ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「トドメの接吻」最終回 菅田将暉と山崎賢人のキス】

  

なかなか良い最終回だった~~!!!

そっか。
菅田将暉。
春海も宰子(門脇麦)と同じ能力を持ってたのか。

宰子の噂を聞いて、
ずっと探してたんだって。

ミコト(新木優子)は、旺太郎(山崎賢人)との結婚を進めようと
婚姻届を持ってやってきたけれど。

エイトのところに、和馬(志尊淳)がいて
二人の会話を聞いてしまうミコト。
それでも、旺太郎と結婚しようと
準備を始めることを告げると
旺太郎は
ハッキリ言ったね。
言った。

「宰子が好きなんだ」って。。

本当の愛を、やっと知ったんだね。
そうなることを祈ってたよ。

でも、宰子は、もう戻らない。
お骨になって
小さくなっちゃった。


そして春海と話しているうちに
春海と宰子は、N極とN極だというヒントで
旺太郎は、分かった。
けれど、春海とキスすると、3ヶ月前に戻ってしまうのだと言う。

これまれ築き上げてきた
宰子との思い出は、いっさい消えてしまうことになるよ。
って、
最終回になって、やっと菅田将暉との絡みが多くなって
出番も多くて、嬉しかった^^

二人のキスは、
あんがい、良い~~~!!!

ミコトに、もし戻るのなら、
今度は、みんなを幸せにして。と言われていた旺太郎。

パラレルワールドか。。。

タイムリープを繰り返しても
幸せにはなれない。。。


でも3ヶ月前に戻った旺太郎は、
まずはミコトと尊氏の二人の気持ちを確認しあうことをさせ
くっつけた。
布袋(宮沢氷魚)には、すべてが尊氏の言うことが正しいと思うな!と
長谷部(佐野勇斗)には、世間知らずのままでいるな!と、
もっともその人たちにピッタリなことを助言してまわる旺太郎。

だね。
何度も何度も、
たった3ヶ月だけど、
旺太郎にとっては、この人たちの裏表、
すべてをもしかしたら何年か分くらい見てきたわけだ。


群次(小市慢太郎)の内ポケットからは
さっさと、あの証拠テープを取り出し、壊し。

和馬には、どうするのかと・・・。

やっぱり、死ぬ運命なのか。
エイトとして。。。
クズのままなのか・・・と、思わせておいて。

愛する人を失う絶望と
本当に殺人を犯してしまった気持ちを
和馬に知らしめた。
店長、うまかったわ、芝居の芝居。

エイトも、足組んだままカッコよく血を吐いて死んだのかと思ったよ~!!


良かった。
生きてて。


そして、宰子。

夜の歩道に風船を追いかけて飛び出す子供を
何度目かのループで、救うところだった。

このときなら、もちろん宰子は、エイトを知ってる。
でも、ここからのことは、まだ知らない。

だけど、エイトは、宰子が生きていることだけで
十分だったみたいで。
これから、また愛は育っていくんだろうね。

きっと、母も父も
同じように救うことがほかの手段でも、出来るんだろうね。きっと。

なんか、スッキリした~~!!
あれだけクズだった
みんなに「クズ!」と罵倒されてた旺太郎が、
最後は、顔つきまで爽やか。

けど、山崎賢人のクズホスト。
けっこう良かったな^^

楽しかったです。
「トドメの接吻」

【視聴率】最終回 7,5%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | トドメの接吻 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「トドメの接吻」第9話 戻らなくなった門脇麦と殺人犯になった真剣佑】

  


いつの間にか、旺太郎(山崎賢人)は
菅田将暉を「はるみ」って呼ぶようになってた。
公式サイトを見ると
春海一徳って名前になってる菅田将暉。

しかも、宰子にキスしても、
死なない。
ふたりとも、過去にループしない。

なので、宰子は、春海の彼女に?


尊氏は、宰子を拉致し
助けに来た旺太郎を鎖でクビをしめ
殺そうとしたところに、
宰子が助けようとしたところを、
旺太郎は、止めた。

すると、そこに警察がやってきて
殺人未遂と誘拐の容疑で、現行犯逮捕された、尊氏。

しかし、
逃亡。


そして、いつの間にか、釈放されてた?
志尊淳くん!!!

え?
脱走してきたの?

さすがに、殺人未遂で逮捕された尊氏を
並木グループのトップにすることはできず、
役員たちの前で話し始めた新井(小市慢太郎)は
旺太郎を紹介した。

ミコトとともに、並木グループを支えていくことを誓い
支えてほしいと旺太郎は宣言した。

副社長の椅子のためなら、なりふりかまわずな小市慢太郎さんww


お母さん(高橋ひとみ)も
「よろしくね」と、今度ばかりは、歓迎ムード。

そして、結婚式。


宰子は、知ってたんだね。
そこに尊氏が現れることを。
おそらくは、和馬(志尊淳)も、旺太郎を殺すつもりで
やってきてたんだよね。。。。


尊氏が、旺太郎を刺そうとナイフを取り出した時に、
旺太郎の目の前に現れた宰子。


刺されて倒れて。
死んじゃって。。。。。


涙を流して、
キスする旺太郎。

「戻ろう」

まるで、ちょっと前の宰子が、旺太郎に「もどろ」って言ってたときみたいに。。。

この様子だと、もう旺太郎にとっては
別の意味で、宰子がかけがえのない人になってる気がする。。。


「もう死んでるよ」


しかし、宰子のように、
別の人に旺太郎がキスしても、時間は戻らないし。
宰子がしなけりゃダメだし。。。
何度も何度もキスする旺太郎。

ミコトの前で。
みんなの前で。



生き返らない。。。

【視聴率】第9話 7,1%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | トドメの接吻 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「トドメの接吻」第8話 真剣佑の前でキス】

   


新田真剣佑の顔が、あまりに美しすぎて
倒れそうなんだけど。。。
あの目。
射抜かれそうなんだけど。。。

山崎賢人のイケメン、クソっぷりも最高にカッコいいし。

日曜の疲れた週末の終わりには
本当に目の保養になる、良いドラマだわ。。。


しかし、少し気づいてきたね。
尊氏(新田真剣佑)。

いきなりヒントを菅田将暉が、尊氏に言っちゃうから
驚いた。

いったい菅田将暉の正体は、なんなんだ?


尊氏は、いつもいつも旺太郎(山崎賢人)に
邪魔されるのに
疑問を感じ始めていた。

それは、宰子(門脇麦)が、なにかの力を持っているのではないか?と。
勘がいい。
社長向きかも(笑)。


行方不明だった旺太郎の父(光石研)が現れ
旺太郎のところではなく
入院している長谷部の病室へ。

小市慢太郎が見張り役にしていた看護師に見つかり
すぐに報告を受けると。
長谷部、殺しちゃった!!!
結局、何度も死ぬ運命になってる長谷部ーー;

しかも、旺太郎の父が容疑者になってしまった。

ちょうど、その頃、旺太郎と、
ミコト(新木優子)に、親戚の子だと嘘ついた、宰子が
藤堂家に呼ばれていた。

宰子が一人になったところを
尊氏は、壁ドンまでして、何者なのかを聞きだそうとして。
そんなことしたら、
惚れてまうやろ~~~~!!!
でも、宰子の心は、旺太郎、ひとすじだったね。


父親が殺人容疑で捕まったと聞き、
旺太郎は、父にただでさえ苦しい思いをさせたのに
何をしてくれてるんだ!!と、怒った。
そりゃそうだよ。。。

でも、この二人。
山崎賢人と光石研。
ついこの前「陸王」で、ランニングシューズ作りをしているほうと
そのアドバイスをしていたスポーツ店の店主だったっけ。
まるで違う二人。
光石研は、もちろんだけど
山崎賢人も、かなり演技力高くなったと感じたね、このときも。


あまりに尊氏が宰子にしつこいので、
宰子に、自分の部屋に来いと言う旺太郎。

でもさ、
キスしたら、そういうことになっちゃうとしたら
本当に恋愛、できないよね。。。
旺太郎以外・・・。

「そういう人は、向こうから
くる」

確かに。



再び、宰子の前に現れた尊氏。

「こういう関係だよ!!」と、
尊氏の前で、旺太郎は、宰子にキスをした。

なんだよ、って顔してたのが、
みるみる異変を感じていくのを見て驚く尊氏。

って、このときの尊氏の記憶って、どこいっちゃうの?
残された尊氏の未来って、どうなっちゃうんだろう????


そして、長谷部が襲われる直前に戻った二人。

犯人は、もちろん父ではなかった。

いっぽう、尊氏は、
「何がいけなかったんだ・・・」と
一人でぶつぶつ言ってるのかと思ったら。
捕まった布袋に面会してた。

なに、あの角度。
普通、対面でしか面会しないのに。


旺太郎のおかげで、父は、母のところに戻ることができた。
良かった良かった。

また少しづつ進んだ。

結局、弟は生きてなかったんだ。。。

あとは菅田将暉の正体だな。。。

そして、旺太郎は、そこまでして100億令嬢に固執する意味があるのかどうか。
最後は、その「気持ち」で変わっていくのかも。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | トドメの接吻 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「トドメの接吻」第7話 宰子GJ!!】

   

「もどろ」
と、キスしても、死んでしまったエイト(山崎賢人)は
戻らなくなってしまった。・。・。・。

死んじゃった。
死んじゃったよ、エイト。。。。

宰子(門脇麦)、どうするかと思ったら。
例の真っ赤な口紅つけて、
ミコト(新木優子)のところに行った。

なんと!
ミコトにキスをした!!!


なるほど~~~。
エイトじゃなくても、
キスさえすれば、1週間戻ることが出来るんだ!!

しかし、驚いたのは、ミコト。

まったく同じことが
起きる。
でも、夢だと勘違い、
1週間分の夢。

で、宰子は、殺される前のエイトのところに
エイトを助けに行った。

けれど、やっぱり布袋(宮沢氷魚)は
ハンマーで殴ろうとして、
今度は、また長谷部(佐野勇斗)がやられてしまった。


ミコトは、すっかり旺太郎(山崎賢人)のことで
頭がいっぱいで、
もはや、好きだった兄の尊氏(新田真剣佑)は
ただの兄でしかなく。

旺太郎にも、旺太郎が死んでしまった夢を見たと話すミコト。

けれど、その話しを聞いて
ピン!ときたエイト。

宰子が自分を助けたのだと知った。

ミコトを放って、宰子のところに行くエイト。

ああ。。。
絶対、これ見られるって・・・。

ほら。。。。。


でも、ミコトは、宰子を見て
「私、この人、見たことある。。。
夢に出てきた」

だって夢じゃないもん。


いっぽうで、なぜか、尊氏の前に、菅田将暉が出没。
宰子の写真を置いていく。

いったい、何がしたいの菅田将暉ミュージシャン!!
エイトの味方じゃなかったのか。。。


そのつど、何度も、同じシーンが繰り返されるけれど
若干、変わってる。
もはや、間違い探し。
ちゃんと見てないと、難しいよ、このドラマ。

「監獄のお姫様」なみに。


しかし、面白くなってきた。

ついに、エイトの父、
無人島から生還?
いや、タイから生還?

光石研さん、宰子の前に現れた。


次は、どんな展開が待ってるんだろう。

【視聴率】第7話 7,3%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

br_decobanner_20110417165910.gif | トドメの接吻 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「トドメの接吻」第6話 キスでも戻らなくなってしまった山崎賢人】

  

やっと真相を突き止めはじめたのに。

旺太郎(山崎賢人)は、父が船舶事故の罪を背負わされた原因が
すべて、尊氏(新田真剣佑)にあったことを知ると
その画像の映ったテープを
せっかく何度かのタイムリープで手に入れても
尊氏の手によって、削除されてしまう。

探偵の根津(岡田義徳)に依頼して
その船舶事故に関わっていた人物を調べ上げると
そこに、長谷部(佐野悠斗)の父がいたことが分かる。

旺太郎は、長谷部に絶対に1週間で
そのテープを見つけろ!!と脅す。

すると、長谷部は溺死体となって発見される。

何度かタイムリープしても、長谷部は死んでる。

場所をかえ、尊氏のところに行くと
尊氏と会う約束をしていた長谷部の居場所で待ち伏せするも
再び、長谷部は、死んでしまう。

警察に聴取を受けるのを、今度は、尊氏のかわりに
旺太郎が行くと
長谷部のポケットの中に、馬の餌の草が入っていた。

宰子(門脇麦)に、そんな話しをしながら、
再び、タイムリープ。


宰子は、菅田将暉になぜか相談に行くともなく
ふらふらと現れ、
話をすると
何度もく繰り返しタイムリープすると、
いずれ、自分の身にふりかかると言われ
恐れていた。


馬小屋で長谷部が、何者かに襲われそうになったところに
旺太郎が現れ、長谷部を守った。
というか、テープをどうしても手に入れたかった旺太郎。

その男が、長谷部のかわりに、旺太郎を、ハンマーで殴打しようとしたところに
宰子が止に入る。
と、宰子も襲われ
そのまま、旺太郎がハンマーで殴られ
死んでしまった。。。

長谷部の「エイト!!」という声で意識を失ってた宰子は、
意識を取り戻し、
いつものように、旺太郎に、キスをする。
何度も、キスをする。。。


「もどろう」

キスをする。。。

戻らない、旺太郎。

「もう死んでるよ」と、長谷部。

泣きながら、キスをする宰子。
でも、いつものように時空を超えることは起きず。
そのまま・・・・・・。


えええええええ~~

主役が、死んじゃったああああああ!!!!!


そして、1つ。
旺太郎も、宰子も、あのときの船の事故のときに
一緒だったのが、二人だったと
気づいた。

旺太郎は、宰子なんて、助けなければよかった!と、
そこからの苦しい生活の日々を思い起こし。
宰子は、
生きててくれてたんだ・・・と、苦しみの中から
救われた気持ちに、一瞬だけなるのだけれど。

すっごく旺太郎に、罵倒されちゃう。


もしかしたら、
このあたりのことも、生き返ることが出来なかった原因でも
あるのかな・・・・。


もう、ミコトがどうとかよりも、
旺太郎と、尊氏の対決になってる。


【視聴率】第6話 5,9%
しょうがないよ、五輪やってるし。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | トドメの接吻 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ