ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【「ハロー張りネズミ」第5話 床柱に宿った怨念と少女】

  

後半、楽しみにしておりました!!!
前半の視聴率が4%台に急降下してたのには驚いたけど。
だって、この話し、一番面白い!!って思ったのに。
やっぱり、深キョンの出番が少なかったからかしら。。。?

ただ、蒼井優の演技力には、
本当、うすうす気づいてはいたけど
素晴らしい!!!
まじで素晴らしい!!
こりゃ、深キョン、一緒に出してはいけないよレベル。


ひとり、留守番をする少女のもとに
いなかったはずのオムレツが作られてたり
隠しカメラを取り付けると
「ママ~」と、上を見ながらママを呼ぶ少女。
「抱っこ」と言うと、浮き上がる少女。


そこで、南(リリー・フランキー)の紹介で
信頼できる霊媒師として、蒼井優が呼ばれたわけだけど。

その床柱をグレ(森田剛)が調べていくと
その家の持ち主、漫画家の北村アキコ(内田慈)の
離婚した夫が、奥多摩の誰も廃屋の中から見つけてきた柱で
一目惚れした夫が、それを持ち帰ることにして新居に使ったのだ。


ゴロー(瑛太)河合節子(蒼井優)は、現地に行くと
その家には、怪しい老女が一人住んでいて
コンコン、釘をうつ音が聞こえてきたという。

節子は、その老女は祈祷師で、柱に藁人形を釘を打ち込んでいたことが分かる。
そして、その柱には怨念がたくさんつまり
とんでもない化物になっていたのだという。

柱に封じ込められていた怨霊が
霊感のものすごく強い少女によって、呼び覚まされてしまったのだという。。。


怨霊退治のため、少女と仕事部屋で過ごすことにした漫画家アキコ。
でも、少女があれこれ言うことで、イライラして
怒鳴るわ、叫ぶわ、感情的に病的なほどになるアキコ。

だんだん、少女の顔つきがへんになっていき
包丁を取り出して、
自宅へと、ひとりむかう少女。

ものすごい迫真の演技だったの、この少女が。
恐かった~


そして、吸い込まれるように、柱のある部屋へと入ると
「ななえちゃん、とって~とって~」と、
節子が巻いていった縄を、ななえが取ってしまうと、


ぎゃああああああああ~~~!!!!!

ででえでえええええ、出たーーーーー!!!!


「一緒にあそぼう」と、
あっちの世界に連れられてしまった。



節子は、すぐに勘が働き
「思ったより早かったみたい、急いで探偵さん」と
少女のもとへと急ぐ。


霊媒師の格好をした、節子。
「行くわよ!」

その間に、悪霊は、少女の持っていた包丁を取り上げ
「ママが嫌いでしょ」と言いながら、
包丁をぐさ!と刺すと、
そこにはいないはずの、アキコの体に異変が!!
「ぐわああああああああ~~~!!!!」と、
包丁で刺されたかのように、その体の場所が痛むの、
さすがに、血は出てなかったので
本当に刺されたわけじゃないみたいだけど。
こわ。
怖すぎ。



アキコの自宅に到着すると
「おれは車で待ってたほうがよくないですか。
足手まといにならないですか」

と、ビビる、瑛太

「ちょっと~この下、何も着てないんだから、
寒いんだから、早くしてよ!」と
ちょいちょいおもしろい節子、蒼井優。


悪霊との戦いが始まる。

ま、CGなんだけど、
けっこうエグくて、楽しかった。



いやああ~
楽しかった。


私としては、山口智子とか出てきて
妙な喋り方のくさい演技を見るより
これくらいの報告くらいの出番で大賛成だわ。

深キョンも、ちょっと、このドラマには
違うかな?って感じがするからな。


また、来週からは、元に戻るんでしょうね。きっと。



 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ハロー張りネズミ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ハロー張りネズミ」第4話 2週つづけて蒼井優ホラー編】

  


やっだ~~~~!!!

すんごく面白かった!!!!

最初は、ワケの分からないシーンから始まり
いきなりトイレを借りた古舘寛治さんが
壁からはえてきた、でっかい手に、アタマを
ざっくり、えぐられるという・・・

世にも恐ろしい、夏らしいお化け物語。

あれ?
これって、こんなドラマだったっけ?

と、思うほどに、違ったアプローチは
大変新鮮で、
みんなで、そろって見入ってしまった。
こんなの初めて。


そこは、有名な人気漫画家北村アキコ(内田慈)の自宅。
売れっ子漫画家なので、近くに仕事場として借りている部屋に
夜遅くまで、仕事にでかけ
一人娘の七恵を残していくことも、しばしば。

その間に、
確かに「グラタンがあるから、チンして食べてね」と言ったはずなのに
「オムレツがいい!」と言う娘に、
今度ね。と言ったのに、
自宅に戻ってみると、リビングの椅子で眠ってしまった七恵のそばには
食べかけの、オムレツ。。。。

キッチンには、オムレツを作ったあとが。


驚いたアキコは、七恵に
「誰といたの?誰が作ったの??」と、責めると
「ママだよ」と、答える七恵。

心霊現象とはなかなか信じがたいけれど
そこで、依頼にやってきたのが
なんでも請け負う探偵事務所、「あかつか探偵事務所」が
選ばれたわけだ。


隠しカメラを設置し、
次に、仕事部屋に缶詰になる日に
再び、七恵を一人で留守番させる日を
ゴロー(瑛太)は、仕事部屋に一緒に行き
部屋を監視していた。

すると、ドアがあき、
七恵が、上のほうを向いて、誰かをみているような仕草をし
「ママ、だっこ~」と、言うと
なんと、七恵が浮き上がったのだ!!!!


ひゃあああああ~~~!!!


児童心理学の大学教授である、梶谷(古舘寛治)にも
一緒にみてもらうことになっていたのだ。


それが・・・・・。



これは、ただならぬ事態と
ゴローは、南(リリー・フランキー)に
誰か霊能者のような人物を知らないかと尋ねると

「その世界は、本当に胡散臭いやつばかりだったけれど
たった、一人だけ、ホンモノだ!と思ったやつがいる」
と、紹介されたのが、霊媒師の河合節子(蒼井優)だった。

蒼井優、

うまっ!!!
やっぱ、違うな~~~。

おかしなキャラも、いや、おかしなキャラこそ
いとも簡単に演じてしまう。


とても大きくて、新しい豪邸だけれど
節子は、1つの部屋から、「感じる」と。
あけると、そこは和室。
畳もすべて新しいのに、大きな柱だけが、妙に古い。
その柱から、とんでもないものを感じると、節子は言う。

「わたしのバッグを取ってきてもらえますか?」というと
「どこだか、分かりません」と言うゴローに
「ですよね、とってきますと、その場を離れると
それ以上近づくな!って言われてたのに
近づいたゴロー


ぎゃ~~~~~~~~!!!!!!!!


手テテテて手~~~!!!
それも、トイレのより、でかい!!!!

あぶな~~~~~~~~い!!!!!

と、そこに節子が、縄みたいのを持って呪文を唱えながら
入ってきた。

おさまった。。。



もう、すでに45分くらいたってるので、
これ絶対に、1話で解決できないよね><
と、思ったら、
やっぱり、次週につづく。


その家を建てた会社と柱について、調べましょう。
と、いうところで。


もう、深キョンは、事務になってしまったので
現場にも行かないし
あまり出番は、なさそう。
主演は、瑛太だもんね。

ロン毛で、少し太った瑛太は、どうよ。と
思ってたけど。
最近、一挙録画を見ていた「それでも、生きていく」を
見て、なお、瑛太の演技力のすごさには、
引き込まれてしまう。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ハロー張りネズミ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ハロー張りネズミ」第1話 森田剛の名演泣きの演技だわ】

  

伊藤淳史が「あかつか探偵事務所」にやっってきたときは
てっきり
「脳のスマホを外してほしいんです」とか
言うんじゃないかと思ったけど。
なんで、こう、キャストが同じクールにかぶるんだろうね。

そのかわり、まったく違った役を
どれだけ別人に演じられるのかが
分かってしまうので、これ、ヘタな役者さんだと
きついけど。
伊藤淳史、ほんとに上手くなったなぁ・・・・。


どこの調査会社も受けたがらない
昔ながらのドブ板のような探偵をするのが好きな探偵事務所
それが「あかつか探偵事務所」

五郎(瑛太)とグレ(森田剛)の探偵っぷりは
いい感じ~。
また、森田剛の号泣ぶりが
演技にもなって依頼人のために、人のココロまで
動かしてしまうチャラいような、真面目のようなキャラが
とっても、ぴったり。
瑛太は、前にも、フジで松潤と探偵やってたけど
あのときのアクション探偵とはまったく違うキャラで。

やっぱ、うまいよね、この人。
瑛太も。


深キョンは、この探偵事務所にいるわけではなかったのね。
2話へつづく、依頼人。
うーん!!楽しみ!!

本当に、可愛い。キレイな深田恭子を見るのが
何より楽しみ!!


1話のストーリー。
子役が、良かった。

その子の背景にあるものと
依頼人の伊藤淳史との願いが
最後に重なって。

なんだか、泣けたわ。。。

で、山口智子も、今回は、見守る立場で
あの濃すぎる演技と、濃すぎる喋り方もさほど気にならず
あれくらいの出番が、良いんじゃないかと。


このドラマ、サントラがいい!
探偵ものっぽい。
ジャジー。
SOIL&”PIMP”SESSIONS

いいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ハロー張りネズミ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【瑛太&大根仁監督、弘兼憲史原作「ハロー張りネズミ」で再タッグ】

 

俳優の瑛太が、7月放送のTBSドラマ「ハロー張りネズミ」に
主演することがわかった。
全話の脚本・演出を務めるのは、テレビドラマ「まほろ駅前番外地」で
瑛太とタッグを組んだ大根仁監督。
また、深田恭子、森田剛、山口智子ら豪華キャストの出演も発表された。

本作は「島耕作シリーズ」で知られる漫画家・弘兼憲史氏が、
「週刊ヤングマガジン」(講談社刊)で連載した同名コミックを連続ドラマ化。
東京都板橋区の下赤塚に事務所を構える
「あかつか探偵事務所」の風変わりな探偵“ハリネズミ”こと
七瀬五郎(瑛太)と仲間たちが、人情味あふれる事件や、
想像を超える難事件に立ち向かっていく様を描く。

「オレンジデイズ」以来13年ぶりにTBSドラマに出演する瑛太。
「起承転結がすごくはっきりしているので、
見終わって非常にスッキリする」
「縦軸として人間の変化が起きていく」という点を見どころに挙げ、
「小さい頃、僕が『探偵物語』とか『傷だらけの天使』を見て感じたように、
今の若い方たちが、このドラマを見て『かっこいいな』とか
『この物語に自分も参加したい』と思ってもらえるようなものを目指したいですね」と意欲十分。
再タッグを組む大根監督に信頼を寄せつつ
「今回は冒頭からかなり飛ばしていこうと思っています」と意気込みを明かした。


五郎の相棒・木暮久作役に扮する森田は、
瑛太との初共演について「役柄同様、良き相棒として
全力でサポートしていきたいと思います」と胸中を明かし、
「あかつか探偵事務所」の所長・風かほるを演じる山口は
、“探偵ドラマ”から「人生の機微や、
社会の枠にとらわれず立ち向かう勇気」を教えてもらったことを振り返り
「スカっと爽快、かつ、ヒューマンなドラマに挑んでいきたいです」と告白。
物語の鍵を握る謎の美女・四俵蘭子役の深田は、
プロデューサーからの「今作で新しい深田恭子像を見せたい」という言葉を受け
「ご期待にお応えできるよう、身を任せて撮影に臨んでいきたい」と語っている。

原作漫画は、連載第1回から愛読している大根監督は
「7、8年前から企画を温めていました」と念願の企画だったため
「毎回ジャンルが違い、同じドラマとは思えない
びっくり箱のようなドラマになると思いますので、
ぜひ期待していただきたいです」とアピール。
原作者の弘兼氏は「25年以上前に終了した昭和の匂いの濃い作品が、
大根監督によって平成の今に蘇る――大変光栄であり、
かつ楽しみにしております」と期待を込め、ドラマの初回放送にあわせて
「新作の『ハロー張りネズミ』を発表することにしました」とコメントを寄せている。
(映画。com)

「ハロー張りネズミ」は、7月から毎週金曜午後10時よりTBSで放送。

<キャスト>
瑛太
深田恭子
山口智子
森田剛

ほか
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ハロー張りネズミ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ