ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ブラックリベンジ」第7話 木村多江さん妹の首に手をかけて・・】

  

ひゃあああ~~
ますますブラックにそまっていく。このドラマ。

福島編集長(佐藤二朗)に、やり返された沙織(木村多江)さんと天満(平山浩行)は
星流をやめ、
沙織は、福島の記事で、ボロッボロになっていた。

実の妹が、
とても信頼して、可愛がっていた妹が、
夫のためにと復讐を続けてきたのに、
その夫と愛人関係になってたとは。
甥っ子だと思って可愛がってきた子供が、夫との間に出来が子だったとは。
ショックすぎて、もう何もできず。
カウンセラーの鈴木砂羽さんのところに、
ずっと、いる木村多江さん。。。

でも、この鈴木砂羽さんがまた
何かを企んでるようで。
「すぐに戻ってくるから」といって、
福島に会いに行ったり。
妹との関係を暴露した圭吾の動画は、鈴木砂羽さんの映像提供だったようだし。

鈴木砂羽さんも、誰かに復讐をしようとしているようだ。
卒業アルバムの、同級生の写真をなでる鈴木砂羽さん。
恐すぎる。。。
そのときにあったであろう、友の転落死?

いったい、どんな関連が???


ぐったりしてる木村多江さん。
スマホにかかってきた電話に、鈴木砂羽さんが出ると
妹の綾子が倒れて病院に運ばれたという知らせだった。

さすがに、それを聞いて、黙っていられず
病院へと向かった木村多江さん。

でも、眠ってる妹、綾子に、
木村多江さんは・・・・
心配よりも、
憎しみのほうが強く。
綾子の首に、手をかけ、力をこめて
絞め始めていった・・・・と、そのとき。


甥っ子が病室に入ってきた。
大好きな、おばちゃんがいたので、大喜び。
ママの様子も、周りの様子もおかしく
友だちからも「ゲス不倫の子供!!」といじめられてたユウトは
おばちゃんに、すがろうとしたのに。

その手を、避けて、逃げた木村多江さん。


でも、もし、甥っ子が入ってこなかったら殺してたな。。。



まだ終われない。
終われないでしょ?と、鈴木砂羽さんも、追い打ちをかける。
福島への復讐をすべきだと。


本当に、ここまで真っ黒な佐藤二朗さんって、珍しいので
すっごく見応えがある。
楽しい。

木村多江さんも、鈴木砂羽さんも、本当にうまいので
楽しい。
(若干、妹がヘタなのが目立ちすぎるーー;)

平山浩行さんの応戦は、あるのだろうか。
どこに向かっていくんだろう。。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
楽天バナー商品バナー

br_decobanner_20110417165910.gif | ブラック・リベンジ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ブラックリベンジ」第6話 最大の裏切りモノ妹は木村多江さんの夫を寝取ってた】

  


オモシロすぎる展開になってきちゃった《*≧∀≦》

「週間星流」の記事を、締め切りギリギリに、福島編集長(佐藤二朗)の
いなくなった間に、デスクの天満(平山浩行)は、沙織(木村多江)さんの言うとおりに
編集長の捏造を、内部告発として、スクープ記事と差し替えた。

ところが、翌日、記事になったものは、
それとは別に、
沙織の亡くなった夫、圭吾(高橋光臣)のスクープ記事だった。
これまでに報道されなかった新事実。

愛人が捏造されていたサユミ(芹那)とは別に
もう一人、いたという記事だった。


しかも!


それが!!!


沙織の実の妹、綾子(中村映里子)だと写真入り、目隠しで掲載されていた。
驚きを隠せない沙織。

綾子は、カウンセラーの鈴木砂羽さんのところに
頻繁に相談に行ってたのは、
このことを、鈴木砂羽さんだけは、知ってたのね。

でも、この鈴木砂羽さんも、めちゃ怪しいの><


沙織と綾子が、本当のことを話してるところを
遠巻きに、そっと見てた。
本当の黒幕なんじゃないだろうか???


福島編集長に、つめよる、沙織だったけれど、
「これは、捏造ではなく、真実だ」と、
圭吾が、綾子とのことを告白する動画を、沙織に見せた。


もおお。
最低なゲス夫!!

妹も、最低なゲス女。

「ずっと、お姉ちゃんが、羨ましかった!!
アタマがよくて、スポーツもできて
なんでも、私が欲しいものを持っていた。
一番欲しかったものまで、持ってった!!」
って、

バカなのーー;

なのに、仲のいいふりしてたの。この妹。
恐すぎ。

スキャンダルで大騒ぎされ、
お腹の大きかった沙織は、圭吾と一緒にはいられず
圭吾は、一人、自宅でボロボロになってたところに
綾子は、毎日通って、世話をしてたんですと。

あちらの世話も。

「そんな大事なときに、一緒にいなかったお姉ちゃんのせいよ!!」
どの口が言う?


まあ、そこまできたら、
想像はつくよね。
シングルマザーだった綾子の息子。

圭吾の子供だった。

圭吾が亡くなったことで、お腹の子供も亡くなってしまった沙織には
とてもじゃないけど、酷い話しで。
沙織が、そんなダメージを受けてたときに、
綾子のお腹のなかには、圭吾の子供が宿ってたんだって。

「このとき、お姉ちゃんに勝ったと思った」だと。


死ね!

本当に復讐するべきは、こいつだったか!って感じだわ。
唯一信頼できる実の妹と思って接してきたのが、これだよ。
可愛がってきた甥っ子が、実は、愛する夫の子供だったとか。

非常すぎる。


それを伝えたときの、佐藤二朗さんの演技。
すごかったわ。

いつものように、おちゃらけてなくて。
こういう役も、良いよね。
悪い佐藤二朗が、これからは、もっと見たい。


いっぽう、転落死したDAIGO。

どうやら、突き落とした犯人は、沙織に協力してきた裕也(堀井新太)みたいなんだよね。。。
何か事情があったんだろうけど。



沙織と天満の話しを聞いて、
編集長の今回のことも全部知っていた、咲良(岡野真也)は、
「こんな会社やめる」と言ったけれど、
それを、天満が止めた。

もしかしたら、天満は、沙織に協力していくんじゃないかな?
で、星流の動きを、咲良に見張らせるとか。。。


ほんっと、すっばらしく、オモシロいです「ブラックリベンジ」
最高~!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ブラック・リベンジ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ブラックリベンジ」第5話 黒幕の佐藤二朗への復讐の復讐】

  

南條夕子(横山めぐみ)に夫をはめた黒幕は編集長(佐藤二朗)だったと聞かされた
沙織(木村多江)は、再び、メラメラを復讐に燃えだした。

空から振ってきたDAIGO。

頻繁に連絡を取ってた天満(平山浩行)が
警察で事情徴収されるが
彼は、情報屋だったと話し、
とりあえず釈放されると、福島編集長(佐藤二朗)が迎えにきてた。

「これからも、よろしくな」
みたいな感じに。

てっきり、天満も福島と一緒にはめた方だったのかと
私も思ってたけど。

沙織は、天満と話しをすると
まったく違ったことが分かる。
天満は、福島に利用されたのだ。

天満に最後に城田(DAIGO)が残した情報が
自分が書いた記事で自殺をした寺田の妻が沙織だったことに驚く。

沙織は、福島に復讐する手伝いをしてほしいと条件を出すと
自分も破滅を覚悟で、天満は、沙織に手を貸した。


5年前の寺田のスキャンダルは、編集長のヤラセだったという
内部告発スクープを、校了ぎりぎりに差し替え、
編集長が留守のため、デスクの天満が確認をとったことにして
印刷会社へと送る。


ところが。

翌日発売された星流のスクープ記事には
「寺田に第二の愛人!!!」


その相手が、なんと

沙織の妹だという記事・・・・。


愕然とする、天満。

驚きをかくせない沙織。


まああああ、うまいね。
このドラマは、本当にすごい。
こういうのが、ホントのドラマ。ホントの役者さんだよな。
でも、ゴールデンだと、こういう内容だと難しいんだろうな。
木村多江さん。
こういう役、ピッタリだったんだな~~~
キャスティングした人、素晴らしい!!


福島編集長は、天満に言ってた。
沙織の復讐など怖くない。
何年、この業界でやってきてると思ってるんだ?と。

それは、天満に対してでも、あったんだね。

こういうことだったのね。

佐藤二朗さんが、珍しく、悪役。
いいよね、悪役の佐藤二朗も。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ブラック・リベンジ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ブラックリベンジ」第4話 横山めぐみの運営する女の欲望を満たす愛人倶楽部を突き止めろ】

 

ゾクゾクするわ、木村多江さんの復讐劇。

回を重ねるごとに
「骨の髄まで炎上しなさい!!」

の迫力が!!

すごい。

夫を落ち仕入れた者たちを次々とスキャンダルを暴いて
復讐を続けていった、今宮沙織(木村多江)

最後に、ネット通販会社社長の、南条夕子(横山めぐみ)のスキャンダルを
探っていた。
夕子の周りには、イケメンたちが通う姿が目撃され
夕子の会社の広告のモデルなどをしていた。

その中でも、頻繁に夕子の元に通う隼也が大した仕事ももらえないのに
食い物にされていると沙織は直接、隼也に訴えかけ
夕子との密会現場に潜入することを承諾させた。


ところが。。。。

逆に、沙織が隼也に騙されて
写真を撮られてしまった。

隼也は、好んで、楽して大金と広い部屋での生活を手に入れて
満足していたのだ。


でも、それも、沙織は想定内。
ちゃんと身を守る術を知っていた。
これには、感激。
海外セレブは、みんな写真を撮られないためにしてることらしいけど。


沙織の仕事を手伝う咲良(岡野真也)が撮影した、夕子に関する画像のフォルダーの
「イケメン」たちを、咲良に調べるように指示すると、
この咲良が、けっこう出来る子で、
金持ちマダムたちの相手をする夕子が裏で経営する「愛人倶楽部」があることを
彼らが話していることを動画で撮影。

しかし、なかなか、ネットでの情報が得られない中、
「もう、復讐は、やめてください。」と、
これまで協力してくれていた、裕也(堀井新太)に言われ、
裕也との距離をおいていた沙織。

裕也は、倶楽部の決定的な証拠を
沙織の夫の名前でメールを送った。


と、同時に、沙織は、便利屋の謎の男、純一(DAIGO)に正体を知られ
脅されていた。


夕子の件が片がつくと、
純一のところへ約束の1000万円を用意して
待ち合わせ場所へと向かい、そのビルの下を歩いた直後に


なんと・・・・

純一が、転落してきた。


殺されたぞ、DAIGO.


それに、裕也が沙織のために集めた情報の元は
沙織が通う、カウンセラー、朱里(鈴木砂羽)が提供したもので
この2人の会話だと、朱里は、沙織をマインドコントロールしてるって言ってた。


夫の自殺の黒幕は、もしや、鈴木砂羽なの?

と、思ったけど、

違った。。。。






夫のスクープ記事を書いた平山浩行でもなく。





なんと、


編集長だった~~~~!!!


佐藤二朗さん。
だから、番宣出てたのか。。。



それを沙織に教えたのは、

無能な秘書に

「このハゲ~~~~~!!!!」って
流行りのセリフをはいた南城夕子だった。



復讐は、まだまだ、終わってなかった。


真っ赤なリップに
真っ赤なネイル
真っ黒な服を一度は、脱ぎ捨てた沙織。



また、骨の髄まで炎上させなくてはならない相手がいた。


ホント恐いんだけど、木村多江さん。
ホント、引き込まれるんだけど。
深夜ドラマ。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ブラック・リベンジ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ブラック・リベンジ」骨の髄まで炎上しなさい!!木村多江さんの復讐劇最高~】



すがかったああ~!!
今、世間を騒がせてる「文春砲」ともいえる
超スキャンダルを次々すっぱ抜く、雑誌記者に
木村多江さんがなり、
ものすごいスクープをあげて、ターゲットを
地に落とすほどのダメージを与える。


それには理由があって。
有望な政治家だった、夫、寺田(高橋光臣)が裏金、愛人スキャンダルを
「週間青流」にスクープされ
すべてを失い、自殺した。
そのとき、お腹に子供がいた、妻、沙織(木村多江)もショックで子供は
生まれることなく失ってしまう。

精神的にも立ち直れないほどの姿になり入院していた沙織のもとに
届いた、USB.
それは、夫の寺田が妻にあてた動画だった。

自分は、はめられたのだ。という真実を言い残して。


そして、沙織は、生まれ変わって、
夫の受けた屈辱、夫の受けた裏切り
すべてを復讐するため、
夫をはめた人物たちを
同じ手法で貶めていくことを誓う。


3ヶ月前に、週間青流の記者になった沙織は
新人ながらに、次々にスクープをあげている。

次のターゲットは、夫の仲間を演じ
夫の捏造記事で陥れた、塚本(神尾佑)。

これが、みごとだった!!


なんか、週間青流のスタッフの席に
「週刊文春」の元記者で、たまにワイドショーでコメンテーターで
出てる人が、いた気がする。。。
もしかしたら、このドラマの助言とかしてるのかも????


話しは、戻して。

塚本の愛人は、プロ愛人といわれる高級クラブのホステスで
尻尾を出すのは、なかなか難しいと思われた。
ところが、沙織が、しかけたそのワナは。

なんと、塚本の妻をこっち側につけてそれを隠し
愛人の口から暴露させるという
手の込んだ手法だった。
壊された録音機なんて、なんてこたーない。
ちゃんと、隠しカメラを仕込んで
デジタル版にも、載せてしまうという。


もしかしたら、最近、争われてる週刊誌のスクープ合戦は
恨みのある人たちの裏返しなのか?
と、思わせれてしまうほど。


ただ、沙織は、まだカウンセリングは続けている。
そのカウンセラー?心療内科医かな?
鈴木砂羽さん。
ここは、信じていいのか?
あまり出番はないけど、やっぱり存在感はあるよね。
鈴木砂羽さん。

そして、沙織に協力しているバーの店員、高槻(堀井新太)もいる。


沙織と同じ編集部にいる平山浩行さん演じる平満は
どうやら、沙織の夫の記事を書いた本人らしく
沙織の素性が分からず、怪しんでいる。
その情報屋にDAIGO。


深夜帯とは思えない面白いドラマ。
いや、最近、深夜ドラマがやっぱり面白いよね。
しがらみが少ないからなんだろうね。

生き生きと、復讐してる美しい木村多江さんも、見ものです。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ブラック・リベンジ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ