FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【なにわ男子・道枝駿佑、“憧れ”木村拓哉と初共演 『BG~身辺警護人~』レギュラー加入】

  

関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑(17)が、
4月16日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『BG~身辺警護人~』
(毎週木曜 後9:00)にレギュラー出演することがわかった。
主演の木村拓哉について「小さい頃から家族と一緒にコンサートにも行っていたほど
大好き!」と語るほど憧れの大先輩と夢の初共演を果たす。

 同ドラマは丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険から
クライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描く。
前作から約2年ぶりの第2弾では、民間警備会社の身辺警護課に
所属していた島崎章(木村)が「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、
“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身。
個人VS組織の物語を軸にした人間ドラマを紡いでいく。

 道枝が演じるのは独立した章が構える事務所と同じ
雑居ビルにあるカフェで働く大学生・中島小次郎(なかじま・こじろう)。
人と壁を作らず、年上の章にもストレートに(時には妙に上から!?)物を言う性格。
カフェをひいきにしている章にも進んで声を掛け、
個人事務所のホームページ制作を買って出るなど、
木村とも距離感の近い芝居を展開していくこととなる。

 撮影初日、木村を目の当たりにした道枝はフリーズ状態。
「撮影初日は寒かった上に、すごく真剣な表情で撮影されている木村さんを見たら、
めちゃくちゃ緊張してガタガタ震えてしまって…。
初心に戻って、『ヤバいな、もっと頑張ろう!』と思いました」と気を引き締めた。

 現場では「木村さんはそんな僕にも優しく、お芝居の動きも
一緒に確認してくださって、本当にありがたかったです。おかげさまで、
2回目の撮影からは木村さんとも普通に会話させていただけるようになりました。
もっともっとお話をさせていただいて、たくさんのことを学びたいです」と
緊張も次第に和らいでいったそう。
改めて「これから3ヶ月、いい緊張感を保ちながら現場に臨んで、
どんどん伸びてる身長だけじゃなく(笑)、
中身も大きくなりたいなって思います!」と決意をにじませた。
(ORICON)


道枝くん。楽しみな逸材だよね~~!!




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | BG~身辺警護人(斎藤工出演) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【木村拓哉、『BG』メンバー再集結で手応え「安定感がすごいです!」】


  

テレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』(4月16日スタート、毎週木曜21:00~)の
撮影現場にこのほど、前作から身辺警護課メンバーを演じてきた
主演の木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗が再集結した。

18年1月期放送された『BG~身辺警護人~』の第2弾。前作では
民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属していた
民間ボディーガード・島崎章(木村)だが、今作では「日ノ出警備保障」を
買収した大会社の“利益優先”方針に疑問を感じ、
組織を飛び出して、“組織から独立した私設ボディーガード”となる。

再集結したメンバーは、約2年ぶりに全員そろってのシーンに臨んだ。
撮影されたのは第1話の冒頭、章たちが与党議員の
後援会パーティーを警護する場面。会場内で怪しい人物を
発見した彼らは、あうんの呼吸のチームプレーで、
すぐさま対応に乗り出すが、不意のトラブルが発生する。
ピンチに陥った沢口正太郎(間宮)を助けようとした章の腕に、
ワインオープナーが刺さってしまい…。

緊迫感あふれるシーンに、迫真の演技で挑む木村たちだったが、
監督のOKが出た瞬間、現場は一転して和やかな雰囲気に。
4人で仲良く並び、今まさに撮り終えたばかりの映像をモニターでチェックしていた。

木村は、2年前と変わらぬチームワークに確かな手応えを感じたようで、
「前作から時間は経っていますけど、関係性は今まで通り。
安定感がすごいです!」と誇らしげに話した。
(マイナビ)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | BG~身辺警護人(斎藤工出演) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【木村拓哉「BG~身辺警護人~」第2弾、4月放送!斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗が続役】

 

木村拓哉がボディーガード役で主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』の
新シリーズが、テレビ朝日系にて4月16日より毎週木曜21時に放送されることが決まった。

丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険から
クライアントを護るボディーガード・島崎章の活躍を描く本作。
2018年1月期に放送された前作では、権力や武器を備えた警察官に対し、
丸腰でチーム一丸となって敵に挑んでいく章たち
民間ボディーガードの姿を描いたが、今作ではあえて章の立場を
“組織から独立した私設ボディーガード”へと大幅更新。
≪個人VS組織≫の物語を軸に据える。
前作に続き脚本を手掛けるのは、『GOOD LUCK!!』(2003年)や
『エンジン』(2005年)でも木村とタッグを組んだ井上由美子。

 前作では民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、
組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった章。
しかし、今作では「日ノ出警備保障」を買収した大会社の
“利益優先”方針に疑問を感じた章が、警備の基本でもある
「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を飛び出すことに。
そんな中、「日ノ出警備保障」時代からの仲間・高梨雅也(斎藤工)は、
章が辞めた本当の理由を聞き出すため、章のもとにやってくる。
そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ…!?

 木村を中心とする斎藤、菜々緒、間宮祥太朗といったおなじみのメンバーに加え、
今作には木村と共演歴のある実力派の新キャストも参戦。
前作で死亡した身辺警護課の前課長・村田五郎(上川隆也)の
後任・小俣健三を演じるのは勝村政信
小俣は組織に背を向ける章のことも敵視する“組織に追従する男”として
身辺警護課をかき乱していく。

また、総合病院の整形外科医で、身辺警護課の契約担当医をしている
笠松多佳子を演じるのは市川実日子
命を懸けて任務にあたる章たちボディーガードの数少ない味方、
そして癒やしの存在として、心温まる風を吹き込む。

 そして、今作に不穏な空気を呼び込む“最大の敵”として登場するのは、
仲村トオル演じる劉光明。
「日ノ出警備保障」を買収した大会社の社長で、紳士的な好人物に見えて、
実は腹の底に大きな秘密を抱える彼は、
組織を出た章たちの前に大きく立ちはだかることに。
仲村と木村の共演は、『華麗なる一族』(2007年)以来13年ぶりとなる。

 主演の木村は「警護に関しては非常に完璧だけど、
それ以外の恋愛や親子関係などでは発展途上。
そんな“まだ完成されてない感”が島崎章の魅力だと、
僕は感じています」としつつ、「今回から会社に属したキャラクターではなくなることで、
描く世界観の形態が多少変わってきている。
そこを自分なりにどう楽しみ、視聴者の皆さんにどう伝えていくか…。
いろいろ考えながら、これから始まる現場での作業を
心待ちにしているところです」と話している。

 制作にあたっては、木村の「しっかりとした内容や世界観を作って、
継続する意味を持たせないと、ほかのシリーズ作品に失礼だと思う」との意向から、
脚本の井上やプロデューサー、キャスト陣で台本の準備稿をもとに
おのおのの考えや疑問点を全部吐き出すセッションを実施し、決定稿の完成に至ったという。

 木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』はテレビ朝日系にて
4月16日より毎週木曜21時放送
(クランク・イン)

<キャスト>
木村拓哉
斎藤工
菜々緒
間宮祥太朗
勝村政信
市川実日子
仲村トオル


良かったぁあああ!!!!
斎藤工、続投で、安心したあああぁあ!!
キムタクとは相思相愛だからな。





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | BG~身辺警護人(斎藤工出演) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「BG~身辺警護人」最終回 想像どおりの誤差なし】

  

いや、ひどかった~~!!!
健太郎が新人BGとして最終回に出るっていうから。

おお~~!!
「昼顔」いらいの、北野先生(斎藤工)との共演でないの!!って
楽しみにしてたのに。

ええええええええええ。

いっちばん最後に、
ちら?

もっと早く出してよ。
健太郎くんの演技、ホントによくて
楽しみにしてたのに。

特に、「わたし結婚できないんじゃなくて、しないんです」の
高校生の徳井役での回想シーン。
しびれたね。
「パパ活」も良かったし。
「アシガール」は見てないけど。

そして、最後の目玉。

あんだけ、大々的に
最終回のゲストに、

矢沢永吉。
本人役で出演決定!!


ってさ。

へ?

あれだけ?

まあ、スターだから?
大スターだし。
ああいうシーンは、もってこいだけど?

あれは、出演っていうんだろうか。


もう、これでもか!ってほどの
ほかで注目を集めようという魂胆が、いやだわ。まったく。


まあ、想像どおりに
江口洋介は、敵ではなかったってこと。

それにしても、最後までへっぽこだった民間警護キムタク。
日ノ出警備の警護で、
カッコいいシーン、まったくなかったし。

あれなら、「奥様は取り扱い注意」の綾瀬はるかのほうが
断然すごかったし。

最初から最後まで、ゆりちゃん大臣に
ずっと引っ掻き回されてた感が拭えない。

あれは、ザッキーに気があったってことでよろしいでしょうか?


村田課長(上川隆也)の机を見ては、たそがれ
写真を見ては、たそがれ。

最後には「誤差なし!」で、キメポーズ。

一応、流行したんでしょうか????


あまりに中身なさすぎて、
本当にガッカリだった。

江口洋介、上川隆也、斎藤工、間宮祥太朗、菜々緒
本当にもったいなかった。


息子にも、母親のところに行っとけだの、
ジーンとくる、親子シーンのつもりだったんだろうけど。
全然泣けなかった。

ちゃんと、最後まで送り届けろよ。
危ないならさ。

ああ、もったいなかった。

きっと、井上由美子さんも書きづらかったんだろうな。。。
と、思うしかない。


なんか、あんなに本当に大好きだったのに
木村拓哉、嫌いになりそうーー;

【視聴率】最終回 17,3% 永ちゃんのおかげで最高取れたね、良かったね~

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | BG~身辺警護人(斎藤工出演) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「BG~身辺警護人」第8話 上川隆也あっさり死んじゃったよ><】

  
 

救急車の中で、「誤差なし!」って言ったのは
自分の死ぬ時間の確認だったんだね><。。。
まさか、あのまま死んじゃうなんてさ。。。
普通、救急搬送先の病院での治療シーンとかあるでしょ。

なのに、もう葬儀。

これは、最初から決まってたのかしら。

あまりにキャスティングの出演料がかさんじゃって
途中で殺すしかなかったのかしら。。。

それとも、ここからが日ノ出警備の4号警備が
一丸となっていく!ってストーリーなのかしら。。。

にしては、次回、最終回とか。

ワケわからん。。。。


結局、ゆりちゃん大臣は、
事件の全貌を見ていた一人で
政治の世界では、抹殺された「真実」を
ゆりちゃんだけは、政治の世界で生きてきたからには
どうなるかは分かってはいるけれど、
それが、島崎(木村拓哉)の身にも
危険が及ぶことになるに違いないという忠告を持って、
自分も、どうしても幹事長(堀内正美)には
ついていけないと
大臣を辞める覚悟を持ったことが、
「真実」を明かすことになるのかしら。。。。。


村田課長(上川隆也)が亡くなって、
たった4人になっちゃって、
一度も社長の永島敏行が、警護課を作った本人なのに
警護課に顔出さない不自然さ・・・・。
丸投げ?
課長の代理は、ザッキーで決まりなの?


今回は、やっと警察SPの落合(江口洋介)の過去が
ゆりちゃん大臣、立原愛子の前で
「私語をお許しください」で
少し語られた。

そうか・・・・
村田(上川隆也)が、落合の上司だったんだ。
落合のミスをかばって、村田は辞めて
民間に入ったんだ・・・。
組織を改革してくれ!という村田の思いを受け止めたまま。

でも、組織に埋もれてしまったという落合。

しかも、すんごいこと言ってた。
村田が「録音していたボイスレコーダーを削除したように
島崎も、削除しますか」
だって。
その直後の射撃の練習までしちゃって。。。

あれは、もしかしたら、島崎じゃなくて
警察に向けて。
じゃないの?
本当は、落合も、こっち側の人なんじゃないの?
と、かすかな期待も抱いているんだけど。

わかんないね。

いかにも、あっさり上川隆也殺しちゃうくらいだから。

「いやなのよ。
人が死ぬとかそういうので、盛り上げたりとかさ、
そりゃ、視聴率は上がるかもしれないよ。
でも、違うと思うのね。
そういうの、嫌いなのよ。」
って、小泉今日子が演じた「最後から二番目の恋」で
ちあきさまが言ってた。
私も、その意見に大賛成。


だけど、上川隆也も、次クールの主演、執事の探偵で忙しいので
一足早くクランクアップしたのかもーー;


今回も、ザッキー、一人で、立原大臣のところに
直談判。
「お願いします!!
先生だけなんです!!
本当のことを知っているのは。
あのとき真実を見ていたのは。
お願いします!!
証言してください!!」
って、45才は、そういうのやらないほうがいいと思う。

まだ、高梨(斎藤工)がやったほうが、自然だった気がする。
なんでもかんでも、キムタクにやらせすぎだわ、
相変わらず。

民間人巻き込んで、殺しちゃって
せっかく盛り上げてきたところだったんだから、
もう少し、まわりも盛り上げてあげましょうよ。

とはいえ、こればかりは、きっと脚本家の意向だけでは
どうにならない、オトナの事情が、たっぷりありそうだから、
まあ、仕方ない。


それと、もう少し、村田課長の息子なら
正義感の強い子にしておいてほしかった。
あの子、見たことあるな。

そうだ!!
「CRISIS」だ!!

ま、いいや。


良かったじゃないですか。
「ロンバケ」効果の山口智子に
上川隆也の死。
視聴率は、うなぎ登りです。
(イヤミです)


けど、どうして足撃たれて死んだんだろ。
出血多量?
失血死?
それも、不明のまま。。

モヤモヤするなああ。

【視聴率】第8話 16、4%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | BG~身辺警護人(斎藤工出演) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ