ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「コウノドリ」第3話 産後うつと無痛分娩と、カッコよすぎる星野源】

  


佐野さん(高橋メアリージュン)
エジンバラ症候群の回答は、問題なしと結果は出てたらしい。

でも、病院のスタッフみんなが佐野彩加が仕事復帰を焦ってるし
どう見ても、疲弊しきってる様子を心配してる。

こんなに、一人の患者を、親身にみんなが心配してくれる病院って
本当に良いよね。。。



きっつい言い方する、四宮先生(星野源)
平匡さんやった後だと、
この冷たさ、シビれるわぁ~。
なんでだろ。


彩加(高橋メアリージュン)の母がやってきた。
「3歳までは出来るだけ一緒にいろ」だの
「ミルクにもう変えたのか」だの、
「子供は、母親が育たるべき」だの、
けっこう、突き刺さることを、言う。

これ、けっこうキツいんだよね。
いつもなら、どうってことない事なんだけど。

ますます鬱っぽくなっていくのが
見ていても分かる。

部屋は荒れていく。
赤ちゃんは泣きっぱなし。
保育園を入れることを焦る彩加。
非協力的なことを言うダンナのナオト・インティライミ。。。。


気管支炎になった赤ちゃんに
「私が、ダメなお母さんだっていいたいの?」と。
小さい声で。




小松さん(吉田羊)が、あまりに異常な雰囲気の彩加をみて
ラインのIDを教えてしまう。
個人的な連絡先を教えたことで、医師たちに怒られる小松さん。


産後うつって、本当に深刻なんだよねーー;


佐野さんについては、
家族に連絡をして、状況を伺ってみましょうということになる。


すべての患者の背景までを背負うことは、出来ない。と言う四宮先生。



三浦さんっていう患者さん。
産後鬱で自殺しちゃってたんだっけ。。
これ、「ひよっこ」の澄子だったって本当?
気づかなかった。。。


鴻鳥先生は、そうなる前に救う手立てはあったんじゃないかと
いまだに、悔やんでいる。
「大丈夫」「大丈夫」って言ってた彼女。
その状況は、今の佐野さんと似てるんだ。

「いい加減にしろ。
前を向けよ!!
オマエが大丈夫じゃないんだよ」
と四宮先生。

くぅ~~~~!!!!
かっこええ。。。

こんなに最初の「コウノドリ」のとき、四宮先生贔屓でもなかったのに。
絶対、脚本も、どこか意識してるよね。四宮先生を実はカッコいいってところ。




うわ、今度は、川栄李奈が、人から言われて「無痛分娩やめたい」って言い出した。
色々、言う人いるんだよね。
痛みを分からない出産なんて、出産じゃないだのなんだのって。
痛みがなかったら、愛情がわかないだのなんだのって。




心臓疾患合併。
そこまで理解してんのか!って話しだよね。

それを、鴻鳥先生は、丁寧に親切に説明して説得していく。
優しい綾野剛が、やっぱり、まだ馴染めない^^;



そうそう。
父親なんて、自分は産まないわけだからね。



いっぽう、彩加のほうは、
仕事の仲間が、遊びにやってきてくれて
気持ちが明るくなり、部屋も片付け
迎え入れた。

ところが、これが、大変なこともお土産として持ってきた。

彩加のプロジェクトがなくなり
新しいリーダーもできたと。

言っちゃダメだよ、そんなこと><。。。


彩加と、川栄李奈の出産と同時進行していく展開。



病院で、赤ちゃんを置いたまま、佐野さんがいなくなったことが分かる。
ここか。
こが2話の最後のシーンか。。


屋上へと上がる、彩加。
三浦さんのことがあって、鴻鳥先生は、屋上へ?

あれ?
違う。
見つけたのは、四宮先生。。

「何をやっているんだ」

「四宮先生、もうどうでもいいんです。
誰にも必要とされてない。
母親としても、ダメ。
わからないでしょ」

ここで、鴻鳥先生が追いついた。


四宮先生は
「佐野さんの言うとおりですよ、
オレにあなたのことは分からない。
だから、今、あなたを引き止めても、オレのワガママです。
まだ治療の道がある患者を放っておくことは出来ない



「治療?」

「そうです、治療です。
治ります。
話したくなければ黙ってていい。
ただ、少しだけ聞いてください」


と言って、手を差し出す四宮先生
「お願いします」

うわ、握りた~~~~~い!!!!その手。。。。。。


握った!


ほっとする鴻鳥先生。

「良かった!!」と、何もしてあげられなくてごめんね。と抱きしめる小松さん。


「あなたは、産後うつです」と告知する四宮先生。


そこにダンナ、ナオト・インティライミ登場。
「言ってくれよ」だと。


また、怒ってくれた。四宮先生。

「なんだ、それ」


ホントね、コウノドリ2の四宮先生
じわじわくるわ。
大好きだわ。
1のときより、断然いいわ。




そうそう。
大森南朋さんの言うとおり。
母親は、頑張っても、誰にも褒めてもらえない。



本当に、江口のりこさんの言うことも、沁みたわ・・・。
子育て、美化しすぎ!!



坂口健太郎もピアノ弾いたらいいのに。。。
あ、サトルじゃないんだっけ。


ドラマごっちゃになってる私。
今夜、「悪」の大森南朋は、小栗旬に殺されて死者になって出てきます。


そんなわけで、心療内科の治療を始めることになった彩加。

「イクメンじゃなくて、父親になるよ」とナオト・インティライミ。
そこ、大事だね!!!


けっこう、いい回だった。
いや、前回も、土村芳さんの回、良かったし。
初回は志田未来だったし。
「コウノドリ2」は、1よりも好きかも。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「コウノドリ2」第2話 新しい命と病魔】

   


なんかね、予告から今回の妊婦さんはがんだっていうのが分かってて
ちょっと、見るのやだな。。って思ってて。
苦手なの、そういう病気のって。

医療ドラマ、医者ドラマは大好きなくせに。
ドキュメンタリーでもないし、
TBSでお得意の、病魔と闘って生きた本当にあったドラマとかも
好きじゃないし。


けど、今回のゲストの土村芳って女優さん、わりと好きで。
「べっぴんさん」は、まったく見てなかったんだけど
「恋ヘタ」での演技が、とても良くて。
良い女優さんになりそうだな~って応援したくて。


勇気をもって、見ましたとも。


見て良かった!!!

今回のテーマは、かなり重たかったけれど
全面的に、前向きで。
鴻鳥先生はもちろん、
クールな四宮先生も、「運が良かったな」って言葉に
色んな意味がこもってて。
っつーか、絶対、星野源、シーズン1より、丸くなってるよね。
そう演じてるよね。

元々は、四宮先生って、あんなじゃなかったのが、戻ってきただけか?

福士誠治が演じる夫も、
妻のことをいたわる気持ちと
赤ちゃんを愛する気持ちと
色んな葛藤が、その涙に現れてて
良かったな。


佐和子(土村芳)の、確かに感じる「命」を
絶対に、自分の中で育ててあげたい強い気持ちと
本当なら、病気を告知されただけで
ショックすぎて、先のことなんて考えられないだろうに
ものすごく芯の強さとか
あふれる母性とか、
とてもよく出てたな~。
やっぱり土村芳(つちむらかほ)は、良い女優さんになると思う。

頑張ってほしい。


最後の鴻鳥先生に届いた
検査結果報告を見たときの
綾野剛の笑顔と
松岡茉優の、心配そうに覗き込むところから
安心していく笑顔に変化していくところ。

2人に報告して、
無音で、その喜びを表現したところ。

号泣ものでした。

あんまり、「コウノドリ」で、感動ってしないほうだったんだけど。
今回は、参った。

泣けた。

良かった。

やっぱり、うまくいってほしい。
ドラマは、運が良いほうで見たい。


でも、まだまだ問題は次々起きるようで。

高橋メアリージュンさん演じる彩加が
出産したけど、心臓に問題を抱えてた赤ちゃんだったので
その後が、これからも描かれるみたいで。。。

屋上にいたよねーー;
赤ちゃん、置いて。。。


小松さん(吉田羊)は、こうなりそうなことに
少し気づいてはいたようなんだけど。。。



【視聴率】第2話 11,8%


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【川栄李奈、金爆・喜矢武と夫婦役で初共演!『コウノドリ』で妊婦演じる】

  

元AKB48で女優の川栄李奈と
ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの喜矢武豊が、
27日に放送されるTBS系ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22:00~)の第3話に出演し、
夫婦役で初共演を果たすことが19日、わかった。

講談社『モーニング』にて人気連載中の鈴ノ木ユウの同名漫画をドラマ化。
2015年10月期に放送された前作に続き、産婦人科医と天才ピアニストの
2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラ役を綾野が務め、
前作から2年後の姿を描く。

第3話で川栄が演じるのは、初めてのお産でサクラ(綾野)の元へ診察に訪れる
妊婦・山崎麗子。心臓病を患っており、サクラから無痛分娩を勧められるが、
周囲から聞いた“出産ジンクス”に振り回されペルソナの医療者たちを
困惑させるという役どころだ。
昨年ドラマで妊婦役が続いた川栄が、今回も安定した妊婦ぶりを披露する。
そして、TBSドラマ初出演となる喜矢武が、心配性の妻・麗子を支える妻想いの夫・友和を演じる。
(mynavi)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「コウノドリ」第2話 平匡さんじゃない星野源】

 

ただただ、
それだけが楽しみで楽しみで。

このドラマを最初に見たときには
星野源って、この顔で冷たい役やると
本当に冷たそうに見えるよな・・・と、思って
あとは、ただただ、綾野剛の良い人すぎる役、大森南朋の良い人すぎる役に
違和感を感じたドラマだった。

ところが、2年たって、続編が放送されるようになると。

なんということでしょう。。。。

星野源は、「逃げ恥」で国民的大人気の平匡さんとなり
このドラマが俳優デビューだったという坂口健太郎は、
今やドラマに欠かせない俳優となり、たった2年で色んな役を演じ。
松岡茉優と江口のりこなんて、前クールの「ウチの夫は仕事ができない」で
弟の嫁と義理の姉を演じたばかり。
しかも、前クール、江口のりこさん、「黒革の手帖」にも出てたし。
毎クール見てる気がする江口のりこさん。
そっか、「コウノドリ」にも出てたんだ!!


と、豪華キャストとなって戻ってきた続編。


医療ドラマは好きだけど、
この「コウノドリ」は、ちょっと苦手。
それは、たぶん、大変なお産を扱う病院だからかもしれない。

それだけ、妊婦としてやってくるゲストたちにも
リアリティがあって
辛くなるのかも。

今回の志田未来、ミツオじゃなくて泉澤祐希。
うまかった~。
泉澤祐希なんて、セリフ言えない役なのに
ろうあ独特の声の出し方とか。

志田未来は、夏には目が見えない役もやってたのに
すごいわ、ホントに。

そして、キャリアウーマンの高橋メアリージュン。
夫のナオト・インティライミ。

「僕も手伝うよ」と言った、夫に対して
四宮(星野源)が、
すんごい恐い顔して

「何言ってるんだ、手伝うじゃないだろ
あんたの子どもだよ」
って。

ホントだよな。
手伝う。
じゃないよ、
そこ、すごい大事!!と、感激しちゃったセリフだった。


と、どうしても、私は、鴻鳥サクラ先生よりも
四宮先生のほうが好きで。。。。
サクラ先生の優しさは、どうしても、綾野剛じゃない人が演じるのを
見てみたかったと思うところが、いまだにあって。。。

これも、優しい雰囲気の役者が演じたら
普通すぎちゃって、かえって良くなかったのかもしれないし
素晴らしいキャスティングだったからこその人気なんだろうね。
うん。。。



また、小栗旬、出てこないかな~
子供、こんなに大きくなりました!って。。。。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【志田未来『コウノドリ』で妊婦役!『14歳の母』以来11年ぶりの"出産"に挑む】

   

女優の志田未来が、10月13日にスタートする綾野剛主演のTBS系ドラマ
『コウノドリ』(毎週金曜22:00~)の第1話にゲスト出演し、
生まれつきろうあ者の妊婦・早見マナ役を演じることが28日、わかった。
日本テレビ系『14才の母』(2006年)以来、11年ぶりの出産シーンに挑む。

女優の志田未来が、10月13日にスタートする綾野剛主演のTBS系ドラマ
『コウノドリ』(毎週金曜22:00~)の第1話にゲスト出演し、
生まれつきろうあ者の妊婦・早見マナ役を演じることが28日、わかった。
日本テレビ系『14才の母』(2006年)以来、11年ぶりの出産シーンに挑む。

初主演作であり出世作でもある『14才の母』以来、
テレビドラマでの妊婦役は11年ぶりという志田は、マナ役について
「妊娠や赤ちゃんを産むということを実際経験したことがない中で、
さらに耳が聞こえないという大きな壁があり、演じていて率直に難しいな・・・と思いました」とコメント。
実際に演じて「出産シーンというとてもハードで緊迫するシーンの中、
出演者、スタッフの皆さんがとても温かく声をかけて下さり、心強く感じました」と語った。

11年ぶり2度目の"出産"については「当時は13歳という年齢もあり
想像で演じるしかなく、母や周りの出産を経験している方に
アドバイスとして話を聞いていたな・・・ということを思い出しました」と振り返った上で、
「約10年という時間が経っていますが、
まだ実際には出産を経験していないので、今回もまた想像したりして演じました」と説明。

また、「(前回は)お腹に物を詰めても、どこに手を置いたらいいか、
どう歩けばいいか、といったことなどがよくわからなくて
注意されていたのですが、今回はそれが自然にできたこともあり、
その経験が体にまだ染み付いているのかなと思いました」と話し、
「周りの友人も実際に母親になったり、年齢的にも出産というものが
身近になってきたので、だからこそ命の重みを考えるようになり、
実感しながら演じました」と語っている。
(mynavi)


志田未来ちゃん、「最上の命医スペシャル」では目が見えない役で
今度は耳が聞こえない役かぁ。
こういう障害のある役を、うまくこなせる女優さんって
なかなかいないんだろうな~。
うまいもんな~志田未来。

「ウツボカズラの夢」の最終回も、楽しみw



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ