FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【大河ドラマ『いだてん』麻生久美子、薬師丸ひろ子ら新キャストを発表】

 
 

現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』
(毎週日曜 20:00~)の新出演者発表取材会が17日、東京・渋谷の
NHK放送センターにて行われ、第2部の主人公・田畑政治役の
阿部サダヲとともに、新キャストの麻生久美子、
桐谷健太、塚本晋也、加藤雅也、リリー・フランキー、薬師丸ひろ子が出席した。


宮藤官九郎が脚本を手掛ける同作は、日本が初参加した
1912年のストックホルム五輪から1964年の東京五輪までの
"知られざるオリンピックの歴史"を描き、6月下旬より
日本のオリンピックを呼んだ男・田畑政治が主人公の第2部がスタートする。

同取材会では、田畑が政治記者として務める新聞社の上司や同僚、
1940年東京オリンピック誘致に関わる人々を演じる出演者が発表されたが、
阿部は「僕(田畑)は何をするかわからないような人なので、
それを全部受け止めてくれる方々に揃っていただいて、
ありがたいなと思います」と吐露し、「女性に対して
暴言が多いのが心配なんですけど、よろしくお願いします」とあいさつ。

田畑の妻・酒井菊枝役を演じる麻生は「大河ドラマは
『新撰組!』(2004年)以来で久しぶりなので、とても緊張して
現場に入ったんですけど、すごく和やかな現場で、
とても楽しい撮影です」と笑顔を見せ、「今回、速記をするので
練習をしたんですが、『水泳チームよりは大変ではないので
覚えてください』ということだったんですけど、意外にも
台詞を覚えるよりも時間がかかって苦労したなというのがあります。
でも速記文字を書いていると楽しくて勉強になりました。
残りの撮影もどんなものが上がってくるのか楽しみですし、
田畑さんをしっかり支えられる女性を演じられたらなと思います」と意気込んだ。

また、田畑の上司・緒方竹虎(リリー)の行きつけのバー『ローズ』の
ママであるマリーを演じる薬師丸は「マリーは架空の人物で、
接客よりも趣味の占いに没頭していって、ただ、お店に集まる
記者の皆さんのお話から、ずっと昭和の出来事を
見つめ続けてきた人でもあります」と役柄を紹介し、
「そんなに素敵なバーのママの役をいただけるわけもなく、
阿部さんから『ババア』と呼ばれまして、
ババアと呼ばれるのは構わないんですけど、
田畑さんが皆さんから反感を買ったらいけないなと思い、
どうしたらババアに見えるのだろうかと心配したんですけど、
一切心配することなく、ババアと言われる所以はたくさんあります」とコメント。
続けて「実際に田畑さんが占い師によって
自分の人生を考え直す機会があったと聞いています。
それが当たるか当たらないかは(ドラマを)見ていただいて、
皆さんに楽しんでいただけたらと思います」とアピールした。

このほか、田畑の同僚・河野一郎役を桐谷、
伯爵でIOC役員・副島道正役を塚本、
外交官でIOC役員・杉村陽太郎役を加藤、
第20代内閣総理大臣・高橋是清役を萩原健一さん、
第29代内閣総理大臣・犬養毅役を塩見三省、
田畑の同僚・高尾役をじろう(シソンヌ)が演じることが発表された。
(マイナビ)

【新キャスト 第6弾】
麻生久美子
桐谷健太
塚本晋也
加藤雅也
リリー・フランキー
薬師丸ひろ子


【キャスト 第5弾】
斎藤工
林遣都
三浦貴大
大東駿介
上白石萌歌
皆川猿時
トータス松本



【キャスト 第1弾】
中村勘九郎
阿部サダヲ
綾瀬はるか
生田斗真
三島弥彦
杉咲花
永山絢斗
勝地涼
竹野内豊
中村獅童
シャーロット・ケイト・フォックス
古舘寛治
三宅弘城
杉本哲太
大竹しのぶ
役所広司


【第2弾】
ビートたけし
森山未來
神木隆之介
橋本愛
峯田和伸(銀杏BOYZ)
川栄李奈
松尾スズキ


【第3弾】
田口トモロヲ
宮崎美子
差土井けん太
高橋洋
小澤征悦
白石加代子
池波志乃
荒川良々
満島真之介
近藤公園
武井壮
山本美月
平泉成
井上肇


【第4弾】
星野源
松坂桃李
松重豊
小泉今日子
岩松了
永島敏行
柄本時生
大方斐紗子
ベンガル
根岸季衣




ずっと見てるんだけどね、「いだてん」
いつか面白くなるんじゃないかと思いながら。
でも、すやさん(綾瀬はるか)と結婚したあとの
大竹しのぶが、すごく面白くて。
大竹しのぶと獅童の絡みだけでも1時間笑えるほどだった。
やっぱり、たけしのナレーションはいらないし。
ナレーションなら、森山未來だけのほうが聞きやすいし。
落語のほうは、もっといらない。

金栗四三と、阿部サダヲの二人が主役なのに。
どうして、落語家絡めたのか、
最近わかったことだけど。
どうやら、阿部サダヲのところに、森山未來がいて
その関係性があったから。みたいなのが描かれて
ああ、そうだったのか。
とは思ったけど。

それ以上の感動もなかったしなぁ。。。

どうしたんだろう。
クドカン。。。


でも、見るよ。
最後まで。!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

br_decobanner_20110417165910.gif | いだてん(2019大河) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【 「いだてん」の追加キャスト発表 斎藤工やトータス松本など7人】

  


NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の
追加キャスト発表会が、本日4月24日に東京・NHK放送センターで行われた。


宮藤官九郎が脚本を手がける本作は、オリンピックの
知られざる歴史を描くドラマ。本日の会見では、阿部サダヲが
日本にオリンピックを招致した男・田畑政治を演じる第2部のキャストが発表された。

出演が明らかになったのは、
斎藤工、林遣都、三浦貴大、大東駿介、上白石萌歌、皆川猿時、トータス松本の7人。

斎藤は日本水泳界のスター・高石勝男
林は1932年のロサンゼルスオリンピック400m自由形で銅メダルを獲得した大横田勉、
皆川は日本代表の水泳監督を務めた松沢一鶴、
上白石は日本人女性初の金メダリスト・前畑秀子を演じる。
また、水泳選手としてもアシスタントコーチとしても
オリンピックに参加した野田一雄役を三浦、日本人初の
オリンピック連覇者である水泳選手・鶴田義行役を大東が演じるほか、
NHKのスポーツアナウンサー・河西三省役にはトータスがキャスティングされた。

阿部は「頼もしい方たちが集まってくれてうれしいです」と挨拶し、
「皆さん3カ月くらい稽古して、エキシビションのシーンを撮ってきて。
仲よくなっている最中なので、今日はすごくうれしいです」と笑顔を見せる。

脚本家の宮藤や、出演者の阿部、松尾スズキ、荒川良々、三宅弘城らと同じく
大人計画に所属する皆川は「大河ドラマ初出演のプレッシャーで
痩せたわけではございません。最初は25kg痩せてほしいと言われましたが、
それはないだろうと思って20kgで手を打ちました」と大幅に減量したことを
明かしつつ、「ご近所の奥さんからは『皆川さんちのお父さんはご病気かしら』と。
病気じゃないと言えるこの日を待ち望んでおりました」と話し、会場の笑いを誘った。

「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」は、NHK総合にて毎週日曜20:00から放送中。
(livedoor)


良かった><。。。

これまで「いだてん」ずっと見続けてきて!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | いだてん(2019大河) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【いだてん:ピエール瀧容疑者の代役に三宅弘城 NHKが正式発表】

  
 
NHKは19日、同局の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、
麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者が演じていた
「足袋の播磨屋」の店主・黒坂辛作のキャストを、
俳優の三宅弘城さんに変更すると発表した。

 黒坂は、東京・大塚の足袋屋「足袋の播磨屋」店主。
金栗四三(中村勘九郎さん)が偶然この店の足袋を履いて
長距離走で優勝したことをきっかけに、マラソン用の足袋開発に
二人三脚で取り組むことになる。
頑固一徹な職人気質だが、四三の年齢の離れた“盟友”となる……という役どころ。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、
東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描く、
宮藤官九郎さんのオリジナルストーリー。
テーマは「東京とオリンピック」。近現代史の大河ドラマは、
86年の「いのち」以来33年ぶり。勘九郎さんが日本で
初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、
阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす
政治記者・田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、“リレー”形式で
主演のバトンをつなぐ。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。
(まんたんウェブ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 
最近、大河のレビュー書いてないけど
ちゃんと毎週見てる。
クドカン大好きだし。
前回、初めてのオリムピックがいよいよ始まり
今までに感じたことのない、心のモヤモヤと葛藤しながら
日本では、ただ二人、三島弥彦(生田斗真)と、金栗四三(中村勘九郎)が
参加している。
見たこともない大きな西洋人たちに
圧倒されながらも、
病をおして、一緒にやってきた竹野内豊の
素晴らしい助言が、弥彦を救ったシーンは、
心打った。

「敵は外国人ではない。敵は記録だ。」

その言葉に救われた弥彦は
「ありがとうございます!!」と、
すっかり切り替わり
「できればもっと早く言ってほしかったです!
3週間、早く言ってほしかったです!」と言うのには
大笑い。
こういうセンスが、大好きだ。

アイドルみたいな弥彦と
田舎から出てきた真っ直ぐな四三。
オリンピック開催前から一緒に過ごし、練習をしていくなか
意外と小心者な弥彦と
意外と頑固だけど柔軟性のある四三で
楽しめた。

外国の選手にも足袋をあげたことから
ほかの選手たちも、ほしいほしい!と四三にねだり、
それで、播磨屋にお願いして送ってもらうというくだりで
ピエール瀧さんが出てきたのだけど。
それはそれは、とてもうれしそうに足袋を包む播磨屋さん。

次からの三宅弘城さんの播磨屋さんに
大いに期待だわ。
安定感あるし、クドカンと同じく大人計画。
大丈夫。

撮り直すなかで、少しテコ入れみたいなことも
したりするのかな。
できれば、やっぱり、ビートたけしの出番は少なくしてほしいわ。

森山未來だけで十分だわ。
森山未來が、たけしになるっていうのが、そもそも
無理がありすぎるからね。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | いだてん(2019大河) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「いだてん」第6話 まらそんすとっくほるむへ!】

  
 

一生懸命走っただけなのに。

5話と1話が繋がった瞬間。
四三は、世界記録を出してしまった。

四三の履いてた足袋を買った足袋やの店主(ピエール瀧)に
せっかく喜ばれたのに、
この足袋では、すぐに底に穴があき
ボロボロになってしまって、
途中で脱いでしまったと言ってしまった四三。


謝りたいけど、気が重い。

とんでもないキロクを出してしまった四三を
ストックホルム大会に出さないわけにはいかない。
短距離は、三島(生田斗真)はもちろん。

しかし、その滞在費、旅費費用。
どこから捻出すれば・・・

そうこうしているうちに、中国の留学生たちが
もめだした。
しかし、嘉納(役所広司)は、
彼らに、心配するな。
授業料は全部出す!と言ってしまうし。


四三に、ストックホルム大会の話しをすると
「行きません!!」と、元気よく断られてしまう。

これは、全額こちらで負担するのが
負担になるののではないか?と、
だったら、全額、自分で出せば気を使わなくていいだろうと
言い出す嘉納氏。

子どもの頃からの憧れ、嘉納氏の言うことは
四三には絶対。

「はい!!そうします!!」

オイオイオイ・・・・・。


こうなったら、正直に話そうと
本当のことを手紙に書いて、実家に送った四三。

正直なことを話したところで
どうにかしてくれるものではないよね><。。。


本当のことらしいけど。
呆れるわ、嘉納さん。。。


ストックホルム大会に出ることを決めた四三は
毎日毎日、走った走った。


足袋やの前でウロウロしてると
人力車夫の清さん(峯田和伸)と出くわし
同じく足袋やに用があった清さんは、
四三の戸惑いなど知らずに
扉をあけてしまう。

すると。。。


店主の黒坂は、四三の顔を見ると、
なんと、足袋を投げてよこした。


その足袋は。。。
底が厚く、とても丈夫に作ってあった。
四三のために、
外でも走れる足袋を
作ってくれてたんだね@@;

そして、ストックホルムの道は、どうなのか?と聞かれ
石畳だと答えると

だったら、ここを走ると良い。と清からアドバイスをもらい、
ほかには?と聞かれ、
水のそばだと言うと、
なら、芝だ!と、アドバイスをもらい。
四三は、練習コースを決めることが出来た。

おお~!
すごい、これ!!


ススッハハッスっすハッは。。。。


走る走る走る
四三。


今回は、冒頭からビートたけしの出番はなくて
志ん生の解説はないわ。と思ってたのに。

今度は、昭和に飛んで
阿部サダヲたちが移りだした。

これは、さらに分かりづらいかも。

そこに、四三らしき人物が走ってる走ってる。。。
これ、いる??って思うけど
きっと、こっちの時代になったときに、

ああああ!!
こういう事だったのか!!!
って、なるんだよね、クドカンの場合。
すごい伏線からの回収だから。


嘉納が、「三島くんには自費で行ってもらおう!」って言ったのに
三島は
あっさり
「僕は行きませんよ。出ません」と、
これまたあっさり断られてしまうし。


どうなる?
どうなるんだ?

ストックホルム大会。


【視聴率】第6話 9.9%   ああああ・・・・ひとけた。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | いだてん(2019大河) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「いだてん」第4話 アブラヌキミズヌキ】

  

いやいやいや、
それやっちゃ、ダメでしょ。
死ぬって。。。


だけど、今でこそ
水分補給は十分に!とか言ってるけど
その昔。

運動するときは、水は飲んではならぬ!!
なんて言われていたらしい。


恐い。




そして、また、時代は、あっちこっち。
なぜかビートたけしのところだけ
戻るんだよね。。。
あれが、ちょっと見にくいのは確か。


いろいろ掛けてるんだろうけど。
いらないっちゃーいらない。
見る側にしてみれば。

だけど、これが重要だったりする。
クドカンの場合。。。

だから、慣れてない大河ファンのみなさんには
不満だったりもするのでしょうね。。。


四三は、予科から本科へ上がり
今でいう陸上部へ入部した。

走るのに、裸足では痛いし
かといって、運動靴など、その時代にはない。
金持ちの三島弥彦でさえ野球の靴を履いていたという。

そこで、四三は、足袋やの前でひらめいた。

「陸王」じゃないですか!!!
役所広司も出てるし!!!


足袋で走ったのです。
限りなく裸足に近い。


そして、ミズヌキ、アブラヌキをしてしまった四三は。
もちろん、倒れる。

でも、すぐに学ぶ。
自然に逆らってはいけないと。


オリンピックの予選は、40キロという
未知の世界。

それはそれは、果てしない道のり。
嘉納さんも、これは国の借金だ!!と大見栄切るけど。
三島からは、銀行での融資は断られたと
笑い飛ばされ、
おまけに、競技にも参加はしないと
キッパリ。


あーあ。



オリンピックへの道のりは、

遠い。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | いだてん(2019大河) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ