ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「セシルのもくろみ」第7話 嫉妬のもくろみ】

  

ええええ~ハマユカ(吉瀬美智子)のあとのカバーモデルは
ハセキョーなのおおお????
だって、ハセキョーが演じてる、安永舞子って
もともと、ヴァニティのモデルだったんでしょう?
ハマユカに次ぐナンバー2だったって。

今は、コメンテーターになってるのに、
また、返り咲き????

絶対、自分だと思ってたレイナ(芦名星)。
ま、器じゃないよね。
ああいうことする人だもん。


読モから、一転、専属モデルになったミヤジ(真木よう子)。
いきなり窮地に落とされる。
弁当やで働く姿を動画で撮られ
拡散される。

別に、「普通のミヤジ」なんだけど、
それが、あまりに話し方も下品で、子供の通う学校にふさわしくないとか
ヴァニティのモデルにはふさわしくない!と、
ママ友の間で、まわってきたのだと言いミヤジに動画を見せたハマユカ。


これ、流したの、ハマユカなんじゃないのかと思うわ。


ここまで、モデルの世界は、ドロドロ。って思わせておいて
ハマユカだけ、やけに、ずっと優しい良い人だったもん。


ヴァニティの本社の看板が、
自分から、舞子に変わってるのを見て、
何も感じないわけがない。

WEB企画で、一番の人気があったのも
ミヤジだったし


エリちゃん(伊藤歩)・・・・

「話し方教室」
すすめるの、おそすぎたよね~。
でも、そのままのミヤジで良いって、
言ってたんだね~。


そして、舞子とトークショーに初めて登壇したミヤジ。
やっちゃった。

なかなか良い感じに化けたのに、
素は、隠せなかったってこと?
「モデルなんか」って、
言っちゃった。

プロ意識がないって、
親近感があるっていうのとは、違うよね。

どうして、こんな風にしかミヤジを描けなかったんだろう。
すっごくイライラする。
登っては、落とし、
登っては、落とし。

イライラする。


編集長も、絶対、黒沢さん(板谷由夏)がなると思ったのに。
こっちも、やられたよね~・・・。


今度は、ハマユカがコメンテーターになっちゃえば、良いんじゃない?



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | セシルのもくろみ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「セシルのもくろみ」第6話視聴率3,7%最低視聴率更新も私は好きだわオモシロいと思う】

  

うわっ!
どうして、ここまで下がるかなーー;

3,7%とは、驚きの視聴率となったわけだけど。

でも、ストーリーとしては、
ミヤジ復活!ってことで。
再び扉が開くのだけど。
まあ、強引っちゃ~強引。

なにも、クビにすることはなかったし。


読モがいなくなったヴィアニティの売上が下降線を辿っていることで
板谷由夏さんが、
「テコ入れ」が必要だと、
ミヤジを読モではなく、専属として、復活させることを提案したのだよ。


でも、モデルから、すっかり遠のいてるミヤジには
ヒールを履くことから始まるという
ここらへんが、雑なんだよ。
ここは、もう読モ時代から、やっとくべきじゃ?

自分のことキレイと思ってる風写真も
モデルの基礎も
読モやってたときに、クリアしていくべきだったんじゃ?

どう映ってるか。
どんな顔してるか。
常に感じること!!!
え?そこからかい!って突っ込みたくなるよね。



ファッション雑誌の読モって、
専属になっちゃうような、
たとえば・・・・滝沢 眞規子さん。
この人を最初に雑誌で見たとき
衝撃を受けたもん。

え?
この人は、本当に普通の人なの???????
なに?この雰囲気。
なに?この表情・・・・

と、思ってるうちに、カバーモデルとなり
CMにも出るようになっちゃったし。


ただ、ミヤジは、やると決めたら
とことん。という気持ちは強い人。



ミヤジと組んでたフリーライターの
これ、美容系ライターってやつですね^^;

沖田えり(伊藤歩)の海外有名ブランド「フェローニ」の企画が通り
ブランドが50周年記念を企画していて
ヴァニティとのタイアップを選び
今期のフェローニのコンセプトが、ジェンダレス。
れいな(芦名星)は、フェローニ側から却下され
無名のモデルを起用したいという申し出があったとかで
黒沢(板谷由夏)は、ミヤジでいこうと思うと、言われた。


復帰第一弾のワンピース。
ミヤジの撮影は、踏んだり蹴ったりの状態で
カメラマンを怒らせてしまうほど。
先行きは、厳しいけれど、
このチャンスを絶対に逃さないというエリの決意は固いのだ。


そうだよ、準備期間がみじかすぎ。
しかも、クビが間にあるのが、おかしすぎ。


そこで、ミヤジ改造計画に乗ってくれたのが、
カリスマモデルのハマユカ(吉瀬美智子)。
えりの頼みで、ミヤジの自宅まで来てくれて
モデルのポージングなどなどを特訓してくれた。


なるほど・・・・
ああするのか・・・。
歩くって、
そうするのか・・・。


その甲斐あって、ミヤジの表情は、
フェローニの担当も納得。
柔らかい表情も、切り替えて出来るようになってたミヤジ。

まあ、もともとが真木よう子だから。
作り込めば、美しいわ、そりゃ。


でも、ここで問題が起きるのが女の世界。

やってくれる、芦名星。


担当のライターも
「なにやってくれるのかな~」って
やらかしてくれるの期待してるところが。
そういうのが、前の読モをダメにしたんじゃないの?
西友の人!!!



フェローニの悪口書き込んだインスタを
ミヤジのアカウントが開いたままにしてたスマホ・・・
こうやって、充電しながら、いなくなっちゃうとき。
危ないのだね><。。
すぐに削除しても、拡散されてしまうのがSNS
今のネットの世界。


まあ、最後は、ハマユカと黒沢が手を組んで
フェローニに乗り込んで直談判。
そこ、見たかったな~
この2人って、今のミヤジとエリみたいな関係だったんだな~って
良いシーンだったよ。



インスタの失敗で、えりが、ライターを外され
バイトしちゃうえり。
こういうの、ほんといらないよね><。。。

ミヤジに
「この写真にどんな記事を書いてくれるのか、楽しみにしてた」って言われ
奮起したえり。
小さいころからのあこがれのフェローニへの思い。

再び企画書を書いて、黒沢のもとに行ったえり。



もう少し、スピード感があっても良かったかな?って感じる。
シンデレラストーリーなら、
そこに向けて、見てるこっちを、もっとワクワクさせてくれるような。

でも、基本は、そこあるので
私は、楽しみながら見られるわけだけど。


これ、打ち切りかな・・・。
真木よう子、戦犯扱いされちゃうんだろうな・・・・。


で、ハセキョーは、必要?
まったく出番ないよね?


や、やっぱ打ち切りかなぁ・・・・?




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | セシルのもくろみ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「セシルのもくろみ」第3話 黒革の手帖拡大版にさらに潰される?】

 

普通なら「黒革の手帖」10時に終わって
10時から「セシルのもくろみ」見ることができるのに
続けて拡大版とは、ぶっ潰す!!って声が聞こえてきそう。

なので、最初の15分ほど、見てないので、
録画を見直しました。

最初のほう、たいしたことやってなかった^^;

この、ミヤジの役さ、
真木よう子じゃなくて、
尾野真千子とかだったら、良かったんじゃないのかな?

まあ、やってるものを、とやかく言ってもしょうがないけど。


第3話にして、
ブレだしてきた感じ。


このドラマのエンディングでダンスする伊藤歩さんが、
すごくキレイだな~
とても、ダンスうまいんじゃないのかな?って思ったんだけど。
バレエやってたんだね!

体の硬そうな、真木よう子よりも、しなやか。
そういや、最高の離婚でも、踊ってたけど、
尾野真千子のほうが、色っぽかったな~。


今回は、ハマユカ(吉瀬美智子)の夫のDVが発覚した回。
夫は、小説家。
ちょうど、朝に、ミヤジが、ハマユカの家に行った所
夫が、酔っ払って、玄関前で倒れて、
そこに、姑らしき女が、ハマユカを攻めてるところを目撃した、ミヤジ。


なので、ハマユカが、突然、初めて、ものもらいで
撮影を飛ばしたことが、嘘だと思ったミヤジは
すぐに、ハマユカのところにすっ飛んでいく。

その顔じゃ、買い物も行けないから、
私が、作りましょう!!
弟子入りしたんですと。

と、ハンバーグを作ってる、ミヤジ。

警察に行ったほうがいい!というミヤジに
どれだけ夫が自分を応援してくれているか、話して、
当然、ハマユカブランドがあるので、それを捨てるわけにもいかない。


そのハマユカの復帰が遅れれば
専属モデルが2人、辞めてしまったので
読モと、スカウトで、紙面を埋める案が進められる。


っつーか、
なんか、こういうのも、普通で面白くなくなってきた。


ミヤジ改造計画は、面白いと思ったけど
だいたいが、ガリガリなので、改造する意味が無い!!と
バッシングされたので、
そこ、大幅にやめたよね。

ビールは、飲まないようにしてるけど。


以前、吹石一恵が主演した「バラ色の聖戦」ってドラマがあったんだけど。
普通の主婦が、モデルになっていくって話し。
三段腹と、夫の浮気。
たまたま知り合ったカメラマンに、モデルとしての資質があると言われ
30歳にして、モデルに挑戦していく話しなんだけど。

もっともっと、最初から、プロ意識を持とうとしてたし。
ファッションへの興味の持ち方も、変化していったし。

そういうのが、ミヤジには、まったくなさすぎるんだよね。

言われるままで。

空回りしてるのに。
伊藤歩が、どうにか、負けず嫌いの性格のミヤジをつついて
やらせてるって感じで。
やらされてる感だらけで、当のミヤジは、ガサツすぎて、
魅力が、まったくない。

そう。
そうなのだ!!!
魅力が、まったくないのよ!!ミヤジ。
だから、離れていくんじゃないのか?

へんなキャラに、なりきりすぎて。
肝心の、読モへの気持ちが、あるのか、ないのか。

紙面に載れば喜ぶくせに、
チームミヤジ!とか結成したくせに。
当の本人が、引っ張っていく感がなさすぎて、イライラするんだな、きっと。


そこに、どうして、伊藤歩と金子ノブアキの
恋愛が、入ってきたんだか、よくわからん。。。。
それを、いち早く見抜く,オネエの徳井義実は、鋭い!!ってことで。。。。


もっと、ファッションを中心に描いてくれたほうが
楽しい。

余分な部分が、多すぎる。

それにしても、板谷由夏さんは、
役、こなしきるよね~
声の発声からして、変えられるもん。

それにくらべて、わりと吉瀬美智子は、同じ。
モデル撮影シーンは、さすが本職!って感じで貫禄だけど。
板谷由夏さんも、モデルだもんな~。


ハセキョーのいる意味も分からない。
何か、影響を与えていくのかな?


バタバタ、ガタガタしてて、
オトナのドラマではないんだな。ってのが、3話で分かった。

楽しみにしてたんだけどな。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | セシルのもくろみ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「セシルのもくろみ」真木よう子さん使用の黄色いバッグ】

ドラマ「セシルのもくろみ」で真木よう子さんが
撮影で、スタイリストさんから渡されて持った
黄色いバッグ 2Wayで使えます。





ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | セシルのもくろみ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「セシルのもくろみ」第1話 視聴率5,1%って、そんなに?】

  

なんで、そこまで悪かったかな><。。

私は、ストーリーを聞いて、ものすごく期待したし
ファッション業界のドラマってだけでも、ワクワクしてたし
「ファーストクラス」のような、ドロドロさは、なさそうだけど
モデル同士の、ピリピリ感は、感じられるんだろうなと楽しみだったし。

まったく普通の、どちらかというと
ファッションには、まったく興味がなく、
体育会系の主婦が、読モにスカウトされて
変化していくって話し。

シンデレラストーリーには、目がないので
これは、いけるだろ!!と、確信してたのに。

5,1%だったとは。。。。。


乃梨子のキャライメージが、
いまだに、映画を見たあともあるだけに、
私の中では、抜け切らない伊藤歩さんが
とーっても、このドラマでは、良い。
すっごく、良い。
まったく違った雰囲気を出してて
顔つきも、表情も、喋り方まで違う沖田江里という
フリーファッションライターになりきってるのが、また、伊藤歩さんの
魅力が、出てるな~と、思ってたのに。


ファッション誌「ヴァニティ」のカバーモデル
浜口由華子を演じる、吉瀬美智子は
もともとモデルだし、
さすがの美しさ。
ナンバー1モデルの風格が漂ってる。


しかし、真木よう子が、
スイーツ禁止!!って言われるほど、太ってないし
主婦独特の、引き締まりのなさ感0だし。

去年あたり、真木よう子激太りって言われたけど、
あれは、役作りだったのか、なんだったのか。
あのまま出てれば、逆に説得力があったのに。
ガリガリ。
ファッション興味ないわりには、マスカラ、ばっちりだし。
今ひとつ、説得力がないのは、否めない。。。。。

ただ、負けず嫌いの正確をあおって
伊藤歩が、ミヤジ(真木よう子)を専属モデルに
一流モデルに育てあげようとしていく関係性も興味たっぷりだし。

面白そうなドラマになりそうだな~と
純粋に、ドラマ見終わったあとも、思ったのに。

それとも、女性だけの、こういうドラマは、
一般的には、受け入れられないのかな。


いつも、こ汚い雰囲気のリリー・フランキーが、
髪まで切って、スーツ決めて、紳士風に決めて敏腕編集者やってるところも
違和感だけど、


何がいけなかったんだろう?

やっぱり、真木よう子がミスキャスト?
もっと、もっと、ダサめな演出が欲しかったのかな・・・

【視聴率】第1話 5,1%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | セシルのもくろみ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ