ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「半分、青い。」第42話 スズメの恩返し】

  

スズメ(永野芽郁)は、菱本さん(井川遥)に
何を持ってくるように頼んだのかと思ったら。
それは、秋風羽織センセイが飼ってた
ペットたち。

センセイは可愛がってても
先に死んじゃうペットと別れるのが悲しいから
もう飼えないと言っていたので
これまで可愛がってたペットたちの写真をパネルにしたのだ。

部屋に入ったとたんに
浮かび上がるペットたち。


なんか、子どもじみてるかな?と思ったけど。
スズメの雰囲気だと
ちょうど良いのかな。

菱本さんが、正人に向かって
「だれ?」
「スズメちゃんの彼氏です」っていうのが
受けたけど。
どこまでいっても、正人(中村倫也)は
こういうキャラが女には、たまんないのだな。と。


岐阜に帰るつもりのスズメ。

「どうしよう」と言ってたスズメに
律(佐藤健)は
「でも、スズメが帰れば、おばさんたち
喜ぶと思うよ」
と、スズメの心配とはよそに
とても的確な分析をする律。

たしかに、そのとおりに違いない。

もともと東京で漫画家のアシスタントになることを
猛反対してたくらいだから。

でも
たぶん、
おそらく。

スズメは東京からはまだ帰らないだろう

ね。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | 2018後期(朝ドラ) まんぷく | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【長谷川博己、“朝ドラ”出演決定!!】

  

10月1日(月)スタートの連続テレビ小説「まんぷく」
(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、
ヒロイン・福子(安藤サクラ)の夫・萬平役に長谷川博己が決まった。

本作は福田靖の脚本による、福子とその夫・萬平の成功物語。
モデルはインスタントラーメンを生み出した実業家である安藤百福氏と
妻・仁子氏の半生で、戦前から高度経済成長期にかけての
激動の時代を舞台に、たくましく生きる夫婦の姿を描く。

NHK大阪放送局で行われた発表会見では、制作統括の真鍋斎氏が
「完全に“萬平さん=百福さん”というわけではないのですが、
多面的な顔を持っているところや、清濁あわせ飲むような人生を歩んできたところが、
二人に共通する部分だと思っています。
そんな人物を演じていただくにあたって、非常に的確な演技力で
多彩な役を演じてこられ、そしてどんな役をされても、
どんな環境の中にあっても、ある品格とカリスマ性を漂わせている長谷川博己さんに
ご出演いただきたいと思いました」と起用理由を説明。

これを受けて、長谷川は「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)」とあいさつ。
20代のころには何度も“朝ドラ”のオーディションを受けていたそうだが、
40歳で受けたオファーには迷いもあったと明かした。

だが、「『大衆の中にこそ変化の(時代が変わる)予兆がある』という
百福さんの言葉のように、自分の役者の人生において
変化できるいいきっかけになるんじゃないかと思って、お受けさせてもらいました」と決意表明。

「10月から幸せと希望を皆さまにお届けできるように、
半年間頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします」と意気込んだ。
(ザ・テレビジョン)


NHKさん。思い切ったキャスティングをしてくれた~!!!
これは絶対見ます!!
何がなんでも見ます!!
この二人が主演で、福田靖さん脚本で
おもしろくないわけがない!!
と、信じて。

連続テレビ小説「まんぷく」
10月1日(月)スタート
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかにて放送




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 2018後期(朝ドラ) まんぷく | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【安藤サクラ、朝ドラ史上初の“ママさん”ヒロイン抜てき 18年後期『まんぷく』】

  

NHKは1月31日、2018年度後期の「連続テレビ小説」99作目
『まんぷく』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・福子役が
安藤サクラ(31)に決まったことを発表した。
安藤は「相当覚悟を決めて、やっときょう立てた。
ホントにいろんなことを考えて悩んで、このオファーを受けました」といい
「何をあいさつしていいか頭が真っ白になってしまった。どうしよう、
こんなことになるとは思わなかった。恥ずかしい…」と微笑んだ。

 モデルとなるのは、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)氏と
妻の仁子(まさこ)氏。戦前から高度経済成長時代にかけての
大阪を懸命に生き抜く夫婦が、
失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を何度も繰り返した末、
「インスタントラーメン」の開発に成功する波乱万丈の物語を描く。
脚本は大河ドラマ『龍馬伝』や
フジテレビ系『ガリレオ』『HERO』シリーズを手掛けた福田靖氏が担当する。

 安藤は1986年2月18日生まれの東京都出身。
2007年、映画『風の外側』のヒロイン役でデビュー。
09年、映画『愛のむきだし』で高崎映画祭など数々の映画賞を受賞。
父は俳優・映画監督の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津。
12年に結婚した夫は俳優の柄本佑と芸能人一家となっている。
17年6月に第1子を出産した。

 キャスティングにあたって制作統括の真鍋斎氏は
「安藤サクラさんが、日本屈指の演技力を持った女優であることは、
誰もが認めるところでしょう。
その類まれなる演技力で、数々の映画・ドラマでは非常に個性的な
役柄を演じてられることの多い安藤さんですが、
彼女に、朝ドラというフィールドでヒロインとして演じていただけたら、
どんなにすてきなことになるだろう。その着想にとらわれたとき、
私はとても高揚しました」とコメント。

 「とりわけ、今回はおよそ40年という主人公の人生を描くことになり、
生半可な演技力では太刀打ちできないと思っていたので、
なおのこと『いいことを思いついた!』と思いました。しかし、
安藤さんは、お子さんがお生まれになったばかりだし、
大阪でヒロインをやることはなかなか大変だろうなと思っていました。
そんなころもあり、安藤さんにしてみれば、このオファーには、
もしかしたら戸惑いもおありだったかと思います」。

 「しかし彼女は、覚悟を決めてくださいました。
その覚悟に応えるべく、私たち制作・演出陣も全力で安藤さんのお芝居をサポートします。
安藤サクラさんを中心に、毎朝一級のお芝居をお届けします。
是非ともご期待ください」と力を込めている。

 放送は10月1日から、19年3月30日まで全151回を予定。
5月中旬からクランクイン予定している。
(オリコン)


これはビックリ@@;
こんなベテラン演技派女優さんを朝ドラの主演に抜擢するとは。
よっぽど「わろてんか」のてんで学んだに違いない!!

脚本も福田靖さんだし!!
「ガリレオ」よりも何よりも「救命病棟24時」シリーズでしょ!!
これ代表作に入れないと!!
ちょうど今、「救命病棟24時」のシーズン3を再放送してるんだけど。
本当に何度見ても、何度でも何度でも、すっばらしい作品だ。
2005年の作品なのに、まるで大震災のあとだったんじゃないかと思うような内容。
いかに取材を重ねて描いたかが、よく伝わる。


はっ
熱くなってしまった。

朝ドラの話しだった。

安藤サクラ。
楽しみです!!

安藤サクラのファンで「愛と誠」まだ見てない人は
ぜひガムコを見てほしい!!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




br_decobanner_20110417165910.gif | 2018後期(朝ドラ) まんぷく | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【NHK来秋朝ドラは「まんぷく」モデルは日清食品創業者「チキンラーメン」開発・安藤百福氏夫妻 脚本は「龍馬伝」福田靖氏】 

  

NHKは14日、大阪放送局が制作する来年度後期の連続テレビ小説(月~土曜前8・00)が
「まんぷく」に決まったと発表した。
脚本は大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」などの
ヒット作を手掛けた福田靖氏。

インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、
その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、
戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を舞台に、
明るくひたむきに生き抜いたヒロイン・福子と
バイタリティーあふれる実業家の夫・萬平の波乱万丈の物語を描く。

現在放送中の「わろてんか」、
次回作「半分、青い。」
続く朝ドラ99作目(大阪放送局制作42作目)。
来年10月1日スタート、全151回。実在の人物がモデルだが、
激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成し、
登場人物や団体名は改称した上、フィクションとして描く。

 タイトルには「物語のヒロイン・福子と、実業家の夫・萬平の夫婦の名前を合わせました。
食と幸せのシンボル“満腹”という意味と、
日本の朝に“福=幸せ”がたくさんあふれますように、という願いも込めています」という。
(スポニチ)



【物語】
舞台は戦前の大阪。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けて
おおらかに育ったヒロイン・福子。
ある日、‟父親代わり”となって母子家庭を支えた長姉が、病気で亡くなってしまう。
次姉も結婚で家を出ていたため、「わたしがしっかりしなければ!」と、
人生で初めての岐路に立たされ、健気にがんばろうと決意する福子。
そんな時に出会った運命の人は――
バイタリティーあふれる青年実業家・萬平だった。
やがて二人は恋に落ち、結婚することになる。

しかし!! 萬平はメリヤス、航空機エンジン、製塩、
食品加工、金融など、次から次へと事業を手がけ、大成功したかと思えば大失敗、
敗者復活戦の繰り返し。まさかこんな浮き沈みの激しい生活が待っていようとは…!

「日本一の商売人」を目指して前に進み続け、穏やかな生活など考えもしない夫。
武家の末えいで、“商売”に理解が乏しく、娘の結婚生活に口を挟まずにはいられない母。
その間に立たされて、子どもを育てる福子に必要なのは、
究極のマネジメント能力。
初めは夫に振り回され、耐えるだけだった福子は、やがて夫を支え、
背中を押し、引っ張っていく強い女になっていく。
そして、すべてを失ったどん底からの最後の敗者復活戦、ついに夫婦は
「インスタントラーメン」を創り出す。
それは世界の食文化に革命を起こす大発明だった!
今や世界中で年間1000億食近くも人々の口に入るインスタントラーメンを
この世に生み出した実業家・安藤百福(ももふく)氏と
その妻・仁子(まさこ)氏の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての
大阪を懸命に生き抜く夫婦の成功物語です。
(NHK)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 2018後期(朝ドラ) まんぷく | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ