ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「リピート」最終回 リピート】

  

なぜ同じ日テレでタイムリープのドラマが重なったのか。

でも、あっち「トドメ」は、重たいけど軽くて
ちゃらいけど、ちゃんとしてて。

こっちの「リピート」は、ただひたすらに暗かった。

主人公の鮎美(貫地谷しほり)が人との付き合いが苦手で
ささやくようにしゃべるような地味な女性っていうのもあるし、
圭介(本郷奏多)が、実はドSすぎた島崎遥香に飼い殺し寸前にされる
ダメ男っていうのもあり、
設定が、暗い人たちだから、しょうがない。

だけど、この二人の演技力は、間違いないので
まあ、この世界に引き込まれる引き込まれる。

そこに、ガレッジセールのゴリ。
見直したね、今回ばかりは。
この人、本当に、ちゃんとした俳優だった?と思わせるほどに
自然な演技。
自然な芝居。
自然な台詞。
普通に台詞じゃなく聞こえるし、
間違って、カッコよくさえ見えるときまである。

さらに、安達祐実の危うさが加わって。

どんな終わりが待っているのかと思えば。


なんと、全員、風間(六角精児)がリピートに招待した人たちは
元の世界では、死ぬ運だった人たちだったとは。。。


最後に、もう一度だけリピートしよう!と、
約束した、貫地谷しほりと本郷奏多とゴリ。

だけど、その「光」をあびる寸前に、本郷奏多は命絶え
ゴリも。


「戻ったら、必ず鮎美の部屋に行くから」と、言っていた圭介は現れず。
待ちきれなくなった鮎美が圭介を尋ねると、
そこにいる圭介は、鮎美を知らなかった。

生きて「光」を浴びないと
リピートできないんだねーー;


悲しいけど、
鮎美は、その3ヶ月の圭介との思い出を抱いて
生きていくことを決めたみたい。

だけど、もしかしたら、圭介は思い出さなくても
また鮎美と接していくうちに
好きになることは、あるのかもしれない。
と、少しの希望の光も見えた最終回。

せめて、ぱるるに殺されるのだけは
なくなっていますように。。。


その後が、

気になるーー;


【視聴率】最終回 2,6%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | リピート | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「リピート」第3話 ゴリの息子を助けろ!!】

  


ゴリって、バラエティのゴリしか知らなくて。
ちゃんと、普通のおじさんの話し方出来るんだね。
この人、ちゃんと役者なんだね。と、
ゴリへの見方が全然変わった今回のドラマだった。

リピートして、
インスタ映えする食べ物を流行る前にパクって
大儲けをするんだと言っていたカフェオーナーだった天童(ゴリ)。

本当は、この10ヶ月の間に、
離婚した妻が引き取った息子が
海外に行くために、成田へのバス事故で
命を失っていた。
それを回避するためにリピートに参加したのだった。

その話を聞いた圭介(本郷奏多)と、鮎美(貫地谷しほり)。


日本を経つ前に、息子と会い、
3時に、妻のところに連れて行く約束だったけれど。

なんとか、バスに乗らないように元妻に頼む天童だったけれど。。。

飛行機に間に合わないから。と、
どうしても聞き入れてもらえず。

なんとか電車で行ってくれるように説得したものの
今度は、電車が遅延しているという情報。

天童は、「車を用意するから、ここで待っててくれ!!」と言って
その場を離れ、
鮎美が、その場で、見守っていた。
すると、元妻は、息子を連れて、バスへと向かおうと
そこから離れようとした。

「行かないでください!!」
って、
いきなり、知らない女性から声かけられても
かえって不審がられるだけとは分かってても、
これから起きることを知ってるだけに、
なんとか、止めてくれえええ!!と、一緒に思ってしまう。。。


とうとうバスに乗ってしまった息子と元妻。
鮎美も、そのバスに乗り、
なんとか途中で二人を降ろそうと画策するけれど。。

あと1分・・・・


すると、天童の息子が
「僕、降りるよ」と、父の言った言葉。
自分の勘を信じることにかけたのだと言う。


反対車線からはみでたトラックが正面衝突して起きる事故。
同じように、襲ってくるトラック。

なんとか回避することができ、
息子は無事だった。

そこに、圭介と天童の乗った車が到着する。


事なきを終え、ほっとする3人だったけれど。

そこに、風間(六角精児)がやってきて、

「命にかかわることを変えてはいけないと約束しましたよね」と
言われてしまう。。。。


淳史(南出凌嘉)くんは無事だったが、
同じ日、やはり天童の息子と同じ8歳の男の子が
バス事故で亡くなったことが報じられた。。。。


ショックを受ける3人・・・・。


すでに、二人死んでるしーー;


そして、鮎美は、ゲス野郎の婚約者には
別れを告げた。

いいな、奏多に手握られちゃって。。。

その圭介の部屋では、ぱるるが大暴れ。
隠しカメラを仕込んでた。。。


やっぱり、変えられない「運命」っていうのは
あるんでしょうか。。。


ぱるるが恐い。。。((((;゚Д゚))))


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | リピート | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「リピート」第2話 ぱるるにペット扱いされないように競馬で稼ぐ本郷奏多】

  

女の正体は、恐ろしいよね。

ぱるる、あんなに可愛く猫かぶってても
実は、男の首に首輪かけちゃうドSな女で
金の力で支配しようとしてたんだから。

それを知ってた本郷奏多は、
10ヶ月前に戻って
同じことを繰り返さないために
バイト先の店でのトラブルが起きないように
店を休み、
競馬で金を稼ぎ。

だけど、なぜか10ヶ月前には、いなかった子が
店に入ってきたりしてた。

やはり、リピートする世界と
元の世界とでは、まったく同じではなさそう。

ところが、その子が体調を崩し
店から呼び出されてしまう、本郷奏多。圭介。。。


10ヶ月前と同じようにトラブルにはなるのだけれど
そこで、自分で競馬で稼いでおいた金を渡して
ぱるるに借金せずに済んだ。

「犬より可愛がるわ」なんて、口だけだからね。
もう騙されない!!とばかりに、
付き合わない。別れようと言う圭介。

別れること、できるんでしょうか。

いっぽう、鮎美(貫地谷しほり)の働く図書館に訪ねてき
一緒にリピートした、主婦の佐知子(手塚理美)。

夫と社交ダンス発表会に申し込み
出場するはずだったのだけど、その会場が最近頻繁に起きている連続放火事件で
日時が延期になってしまったのだと言う。
夫は、病気を宣告されてしまうので、
その日に発表会に出れないと、一緒に踊ることが出来なくなってしまうのだと。

鮎美は、その日は、図書館が休館なので図書館にある
ホールでやってはどうかと提案する。
そして、リピート仲間の圭介と太郎(ゴリ)も、一緒にダンスを見ることに。

二人の最後のダンスが永遠に終わらなければいいのに。。と、思う鮎美。

そんな鮎美は、恋人との破局から無事のがれることができ
婚約することもでき、ご両親にも挨拶に行くこともできた。
ところが、
なんと、恋人の車を発見すると、そこには別の女とキスする彼が。。。。


やはり、良いことばかりではないのだ。と気づく鮎美と圭介たち。。。


そして、

なんと、佐知子が連続放火事件の火災で亡くなったと
テレビでニュースが告げていた・・・・・(ToT)

なんか、だんだん不穏な空気になっていく。。。。



六角精児さん、いったい何を??


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | リピート | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「リピート」第1話 こっちもタイムスリップ】

  

ホントに本郷奏多の演技には、いつも感心させられる。
もうすっかり、まるっきり上野さんじゃなくなってる。
アカギでもない。
どうしてこんなにいろんな表情が作れるんだろう。
クセのあるキャラのほうが演じやすいと以前聞いたことがあるけど。

今回は、彼女のぱるる、島崎遥香に首輪までかけられちゃう
とてもじゃないけど恋愛指南どころではない
支配されるフリーター圭介を演じる本郷奏多
キャバクラで黒服のバイトをしてるけど。

そして、これまた演技力には定評のある貫地谷しほり
貫地谷しほりが演じるのは、ちょっと人とコミュニケーションがとるのが苦手で
本の世界に逃げ込むことにした、篠崎鮎美
図書館の司書だ。
本について聞かれれば、果てしなく答えることができてしまう。

そんな鮎美の前に現れた商社マンの一樹(松田悟志)
あれよあれよというまに、付き合い始めることになった二人。

けど、この松田悟志って人、
いつも悪い役だよねーー;
きっと今回も・・・・?


ある日、鮎美の携帯に非通知でかかってきた電話。
男の声は、「今から1時間後に地震が起きる」と予言した。

すると、そのとおり、震源と東京での震度を言い当て
テレビが予言通りの情報を告げていた。

驚く鮎美に、再び男から電話が入り、
過去に戻って人生をやりなおしたくありませんか?と聞かれる。

説明会を中華街の店でするので、来てほしいと。

そこに集まってきたのは、カフェを経営する太郎(ゴリ)
主婦の佐知子(手塚理美)
予備校生の要(猪野広樹)
サラリーマンの郷原(清水圭)・・・れ清水圭だったのか!
食品会社の研究員、リケジョの智恵(安達祐実)
トラック運転手お高橋(福田転球)
そして鮎美と、圭介の7人。

呼び出したのは、風間と名乗る六角精児さん。

10ヶ月だけれど、タイムスリップをすることが出来る。
自分は、それを重ねていくうちに
金持ちにもなったけれど、そんな幸せなことは、誰かに分けたいと
ランダムに電話をして集めたメンバーだと言う。

たった10ヶ月だけれど、そこから起きることは知ってるはずだから
競馬で大儲けすることも出来る。と言われ

全員が、結局、その話に乗ることに。

連れて行かれたのは、洞窟のような穴の中から
さらに、暗闇の中をひたすら歩く。。。。

そして、光が当たると、
鮎美は、自分お部屋のベッドで本をかぶって眠りから覚めたところだった。

間違いなく、10ヶ月前に戻っていた。


鮎美は、リピートしたいと思ったキッカケ。
それは、クリスマスイブに起きていた。


いきなり、「別れよう」と言われてしまった。

それは、2月の鮎美の誕生日の日のこと。
あのとき、一樹は鮎美にプロポーズをするつもりだったと言われたが、
その日・・・・

図書館にいた子供にいたずらされて、スマホを水没させてしまい。
おまけのその子供が怪我をして救急搬送されることに。
一樹との食事の約束をしたレストランに行ったときには、すでに店も
閉店してしまって
おまけに大雨が降ってきた。

一樹は、プロポーズしなかったのだ。


その日。
鮎美の誕生日に起きることを回避するため、
リピートしたのだった。

準備は万端。
すべてうまくいった。
しっかりプロポーズもしてもらい、指輪も指に輝いていた。

風間から、リピートできたら、
二日後に、もう一度、同じ店で集まりましょうと言われ
集まったみんな。

みんな、晴れ晴れとした、
生き生きとした顔をしていて、
はるかに10ヶ月後の顔つきとは、変化していた。

しかし、そこに現れた風間から
衝撃の真実を告げられた。

トラック運転手の高橋が、亡くなったと。。。。。



良いことばかりでは、ないようだと気づく6人。


だって、オープニング、
おかしかったじゃないの、すでに

何かから逃げてるようだったし。
ゴリ、死んじゃったみたいに見えたし。。。

圭介も鮎美もボロボロになってたし。


いったい、風間は、何をしようとしているのか。
リピートによって、未来の変化が、どう影響していくのか。


私は、SFものも好きなので
こういう話は、大好き。

本郷奏多が演じたテレ東の2014年「なぞの転校生」も、リバイバル版、とっても
良かったよな~~。。。
やっぱり、こういうワケわからない役みたいのが、
とてもうまいよね。。。


安達祐実や手塚理美。
ベテランも出てるし。
安達祐実も、ここ数年、本当に演技に磨きがかかってるから
楽しみ!!


やっぱり深夜ドラマはゴールデンとは違った面白さがあるな~


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


楽天バナー商品バナー

br_decobanner_20110417165910.gif | リピート | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【安達祐実、貫地谷しほり&本郷奏多&ゴリと「リピート」!「本心が見えてこないキャラ」】

  

貫地谷しほり、本郷奏多、「ガレッジセール」ゴリが主演を務める、
“タイムスリップ” ミステリー「リピート~運命を変える10か月~」。
本作の追加キャストとして、安達祐実が決定した。

映画化もされた「イニシエーション・ラブ」の乾くるみ作品の
初のTVドラマ化としても話題の本作。
より良い人生を手に入れるために10か月前にタイムスリップした男女が、
思いもよらない運命に翻弄されていくサスペンスミステリー。

人生をやり直したい後悔を抱える鮎美役に貫地谷さん、
同じく圭介役に本郷さん、
天童役にゴリさんが発表されており、彼ら計8人の男女が
謎の男・風間(六角精児)に導かれて10か月前の過去に戻れるタイムスリップ“リピート”に参加。
しかし、彼らはリピートをきっかけに、
予想もしなかった危機的状況に追い詰められていく…。

そんな個性豊かなキャストが揃う本作に、
園子温監督のAmazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」や、
「女囚セブン」(テレビ朝日)、「男の操」(NHK BSプレミアム)など、
今年ドラマで活躍した安達祐実も参戦。

安達さんが演じるのは、鮎美たちとともにリピートに参加する
8人のメンバーの1人・大森知恵。
食品化学関係の研究者として働くクールな“理系女子”の彼女は、
当初は非科学的なリピートに懐疑的だったものの、
結局、ある動機から参加することを決意。
リピーターたちに次々と降りかかる不可解な事件に、
冷静沈着な分析力と勘で立ち向かっていくという役どころで、
波乱に満ちたストーリーの中でも目の離せない存在となりそう。

安達さんは本作について、「ミステリアスで壮大なストーリーなのに、
なぜか身近に感じられる、人間らしさがあって面白いドラマ」とコメント、
“理系女子”という自身の役柄も「クールであるがゆえに
本心が見えてこない印象があります。
それがどう変わっていくのか、今後の展開が楽しみです」と、期待を込めて語っている。

あらすじ
「いまから1時間後の6時45分に地震が起きます」という謎の電話が、
図書館司書の篠崎鮎美にかかってきた。
ただのいたずらかと思ったが、電話が切れた1時間後、
身体に小さな揺れを感じる。テレビをつけると、
時刻も震源地も的中していた。そんな、まさか! 
その後、先ほどの男から再び電話がかかってきた。
男は「風間」と名乗り、未来から過去のある地点へと戻って
人生をやり直しているので未来に起きることをすでに知っているのだと言う。
風間はその時間旅行を“リピート”と呼び、鮎美をゲストに招きたいと誘う。

リピートで戻れるのは、10か月前。
10か月前には誰も知らない“未来の記憶”を駆使して、
一度犯してしまった失敗を回避したり、金儲けしたりができるという。
リピートに参加することになったのは、鮎美のほか、
キャバクラのボーイ・毛利圭介(本郷さん)、カフェオーナーの天童太郎(ゴリ)ら8人の男女。
8人はそれぞれ、過去に後悔を抱えていた。
リピートして、2度目の人生で幸せな未来を選択しようとする鮎美、圭介、天童。

しかし、3人をはじめリピートしたメンバーには、
不穏な出来事が次々と起こる。さらに、思いもよらない危機が迫り
、鮎美たちは次第に追い込まれていく――。

木曜ドラマF 「リピート~運命を変える10か月~」は
2018年1月11日(木)より毎週木曜23時59分~読売テレビ・日本テレビ系にて放送。
(シネマカフェ)

<キャスト>
貫地谷しほり
本郷奏多
ゴリ
安達祐実
六角精児



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | リピート | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ