ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「民衆の敵」第9話バッタがチラシ配って篠原涼子市長ピンチ!】

  
 
うわあ、こういう展開、もっと早くから見たかったかも。。。
っていうか、最初から市会議員じゃなくて、
市長からで良かったんじゃ?

あ、でも、そうすると新人議員たちとの繋がりが
これほど強くはなくなっちゃうか。。
それに、市長ではなく市会議員だからこそ見えたものがあって
権力が必要だと気づいたんだもんな。。。

すると、展開が遅いのか?

やっと、元市長、余貴美子さんの秘書だった望月くんのことと
繋がった。

智子(篠原涼子)が市長になってから
犬崎が、言うことを聞かないどころか
役員たちも解任し、勝手に会見開いたところから
犬崎の反撃がすごい。

ニュー・ポートだのあおばランドだの。
次々と市長の知らないところで、話しが進んでいくのは
変わらず。

バッタがあおばランドのチラシ配ってます!!という未亜(前田敦子)の知らせで
あおばランドのことを知った智子。

すべては、ニュー・ポートと繋がりがあることに気づく。


副市長を引き受ける決心をした、藤堂(高橋一生)は、
まだ承認されてはいないけれど、
全力で、智子市長を守り抜いてるところが
まああああ、ステキ。

りんご投げてきたおばちゃん。
それを智子をかばい、背中で受け止める藤堂。

あんなに、智子に信頼を寄せていた市民たちが
こぞって、智子を敵視しだした。

「民衆の敵だ!!」とまで、言い出す。

開いてもいないパーティで金を集めてるだの
捏造も、止まらない。
支持率は下がる一方で、議会も開けない状態。

捏造には、絶対に「あら」があるはずだ!と
調べる智子と藤堂、そこに未亜も加わったが
日付は、すべて市長就任してすぐだったことから
綿密に練られた捏造で、それを暴くよりも
と、動き始めた智子が行った先は、
元市長の、河原田(余貴美子)元市長のところだった。

河原田も、犬崎にはめられたことを知った智子。

しかし、河原田は、望月を守ることが出来ず
信じることが出来なかったことを悔いていた。

望月に近づいた福祉課の元社員が、そこにいた。
奨学金を返せず、金に困っているときに
望月が男性が好きだと情報が入り、近づいたのだという。

智子は、公表してほしいと頼むが、
それは、望月のセクシャルな部分まで明らかにされてしまうので
出来ない!と、河原田は、キッパリ。

しかし、一人だけ、公表できる人物がいることを河原田は助言する。

福祉課にいた富田(渡辺いっけい)だ。
智子が市長になってすぐに秘書に就任した
べったり犬崎派の人物こそ、すべてを知っているはず。


おお動いてきたじゃないの!!!


藤堂を、デリヘル嬢のりこちゃんで脅す犬崎だったけれど
さほど動じなかった藤堂。
でも、このときばかりは、
本気でりこちゃんのことは、好きだったんだろうな~と
藤堂じゃなくて、わたなべさんの顔を一瞬見せた高橋一生。


しかし、犬崎の動きにも、
もしかしたら、藤堂家が、絡んでいるのではないか?と
和美(石田ゆり子)は、感じ始めていた。。。。



やっぱり、政治って、
捏造。
陥れ。
派閥。
脅し。
なんでもアリなんだな~と、分かっちゃいるけど、
嫌気がさすね。

最終回、
スカっ!!と、決めちゃってよ!!
佐藤智子市長!!!


心から応援してる。


【視聴率】第9話 7,0%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 民衆の敵 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「民衆の敵」第8話市長のクーデターと前田あっちゃんのGJ】

  

そもそも、誰が民衆の敵なのだ?
佐藤智子は、民衆の味方になろうと市長になったわけで。

このタイトルは、犬崎のことを言ってるのか?

少しうまくいくと
すぐに、足を引っ張る。

子供のケンカよりも幼稚なのが政治なんだ。

ちょっとバカバカしいけど。
けっこう、こういうのが本当にあったりするんだろうな。

すぐに、タイミングよく暴露記事が出たりするもんね。本当に。


早く、佐藤智子(篠原涼子)に、犬崎をガツン!!とやってほしいわ。


勝ち組にどうしてもつきたい未亜(前田敦子)。
智子にあって、未亜にないもの。
未亜にあって、智子にないもの。

未亜も、悪い子ではなかった。
ただのお飾りでもなかった。
わりと考えてる。

そんな未亜や智子を、客観的にみてる藤堂さん(高橋一生)は
やっぱりステキだ。

やっと副市長を引き受けてくれるのね。


なのに、今度は、藤堂の、
わたなべさん時代に付き合ってたデリヘル嬢、連れてきちゃったよ。。。
兄にあの写真見せたのは、犬崎だったのね。
こういうときのために。
ったく。

今回は、和美さん(石田ゆり子)の秘密も明らかになって
距離も縮んで、いい感じになっていたのに。

どうも、スカ!!!っとさせてくれないで
引っ張るのが、気になるわ。

どうせなら、1話完結で、その中で引き続いている伏線として
巻いていたほうが、より深みが出ると思うんだけど。


ガンバレよ!佐藤智子市長!!!
と、応援したくなった。

それに、田中圭の良いとこいっぱい出てた回だったしね。

早く犬崎潰してくれ!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | 民衆の敵 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「民衆の敵」第6話 篠原涼子市長になる!】

  

ずいぶん突拍子もない展開だこと。。。。

それに、最初に市長として市役所に登庁するシーンやっちゃうんだもん。。。

智子(篠原涼子)は、市民の声に真摯に耳を傾け
本気で、一人ひとりの願いを叶えるような市を作りたいと思い、
藤堂から
「市長になれば、もっと簡単」と言われたりする。

「犬崎から言われたよ。
断ったけど」
と智子が答えると、
藤堂は、

あ!!知ってたはずだよね。
立ち聞きしてたもん。

犬崎の言いなりお飾り市長になるのは、絶対にイヤだ!と
一度は断る智子だけれど。
やはり「権力」が欲しい。
もっともっと、ものごとを決めるために、スムーズに早く行うために
権力が。。


にしても、新人議員。
それも、繰り上げ当選。
中卒。。。

ドラマだから、いいのかな。


市長選の選挙活動は、余貴美子さん、
小池百合子を、かなり意識してる。
「シンゴジラ」のときから、ますます磨きがかかって小池百合子化してる。

あの衆議院選さえなければ、
もっといい方向にいったかもしれないのに。。。



結局、犬崎派から出た大澄賢也も、パっとしない。
元市長(余貴美子)も、秘書の自殺。
消えた5000万の疑惑もあり、パっとしない。

と、そこに智子が立候補すれば、これこそ犬崎の思い描く
ストーリー、そのものだ!!と、
和美(石田ゆり子)も智子を応援出来ない!と言う。

「わかってる」と言う智子。

「毒」も、薬になるときもある。と、
決意は固い。

一応、演説のシーンは流れたけど
選挙結果のシーンは、カット。

で、冒頭の市役所登庁のシーンへと繋がる。

怒ったのは和美だけでなく、夫の田中圭もしかり。
まったく話しができなくなってしまって
相談も出来ず、
立候補したことすら、知らずに、マスコミから聞かされた夫。

それでも、納得はしたらしい。
「ダメでも元に戻るだけだから」と。

どこまでイクメン、いい夫なの!

しかし、犬崎の出番は、ここからだった。

犬崎派を抜けての立候補のはずだったが、
当選したとたん、
副市長、その他執行部ポストは、すべて犬崎が決めていた。

そして、第二章。
市長になってからの智子の戦いが始まる?


ええええー

こういう話しだったんだ。。。。
市長になるなんて、最初から決まってたストーリーなのかな?
余貴美子さんは、もう出てこないの?
「私は、あなたの味方よ」って、こっそり言ったけど。
あの意味は???


そして、サイドストーリーとして描かれている、
藤堂さんが、わたなべさんになって、
デリヘル嬢と付き合うくだり。

兄に探偵に調べられてしまっていた。
「別れろ」

本気だったっぽいんだけど。
わたなべさん。。
だったら、デリヘル嬢やめさせて、ちゃんと付き合えばいいのに。
可愛い子だよね。
今田美桜ちゃん


智子が藤堂を連れて、青葉市を一望できる場所から
戻ってくるバスの中での出来事も。
なかなかココロ打たれたよね。
それも、バスの中で化粧してた女子高生が、おっさんを怒るっていうのが。
あの女子高生が、福山雅治と月9に出てた子みたいな気がする。。。

藤原さくら。

おお~!!やっぱり、そうだった。
名前もない役だったなーー;
でも、妙に存在感はあったぞ。


こういう市民との絡みがもっとあると良いのに。
あ、きゅうりの絡みもあったか。

でも、どうして篠原涼子、口紅つけてないの?
どうして、唇、ガッサガサなの?
あれは、わざとなの?
演出?
せめて、リップクリームくらいつけてよ。
風呂入るシーンとか、
はいはい、スッピン、キレイですよ。って感じだわ。
いらない。


やっぱり迷走ぎみなフジテレビのドラマなのが見え隠れしてる。。。
面白いのにね。
もっとどうにか出来ないのかな。。って、残念なんだよね。

【視聴率】第6話 6,5%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




br_decobanner_20110417165910.gif | 民衆の敵 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「民衆の敵」第5話 秘書の自殺と智子、市長に!?】

   

ええ~

こんなドラマでも、そういうことしちゃう??

発端は、智子(篠原涼子)に届いた、手紙。
手紙をもらって読んでなかった智子に
「手紙は読んでもらえましたか?」と電話があり、
やっと気づく智子。

そこには「汚職議員が私服をこやしている許さないでください」という告発文だった。

和美(石田ゆり子)に相談すると、
調べてみると言ってくれた。


智子は、「ワークバランス」のことを藤堂(高橋一生)から聞いて、
休みを取る。ってことだけを、ツイートする。

今度は、仕事をしているということを書かないと、と夫に言われて
「汚職まみれの人がいると情報が入りました」と、
まんまつぶやいてしまう。

これじゃ、アホな炎上議員じゃん。
見てるだけで、むかつくわ。

何も考えてないし、
何も分かってない。


しばらくすると
「証拠を持っていく」と、連絡が入り
智子の自宅に届くため、
新人議員たちにも、うちに来るように誘った智子。

そこに届いたのは、
建設業者選定に関する資料だった。
2枚あり、数字が違うのを藤堂は指摘。
それ、議会で通りましたよね、と未亜(前田敦子)も言った。

そわそわしている岡本(千葉雄大)は、
「分かることだと思うから言うけど、その槇村建設は、市長の講演会の会長だと言う。

市長(余貴美子)が汚職?
そんなわけは、ない。と慎重に調査しようと、藤堂も言い切った。

智子は、みんなが帰ったあとに、
「汚職というのは、児童会館建設みたいです。
何か分かり次第、すぐに報告します。」と、またツイートしてしまった@@;
バカなの??

岡本から電話が入り、すぐに削除してくれ、大騒ぎになる!!と言われて
削除したけど。
もう遅い。
ネットの世界は、拡散が早い。。

もう市長の周囲には、マスコミが殺到。



市長の秘書、望月(細田善彦)の動きが怪しい。



セクシャルなことまで明かされることになるから。って
和美さんが言ってたーー;

望月の恋人(?)
小野佑樹に、5000万円の振込があった。。。
受取人は望月になっていたのだ。。。


和美は、望月に関するネタは、掴んでいた。
今回の件で担当の小野と深い仲だというウワサ。
そんなセクシャリティな問題も、公の場で追求されたりするのかな・・・・?と。同僚と話してた。
って、これは・・・・
成宮寛貴スキャンダルをちょっとパクってるしーー;


すでに、望月とは連絡が取れない市長。
百条委員会が始まる。

なんか、これも見たことあるな・・・・。


市長は、身の潔白を宣言。


ところが、ここで秘書の自殺の情報が委員会中にはいる。


望月は、動画を残していた。

「これらのことは、すべて自分が独断でしたもので
河原田市長には一切関係ありません」と。

市長がすべて秘書に罪をかぶせたのかと議員たちも騒ぎ出す。


会見をした市長は、自分は一切知らない。
それぞれの担当にまかせていた。
しかし、正直に話すべきで、こういう形で幕引きをはかるとは慚愧に堪えない思いでございます。
潔白する証明する術はないので、選挙で市民に問いたいと思います。

再び立候補して、信任していただけるのか
あらためて問いたい」と、
市長は会見を終わらせた。


なんか、あの岡本くん。
細田善彦くん、あまり良い役じゃないことが多くて。
今回は、わりと爽やかで、良い秘書の役だったんだ!!と思ってたので。

とても残念。
やっぱり、何かある人だったのか。。
しかも、途中で死ぬって。


犬崎派は、選挙だ!!!と、盛り上がっていた。
智子は、「人が一人死んだのに!!」と、受け入れられない。

「政治って、そんなんで良いんですか???」

いあいや、政治って、みんなこんなだもんねーー;

智子は、一緒に必死に頑張ってきた望月の姿が忘れられない。
岡本も、このまま市長派でいていいのか、悩んでいる。。


犬崎は、「あんたが動かなかったら、今回のことは出てこなかった。
あんたの無念も分かる」と。

しかし、全部望月くんのせいになって、選挙。
おかしい!!!こんな政治いらない!!!と叫んでる智子に

「だったら、あんたが変えてみたらいい。
市長になってくれないか?」と、犬崎が智子に言い出した。

聞いてたね、藤堂さん。


犬崎が、どこまで絡んでいるのか。藤堂は聞いても
「お兄さんは、全てご承知ですよ」
だと。。。

政治家一家の藤堂さん。
デリヘル嬢と遊んでる場合じゃないよね~
っていうか、あのシーン、本当にいらない。
気持ち悪い。

なんか、福山雅治が、20才の新人と恋人になるドラマを思い出すわ。
無理くり感がハンパないの。


どこかで聞いたようなことばかりが起きて、
智子が、潜在的に持っていた力で、解決していく
痛快ストーリーのはずが。

ちょっと、智子が、バカすぎて。
こんな人には、議員をやってほしくないっていう気持ちが強くなる。
こんな人でも、一生懸命な智子だから、出来る!って?


キムタクの総理じゃあるまいし。。
あれだって、教師だったし。

それに、やっぱり篠原涼子の言葉遣いがいつも同じ口が悪くて
やだわ。。。。

まだオトナ女子みたいな大人でキレイな方が見応えだってあるのに。


【視聴率】第5話 6,9% あーあ・・・・・。でも、見るけどね。嫌いじゃないもんこのドラマwww


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | 民衆の敵 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「民衆の敵」第4話 忖度!と、気になる高橋一生の顔。。】

  
 

「忖度」って、

ちゃんと、変換で出てくるんだね。。。
今年、初めて聞いた言葉で、最近メディアでも、
すっかり定着して。
わざと使ってるでしょ?って思うくらいに忖度忖度。って出てくる。

その忖度。
政治。

市議会議員らしいお話でした。

前回の、親が深夜までいない少女と
ずっと親の介護をしていて看取って
引きこもっていた男性が
少女を救ったのが、
誘拐監禁で冤罪逮捕だった一件で
智子(篠原涼子)は、
本当は、そうやって子供を面倒みてくれるオトナだっているはず。

子供だって、一人じゃ嫌な子だってたくさんいるはず。

そう考えていたところに、

シャッター商店街の中では、ろくにランチをする店もなく
岡本(千葉雄大)未亜(前田敦子)が、仕方なくランチに行ったファミレスには
一日中、ヒマを持て余している、ご近所の主婦たちがいた。
岡本とも、顔見知りのメンバーばかり
昔からの世話好きなおばちゃんたちだ。


それを聞いた智子は、
「一緒にしちゃえばいいんだ!!」と、

「子供食堂」を考える。

一見、うまくいったかのように見えたけど。


託児所がわりに、子供を預けにやってくる親。
ボランティアも責任なく都合で休むメンバーも増え。
ずっと料理を作り続けていた元洋食屋のコックさんも
腱鞘炎で倒れちゃう。

混乱しているなか、
智子は、それでも続けようとするのだが、
岡本が、
「ごめんなさい。これ以上は、出来ません。」と、謝った。


もっと、
もっと、広い目で色々なことに、気を配らなければならなかったのだ。

それを気づいてもらおうと、和美(石田ゆり子)
「子供食堂」やボラティアの記事を智子に渡していたのだが、
忙しさにかまけて、読んでなかった。


あれだけ、色々報告しあってた夫(田中圭)とも、会話も満足に
できない状態。


岡本は、福祉課に根回しをするべきだったと反省し、
市長からも、やりたいことをやれ。
責任は、私が取る!と強く言われていて、
もう一度、「商店街の活性化に関する決議案」を
きちんと書き、議会で発表することにした。

しかし、新人議員の決議は、通らないというのが通例だと
智子は聞かされた。


でも、
わたなべさん。
じゃなくて藤堂(高橋一生)は、
「必殺技があるでしょ」と、言いに来た。

市長秘書が
「できますかね?」と聞くと

「できますよ。佐藤さんなら」と、藤堂。


いったい、智子は、何を?
どこへ?


岡本の決議案の発表が行われた。
智子が援護射撃で発言。怒られる。

岡本が、執行部への強い決議への要望をすると、
智子が率先して、拍手をした。

そして、市長が。

そして、なんと、犬崎(古田新太)までもが拍手!!

そして、大澄賢也まで「お見事!!!よくやった!!!」
と、大拍手喝采が起きた。

「にっぽんいち!!」の声までも。


そうなのだ。
智子は、犬崎のところに、岡本の決議書を持って
アタマを下げた

「いつでも、相談しろと言っただろ」と言われ
「私、思ったんですよ、こういう時のために犬崎派に入ったんだなって」


犬崎は、
「忖度はわからなくても、それがどういうことか分かるよな?
1つ貸しだぞ」
この1つ貸しが。
後々、何に影響してくるんだか。。。


藤堂さんも
にや~

「その笑い方、嫌い!!」
確かに。


で、その高橋一生の目が、おかしい!

腫れてるのか?
二重になってるのか?
まるでマスカラやアイライナーを濃く描いたような。
整形?
まさか・・・


と、スマホでTwitter検索してみたら
どうやら、角膜炎だったらしい。
整形ではありません!!と、ファンの方が断言していらした。

角膜炎。痛かっただろうなーー;


今回もサバサバして、良かったと思う。

こんなふうに、市を変えていく力が
智子には潜在的にあったという
議員になったのも、偶然ではなかったということなんでしょうね。


でも、そんなハッピーなことばかりでいられるはずもなく。


【視聴率】第4話 7,6%
うーん、悪いね。
そんなに悪いドラマじゃないのに。
分かりやすいし。
篠原涼子の演技が飽きられた?



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | 民衆の敵 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ