ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「この声をきみに」最終回 朗読ってステキなんだな~】

  

ステキなドラマでした。

数学バカのメビウスの輪、結び目理論にしか興味がないような
偏屈な男、大学の講師、穂波孝(竹野内豊)が
道に迷って、
その知覚に、穂波の好きそうな歩道橋がある。と
同じ大学の講師の東原(松岡充)から聞いたのがキッカケで
「そこ」を通ってみる。

そこを抜けて、たどりついたのが、
「朗読」の教室だった。

その朗読の教室で出会った、江崎京子先生(麻生久美子)と
穂波さんとの、大人の恋。

妻に子供ふたりを連れて、突然出て行かれて
離婚を代理人から突きつけられ、
何が起きたのか、まるで理解できなかった穂波が

朗読の世界。
絵本の世界を声に出して聞く事で
その世界に入り込み、
現実の世界から、本の世界へと、
いっきに引き込まれていくところから始まり、

自分は、朗読など興味がない。
やらない。
いやだ。と、拒否をしてたはずが、
いつのまにか、朗読の虜になっていく穂波。

ずっと少年の頃から、ぽっかりと、ココロにアナがあいていて
そのアナを埋めるためには、どうしたら良いのか
分からずに、いつもモヤモヤした気持ちを持ち続けてた。

それが、朗読を通して、
色んな人と出会い。
色んな感情と出会い。
色んなものを見ることを知り。

今となっては、おそすぎたけれど
妻のそのときの気持にも、寄り添える、分かるようになっていく。

その教室に通ってる人たちにも、
色んなものを抱えている人たちで。
人って、みんなそうなんだろうなって思うけど。

特に、京子先生は、
ステキな笑顔、ステキな声、ステキな表現力とは
まったく違ったものをその中に秘めているようだった。

そんな京子先生も、穂波と出会ったことから、
何かが動き出し、
何かが変わっていく。

実は、以前に
何年も前にも、一度出会っている2人。


そんな大人の恋も
朗読の再現ドラマも。
杉本哲太と片桐はいりの、「あまちゃん」の夫婦のような2人も。

ウワサ好きでお節介でうるさい感じの普通の主婦の堀内敬子や
声優を夢見る実鈴(大原櫻子)も、
きつい雰囲気なのに、実はわりと優しい絵里を演じる、趣里も、
想像どおりの告白をするトランスジェンダーの戸塚翔太も。
みんな、とても良い味を出していて。

静かで、それでいてカッコいい柴田恭兵も

とても、とてもバランスが良かった。


穂波のとっておきのプレゼント。

「この声をきみに」

最高なラストでした。


JUJUの歌声で麻生久美子が歌ってるかのように
始まるエンディングも、とっても好きで、ついつい毎回、最後まで見てしまうのでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


楽天バナー商品バナー

br_decobanner_20110417165910.gif | この声をきみに | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【竹野内豊、NHKドラマに初主演 偏屈で冴えない46歳の数学者に】

 

俳優の竹野内豊が、NHK総合にて9月8日からスタートするドラマ
『この声をきみに』に主演することがわかった。
竹野内はNHKドラマ初主演。
偏屈で冴えない46歳の数学者を演じる。

『この声をきみに』は竹野内演じる話すことが苦手な男性が、
ある小さな朗読教室で出会う人々との交流を通して、
新しい一歩を踏み出す物語。
共演には麻生久美子、ミムラ、堀内敬子、松岡充、大原櫻子、
杉本哲太、柴田恭兵らが名を連ねる。

 大学で数学を教える穂波孝(竹野内)は話すことが苦手で、
学生からの人気もない。
愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は子どもと出て行ってしまう。
そんなある日、学部長から「話し方教室」へ行くよう命じられた孝は、
講師の江崎京子(麻生)と出会う。
こんな偉そうな女に教われるかと言う孝に、「つまらない男」と言い放つ京子。
彼女の上司・佐久良(柴田)が仲裁に入るものの、
険悪な雰囲気で二人は別れる。
しかし数日後、町はずれにある小さな朗読教室で二人は偶然再会するのだった。

 竹野内は「私が演じる主人公の孝は、
『朗読』をきっかけに、その1歩を踏み出すことになるのですが、
この作品も、変わりたいと願う全ての方たちが、
新しい1歩を踏み出せるよう、背中をそっと押せるような
存在になれたらと思います」とコメント。

 脚本を務めるのはNHK連続テレビ小説『あさが来た』や
『聖女』の大森美香。
大森は「竹野内豊さんをはじめ、美しい声の方ばかりが集まってくださいました。
SNSなどの普及によって声なしに意志のやりとりをすることが
当たり前になった今だからこそ、誰かの声をきくことで
ふいに心が緩まったり、胸が高鳴ったり、涙が出たり、
そんな感覚を新鮮に味わえるような気がしています」と作品への手応えを語った。

 『この声をきみに』はNHK総合にて、9月8日より毎週金曜22時から放送
(クランクイン!)

<キャスト>
竹野内豊(NHKドラマ初主演) 
麻生久美子 
ミムラ 
堀内敬子 
松岡充 
大原櫻子 
趣里 
戸塚祥太 
永瀬匡
平泉成 
仁科亜季子 
片桐はいり
杉本哲太 
柴田恭兵
 ほか


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | この声をきみに | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ