ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【志尊淳の"女装"姿も話題『女子的生活』がギャラクシー賞月間賞】

  


俳優の志尊淳が主演したNHKのドラマ『女子的生活』(1月5~26日放送)が、
ギャラクシー賞の1月度月間賞を受賞した。

志尊がトランスジェンダーの主人公を演じた同作。
同賞では「トランスジェンダーのみきを志尊淳が自然体で演じる個性的なドラマ。
心の中で葛藤を抱えながらも、さっぱりすっきり暮らす主人公の
新しい生き方に共感する
。町田啓太の好演も光る。
明るく楽しいエンターテインメントとしてのドラマだが、
その裏側に性差別のシビアな現実を映し出し、
深く考えさせられる内容の示唆に富んだ作品」と評価している。

ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が1963年に創設した、
優秀番組・個人・団体を顕彰する賞。

今回は他にも、中井貴一、波瑠、満島真之介が出演した
『新春ドラマスペシャル「娘の結婚」』(テレビ東京、1月8日放送)、
『報道の日2017「激動の"日本×アメリカ×北朝鮮"今そこにある東アジアの危機!』
(TBS、12月30日放送)、
『NHKスペシャル「光と影 ふたりのダンサー~紅白 舞台裏のドラマ~」』
(NHK、1月21日放送)が受賞している。
(mynavi)


とっても素敵なドラマだったよ、「女子的生活」
志尊淳くんも、すっごく頑張ってたよ!!
町田啓太の存在も、すごく良かったし。
短いドラマだったけど、内容の濃いドラマだった。
おめでとう!!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 女子的生活 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「女子的生活」最終回 志尊淳じゃなくて、みき。】

  


全話4回って短すぎるよ!!と思いながらも、1時間の内容が、とても濃いので
すっごく満足感のある1話1話なんです。このドラマ。

喋り方、仕草、歩き方。食べ方がすごいとかってレベルじゃなくて
もう、そこにいる、みきは、
もはや志尊淳ではない。
たった1ヶ月でここまで仕上げたのは志尊淳だけど。

きっと、この役を演じていく上で、身についたものも
たくさんあったんじゃないかと、みきを見ていて、そう思う。

後藤(町田啓太)が
「こいつは、そんな薄っぺらいやつじゃない!!」って、怒鳴るシーンが
あるのだけど。

本当に、そう感じる。


ゆい(小芝風花)に、呼び出され。
待ってた話は・・・・

これって、「別れ話」になるのかな。

地元の彼が、わざわざやってきて、
それも、指輪持って。

「結婚しよっかな~と思って」
それを聞いてるみきの寂しげな横顔。

また、みきの元を彼女が去っていっちゃうんだな。。って、
切ない思いに、こっちがなっちゃって。

そんなみきに、かおり(玉井詩織)が
1品持ち寄りのパーティがある。って憂鬱そうに話しだす。
料理苦手のかおりには、理解できない集まりだ!と。
しかし、「それって、いわゆる、合コンじゃない!?」と、気づく、みき。


後藤(町田啓太)も、自立する!って出て行っちゃって
こっちも、また寂しげな感じになってたけど
意気揚々と、かおりと戦闘態勢に入る、みき。

男子は、いつも舌は、中2。と
後藤の好きなマヨネーズ、ハム、卵。ポテサラをヒントに作った
ポテサラハム巻き。
どんな豪華なローストビーフよりも
やっぱり、男子は、男子の舌。

と、そこに突然現れた、ちょっと天然なn
セレブのお姫様。マナミ(土村芳)。

私、以前から、この土村芳という女優が気になってしょうがないのよ。
「恋ヘタ」の、あの役どころが、ホント忘れられない。
絶対、将来有望な女優だよ。
あんな天然を真面目に演じる憎めない役って、
なかなか自然に出来る人、いないもん。

そのマナミが作ってきたのは
男子それぞれの好みに合わせたカスタマイズおにぎりに
唐揚げ!!

けれど、このパーティは、マナミとケンイチの
婚約お披露目パーティもかねてだったことが分かる。

おこぼれどうぞ合コン?


マナミは、なぜか、みきと話していると
みきに興味津々で、
というより、みきを崇拝し始め
神格化していく。

どうしても友達になりたい!!とはっきり言うマナミ。

でも、いちいち、やることが、天然セレブお嬢なので
どこかズレてる。

好きじゃない服、おそろで買ってもらって、
翌日は、でっかいくまのぬいぐるみ。
すっかりマナミの迫力に気圧されてる、みき。

ついに、みきの誕生日の前日に
「来ちゃった♡」攻撃。

でも、マナミが持ってきた料理は、
とても、心あたたまるもので
マナミの求めているものや、
考え方も、とても芯の通ったものだったのね。これが。

と、そこに、後藤が再び、舞い戻ってきて。
あまりに、自然に、後藤とみきとの絡みが始まって
もう、マナミのシーンは、終わったのかと思った。

なんと、置き去りにするほどの息のぴったり合ったみきと後藤。
今度は、マナミのほうが、気圧されてる番だったのね。

すると、そこに、今度は、マナミの婚約者のケンイチまでやってきた。
しかも、「いつも、マナミのために、こうして僕が謝りにくることになる」と、
かなりの上から目線で、マナミを叱る。

ケンイチの話を聞いてて、
イライラしてくる、みきが切れて怒鳴るもんだと思ってたら、
後藤が、先に、間に入った。
みきが感じてたこと、そのものズバリ言ってやった後藤。
うわ、これは、気持ち良かった~

本当に、みきのことを、よくわかってる後藤。

なのに、ケンイチは、もう偏見まみれ。

でも、みきは、罵倒されたりすることには慣れてるけれど
こういうのには、慣れてなくて。
逃走ーー;


あれから、マナミは、どうしたんだろう。
と、思ったら、
マナミがケンイチを殴ったって、後藤が言ってた^^;

あれは、絶対みきも言ってたようにDV男だよね。
そういうタイプ。


いつものように、水族館に駆け込んだみき。
それを、ちゃんと知ってる後藤。


日付がかわり、
みきの誕生日のアラームを鳴らしてた後藤。

いいな。
こういう友情。

男とか、女とか。
そういうの関係ない次元の心の友。

もっともっと、後藤と、みきを見ていたかった。

あと、マナミも、もう少し、見たかったわ。
もっと早くから登場してもらっても良かったな。

ゆいとは、全然違う雰囲気なだけに
4話、本当に楽しめた。

全話、録画取っておけばよかったーー;


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | 女子的生活 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「女子的生活」第3話 みきおがみきとして認められたとき】

  


後藤(町田啓太)、すっごい良い奴だ><。。。

みき(志尊淳)が、かおり(玉井詩織)が
契約をしていなかったデザイナーのデザインを使用した商品をネットに掲載してしまうという
トラブルを起こしてしまい、
解決するために、みきが、相手のデザイナーの自宅に尋ねることになった。

低姿勢で企業からのメールに、とても恐縮してる様子だったそのデザイナー(前田亜季)。
みきは、既に商品化してしまったことは言わずに
契約をしてから商品化したという時間差での交渉から始める。

けれど、とても、自己評価の低い人で
「私なんか」が、口癖。

母親が出てくると、まあ、顔のでかい。
いや、山村紅葉さんのその存在感のすごさが。
圧倒的。
娘を支配し、娘のほうも母親の言いなり。
でも、帰り道、車でみきを送ってくれたときには
素の自分を出すことができていた。

みきは、よかれと思って
「距離をおかれることも考えてみるといいですよ」とアドバイスするのだけど。。。


なんと、最後にかけてきた言葉が
「あの、男の人ですよね?」
「やっぱり~」
「都会だと、そんな格好でも大丈夫なんですね、
すっごいですね~」

自尊心傷つけまくる女。

やっぱり、あの母にして、この娘だった。

すごい上から。


すっかり、イライラ腹立たしい気分がおさまらない、みき。


そして、そこは、みきの地元でもあったのだ。


後藤は、かおりから、みきが仕事で地元に行ったことを聞いて、
そんなみきの前に現れた。

私は、うわ~~

すっごいタイミング!!と、ほっとしたのと
私だったら、抱きついちゃう。


雪が降ってきて、電車が動かなくなってしまう。

と、そこにもうひとり、駅から現れた男性が。

みきの父親(本田博太郎)だった。
みきの父だと知ってた後藤は、なんとか取り繕うとしたけれど。

やっぱり父親だ。
横顔だけで、
いや、後ろ姿だけで、みきおだと気づいた。

でも、優しかった。
お父さん。

すごく温かかかった。

なのに、昔から兄貴だけは、みきおのことを恥じていたらしく
今の姿を見たとたんに、大興奮で攻める攻める。


話もきかない。
ただただ、自分の立場を気にするだけ。

でも、やっぱり、お父さんがそこで間に入った。

「一番たいへんだったのは、みきおじゃないのか?」って。

最後には、「みき」って呼んでたお父さん。

私は、兄貴も、それでも弟は可愛いんじゃないかな。
地元を忘れるなよ、って意味もこめて、
カニ贈ってくれたんじゃないのかな。。。と思うんだけど。。。


え????

後藤、部屋出ていくってよ><。。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 女子的生活 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「女子的生活」第2話 かまってほしいミニーちゃんとホンモノのトランジェンダー指導のともちゃん】

  
 

今回は、みき(志尊淳)と、ゆい(小芝風花)の絡みが少なくて残念。。

しかし、今回のゲスト、
7年前にルームメイトで、女子的生活を
みきに教えてくれた、メイクアップアーティストのともちゃん(西原さつき)が
登場。
このドラマで、トランスジェンダー指導をしているホンモノの人だった!!

本田翼にも少し似た雰囲気の。
知らなかった。


みきは、後藤(町田啓太)から
ミニーと呼ばれてた同じ高校の同級生に
みきと会わせたいと言い出す。しかも事後報告。

やってきたミニーさんは、かなり失礼な奴で。
うつ病だというから、気を使ってたみきだったのに。
話しているうちに、
これは、病気なんかではない!と気づく。


化け物になったであろう、みきのことを
見物にやってきたのだ。と。

それが、案外、化け物ではなく
綺麗になってたので、鬱憤を晴らすどころか
イライラしたのだと、
いつも、男子のアイドルで、かまってちゃんだったミニーさんが
今は、だれにもかまってもらえずにいるミニーさんに
みきは、気づいてあげるの。
すごい鋭い感性と観察眼のみき。

翌日に、もう一度連れてきてと、後藤に言い
なんと、ミニーさんを、「女子」に変身させた。

ともちゃんが、みきにやってくれたときのように。
思い出しながら。。。
「素材の違いはあるけどw」と、くすっと笑いながら。


スキニーデニムなんて、なかなか女子的にみられないファッションも
完璧に着こなして、「女子」になってる志尊淳に
私は、感動すら覚えるわ。

それも、ともちゃん。
西原さつきさんの、おかげでもあるんだね!
と、思うと、本当に、すごい人だよ、西原さつきさん!!
「女子的生活」のHPに「女子的生活講座」ってので歩き方講座の指導を動画でやってる。

かなり難しい。


志尊淳くんは、どれくらい練習してマスターしたんだろう?
歩き方だけじゃないからね。


さて、女装させてもらたったミニーさん。
すっかり、はまってしまって、
後藤に「せっかくだから、外に出よう!」という提案で
3人で遠くのコンビニまでお散歩。
すっかり、自分を解放したミニーさん。

そして、全国の人に、かまってもらうように生まれ変わったのでした。


全4話って、なんかもったいない。
もっと見たいぞ。
志尊淳くん。。。

「トドメの接吻」のホストもいいけど
みきが、見たい~!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 女子的生活 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「女子的生活」第1話 美しすぎる志尊淳が女の子にしか見えない】

   

もう、女装してるとかってレベルじゃない!!

あれは、地毛なのか????
ウィッグ感も、まったくない!!!
あの色っぽい唇。
なにより、曲線的な輪郭なんだな、志尊淳って。

本当に、キレイ。
美しい。
可愛い!!
ミニスカートも、男が穿いちゃった特有のがに股系でもなく
すらりと伸びた美しい脚。。。。


こんなに、志尊淳が、この役にピッタリくるとは
ここまでとは思ってなかったので。
もお、それだけで、見とれた。


そんな志尊淳が演じるのは見た目は女性。
中身は男性。
しかし、恋愛対象の好きになる子は、女の子という
トランスジェンダー。
みき。
本名は、ミキオ。



ファストファッションの採用面接では、
板倉(羽場裕一)の
「おもしろい!!」のひと言で採用決定。
普通のOLとして生活している、みき。

と、そのみきの部屋の前に
突然現れた、イケメン男性。
町田啓太!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


NHK,町田啓太好きだよね!!!
私も好き!!!

この後藤くん(町田啓太)は、
みきの高校の同級生。
まさか、ミキオがみきになってることなど知らず、
闇金に身ぐるみ剥がされる勢いで金がなくなり
ミキオを頼って、やってきたのだ。

しかし、目の前にいるのは、
ミキオと同じ苗字の小川を名乗る、美女。

姉?
妹?

と、????だらけの中、
みきの仕草を見て、
ピン!!ときた。
間違いなく、ミキオだと。


一晩だけ。が、
結局、同居することになっていくのか、みきと後藤。

みきの同僚は、合コンセッティングをしてもらえばいいと
後藤の登場に、歓迎ムード。

その合コンで出会った
いや、すでに、一度、オーガニック系ショップで店員として
出会ってた、ゆい(小芝風花)が、そこにやってくる。

みきは、ゆいに、あれこれ仕掛けるけど
とことんストーリーの出来上がってる「オーガニック系」
男子たちの心は、みんなゆいに持って行かれてしまう。

みきは、反撃に出ると、
なんと、すごい返しできた、ゆい。
耳打ちした罵倒するミキへの仕返しの言葉は、
逆に、みきに刺さってしまった。

「ゲームしよ」と、みきはゆいを誘い、
意気投合した、女子どうし。って設定で
べったり。

いやいやいや、
意気投合っていうか、もう「エロ」だよ、男子が言ってたとおり。

このイチャイチャぶりが、
小芝風花ちゃん、ここまでやる!と思うほどに
デレっとしてて
2人が醸し出してる空気が、本当に、いまにもやりそうなカップルにしか
見えない。


キスしても、自然に受け止める、ゆい。
でも、彼氏は、いるらしい。
だけど、みきとの出会いは、目の前にある出会いなので
優先だったらしい。


うわ~このドラマ、4話で終わりなのか。。
短いのね、残念。。。
つかみはOK
やるな~NHK....

次回も楽しみな今年最初のドラマでした。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 女子的生活 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ