ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「ごめん、愛してる」最終回 日本版は明るい未来へ】

  

オリジナル版とは絶対変えてくると思われた日本版「ごめん、愛してる」最終回。

ちょっと、アッサリしすぎた感じはあるけど。
あの感じだと、麗子(大竹しのぶ)は
律のこと、1年後には知ってたんじゃないのかな??

どうして、サトルが、あんな状態で
律のところに、自分から会いにやってくるのか?
いえいえ、オリジナル版は、もっと無茶してるから。
あまりにも、無茶だということで
日本版では、律の方からサトルのところに行ったというシーンに
変わってたところもあったからね。


それに、日本版の律は、優しい。
とても、優しいし、
裏組織にいた男だけれど
感情的に流されるところがなくて、
とてもオトナ。

長瀬智也が、とてもシリアスなこの律という役を
演じてたなと、思う。
何を演じても、長瀬智也の演技は
私は、大好きだけど。


サトルも、日本版のほうが、素直。
ワガママさと傲慢さが、抑えられてた。

抜け落ちてる部分が、たっくさんあったけれど
これはこれで、
爽やかな
あまりに悲しすぎて、立ち直れないくらい暗い終わり方よりも
良かったように思う。

凛華の最後の笑顔も、良かった。


ただ、梅雀さんの罪の告白が、
アッサリしすぎたせいで、
さほどの衝撃がなかったかも。


母の手料理を食べてみたかった律の思い。

あのシーンも、とても大事なシーンなんだけど。


うわうわ、
やっぱり、あれこれ比べてしまうな~。

それくらい、オリジナル版は、衝撃的ドラマだった。

そんなに韓流韓流って感じじゃないので
これを機会に見てみようかな?と思ってる人には
是非見てもらいたい。

私も、すっかりはまってしまった。
それからは、CSであれこれ韓国ドラマを検索するようになったほど。


ただ、大竹しのぶの演技は、素晴らしいんだけど。
もうちょっと美しい、ハっとするような
近寄りがたい雰囲気の美しい母が良かったかな?って気がした。
あれじゃ、ただの意地悪で嫌な女だけだもん。


この「ごめん、愛してる」は、
これだけで見たら、もっと感動出来たかもしれないけど。
それほど、やっぱりオリジナル版は、素晴らしかった。

切なさがあった。

凛華には、あまり切なさがなかったもん。

だから、ああいう終わり方が出来たし
吉岡里帆の良さが出たんだろね。


良いドラマでした。

そして、私に、新たな開眼をさせてくれて、
ありがとう。のドラマでした。


<追記>
サトルが、自分も養子だったと律に告白したシーンについて。

あれだけだと、なんで、こんなエピソード
いきなりぶっ込んでくる?って
疑問に思った人が多かったんだ・・と、知って。

麗子は、自分の産んだ子供が
死産だったと聞かされ
立ち直れないほど泣いた日々があった。

そして、サトルを養子にすることで
亡き子供と同じように、愛し、育ててきたのです。
自分の命を差し出しても良いと言うくらいに
サトルをあふれる愛情で育ててきたのです。

サトルは、律が、本当の麗子だと知り、
もし、それが麗子に分かってしまうと
自分は、また捨てられてしまうんじゃないかと恐れたので
律のことを、麗子には話せなかった。

律に対しても、対抗心があって
まあ、日本版では、あまり律に対抗するようなシーンは
描かれなかったけれど。
サトルが養子だったという意味は、本当は深い意味があったのです。


やっぱ、あれじゃ、伝わらないよな。。。。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ごめん、愛してる | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ごめん、愛してる」第9話おまえは弟だから】

 

うわぁ・・・
やっぱ、オリジナル版見ちゃうと
ダメだわ。

すごく良いドラマだな~と思って見てたのが、
アラがいっぱい見えてくる。

凛華(吉岡里帆)の気持ちの揺れ方が
あまり描かれてないのね、日本版。

もう、サトル(坂口健太郎)への気持ちは一切なくて。
律(長瀬智也)への気持ちで、いっぱい。

追いかけても、追いかけても、突き放される。

律のほうも、
凛華のことを考えて、の行動なんだろうけど

麗子(大竹しのぶ)に、直接、自分の病気のこと
心臓移植への気持ち。
伝えちゃうんだね。

麗子が、若菜のところに食べ物を持ってやってくるところ。
あれも、唐突すぎて、
見てるほうは、
はぁ???って、感じだし。

そこを、オリジナル版では、
色んな思いを抱えながら、サトルの母は、
若菜への洋服をたくさん選んだり、
それを、絶対に手伝おうとしない、凛華の父だったりして、
かなり、オリジナル版のほうは、凛華の父が
キーマンとして、出てきてるのが、
日本のは、梅雀、なぜそこで出て来る?

そこでしか、出てこないの?
言うことだけ、言って去るだけか?
で、いったい、梅雀さん、今は、何をしてるの?
と、なんだか不自然なところばかりなのね。

凛華は、一人っ子のようだし、
母もいないし、
オリジナル版は、3姉妹で、うるさい母もいて
環境そのものが違うけれど、
両親ともども、サトルの一家に尽くして生活をしてきたっていうのが、
屈辱な部分でもあり、誇りでもあるところが複雑に入りじ混じってるけど、
そういう、背景が、あまり描かれてないのが
すっごく分かってしまう。

やはり、日本のドラマは、凝縮しすぎて、
CMも多いし、
全話10話くらいで、賞味45分くらいの中、
話も、描写も、飛び飛びになってしまっているんだな。って
すごく感じた。

サトルが病室から飛び出して
瀕死の状態で、律に会いにいくとか、
そういう有り得ないシーンは、日本では描かないっていうのは
納得だけど。

日本のだけ、見てたら
感動してたかもしれない。

律の思いが、
ムヒョクさんの思いに比べたら
浅すぎてーー;
長瀬智也が悪いのではない。
ムヒョクさんが、すごかったんですよ。


最終回は、どこまで寄せてくるんだろう。
そこは、オリジナルでいってほしいけど。

律と塔子は、日本版では、それほど関わりを持たないのに
ちょいちょい出してくるのは、不自然。
あっちは、とんでもないことを塔子にしてるからね。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ごめん、愛してる | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ごめん、愛してる」第8話 律、韓国へ】

  

日に日に、体調が悪化していく、律(長瀬智也)。

凛華(吉岡里帆)の告白に、
「オレは、好きじゃない」と、答えた律は、
凛華のことを、好きだと言うと、
自分の命が短いことで、悲しさを背負わせてしまうから?

ここ、オリジナル版と、ちょっと違ったのね。


凛華のほうは、サトル(坂口健太郎)を看病しながらも
律のことが、アタマから離れない。

オリジナル韓国版は、
なぜか、ムヒョクのことなど、すっかり忘れてしまったかのように
冷たくなってるし。。。。

同時進行でオリジナル版を見てて、
ちょうど、同じ頃に、追いついたのだけど。

見れば見るほど、韓国版オリジナルの切なさが伝わるのね。
日本版も、すごく良いんだけど、
1話が短い。
CMが多すぎる。
このCMで、どれだけ、気持ちが、冷めていくか。

日本のドラマは、作り方を変えたほうが良いんじゃないかと思っちゃう。


サトルは、家族、みんなで、温泉でも行こうと言い出し
麗子(大竹しのぶ)は、サトルと凛華は、結婚したら良いと言い出し。
何を、いまさら!この親子!!と、腹立つけど。

温泉も、国内ではなく、海外を選んだサトル。



いっぽうで、律の前に、韓国の組の男が現れ
若頭の狼(イ・スヒョク)が撃たれ、怪我をしたと言われ
助けてほしいと頼まれる。
脳外科の権威で、律のアタマの銃弾を取り出せる医者も探した。と言われ
心が揺れる律。
日本の医師に、それを話すと、
これは、怪しい。と言われる。

組の捨て駒として扱われるだけだと知り、
狼に電話をして、脳外科のことは嘘だと知るが、
律は、韓国に戻る決意をする。


サトルや、凛華が旅行に行くために空港にいる。
凛華の視線に、律が入る。
韓国に向かう律を見つけた凛華。


サトルを置いて、追いかける凛華。
それを見ていたサトルは、追いかけようとして、
胸をおさえて、倒れ込む。

次の発作が起きたら。。

もう、絶対に無理の出来ない体になってたサトル。


サトルは、入院中に、律の住んでる若菜(池脇千鶴)のところに行くのだけど、
これ、オリジナル版でも、同じで、
オリジナル版では、そこで、レントゲン写真を見つけて、律のことを知るんだけど、
日本版は、韓国の組の男が、たまたまいて、
その男から、律のことを、知らされるのね。


少しづつ変えてはいるけど、
日本版は、比較的、分かりやすくしてるんだな。。と、思う。
それが、かえって、浅く薄くなってしまうこともあるので
短い時間の中での葛藤では、あるんだろうね。日本ドラマ。


もう、韓国オリジナル版を見始めたら、
そっち、夢中になりすぎちゃって、
感情移入しすぎちゃって、
自分が、こんなんなると思ってなかったので、
ちょっと驚いてる。


最終回、すっごく泣けるらしい。

日本版の最終回は、どうなんだろう。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ごめん、愛してる | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ごめん、愛してる」第7話理不尽なことばかり言う大竹しのぶ】

  

律と一緒に海に行ってた凛華。
電源を切ってたスマホに
サトルからの助けの電話が、何度もかかってたことに
自分を責める、凛華。

「あなたがいけないのよ!!
運転手のくせに、なんであなたが運転しなかったの!!
サトルのために、身を挺してって言ったじゃない!!」
と、律を責める、大竹しのぶ。

それは、ひどくない?


婚約パーティのあと、
塔子とサトルは、2人で出かけてったんじゃない。
そこに、律が一緒に行くわけもなく。
言いがかりも、いいとこ。


どうも、日本のドラマのほうは、
麗子が
サトルママが、すっごく意地悪で感情的で
嫌な女。
大竹しのぶが、あまりにも、うますぎるので
余計に腹が立つ。

そして、日本のドラマのほうが、
説明的なせりふが多いってことに、
韓国ドラマの原作ドラマを見てて、感じた。


そして、せわしなく詰め込んでる。
あんなに、意識不明の重体だったサトルが、
凛華がそばにいると、意識を取り戻し。
リハビリも出来るくらいに、回復。

「次、発作が起きたときには、命の保証はないと思ってください」って
注意されてたくらいなのに。


サトルの気持ちも、せわしなく変化していく。
本当は、凛華が一番大事なんだって、
薄れていく意識の中で、感じたんだ。

って。


遅いね。

凛華の気持ちは、すっかり、
完全に、律(長瀬智也)で、いっぱい。


なのに、麗子は、
ここでも、言う。
ずっと、サトルのそばにいろと。


雑。

白黒、ハッキリつけすぎてる。



律は、サトルの入院している病院の脳外科で
診察をしてもらうと、
韓国の病院で言われたことと、同じことを言われ
悪化していることを告げられる。

そのまま、意識を失う可能性もあると。
魚におもちゃを買ってやろうと、店に入ると
そこで、突然、ぶっ倒れたり。
誰にも言わないのは、限界なんじゃないのかと思うほどに
自分だけで背負ってる律。


塔子は、インタビューを受けてた。
サトルのことは、好きではなかったと。
すべてが普通だった。
それに、私は淫乱だし。
するとインタビュアーが、「ご自分でそう思うのですか?淫乱だと?」と
聞き返してた。



もう、サトルは、凛華に、べったり。
退院が決まると、
「凛華のおかげだよ!」と、キスしようとするし。

でも、凛華は、かわす。
避ける。



会えなくなった、律。
さらに、思いは募っていくよね。
こういうときって。

サトルが退院の日に律が、姿を表したときに、
凛華は見つけ、
律の乗ったバスに乗り込んだ。



「あなたが好き。
好きだよ・・・・」と、いう凛華。
背の高い、律に、背伸びしながら凛華のほうからしたキスは
なんとも、可愛らしかった。。。


なのに律は
「ごめんなボケチン、オレはオマエが好きじゃない。
好きじゃないんだ」


これも愛だよね。。。


ごめん、愛してるっていう言葉は、
律が、凛華に言う言葉なのか
律が、麗子、母に言う言葉なのか。

やっぱり、自分の心臓を移植する。って
予告で言ってた。
そういう流れになるのが、
予想ついちゃって、残念な展開だなーー;


でも、オフィシャルを見ると次週は、また違った展開になっていきそう。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ごめん、愛してる | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ごめん、愛してる」第6話 律は死んだことに・・】

  


でさ、サトル(坂口健太郎)の父親って、
いったい誰なんだ?????

律(長瀬智也)は、麗子(大竹しのぶ)が35年前に
指揮者と不倫関係で、出来た子で。
当然、結婚はしなかったし、
その後、結婚したようじゃないし。

ま、

まさか、梅雀さん!!!

本当は、凜華(吉岡里帆)と律は、兄妹だった!!!
とか?
韓流なら、ありえそうだけど。。。


なぜ、あんなに、凛華の父、梅雀さんは
律のことを、遠ざけようとしてるの?
自分が、雨の中、捨てたから?
あまりにも、良心の呵責にせまられて?

不自然な凛華の父、梅雀さんのようす。。。。
「あいつだけは、ダメだ!!!!」


塔子(大西礼芳)は、父が亡くなって、
サトルのことなど、好きだと思ったことなんて、なかった。と言い
そのまま、サトルを置いて、
父も置いて
いなくなる塔子。
自分でも言ってるけど
淫乱すぎて、また男を連れ込んでるし。
きっと、サトルと結婚しても、あれは治らないよね。
だって、親との確執で、そうなってしまったものらしいし。


心臓の悪いサトルは、
薬を飲もうとして、人にあたって
落としてしまって、
そのまま、排水口に落ちてしまった薬。

なのに、塔子を探しに
車で走る、サトル。
運転できたんだ。

っていうか、その車は?
レンタカー?
塔子の乗ってった赤い車で2人はやってきたんだったよね。。。

細かいところが、気になるわ。。。


サトルと塔子の電撃結婚がニュースにのり、
そのニュースと同時に
麗子の35年前の不倫と
隠し子がニュースになっていた。

あっというまに、マスコミに囲まれる麗子の自宅。


その麗子を、かばい、マスコミを追い払う律(長瀬智也)。
そこに、愛があるのを、麗子は感じないのかな?
全身全霊で、麗子を守ってる律の気持ちを。。。


会見を開くことにした麗子。

それを、凛華と一緒に、ラーメン屋のテレビで見ていた律。

不倫と妊娠は、認めたけれど、
その子供は死産だったと言う麗子。

律、死んだことにしちゃった。

これは、ショックが大きすぎる、律。



そんな律に、「海、行こうよ!」と、凛華が言い
2人は、海で戯れる。
きれいな夕日。
キレイな夕焼け。

ここんとこ、東京では、すっかり見られなくなってる夕焼け、夕日。

最終のバスを凛華がベンチで寝てしまったので
やり過ごした律。
そのまま、ベンチで朝まで寝てしまう2人。

良いシーンだった。

でも、起きたらトイレ行きたくならなかったのかな?
素朴な疑問が・・・。

「腹減った~」とは言ってたけど。


しだいに律のそばにいると、なごむ凛華。
サトルへの思いは、だんだん薄れていってる風。

2人でいるときに、父からの電話がうるさいので
スマホの電源を切ってしまった凛華。

塔子を見つけ、
酷い言葉を浴びせられたサトルは
雨の中、猛スピードで車を走らせ
工事の現場に突っ込んで事故を起こしてしまう。

サトルは、落ちたスマホをやっとの思いで拾い
凛華に電話するけど、
凛華のスマホは、電源が切れたまま・・・・・。

うわ、これ、発見してもらえないんじゃ?
と、思ったけど、
誰かが見つけたのか、誰が見つけたのか?
サトルは病院に運ばれていた。

でも、意識不明の重体。。
もしかしたら、そのまま意識は戻らず、
植物状態のままになるかもしれないと告げられる。。。。


心臓移植が、どうのって、予告だかで言ってたけど。
もしかしたら、
律の心臓を移植することになるのかな・・・。


元となってる韓流ドラマの「ごめん、愛してる」は
名作なのだという噂を聞いて
見たいと思っていたら
CSで一挙放送するではないか。

全話、録画して、見てみることにする。

日本のとどう違うのか。



凛華に、もう少しで律の死が近いことが
動画で分かってしまうところだったけど。
寸前で律、気づいた。


あれ、麗子は、見ることになるんだろうな。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ごめん、愛してる | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ