ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【2017年10月スタートドラマ一覧】

       

★★(ノーベル文学賞受賞・カズオ・イシグロ原作「わたしを離さないで」)綾瀬はるか主演★★


(スペシャルドラマ)
9/20(水)9:00~日テレ「地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子」石原さとみ主演、菅田将暉
10/29(21:00~) テレ朝「BORDER 2」小栗旬主演
10/6,13(23:15~) 「BORDER(衝動)」(スピンオフ)
波瑠主演 
10/14(土)21:00~フジ「世にも奇妙な物語」吉岡里帆、岩田剛典、中山美穂、藤原竜也、加藤綾子

(朝ドラ)
わろてんか 

(月)
<月9・フジ「民衆の敵」>篠原涼子主演 10/23スタート
<月24:59「吾輩の部屋である」>菊池風磨主演 9/18スタート

(火)
<火9・フジ「明日の約束」>井上真央主演 10/17スタート
<火10・TBS「監獄のお姫さま」>小泉今日子主演 10/17スタート

(水)
<水9・テレ朝「相棒16」>水谷豊主演 10/18スタート
<水10・テレ朝「奥様は取り扱い注意」>綾瀬はるか主演 10/4スタート
<水10・BSP「GO!GO!フィルムタウン」>土村芳主演 10/18スタート
<水24:55「パパ活」>渡部篤郎、飯豊まりえ主演 10/11スタート
<水25:25・フジ「ラブホの上野さん2」>本郷奏多主演 10/11スタート


(木)
<木8・テレ朝「科捜研の女 17」>沢口靖子主演 10/19スタート
<木9・テレ朝「ドクターX」>米倉涼子主演 10/12スタート
<木10・フジ「刑事ゆがみ」>浅野忠信、神木隆之介主演 10/12スタート
<木11:59・日テレ「ブラック・リベンジ」>木村多江主演 10/5スタート

(金)
<金8・テレ東「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」>沢村一樹主演 10/20スタート
<金10・NHK「この声をきみに」>竹野内豊主演 9/8スタート
<金10・TBS「コウノドリ2」>綾野剛主演 10/13スタート
<金11:15・テレ朝「重要参考人探偵」>玉森裕太主演 10/20スタート
<金0:12・テレ東「新宿セブン」>上田竜也主演10/13スタート


(土)
<土8「植木等とのぼせもん」>山本耕史主演 9/2スタート
<土9・BSJ「プリズンホテル」>田中直樹主演 10/7スタート
<土10・日テレ「先に生まれただけの僕」>櫻井翔主演 10/14スタート
<土10・WOWOW「片想い」>中谷美紀主演
<土11:05・テレ朝「オトナ高校」>三浦春馬主演 10/14スタート
<土23:40・フジ「さくらの親子丼」>真矢みき主演 10/7スタート
<土24・テレ東「フリンジマン」>板尾創路主演 10/7スタート

(日)
<日9・TBS「陸王」>役所広司主演 10/15スタート
<日10・BSP「全力失踪」>原田泰造主演 9/3スタート
<日10:30・日テレ「今からあなたを脅迫します」>ディーンフジオカ、武井咲主演 10/15スタート

視聴率
20180102.jpg

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2017年10月スタート▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「陸王」最終回 KOHAZEYA 分かっちゃいたけど嬉しい大成功】

  
きっと誰もが想像していた最終回の映像。

そのとおおおおりになってくれた事の嬉しさよ!!
圧巻だった、豊橋マラソンのロケ風景。
ホンモノさながらのフルマラソン。
ホンモノさながらの人数の観客エキストラ。
いや、ホンモノ以上かも。

ホンモノの増田明美さんの解説。

どれをとっても、
リアリティのあった豊橋マラソンは、
絶対に、茂木選手(竹内涼真)に勝利してほしいと
日本中の人たちが応援してたはず。

最後の1足となった、「陸王」
その思いを知ってる村野さん(市川右團次)は
こっそり、茂木に届けていた。

その2人の会話を、こっそり聞いてた城戸監督(音尾琢真)。
この音尾さんが、本当に最後、良い仕事してたよね><。。。。。


茂木の言葉も嬉しかった。

「この陸王は2年前の僕なんです」
と。

折れそうになった自分から
良い時には、たくさんの人が寄ってきたのに
調子を崩したとたんに、離れていった人がたくさんいた。
けれど、そんな自分を支え続けてくれた人がいた。
だからこそ、諦めずにいられた。

まさに、崖っぷちのこはぜ屋が
生き残りをかけて
どうしても、また、茂木選手に走ってほしくて
茂木選手に履いてほしくて作り上げた「陸王」
そんな、たくさんの思いが、この陸王には、つまっている。って

いいこと言うな、茂木ぃ~!!!
惚れるじゃないか!!!


給水で水をあえて取らず、その後、撮り損ねてしまった毛塚に
そっと、並走しながら水を渡す茂木。
感動したよね><。。。。

ゴール直前、2人は笑顔で、
とってもとっても、とっても楽しそうに走ってたのが
胸を熱くさせたよね。


茂木が復活、優勝したあと
なりやまない「こはぜ屋」の電話。
しかし、みんな豊橋に行ってていない^^;

止まらない発注。


たった20人で、この数、こなせないだろうが。。。

と、思ったら。


すごいことになってた1年後。


あんなに悩んだ宮沢社長(役所広司)は
何だったの?ってくらい。
経営者としては、それほどの決断だったに違いないけど
あとは、もう、それこそ、みんなの思いが1つになったときの強さだね。
人の気持ちは、1つになれば、
奇跡だって起こせる。
奇跡は、起きるから奇跡という言葉があるんだ。って
誰かが言ってたっけ。

と、いちいち感傷的になってしまった最終回。

いやああ~~
良かった良かった。

大地(山崎賢人)も、本当は、こはぜ屋に残って
仕事を継いでいきたいと決心したけど。

そうだよ、
一度は、外に出た方がいい。
それも、やっと内定、合格した会社が、一流会社ってことは
そこに入るために、これまで落ち続けてきたのかもしれないし。

父上の言うように、
もっともっと、こはぜ屋のためにも、
広く視野を持って勉強し学んだことが、
きっと将来、こはぜ屋のためになる。


茂木がゴールテープを切ったときの
御園社長。
松岡修造が、すっごく冷静に静かに見守ってたのが
印象的だったね。
あれ、わざとでしょ。
本当の修造なら、誰よりも
「よ~~~~~~~~し!!!!
よくやった!!!!
やったぞ!茂木!!!」くらいに、叫んだはず。
あれ、静かにしてるの辛かっただろうな^^;


そして、その後のアトランティスの低迷。
ピエールの解雇。

受ける《*≧∀≦》


悪いところは、すべて部下の小籔のせいにしてるのを
だんだん苦い顔で見るようになってた小籔。
最後に、言ってやったねえ。
でも小籔にも罰を与えてやってほしかったけど。


エンドロールに和田正人の名前があって
え?出てないけど。。。と、思ったところで
コーチとしてダイワ食品に戻ってきた!!


なんか、ここから、また「始まりそう」な気配がぷんぷん。


またいつか。
みたいなテロップまで出たりして。

続編もやるかもね、的な終わり方。
最近、多いね~。


でも、これはこれで。
おしまいで良いかな。


【視聴率】最終回 20,5%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | 陸王 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「コウノドリ」最終回 シノリンの決意。白川の決意。小松さんの決意】

  

前作に比べて、けっこう内容濃かったかな。
妊婦さんゲストも話題のゲストが多かったし。

ただ、下屋(松岡茉優)が、
どうして救命にいったのかが
私には分かってなくて。

どうも、録画、1話飛ばしてたみたい。。。

ああ。
オフィシャルのあらすじ見てみたら、
矢沢心と福田麻由子の回
見てないわ、

このあたりで、下屋は救命に移ったっぽい。


その後、小松さん(吉田羊)の病気でオペがあったり
四宮先生(星野源)のお父さん(塩見三省)が倒れたりっていうのがあって。
星野源と塩見三省が、とてつもなく似てるのに
驚いたこと驚いたこと。
これは、ナイスなキャスティングだったな~。


どうも、私は四宮先生が画面に映ると


ドキッ


としてしまうようなの。。。

なんで?

なに?
このときめきは。。。。。


前回シーズンのときは、
星野源って、こういう役は合ってないよ。って
綾野剛も合ってないよ。
むしろ、逆じゃん?って反発しながら
ずーっと見てた。

しかし、
今回は、ほぼ、シノリンしか見てないーー;


色んな妊婦さんが出てきた。

けれど、やぱり、子供を産むということは
命がけだということを、
本当に分かってほしいと思う。

だけど、新しい命が生まれるって
明るいことなはずなのに、
どうも、このドラマは重たいテーマになっているので
ちょっと重苦しい気分になるのだ。

やっぱり、医療ドラマは
「ドクターX」や「救命病棟24時」のような
テンポよいスーパーマンのようなお医者さんの話しのほうが

好き。。。。。



やっと、「良い人」の綾野剛には慣れてきたけど
また、そんな最終回直前に「闇金ウシジマくんファイナル」見ちゃったりして^^;


ああ、
「コウノドリ」ね。



みんな、力を合わせて
たくさんの患者さん
いや、妊婦さんを救い、
色んな環境の中、赤ちゃんを産む人がいて、
産むことは出来たのに、
その後に、苦悩から抜け出せないママがいて。


そして、最終章は、ダウン症。

ゲストの奥山佳恵は、実の息子さんが
本当にダウン症らしい。
もしかしたら、一緒に出ていたのが、実のお子さんなのかな?
とても、セリフに魂がこもってたと思う。

これは、本当に夫婦だけの問題ではなくなるし
成長していくごとに、周囲をも巻き込んでいかなくてはならない問題だから
大変だよね。。。


すっごく悩むと思う。

ただ、やはり、私はダウン症は、ダウン症だと思わなくてはいけないと思う。
普通とは違うんだってことも忘れてはいけないと思う。


まあ、あまり偉そうなこと言えないけど。
奥山佳恵の話しにも、言いたいこと
たくさんあるけど。


ここは、ドラマの話しはドラマの話しに戻して。。。


ペルソナに残ると思われたシノリン。

やっぱり、お父さんが、ずっと守ってきた
僻地での産婦人科。
守ろうと決意したね。

何も設備が整ってないなか、
お父さんは、ずっと続けてきたんだもん。

自分の育った場所、住んでる場所で産みたいって。
危険を顧みないリスクがあることを知らなすぎるとは思うけれど。
そんな妊婦さんたちの思いに、ずっとシノリンの
お父さんは、必死にこたえてきたんだ。

絶対、父の後を継ぐって、
お父さんが倒れたあたりから、想像は出来たかな。
っていうか、星野源が、ちゃんと、そういう顔の表情の演技を
してたな。
さすがだな・・・。


白川先生(坂口健太郎)は、自信がついてきたゆえに
失敗をしてしまうことから
もっと学びたいと、循環器の専門を学ぶことを選ぶ。


下屋と別れるシーン。

抱き合っちゃうかと思ったけど、
同期で、戦友って感じなのかな?

今度は、この2人のその後も見てみたい。

下屋の救命病棟を中心に見てみたい気がしたけど。


小松さんの助産師同期の武田(須藤理彩)が
お産であわや命を落としそうになったときには
本当に、つらかったけど。
助かってくれて、良かった。。。

っていうか、やっぱり、須藤理彩の看護師、
救命病棟が、見たい><。。。。
(救命病棟ばっかだよ・・・)
そうそう、最終回のゲスト、石田卓也も救命病棟24時シリーズに
医師役で出てたよね。
「クロヒョウ」のあとだったからとても印象に残ってる。


また、それた。。。




それぞれの道を見つけ、
それぞれの道を歩み
家族のような絆を持ったペルソナのスタッフたちは
また、集結するときが、
来るような気がする。



シノリン・・・

四宮先生の産科病棟のほうが
見たいかな~^^;


(そんなにコウノドリが好きってわけでもないっていうのが伝わってしまう内容だわーー;)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【小栗旬主演「BORDER」ギャラクシー賞月間賞受賞】

   

俳優の小栗旬(34)主演のテレビ朝日スペシャルドラマ
「BORDER 贖罪」(10月29日放送)が「ギャラクシー賞11月度月間賞」を受賞した。

 14年に放送された同局の連続ドラマ「BORDER」の続編。
前作に続いて作家の金城一紀氏(49)が原案・脚本を手掛け、
レギュラー陣の青木崇高(37)、波瑠(26)、遠藤憲一(56)らが再集結した。

 ギャラクシー賞は放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、
優秀番組・個人・団体を顕彰するため1963年に創設。
放送批評懇談会は「BORDER 贖罪」の受賞理由について
「連続ドラマのクオリティーを維持しつつ、見事に『その後』を描いている。
主人公を演じる小栗旬、大森南朋ら前作からのキャストだけでなく
今回から登場の國村隼、満島真之介、中村ゆりかも好演。
エンタメ作品のなかに『正義と悪』『生と死』というテーマ性を
くっきり浮かび上がらせる金城一紀の脚本も鮮やかで、続編への期待が高まる」と説明した。

 11月度はほかにテレビ信州
「NNNドキュメント‘17『プラス4℃の世界 温暖化の果て…私たちの未来』」(11月5日放送)
NHK「ドラマ10『この声をきみに』」(9月15日〜11月17日放送)
NHK「ETV特集『ペリーの告白〜元米国防長官・沖縄への旅〜』」が月間賞を受賞した。
(スポニチ)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | BORDER | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「監獄のお姫さま」最終回! 更生したぞおおお!!!!やっぱクドカン天才!あらすじ】

  

よくぞ、たった1時間できっちりまとめてくださいました!!

なぜ、このドラマこそ、拡大版にしないんだ!!
なんくるないさ~!!!と、言い聞かせ。

のぶりんの沖縄での発見に期待を大きく。

それは、姫の爆笑動画にヒントがあった。
なぜ、警察、検察は、気づかなかったんだよ、6年前!!!!


姫のアタマについてたカメラ。
それに目をつけていたのだ、のぶりん。

めんそーれ~~!!!


姫が爆笑していたのは、
吾郎のチクビが立っていたからだった!!
そうだったのか。。。


吾郎は、姫は、そんなお嬢様ではないと
姐御が語る「姫」をとことん、けなすばかり。
でも、ここにきて、晴海さんがかなり吾郎を攻めている。

なぜか、先生たちと、ババカヨたちは、あっちで集まってる。
そうなのだ。
このときこそ、のぶりんの証拠が
証拠映像が、ワルウーマンたちに届いていたのだ!


からの、

先生
「参りました」と、吾郎に陳謝。

「撤収!!!」


吾郎を解放したババカヨ、姐御、女優、先生、冷麺冷静に。

ったく、吾郎め、告訴はしないって言ってたのに。
釈放されたとたんに、豹変だよ。


とりあえず、牢屋に入った先生とババカヨたち。
思い出の歌、歌いながらの晩飯。
泣ける。


じゅーじゅーお肉の焼ける音。
いぇいぇい!
家族の笑顔ーが~
ごちそうなんだ~~♪
いぇいぇい!!
大合唱だわ。


勾留満期日。
ババカヨに面会にやってきた、のぶりん。

嬉しいお知らせその1
「今、さっき、板橋吾郎が告訴を取り下げました。」
しかし、喜ばない。

嬉しいお知らせその2
「板橋吾郎に、逮捕状が出ました!!」


のぶりん、頑張りました!!!
沖縄で、大変なものを入手していたのだ。

「バカじゃなかった~~!!!」と、のぶりんのことを喜ぶババカヨ。
バカだと思ってたんだ。


財テクさん、こんなときも、本書いて宣伝。
「重版、重版、決定しました!!へへへへっはあああ!!!」
大爆笑。
ホント、菅野美穂が、こんなに好きだと思ったことはないわ。
みんな、このドラマで大好きになったわ。


さて、法廷シーン。


姫がやってきた。


のぶりん
「横山ゆきさんの殺害を計画し、実行犯のタイ人に依頼して
殺害したのは、誰ですか?」

吾郎は
「江戸川しのぶ、さんです」

のぶりん、
爆笑ヨーグルト姫の映像を見せて、
姫のアタマには、景色を撮影するため小型カメラがついています。

と、ここで、ちゃんと、映像を見つけたときの
沖縄での映像が、しっかり、回想シーンと進行していく。
ほんっと、分かりやすい。
膨大な数のSDカードから、吾郎のアタマについてた小型カメラの
SDカードをくまなくチェックし、ようやく被告人の頭部に装着された
カメラの映像を手に入れました。

うううほ~~!!
のぶりん♡


手をふる、プリンス。
吾郎が、プリンスに話しかける。

「俺たちはしのぶだ。」
と、すかさず、ナイフを出す。
「拾え」

両手でナイフを拾えと言う吾郎。


「これで、やってもやらなくても、犯人はオマエだ。」と吾郎

そして、念のために、しのぶの会話を録音させたのだ。
あの酔っ払って「殺しちゃえ~~」ってやつ。


めんそーれ~~!!!

あっちとこっちと、
時間軸が、しっかり合わさっていくのがクドカン流。
ほんっと、分かりやすい!!!

ここにタイ人のりんちゃんがいた理由も分かる。
タイ語で会話してたのを
吾郎が言ってたことを先生たちは知った。
そして、出頭しよう。逃げようと、話し合って
「参りました」の先生の言葉があったの。



ババカヨは愚鈍って・・^^;


「プリンスに殺害を依頼したのは、あなたですね。
お答えください」、のぶりん、カッコいいいいい~~!!!

「はい」

「むふ」検事が、むふ。って


ヤタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

大喜びのワルウーマンたちと先生。


そして、休憩後に、吾郎の幼少期の話しが語られる。
そうか、吾郎の父は江戸川乳業の社員だったんだ。
これも、再現ドラマで、伊勢谷友介が父を演じてるし!!

そして、新製品、江戸っ子ヨーグルトのCMに応募し
「ちび社長」こそが、吾郎だったのだ。

それを見守る、吾郎の父、伊勢谷友介。
いったい、伊勢谷友介は、何人を、このドラマで演じてきたことか。


父は、リストラされ、社宅を出ていき
深く傷ついた、吾郎。
大きくなったら、社長になる!と決めていたと。
だからこそ、江戸川ミルクに入社し
副社長にまで上り詰めた。

そこで、クラブのママ?ゆきさん(雛形あきこ)と出会ったのだ。

社長の娘、しのぶを社長から紹介され
結婚を前提に、交際を申し込んだ。
もちろん、社長になるため。

しのぶは、将来、社長になると社長に紹介されていたが
社長の器じゃないからと、吾郎は言い放つ。

そして、沖縄。

そこに、ゆきが現れた。
吾郎は、姫を待っててくれと言うと、
バーで待ってたところに、プリンスがやってきた。
そこで、録音されたのが、「プリンス、ゆき殺しましょうね、しのぶのために」
「殺す殺す!!わはははは」
誘導するのも、うまかったね、プリンス。


「サヤは、海に捨てた!」と、のぶりんの発言に意見する吾郎。

「サヤを海に捨てたんですか???
あなたが???????
え?なんで???
彼のシモンがついてる大事な証拠なのに、???」

みるみる、青ざめていく吾郎。

のぶりん、気づいた
「あなたが刺したんですか?」

「背中の傷は?」

ゆきは、吾郎との関係を社長に密告し
吾郎のことは、絶対に社長にしない!と言われていたのだった。

吾郎は、なんと、自分で背中にナイフをあてて
グサっ・・・・・・

自分でやったんだ。。。


自分のような優れた人間が生きるための生贄なのだ、とゆきのことを言った。
「触るな!!ナイフに触ったら、オマエが刺したことになっちゃう」
と、ナイフを自分でぴょんぴょんしながら、抜いた。

しのぶに罪をかぶってもらい、
ゆきは、生贄。
それが、会社のため、世の中のため。
君のため。

そして、ゆきを刺した。
吾郎が。


「殺人教唆じゃなくて、実行犯」
ぼそっと、先生、つぶやいた。


なんと吾郎が、実行犯。



しのぶが証言台に立った。
「可哀想な人だと思いました。
どうでした?
社長になった気分は、
満たされましたか?」
と、吾郎に問いかける姫。

「誰のことも、自分のことも愛せない。
悲しい人」

ホントに。


先生は、罪を認めたことを妻の乙葉に報告した。
「でも、良かった」と、乙葉は言ったのだ
「毎晩うなされてたから。
でも、今夜からぐっすり眠れるんでしょうね」

勇介は、乙葉が育てるのかな。。。。


勇介、乙葉ママに連れられて手つないで
行っちゃった。


6年間、無駄だったとは思っていません。
人の善意とか、弱さとか
お節介とか。
だって、信じられる?
知らないおばさんだよ?
アカの他人の、刑務所に入らなかったら絶対に出会わない。
犯罪者のおばさんが、恨み晴らしてくれるなんて
絶対、怪しいじゃん。
でも、信じてみた。
信じるしかなかった。
人を信じたおかげで、私は今、ここにいます
経験値、だいぶ上がりまいた。
でも、やっぱり辛かった。
むなしかった。
寂しかった。
なんで、わたし?
なんで私だけ?・・・」

と、ここで、吾郎
「すまなかった・・・」


「あやまらないで!!!
こんなところで。
こんな形で。
そんな簡単にあやまって終わりにしないでよ!!!」

ホントだよ、板橋吾郎め。


「私達がした経験した苦しみ、あなたは知らないでしょ。
あなたが経験する苦しみ、
私達は知っています。
しっかり罪を償ってください
以上」


姫の言葉。
重かった。
しみた。
夏帆、素晴らしかった!!!


「やだ、今一番、イケメン」
って、姐御、
やだ~。


閉廷。



やった!!!
やったぞ!おばさんたち!!!
すごいぞ、おばさんパワー。



「69番願います」
まだここでも69番^^;


「更生したぞ~~~~~!!!!!!」


綿密!!


そして、オバサンたちは、それぞれの道へ。



財テクさんの専属メイクになったババカヨ。
そこにのぶりんが白いスーツでプロポーズしてる~♪

このストーリー、ドラマを、財テクさんが書いてる。
それ、読みたい。


そして、そして姫の釈放。
みんながお迎えにやってきた。

勇介くんも。
「おばさん、だあれ?」

ううう・・・・・。


「お姫さまよ」と、ババカヨ。
ナイス!な説明。

「はじめまして、おひめさま」
可愛い、
可愛いよ、勇介。
伊勢谷友介も、カッコ良かったよ。
こんなにこの人、好きだと思ったことなかったよ。

ホント、みんな好きになっちゃった。


更生したぞおおおお!~~~~!!!


姫は社長に就任!
凄腕の社長になりそう^^

【視聴率】最終回 7,1%
ううううーーーーん。。。やっぱり、一般向けではなかったのね。
分かるやつにしか、分からないのね。。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | 監獄のお姫さま | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ