FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ドクターX」最終回 余命3ヶ月の大門未知子、でも失敗しないので!!】



なんか、感動した。。。
これまでの「ドクターX」の最終回の中でも、
一番感動したかも。。。

主役の医者が病気になっちゃうって話しは、
わりとよくあるけど。

まさか、大門未知子が、そんな病気になるなんて。
しかも、余命3ヶ月とか、
やめて~~~!!!
って。

美しい脚に、美しいスタイル。
颯爽とミニスカートとハイヒールで歩く大門未知子は
元々、米倉涼子があまり好きではなかったけれど
もう、大門未知子になって
「私、失敗しないので!!」で、大好きになってったもん。

やっぱさ、
ミニスカ、生足で、体冷やしすぎたんじゃない???

違うかーー;


ここんとこ、西山先生(永山絢斗)を弟子のように
これまでになかった大門未知子が、ほかの医者に教えるというシーンがあったり。
何より、大門未知子が来てから
どんどん変化してった西山先生が
未知子の執刀医になるっていうのは、
納得。

待ってました!!の加地先生(勝村政信)がやってきたので
加地先生が助けるのも、ありなのか?と思ってたけど。
加地先生も、未知子がいないとダメだったのね~。

6時間にもおよぶ内神田(草刈正雄)のオペを
痛みをおして、薬でおさえながらやりきった大門未知子。

オペしながら、あんな苦しそうな大門未知子を見たのも
初めてだったし。
震えるような、今にも倒れそうなほどつらそうな大門未知子を見たのも
初めてだった。

それでも、オペを中断しなかったし。
なにより、みんなが、
どの医者たちも、大門未知子がやってくることを
待ちに待っていたのだ。
「だいも~~~ん!!」なんて、手振っちゃたりして。



「外科医の手術職は
最初のトレーニングで決まる。
どれほどの熱意を持って手術を学ぶか
どれほどうまい外科医の手術を見るか。
川の水の流れるように基本手技を反復し
美しい最終術野を作り、それが理想の手術。
そして、一番大事なのは、どんなn厳しいオペでも
決して
患者を見捨てないこと。」


大門未知子の師匠。
晶さんが教えてくれたこと。

こんなことを言うのも初めてだ。
まるで遺言のようだけど、
西山や、そこにいる医者たちに
本当の外科医とは、こうあるべきと伝えたんだと思う。


難しい大門未知子のオペを執刀した、西山医師。

けれど、大門未知子は、自分のオペのあらゆる想定をして
術式と手順をノートに記していた。
それを、毎回、大門は患者のオペのたびに、前準備をしていたことも
初めて知った。
だから「私、失敗しないので!!」
だったんだって、


城之内先生(内田有紀)が、蛭間院長に
怒鳴りつけるシーンも圧巻だった!


みんなが、大門未知子を助けるために
大学病院の医者たちが縦横関係なくまとまるっていうのも
すごいことだった。
フリーランスの医者!って、さんざんバカにしてきた医者たち全員が
大門未知子の実力を認め
大門未知子の存在そのものを大切に思う気持ちが
よく現れてたし。

オペをされてる大門未知子を見るのも、新鮮で
へんだった。。。

すごいストーリーをねじ込んできたな。。と、驚き。

治ってよかった。

また、オペが出来るようになって、
本当に良かった。

どうして、日本にいなくなっちゃったのかは
分からないけど。

また、きっと、続きがあるんでしょう。
そのとき、西山先生が、フリーランスになってたら
面白いんだけど。


ハイブリッド人工血管!最高~!

大門未知子バンザイ!!

あっぱれ!!な最終回でした。

35億!!



【視聴率】最終回 25,3%
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ドクターX | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【<ドクターX>勝村政信主演スピンオフ「ドクターY」ドクターY」第2弾が地上波初放送】

 


女優の米倉涼子さんが主演を務める連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」
(テレビ朝日系、木曜午後9時)のスピンオフ「ドクターY~外科医・加地秀樹~」の第2弾が
地上波で初放送されることが1日、分かった。
「ドクターY」は勝村政信さん演じる外科医・加地秀樹が主人公。

第2弾は全6話で、今年9月からauの動画配信サービス
「ビデオパス」と「テレ朝動画」などで配信され、地上波ではダイジェスト版を
9日午後3時15分から放送する。

 「ドクターY」は、「腹腔鏡」のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む
外科医・加地秀樹(勝村さん)が、うっかり金に目がくらみながらも、
外科医の本分である手術や治療を成し遂げる姿を描く人気スピンオフシリーズ。
第2弾は「少女の霊に呪われている」とうわさされる山奥の「穂野倉病院」が舞台で、
当直を任されることになった加地の一夜を、スリリングかつコミカル描いている。

 看護師役の堀井新太さんや飯豊まりえさん、
謎の記者役の堀田茜さんに加え、星田英利さん、野口かおるさん、
徳井優さん、岩松了さんらも参戦。大門未知子役の米倉涼子さんをはじめ、
岸部一徳さん、滝藤賢一さんもドラマ本編の役柄で特別出演している。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして
病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子を通して医療現場を描いた人気ドラマ。
現在は第5シリーズが放送中で、14日に最終回を迎える。
(mantanseb)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | ドクターX | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ドクターX」第8話も20%超え!永山絢斗が息子だった!!】

   


いつもの同じパターンに加えて、あの手この手で
飽きさせない展開を次々持ってくる「ドクターX」今回のは、本当いすごいぞ!!

カンファレンスで受けた患者の病状。
これは、もう大門未知子意外のオペは、ムリ!!と
そこにいる誰もが思って、大門未知子がオペの方法を話し始めると
全員がメモを取るという
これまでにない展開。

どんなトラブルにも対応を準備している大門未知子のオペ方法は
そこにいるどの医者にも出来ないオペだった。


なのに、患者は元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)。
大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発したばかりで
この有名人を担当しオペが成功すれば
また病院の名をあげる!と喜んでた蛭間(西田敏行)だったのに。

内神田(草刈正雄)のひと言で、
このオペは、成功させてはいけないことを知る。

絶対に大門未知子にやらせてはいけない!!
と、海老名(遠藤憲一)、鳥井(段田安則)、猪俣(陣内孝則)に命令し
海老名が執刀することに。

なんと、この海老名。
せこい告発文を病院にばらまいて、
大門未知子にオペさせようとまでしていた^^;

なんだかんだ言っても、ここの教授たちは
オペを見学すると、みんなが患者が助かるように!!という
思いが伝わる言葉を必ず言うんだよね。
やっぱり医者なんだ。


そんな中、西山(永山絢斗)だけが、日本医師倶楽部へと
一人、乗り込んでいた。

内神田に、自分が執刀することを了承させたのだ。


内神田を見る西山の目。
ようす。

これは、絶対、息子だね!!
と、分かったけど。
妾の子かと思った。

違った。

母は、元看護婦で、内神田の恋人だったらしい。
でも、内神田には上からの娘の縁談をすすめられ
母親が身を引いたと聞いていたが、
きっと、振られたに違いないと。

それでも、父のことをいつも立派な医者だったと母から聞いていた西山は
医者になろうと思ったのだと

なんか、大門未知子が、今回、やけに後輩の指導にあたってるんだよね。

この前も、前準備万端の西山にオペ任せてたし。

ただし、今回は未知子のいない間にオペを始めたので
さすがに、それは怒られたけど。

ちゃんと、もしものときの準備をしていなかったと。


なんか、いつもと違う流れで、それでいて、いつものドクターXで。
いい感じに続編が作られてる感じ。
パワーアップしてる。内容が。
素晴らしい!!!!


ただし、今回は、きんちゃん。お休み。
前回、シャーロットと頑張ったからね。

やっぱり、毎回、誰かが休むのね。

【視聴率】第8話 20,6%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ドクターX | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ドクターX」第7話も20%超え!ゲストはシャーロット】

  

今回は、蛭間院長(西田敏行)出てきた。
どっか具合でも悪いのかと思ったよ。。
でも、海老名先生(遠藤憲一)がいなくなった。
城之内先生(内田有紀)までも。。。

一緒に、ほかの病院でのオペをしに行ったって、説明セリフあったけど。

あまりに豪華なキャストだと、全員にセリフを振り分けるのが難しいからなのか。
ほかのドラマとブッキングしてるのか。。。


どちらにしても、ちゃんとストーリーは、「ドクターX」
内容は、しっかりしたものが出来上がってるところがスゴイ。


キンちゃん(鈴木浩介)の元恋人だったナナーシャ(シャーロット・ケイト・フォックス)が
突然やってきた。
ロシアの病院で外科医をしていたときに原先生と出会ったらしい。

間の悪いことに、日本医師倶楽部の会長(草刈正雄)関係筋のご令嬢との
お見合いの場に大門未知子(米倉涼子)が、ナナーシャを連れてきちゃった。


このナナーシャ、腕のいい外科医だったのに、
もう医者じゃないという。

西山先生(永山絢斗)が調べたら、
どうやら、医療ミスが原因だったことが分かる。

そして、脳腫瘍があることも。


内神田の妻(戸田菜穂)の設定したお見合いをぶち壊した原先生に
蛭間院長、ご立腹。

ナナーシャも、あとは、原先生と一緒に静かに3ヶ月を過ごしたいとか言ってる。

原先生、辞職を決めて、
ナナーシャと過ごすことを決めるけれど。


大門未知子が言ったことばが、脳裏をよぎる。

「治すべきだ」って。

ナナーシャも、やりたいことがたくさんあるといいつつ、
「日本の桜も見たい・・・けど、これは、見れないね・・・」


この言葉が、原先生のココロを動かした。

カンファレンスの会議室に颯爽と入ってきて、
レントゲン写真を差し替える原先生は、カッコよかったぞ!!


院長は、反対してるから、
オペは、大門未知子と原先生。

すると、助手に、西山先生と森本先生(田中圭)も入っていた。

田中圭、今回はこっちに出れたんだね^^;

掛け持ちだと、本当大変。


途中で覚醒させながら、後遺症が残らないように
またメスが握れるように行うオペは、とても難しく。

途中で、猪俣(陣内孝則)も、「ムリはするな!」と、止めたりする。
鳥井先生(段田安則)も、見学してて、
2人して、いつのまにか、応援モードに入ってる。


今回は、麻酔医は、内田有紀じゃなくて、大丈夫だったんだろうか?
と、前回の流れもあるし、とても心配だったのは
私だけでしょうかーー;

でも、「私、失敗しないので!」と
みごとに、オペを成功させた大門未知子。


院長もナナーシャが、アメリカの医師倶楽部の副会長の娘だったことを
アキラさん(岸部一徳)に聞いて、上機嫌。
内神田からも、お礼の電話までもらって、1000万円の支払い、快諾!

めでたし、めでたし。


でも、あんなに、オペ中
「アイ・ラブ・ユー、ありがとう」って言ってたのに、
あっさり、原先生置いて、帰っちゃったナナーシャ。
受ける~


なんか、シャーロット、日本語、ヘタになってたね^^;
忘れちゃったのかな~。
それとも、そういう演技だったのかな?

ユーチューバーとは、どうなったのかな?


というわけで、今回も、おみごと!!!視聴率20%超え!!
パチパチパチ88888888


【視聴率】第7話 20,1%
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 最後まで読んでいただいてありがとうございます。


br_decobanner_20110417165910.gif | ドクターX | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ドクターX」第6話 大門未知子と城之内博美、餃子で仲間割れ??】

 
 

というわけで、麻酔科医、城之内博美の回。やってきました。

そもそも、大門未知子と一緒にちゅーか屋で
餃子を食べてて。
1つのお皿に6コの餃子。

残った1つを、迷いもなく未知子は、口に。
「大門さん、もう3コ食べたでしょ!!!」

と、博美は、好きなものは、後まで取っておくタイプだったらしい。


食べ物の恨みは恐ろしい。
ってことが、尾を引いてるわけでもないのだろうけど。


今回は、猪俣(陣内孝則)のオペに入った城之内。
あまりに長いうんちくを、オペ中にくっちゃべってる猪俣。
おかげで、オペの時間が、かかったかかった。

それを注意した城之内先生。
「麻酔科医ごときに!!」と、東帝大病院の出入りを禁じられてしまう。

かわりに入った麻酔科医の瓜田(今野浩喜)。
いきなり出てきて、驚いたわ。
でも、この回のゲストだったのだね。


「ちゅーか」の奥さん(松金よね子)がオペする予定が入ってたところに
ご主人の平泉成さんまで、重篤な病気が見つかり、
こともあろうか、奥さんのオペの日に、倒れてしまって
緊急オペに。
同時オペとなってしまい。
その頃、海老名(遠藤憲一)と一緒にいた、城之内が

850円のランチを「私が全部払うから、そのかわり!」と、
オペ室に入れてもらうことを許可してもらった。


険悪なムード、バチバチだった大門未知子と城之内博美だったけれど

オペ室に入ったら、やっぱり息は、ピッタリ。
大門未知子のやることは、すべてお見通し。

いかに、麻酔科医が優秀でないと、オペがスムーズにいかないかというのも
うり坊のおかげでよく分かる。

「医龍」で、麻酔科医の重要性は、阿部サダヲが演じてたのを見て
初めて知ったけどね。
そういえば、坂口憲二、どうしてるんだろう?
内田有紀と双子だった坂口憲二・・・・。


松金よね子さんのオペのことを、前準備として、勉強しっかりしてた
西山(永山絢斗)に、大門未知子は、任せて
平泉成さんの大変で、猪俣も瓜田もほっぽりだしたオペに
大門未知子は、入った。

オペは、夫婦ふたりとも大成功。

今回も、スカッとしましたドクターX。

西山先生は、あの看護師と付き合ってるんだね~。

なぜか、お休みだった西田敏行。
具合が悪いんじゃないと良いけど・・・。

院長の代理ということになってた猪俣のもとに
晶さん(岸部一徳)がやってきて、
今回の件は、城之内が復帰ということでまるくおさめた。

今回は、蛭間院長がいなかったから、ソンタくんも出てこなかったなーー;


でも視聴率は、すごいよ。

【視聴率】第6話 20,7%
 もうお化け番組だね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ドクターX | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ