ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「オーファンブラック」最終回 知英が素晴らしかった!!拍手!!!】

  


同じ顔の人間が、突然現れて
目の前で電車のホームから落ちていく・・・

そんな衝撃的なスタートだった「オーファンブラック」

で、全部、知英。

確か7人の役を一人で演じるってことだったけれど
数えると、
あれ?まだ一人出てきてないかも?

と、思った最終回も近くに

リカや泉たちクローンを作った遺伝子の巨大医療機関
その組織のCEOになってた!!!
最後のクローン、裕香(知英)は
オリジナルである、サラと双子だったエレナを削除し
同じくクローンだったはずの自分こそが
「オリジナル」として生きていくために
命を狙ってたのだ。

そうだったのか・・・・。


それにしても、エレナの凶暴で慈悲にあふれた悲しい女。
プライドの高そうな生真面目な主婦のリカ。
秋田弁の研究員でとても優しい泉。
そして、唯一、子供を産んでいる、主演のサラ。

この4人だけでも演じ分けるの大変なのに、

早々に亡くなった韓国人のオクヨンエ。
最初に自殺したマオコ。
そして、最後に出てきた、遺伝子医療機関のダイアードCEOの裕香。

本当に素晴らしい演じ分けでした。

ものすごく大変だったと思う。

それも、ストーリーが複雑だったし
見てるこっちも、集中して見てないと分からなくなるし。


サラが、裕香に言った言葉。
「オリジナルなんて、くだらない。
私はオリジナルなんかじゃない。
私は青山沙羅だ!」

これまでの裕香の執着をも、一瞬で解き放った言葉だったのね。


さて、エレナは、いったいどこに?

雑踏の中、銀髪の女が、飛ぶように開放されたように
ウキウキしながらはずんで歩いている後ろ姿が
印象的。


マオコのモニターだった槙雄(山崎育三郎)の心も
すっかり沙羅が奪ってしまったようで。
二人の最後の笑顔も素晴らしかったです。

知英、本当にお疲れさま!!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | オーファン・ブラック | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「オーファン・ブラック」第5話 すんごい頑張ってる知英】

   
 

一人の知英は、そうそうに自殺しちゃって
もう一人の韓国人の知英も殺されちゃって。
殺人鬼の銀髪、知英と、
サラ、泉、リカの3人が中心になって演じてるんだけど、
どうやって撮影してるんだろう・・・・って、
何度も何度も、何度も同じシーンを
その人物になって演じてるんだろうな・・と思うと
本当に、すごい。

ただでさえ、日本語で話すのだって大変だろうに。
日本人のはずの、サラとリカの発音が、若干おかしなときがあるし
イントネーションが、言いにくそうだな~と感じるところはあるけれど。
それにしたって、すごい挑戦だと思う。

そして、5話にきて、かなりストーリーが進展した。

サラが成り代わってた、マオコの婚約者、槙雄(山崎育三郎)が
マオコを見張るモニター。
監視していたのだ。

その槙雄を操る、怪しい男。
竹中直人、登場。
みるからに怪しいからね。
でも、久しぶりだね。
ずっと出ずっぱりだったのに、ここんとこ見なかったかも。

槙雄は、竹中直人に、何か弱みを握られてるらしい。

だとしたら、サラ、泉、リカたちにも、モニターがついているのかもしれない。と
疑いだした。

リカの監視役は、高校の同級生だった夫かもしれない・・・。
泉の前に、突然現れた、同郷の研究生、佐津川愛美。。。
サラのモニターは、もしかしたら、育ての親なのか?

銀髪の殺人鬼を虐待しながら、
ほかのクローンを削除しろと命令する、大杉漣さん。
削除しないと、自分が削除されると。

いったい、このクローンたちは、どこから
どうして、なんのために現れたのか。
どうして、今になって、集まってきたのか。

死んだことになってたサラだったけれど
ナガセの前に、偶然、リカが通りがかってしまったことから
サラが生きてたことがバレてしまった。


まだまだ、まだまだまだまだ
謎だらけの、このドラマ。
たどたどしい日本語ではあるけれど
あまりに、頑張ってる知英を、ついつい応援したくなる。

山崎育三郎の、冷たい目も、魅惑的だよね。
そこに愛があるのか、ないのか不明だけれど
突然、ラブシーンになっていく展開。

やっぱり、どうなるのか、気になるわ。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | オーファン・ブラック | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「オーファン・ブラック」第2話知英がいっぱい!!】

  



あまりに面白くて1話見て、ビックリした。

こんな難しい役を日本語で、よく演じられると
本当に知英には感心してしまう。
「民王」のときに、草刈正雄との入れ替わりの役も
かなり難しかっただろうに。

今度は、一人7役。

7役?

いやいや、まだ7人も出てきてないよ。


施設で育った沙羅(知英)。
9歳のときに里親の冴子(麻生祐未)に引き取られたものの
ソリが合わず。中学卒業して家出。
シングルマザーになり、昼も夜も働いていたけれど
工場で働いて、ハブられ、
ついにキレて暴力起こして、やめた。

沙羅を追いかけるDV男、ナガセ(高橋努)からも逃げたい沙羅。

シングルマザーなのに、子供は母に引き取られたまま
返してもらえない。

ヤケクソな気分で駅のホームを歩いていると
向こう側から、自分にそっくりな女が歩いてきた。
と、思ったら、
電車がやってきたと同時に、自分からホームから落ちてしまった。。。


この女が、真緒子(知英)。
咄嗟に、沙羅は、同じ顔だった女と
人生を入れ替わることを思いつく。

そして、真緒子の自宅に行くと
ものすごいでかい家。
セレブ。
イケメンな恋人槙雄(山崎育三郎)の写真。

と、そこに槙雄が戻ってくる。
「なんか違う」と沙羅を見て言い出すと
沙羅は、突然、槙雄にキスをして、
自分からやってごまかす。
ちゃんと真緒子の写真は、伏せて^^;


真緒子は、刑事だったことが分かった沙羅は焦る。
どうやら、誤って犯人を撃ち殺してしまったらしく
聴聞にかけられている立場だった。


と、そこにまた同じ顔の韓国人のオク・ヨンエが現れ
車に乗った2人でいたところを、オク・ヨンエは、射殺されてしまう。


電話をかけてくる、謎の女。

それとは別に、まだ一人、理華という女がいることを知った沙羅は
自宅まで行ってみると。
やはり、沙羅と同じ顔。

しかも、沙羅を見つけると、とても怒り狂う。
目の前に出てくるな!といわんばかり。


そして、理華は、沙羅を呼び出し、泉(知英)と会わせた。
科学者の泉は、とても落ち着いて
東北弁訛で話しながらも、けっこう優しかった。

その泉が話した驚愕の事実。

自分たちは、同じ遺伝子を持つ、「クローン」であること。
そして、自分たちクローンを作り出した何者かに命を狙われていることを告げた。

まあ、そうでしょうね。
クローンだろうな。というのは想像がついた。

でも、それを全部演じ分ける知英の演技が、すごいな~!!って
感心しちゃう。
いちいち。


真緒子と相棒を組んでいる刑事の金城(岡田浩暉)は
真緒子の失態をかばおうと、聴聞での答え方を教えこんでいた。
しかし、真緒子、いや沙羅が持っていた元々真緒子の金、750万円は
取り上げたまま。
本当に返すつもりがあるのか、どうか。
そして、おそらくは、気づくよね。
これは真緒子ではない。と。。。。


真緒子の恋人、婚約者の槙雄も、絶対気づくよね。
なんか、元々は真緒子とうまくいってなかったようだったみたいだし。


何がなんだか、まったく理解できない沙羅。
見てる、こっちも同じ状態。

これから、何が起きるのか。
何が起きているのか。

すっごく楽しみな土ドラ。

土ドラ、良いよね。
フジテレビだけど、東海テレビなんだね。
だからなのか。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | オーファン・ブラック | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【知英1人7役でドラマ初主演『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』1月スタート】

  



知英(ジヨン)を主演に迎えた新ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』が、
東海テレビ・フジテレビ系で12月2日(土)23時40分よりスタートすることが決定。
ドラマ、映画、ミュージカル、歌手として活躍中の彼女が、
連ドラ初主演にして、1人7役に挑戦する。

本作は、BBCアメリカで2013年から放送がスタートしたドラマシリーズ
『ORPHAN BLACK』が原作で、これまでに本国アメリカで第5シーズンまで放送。
日本版では、原作の持つサスペンスフルな展開を踏襲しつつ、
ヒューマンドラマの要素を大胆に加えてリメイク。愛する娘と共に暮らすことを願う
元孤児のシングルマザー青山沙羅の前に、
同じ顔の女が現れることから物語は始まり、その女の死が、
沙羅の人生を狂わせていく……。

今回のオファーについて知英は、「喜びよりも本当に私でいいの!? 
という驚きでした。BBC版『ORPHAN BLACK』はストーリーの展開が早く、
内容も衝撃的で、中毒性があり私もドキドキしながら観ていました。
その作品を自分が主演でやることも信じられないですし、
プレッシャーしかないですが、とにかくやるしかないという心境です。
7役を一気にやるということは女優人生でもなかなかないことですし、
今後の糧になると思います。もちろん等身大の大学院生もありますが、
刑事だったり、暗殺者だったりと役の振り幅がかなり大きいので、
この撮影期間中は自分自身の人格も分からなくなりそうです。
この大きな試練に大きな決意をもってチャレンジしたいと思っています」とコメントを寄せている。

また、今回の起用について、松本圭右プロデューサーは
「主人公の沙羅は孤独を胸の奥に抱えながら、懸命に生きている普通の女性です。
ただ、さらに奥に、強い芯を秘めている。その沙羅をイメージした時、
知英さんの持つ凛とした強さがはまると確信しました。
1人7役……しかも今回は知英さんの母国語・韓国語や英語、
さらに日本の方言にまで挑戦してもらいます!
かなりチャレンジングな企画をお任せすることになりましたが、女優、
アーティストなどいくつもの顔を持つ知英さんならきっとアメリカ版を超えてくれるに違いない! と
若干のむちゃブリをしつつ(笑)、現場で作り上げられていく日本版『オーファン・ブラック』を
私自身、楽しみながらお届けしたいと思います」と明かした。
(モデルプレス)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | オーファン・ブラック | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【知英、連ドラ初主演で1人7役! 共演者ほぼ自分】

  

女優の知英(23)が、12月2日スタートの東海テレビ・フジテレビ系
『オーファン・ブラック ~七つの遺伝子~』(毎週土曜23:40~24:35・全8話)で
連ドラ初主演を務め、1人7役を演じることが8日、明らかになった。
KARAのメンバーとしての活動を終え、2014年に活動拠点を日本に移して以降で
初の連ドラ主演。
BBCアメリカで放送され、シーズン5まで放送されている
人気ドラマ『ORPHAN BLACK』のサスペンスフルな展開を踏襲しつつ、
ヒューマンドラマの要素を加えて日本版にリメイクする。撮影は都内近郊にて行われ、
11月上旬にクランクイン予定。

主人公は元孤児のシングルマザー・青山沙羅。
娘・萌絵と離れ離れな生活を余儀なくされ、「まとまったお金さえ手に入れば、
人生をやり直せるのに」と鬱々とした日々を送っていた中、電車の飛び込み自殺を目撃する。
自殺した女性が自分と同じ顔だったことからほんの出来心でその女性の鞄を持ち去ったところ、
予測不可能な展開に巻き込まれていく。

今回のオファーを、「主演のお話をいただいたときは、喜びよりも本当に私でいいの!?」と
誰よりも驚く知英。「その作品を自分が主演でやることも信じられないですし、
プレッシャーしかないですが、とにかくやるしかない」と腹を決め、
「共演者がほぼ自分というのも初めてなので、どうなっていくのか
自分でもまだわかりませんが、7役を一気にやるということは
女優人生でもなかなかないことですし、今後の糧になると思います」と意欲を燃やしている。
(mynavi)


知英は、「民王」でも入れ替わりで二役みごとに
演じ分けてたからすごいよね。
日本語じょうずだわ。
すっかり、日本での活動定着したね。
すごいわ。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | オーファン・ブラック | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ