じた水川は「(舞台となる)福井は
大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の時からご縁があると思った地域です。
今回は2週間ぐらい滞在しましたが、とても人が優しくてフレンドリーな方たちが多く、
ご飯も美味しいしすごく素敵な場所だと思いながら撮影していました」と
ロケ地の福井を満喫したそうで、「撮影中はキャストのみんなが本当に仲良くて
一緒に色んなアイデアを出しながら撮影できたという印象があります」と
撮影は和気あいあいと撮影したという。

また、学生たちの就活をサポートするキャラクターを演じることから、
自身の就活にまつわる質問に「私はデビューが中学生でした。
早かったのでそのまま高校から上京し、高校を卒業してそのまま
この仕事1本でやっています」と明かしつつ、「この仕事をするにあたって
どこで決めたかというのは正直なかったです。最初の頃は
みんなと違うことをやって楽しいなというところから始まって、
高校卒業する頃には大学に行くよりもうちょっと
お芝居を続けてみたいなというところで今に至ります。
飽き性の私が長い間続けられていると思うと、お芝居をする仕事は
魅力的で離れられない場所かと思いますね」と話した。

水川は昨年9月に俳優の窪田正孝と結婚。同ドラマが結婚後初めての仕事となる。
ドラマで演じたキャラクターは婚活中のアラサー女子という自身とは
正反対の役どころだが、「結婚してから初めての仕事が
このドラマだったので、最初の顔合わせの時に
『婚活中の役なのに結婚してすみません』と頭を下げて
現場に臨みました(笑)」と苦笑いを見せつつ、幸せオーラを漂わせていた。
(マイナビ)






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ハムラアキラ」第2話 依頼人がぞくぞく】

   


今期ドラマで、池田成志さん。
3つめの登場なんだけど@@;

「トップナイフ」で、俺は死んでいる。の患者。
「ケイジとケンジ」で捜査一課長。
そして、今回の「ハムラアキラ」

その池田成志さん演じる村木は元刑事の探偵。
依頼人の来ないアキラに、仕事をくれる
優しい人・・・?
そのわりには、とてもキツイ仕事が多い。
真夏のうさぎは、死んじゃうよ~~


そんな依頼人のまったくこないアキラのもとに
久しぶりに依頼人が登場。
事故で息子に重症を負わせた犯人は、たった6年の刑期を終えて出てきて
今、どんな生活をしているか、調べてほしい。という依頼。

しかし、尾行初日にして、
ほかの被害者家族によって、襲撃されたその男は
あっけなく死んでしまった。

依頼人からの仕事は、終了。

複雑な思いのアキラだったけれど、
すぐに、次の依頼人がやってくる。

しかし、これも、あっさり初日で終了。

なんと、3度目の依頼人も登場する。


ときは、真夏のお盆の頃。

うだるような暑さの中、
アキラの勤める古本屋のそばでは
いつからか、老女の叫びが商店街に響き渡る。

だけど、その家は、人格者の町内会長の家で
会長の母なのだ。

お盆であまりに静かなため
店のエアコンの室外機の音が、老女の気分を害してると知ったアキラは
真夏の暑さの中、
エアコンを消すのだ。


これは、キツい。。。


3人目の依頼は、詐欺の電話の録音テープ。
その声が、知り合いの声に似ているという鈴木夫妻。
もし、知り合いだとしたら、詐欺ではなく
本当に困っているのかもしれないから
調べてほしいという内容だったけれど。。。


アキラがその男の名前を検索すると
それだけで、犯罪を起こしている名前と一致。
知り合いの刑事に確認しようと電話すると、
やってくる番長。じゃなくて柴田(板橋駿谷)。
まあ、エアコンなしの部屋は、超暑いよね。
で、その男の顔を見るなり、
相当な悪人で、今、ちょうど柴田のいる署内で取り調べを受けていると言う。


3度目までもが、依頼人からの仕事が
あっさり終了なのだ。


アキラは、思う。
世界一ついていない探偵が、
こんなに立て続けの依頼人が来るほど
ついているわけがない。

店には、店員たちが、みんな来ていない。
突然、実家に帰ったり、
店主にいたっては、会長から頼まれてやってきた田舎に
その家が見つからないと連絡がアキラに入っていた。


絶対に行け!と言われているイベント。



なんか、とっても面白かったな。。。。


依頼人たちの案件もさることながら。
その1つ1つが、あっけない中にも
驚きがあったし。。

そして、そのすべては、
人格者の町内会長とつながっていた。


面白かった~。

最後に、こっちが、まだ疑問に思ってることは
ちゃんと警視の間宮祥太朗が現れて二人の会話の中で
解決される。

面白かった~。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【柳楽優弥が6年ぶり連ドラ主演…日テレ系「二月の勝者」で合格請負人スーパー塾講師役】


  
 
俳優の柳楽優弥(29)が、7月期の日本テレビ系連続ドラマ
「二月の勝者 ―絶対合格の教室―」(土曜・後10時)に主演し、
スーパー塾講師を演じることが30日、分かった。

 中学受験の実態をリアルに描いた高瀬志帆さんの同名漫画が原作。
週刊ビッグコミックスピリッツに連載中。子供を持つ母親世代から火がつき、
「人気作のため各局が原作権を争った」(次屋尚プロデューサー)という人気作だ。
家族や教育の問題に焦点を当て、単なるお受験ドラマではなく、“人生攻略ドラマ”として描く。

 柳楽が演じるのは、業界最大手の名門中学受験塾から、
業績不振の中堅塾の校長に迎えられたスーパー塾講師・黒木蔵人。
着任早々、新6年生に「絶対に全員を第一志望に合格させる」と宣言する。
超現実的で本音主義。「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」
「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」といった過激な発言で周囲を圧倒する。

 テレビ東京系「アオイホノオ」(14年)以来6年ぶりの連ドラ主演に臨む柳楽は
「メチャクチャうれしかったです。等身大のように見えて
、しっかりと秘めたものを持った役柄なので楽しみ」。
10年にタレントの豊田エリー(31)と結婚し、長女は9歳になる。
「関心あるテーマ。タイムリーな話題だった」と明かし
「妻がこの原作を大好きで(笑い)。僕も読んでひと目ぼれした作品なので、
モチベーションが上がりました。面白いドラマにしたいです」と話した。

 30代最初の撮影が今作になる。「このドラマで受験に挑むのは
11歳くらいの子供たち。自分が事務所(スターダストプロモーション)に
入った頃の年齢です。30歳になった自分が、
その世代の子たちと一緒に演技できるのは感慨深いです」としみじみ。
「『俳優は30代からだ』と言ってくださる方も多い。気合十分で挑みたい」と意気込んだ。
(ウーマン)




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ