ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【波瑠主演で『BORDER』スピンオフ2週連続「彼女のことがますます好きに」】



女優の波瑠が、テレビ朝日系ドラマ『BORDER』の
スピンオフ作品で主演を務めることが12日、明らかになった。
『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』と題し、
10月6日・13日(23:15~24:15 ※一部地域除く)に前・後編が放送される。

『BORDER』は、金城一紀氏の原案・脚本で、
「死者と対話できる」という特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗旬)が、
望まずして命を絶たれた被害者の無念を晴らすべく、
生と死、正義と法、情と非情の"BORDER=境界線"で揺れ動きながら、
事件に立ち向かう姿を描く作品。

10月22日(21:00~20:54)に、連ドラから3年ぶりとなる
スペシャルドラマ『BORDER 贖罪』が放送され、
3週連続で『BORDER』シリーズの新作が編成されることになる。

波瑠が演じるスピンオフの主人公・比嘉ミカは、
男らしい言動と、クールな佇まい、
類まれなる検死能力で人気を博したキャラクター。
今回は、特別検視官に就任する半年前の物語が展開され、
比嘉の中に息づく"正義"を描いていく。

共演には、比嘉と協力し合いながら、
連続殺人事件の捜査にまい進する所轄の刑事・中澤史明役で、
朝ドラ『あさが来た』で波瑠と共演した工藤阿須加。
上司にあたる医学教室教授・浅川透役で、
石丸幹二が波瑠と初共演。
そして、連続殺人事件の被害者たちが通う中学校の生徒役で、
こちらも『あさが来た』で共演していた清原果耶が出演する。

波瑠は「『BORDER』は朝ドラの前に声をかけていただいた作品なので、
今もずっと感謝していますし、比嘉という役には頭が上がりません。
あらためて客観的に振り返ってみても、『BORDER』が始まった3年前の私は、
特に何もできない人間でした…」と謙そんして振り返りながら、
今回のスピンオフには「『えっ、私のですか?
私でいいんですか?」と、とにかくビックリしました」と驚いたそう。

連ドラでの役柄は「男の中で負けないように頑張るけど、
男であろうとするわけではなく、自分だけの武器で
戦っている印象を持っていました」というが、
今作では「異性の上司とちゃんと向き合った上で、あの比嘉がいることが分かり、
彼女のことがますます好きになりました」と愛着がわいたそうで、
「クールでありながらも、情熱をきちんと持って仕事と向き合う
若いプロフェッショナルもいることが、皆さんに伝わるとうれしいです」と呼びかけた。

金城氏は「ここだけの話ですが、もともと比嘉は新聞記者で、
石川の恋人という設定でした。いわば添え物のようなキャラクターで、
ストーリーにもあまり深く関わる予定ではありませんでした」と打ち明け、
「それが今や主人公の地位を獲得するまでになりました。波瑠さんのお陰です」と感謝。

今作では、石川に出会う前の比嘉を描いており、
「連続殺人事件の捜査に携わることで、比嘉は自らの運命を切り開いていきます。
比嘉を運命へと導いていくのは、恐ろしい犯人です。
比嘉と犯人の対決は 必見のシーンになっています。
絶対にお見逃しのなきよう」とメッセージを寄せている。
(mynavi)





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | BORDER | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小栗旬×金城一紀 『BORDER』、3年ぶり再始動! SPドラマ放送決定】



俳優の小栗旬と、直木賞受賞小説『GO』や
ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』などの原案・脚本を手がけた
金城一紀のタッグによるドラマ『BORDER』が、
3年の時を経て続編『BORDER2 贖罪』として放送されることが発表された。

『BORDER』は金城が“正義と悪”という永遠不変のテーマのもと、
原案・脚本を務めた完全書下ろし作品。
2014年度の「ギャラクシー賞選奨」および
「ギャラクシー賞2014年6月度 月間賞」
「2014年 東京ドラマアウォード 作品賞・優秀賞」などを受賞している。

 頭部を被弾して生死の境をさまよった後、
「死者と対話できる」という特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗)が、
望まずして命を絶たれた被害者の無念を晴らすべく、
生と死、正義と法、情と非情の“BORDER=境界線”で揺れ動きながら、
事件に立ち向かう姿を描いた『BORDER』。
謎多きラストシーンはさまざまな憶測を呼んでいたが、
実はもともと『BORDER』プロジェクトが始動した当初から、
その後のエピソードはすでに存在しており、
金城はプロデューサーとの間で「色々なタイミングが合い、
時が満ちたら、必ず新しい石川の物語を作りましょう」との約束をしていたという。

 今回の『BORDER2 贖罪』にも小栗をはじめとして
青木崇高、波瑠、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一、野間口徹、浜野謙太といった
レギュラー陣は引き続き出演、
さらに、連続ドラマ最終回のゲストとして出演した大森南朋も再登場と、
今回も豪華キャスト陣が名を連ねる。

 今回の新ストーリー始動に対し小栗は
「石川という役に戻ることはとても過酷ですが、
楽しみに待って頂いている方たちのためにも、
一生懸命に向き合いたいと思います」と意気込みを明かしている。
また金城も「時が満ちたようです。
少しだけお待たせしましたが、再び石川安吾の物語が開幕します。
新しい石川の物語は、“あのラストシーン”から幕を開けます。
心の準備はよろしいでしょうか」と新ストーリーのスタートをアピールしている。
 
 『BORDER2 贖罪』は2017年放送。
(ニコニコニュース)


これは、めっちゃ楽しみでしょうがない!!
もうあの終わり方だと、絶対に続編は有り得ないと思ってたから。
その後のエピソードがすでに存在していたとは、さすが金城一紀だ!!
「CRISIS」も良かったしね。
あれも、モヤモヤが残ってるから、
まだまだ、その後のエピソードありそうだし。

なんせ、小栗旬のアクションは
いい!!!
俳優、小栗旬はすごく良い!!

【BORDER2 贖罪 PR動画】


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | BORDER | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ