FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【田中圭主演ドラマ「びったれ」】

   

テレ朝チャンネルホワイトデー特集で田中圭特集を
やってたんですよ。
その1つの「びったれ」
私、このドラマ知らなくて。

見てみると、わりと最近の田中圭。。
しかも広島弁!

どうやら地方局で作られたドラマのよう。
2015年1月~テレビ神奈川で放送されたみたい。

おもしろい!

司法書士なのに、なんだか怖い人たちにも
顔がきいちゃう田中圭。伊武 努。

シングルファザーで娘のかりんちゃんは
実は姉の子供。
かりんちゃん、とーっても大人びてて
すごくしっかりしてる可愛い子なの。

職場では後輩でアシスタントの杉山さん(森カンナ)に
頭あがらない伊武。
ちょっと頼りないけど、いざ仕事となると
ものすごい出来る男に変貌。
さらに、曲がったことは許さない。
さらに極道っぽくも変貌。

実は、元極道だったらしい。

町のヤクザも伊武の名前を聞くとビビって逃げるほどの
有名人。

この事件の解決の仕方が
すっごい私の好みで^^;
好き。
劇場版にもなってたんだ。。。そっちも見たい。。。


まだ半分くらいしか見れてないので
あしたも外出自粛要請が出されているので
存分に見ようと思う。


ドラマがあって良かった><。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●過去のドラマ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【バカリズムの「架空OL日記」第1話~第5話】

  

 すごい世界観。。。

私は、OL.
銀行に勤める行員24才。

でも、どう見ても、バカリズム。
家にいるときは、ジェラートピケ着て寝てるし。
出勤前は、しっかりメイク。

OLの朝は、やることがいっぱいあって、大変。

って、普通にバカリズムが化粧して
スカートはいて、通勤電車に乗って
練馬駅で降りて、同僚のマキちゃん(真紀)と合流して
歩いて銀行まで出勤する。

すっごく変なんだけど、
それが、変じゃなく思えてくる
奇妙な世界。

マキちゃんとは、価値観が似ているので
とても話しも合う。

イケメンで男前な先輩OLの小峰さん(臼田あさ美)。
サバサバしていて、誰も言えないことも
キッパリ言えてしまうカッコよさ。

一番新人の紗英ちゃん(佐藤玲)は、
ちょっと天然で、少し空気が読めないところもあるんだけど
憎めない可愛さがある。

一番上の酒木さん(山田真歩)は、
山田真歩さんらしいOLで最高。

この5人が、昼休みは、交代で食堂に行き
話題というほどでもない話題で盛り上がり
ときに昼のメニューでがっかりしたり、喜んだり。
あまりのガッカリさに、帰りにリベンジに食事に行ったりと、
かなり仲が良いのが、見ていてすごく心地良い。

大した話しをしていないんだけど、
なんか、楽しい。
こんなだったら、楽しいだろうな~って。

それに、いちいち細かい描写が的を得てて。

バカリズムの観察眼のすごさが
ホント、光ってる。


これは、サッカーもやってないし。
雨だし、コロナだし。
どこにも出れないし。
後半も一気に見ちゃいそうだ。


2017年4月から深夜放送されたドラマで
今回CSで一挙放送したのを録画しておいた。


面白い!

さすが、バカリズム!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●過去のドラマ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【大泉洋主演「プラチナタウン」】

 

このドラマは2012年8月にWOWOWで放送されたドラマ。
もう、めっちゃ面白かった!!

北海道出身の山崎鉄郎(大泉洋)は、
東京の一流商社マンとなっていた。
ところが、鉄郎の故郷、緑原町が多額の負債を抱え
破綻寸前になっていた。
子どものころから学級委員をして、人一倍、人のためになる大人になりたいという
強い思いを持っていた鉄郎に同級生たちが、
町の財政再建を依頼するのだ。

酔った勢いで引き受けたものの
あまりの突拍子ない申し出に
断った鉄郎。

しかし、商社では自分のやりたいことは
やれずに腐りかけていた。

そんな鉄郎の恋人の恵里香(檀れい)は
発展途上国で子どもたちのボランティアをしていた
キラキラしていた鉄郎は、いったいどこへ行ったのかと攻めていた。
その恵梨香は、プランナーの仕事でフランスへ飛び、
そこで見たものは、日本とは全く違う
高齢者たちの、輝くような日々の送り方を過ごす
介護施設だった。


あらためて自分のやりたかったことを
振り返る鉄郎は、緑原町の町長になる決意をし
エリート商社マンを退職し、
町長に就任。

町で実際に自分の目で確かめ、
町の子どもたちや町の人たちと触れていくなかで
緑原に、巨大高齢者向けテーマパークと名付けた
介護施設を建てるプロジェクトを開始する。

町の財政で建てるのではなく、
巨大な更地を無償で貸すことで企業に担ってもらうことを打ち出し
町の最先端の設備が揃った病院、
プール、箱物は、揃っている町。
陶芸に向いている土に、美しい景色をぞんぶんに活かし
それらをあえて高齢者に向けることで
働き手となる若者も一緒に呼び込めるという算段だった。

しかし、そうは簡単にはいかず、
町の議員たちの腐った利権。
やる気のない町役場の職員たち。

それでも、町長となった鉄郎の
魂のこもった建設的な行動力によって
人が、どんどんついてくようになっていく。


もうね、たまんないね。
こういうサクセスストーリーは。
大好物!!

しかも、WOWOWなので、挫折や邪魔者が入っても
それが、嫌になるくらいまで長引かないのも良い。


ただただ、渡部篤郎が、悪人じゃありませんように!!と
願っていたけど。
めっちゃ良い人でホント良かった><


素晴らしい作品でした。

町役場の職員のなかに、「スカーレット」の照子の夫、敏春さんに
似た人がいたんだよね。。。
本田大輔さん。
たぶん、そう。


【プラチナタウン】
2012年8月19日~9月16日 WOWOWにて放送。
<キャスト>
大泉洋
檀れい
平山浩行
渡部篤郎
田中直樹
マギー
柄本明
谷村美月
光石研
相島一之
森崎博之
音尾琢真
板尾創路
松尾諭


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●過去のドラマ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【東野圭吾「片想い」WOWOW】

  

原作:東野圭吾「片想い」 単行本2001年3月 文庫本2004年8月
ドラマ版:WOWOW 2017年10月21日~11月25日
<キャスト>
中谷美紀
桐谷健太
国仲涼子
鈴木浩介
大谷亮平
和田正人
中村アン
吉原シュート
秋吉久美子
田中要次
田中泯
丘みつ子
眞島秀和
高月彩良
酒井美紀
橋爪功
松尾諭
猫背椿



この作品は、原作をだいぶ前に読んでいて、
電車の中で、叫びそうになったのを鮮明に覚えている。
大学のアメフト部のマネージャー美月が
男になっていた。
というくだり。。

それくらい、たぶん普通の女性として描かれていた
女性マネージャーが、突如、男になっていたのだ。

性同一性障害を描いたこの作品は
美月だけにとどまらず、
同じ悩みで男性に生まれたけど、心は女性の人や
見た目は女性だけれど、体は、どちらも持ち合わせてる少女など
さまざまな人たちが登場する。

2017年にWOWOWで映像化されると知ったとき、
美月を中谷美紀が演じるというニュースで
なるほど。。。!と、すごく見たかったのを覚えてる。
でも、WOWOWに加入していなかったので、1話だけ無料で見たので
その後が、とても気になっていた。

今月、シネフィルWOWOWで一挙放送があったので
楽しみに録画して見た。


これは、想像以上の出来で驚いた。。。

細かいところは、原作も一度しか読んでいないので
あまり覚えていなくて。
最後、結末は東野圭吾ならではのどんでん返しは
しっかり用意されていたはずだけど、
肝心なそこも、よく覚えていなかったので、
逆に、楽しめちゃったし、のめり込めた。

若干、違ってるな~って思うところもあった気もするけど。

もうひとりの、マネージャー、りさこを国仲涼子が演じていたのだけど
私が思い描いたりさことは、ちょっとイメージは違ったけれど
やっぱり国仲涼子は、うまいのだな。と、
最近の「結婚できない男」の続編でも感じたように
これを見て、さらに感じた。

フットボールの回想シーンも、かなり作り込まれていて。
りさこの夫でもある、フットボール時代の花形、エースのQB西脇を
桐谷健太が演じている。

始まりは、毎年七夕の時期に行われるフットボール部の同窓会。
みんなと別れて、
元キッカーで保険会社に務める、話し好きのお調子者っぽい須貝(和田正人)と
西脇は大学のグランドにやってきたところに
美月が現れたところから。

そこに現れた美月は、一見、普通の美月だったけれど
二人の前で、2つの衝撃的な告白をする。

殺人を犯してしまった。
俺は、男なんだ。。。


この告白から、さらに話はとても複雑な出来事が重なっていて
スポーツライターの西脇と、アメフトOBで新聞記者の早田(大谷亮平)が
それぞれ信頼しながらも対立し
真相に近づいていく。


最後がね、
この早田が、とっても良かった!!


友人だろうが、なんだろうが
自分は記者として、決して信念は曲げない!と言ってたけれど

最後には、美月も西脇も救ったんだよね。


大学時代に、美月と付き合っていて
今でも、美月を何かと支えていた、中尾(鈴木浩介)が
最後、美月に自分の来ていたジャケットをあずけ、

あれは、なんでだっけ?って
ちょっと不思議に思ったのが、つながるんだよね。。。


うわ!!!!
そういうことか!!!!!!
って、これは、見てて鳥肌が立った。

果たして、これは原作どおりだったのかしら。
って、一番のいいところを、覚えていなかった私。

どちらにしても、やっぱり東野圭吾の作品は
素晴らしい。
ただ、映像化すると、やけに脚色がかっていて
原作の良さが、まるで変わりすぎてしまってるものも多いのだけど。
このWOWOW作品は、そこが違ったな。


あらためて、もう一度、原作を読んでみたいと思った。


夢中になれた全6話でした。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●過去のドラマ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「救命病棟24時 第2シリーズ」あげいん】



2001年7月3日~9月18日 フジテレビ系にて放送。
<キャスト>
江口洋介
松雪泰子
渡辺いっけい
須藤理彩
伊藤英明
田畑智子
小日向文世
宮迫博之
谷原章介
木村多江
津嘉山正種



もう、何度見たかわからないほど見てるけど。
CSで放送してると、つい録画しちゃう。

それで、1話づつ楽しむという。

さすがに第2シリーズは、もう見すぎたし、セリフもほぼ
覚えてるくらいだし、それほど見入ることはないかな。


と、思ったのが、間違いで。

毎回、毎回、1話から始まって。
先、分かっているのに入り込んでしまう。。。


「私の専門は、心臓再生医学なの!!」
二言目には、こう言ってしまう香坂たまき先生(松雪泰子)の
まああああ、美しいことっ!

「患者に専門もなにも関係ない!」
進藤先生(江口洋介)に一喝されるのです。

そしてそして「オマエ」と、呼ばれ
いつも切れてる香坂先生。

その進藤先生が、ヘリに乗って急患を治療しながら
港北医大救命センターへとやってくるのが始まり。
そこには、以前一緒に救命で働いてた、桜井ゆき(須藤理彩)が
看護師として働いてて
医局長(渡辺いっけい)に、進藤先生を紹介する。


その救命が専門じゃなかった香坂先生が
教授が開発している薬についての論文を書いてしまったことから
救命に飛ばされてしまうのです。

再び急患が運ばれてきたときに
居合わせた進藤先生が、処置室の外から香坂先生に
指示を出してしまうのだ。
「今すぐ開腹するんだ!
消毒液を瓶ごとかけろ!」

「だれ?」


二度も進藤先生によって助けられた救命。
医局長は、桜井にどうにか進藤先生に
ここへ来てもらえないかと一緒に進藤先生のところに
頼みに行くのだが。


一度は断った進藤先生。

おそらく、二人とは別に、香坂先生も
救命に戻るべきと言いに言ったんだよね。
進藤先生のいるところに、事件は起きる。
香坂先生と話しているところに
爆発音。

駆けつける二人。

目の前の患者を助けることに命をかけてる進藤先生は
もう、こうなるとスイッチが入るのです。

こうして、再び救命病棟に戻った進藤先生。


研修医で実家が総合病院で金持ちの太田川(田畑智子)に
ちょっと気が弱くて人の良い矢部くん(伊藤英明)。

アフロで、悪ぶってる雰囲気の谷原章介。
目が済んでて、とってもクールな看護師、山城さん(木村多江)。
自分の病院を潰してしまい莫大な借金を抱えるとても優しい神林先生(小日向文世)。
山城さんが大好きで、アフリカで青年海外協力隊で医師として活動していた
痔の馬場先生(宮迫博之)。


いつ見ても、キャラが際立ってて
一見、バラバラに見えるけど、
最終話へ向けて、一丸となっていく様子がまた見事に描かれている。

ゲストこそ、今のように有名どころは
毎回出るわけじゃないけど
そのストーリーが、練りに練られてて、
折り重なっていって、伏線もみごとだし
回収も見事。

どうして、昔のフジテレビはこんなに素晴らしいドラマが
いくつも出来上がってたんだろう。と思うほど。


記憶を失った井上順。
妻のキムラ緑子。
本当は記憶を失ったのではなく
大手銀行をリストラされ、自殺を図ろうとしていた夫。
それを知って、激怒して、
ただただ責める妻。

それを進藤先生は、
体を治すことはできるけど、明日の希望まで
用意することは出来ません。
それをするのは、あなただ。
と言うのだよ!!!!

そして、二人が目覚めたときに
朝日が差し込むように、ベッドの位置を逆にしておけと
進藤先生は、矢部に伝えておいたのだ。

心まで治してしまう進藤先生。


末期がんの老女と幼い少女の命の話。
意地悪な大人げないボクサーと少女の話。
「死」に慣れきってしまったことに傷つく看護師、須藤理彩の話。

もう、どれを取っても本当に素晴らしい話ばかりで、
何度見ても、同じところ、違うところに感動する。

そして、最後の医局長の命。。。

最終回は2時間なのだけど
医局長の死を悲しむ間もなく
患者は、絶え間なくやってきて。
それが、現実を忘れさせる時間でもあったりして。

近くの公園のそばの工場で起きた有毒ガス中毒。
救命病棟は混乱状態に陥り、
進藤先生は、救命を選挙の道具としか考えてなかった教授に
「スタッドコールをかけてください」と頼む。


心臓外科医としてアメリカに経つことが決まった香坂先生が
たまたま病院に電話をしてきて
そのスタッドコールを耳にし
自分の将来よりも、スタッドコールを優先し
救命に戻ってきて、混乱する第一外科の医師たちを一喝する。

医局長が亡くなったこともきっかけとなり
小児科医として働き始めた矢部も、やがてスタッドコールにつられて
救命病棟にやってくると、そこに担当する患者の少年がいて
急変に気づき治療にあたる。


やがて混乱はおさまり
ゆっくりとした日常が戻ると
そこに、医局長がいないことがみんなの心に実感していき
涙をさそっていくという
みごとな流れ。

選挙に必死だった教授に
「あなたは医者だ!政治家じゃない!」と進藤先生に言われ
我に戻り、
救命こそが、この病院に無くてはならないものだと気づく教授。


ぶっきらぼうで、お世辞の一言も言わない
進藤先生。
発するのは、医療用語だけの進藤先生。
自分に厳しく、他人にも厳しく優しい。
本当の優しさをうちに秘めている進藤先生。

こんなすごいキャラクターを、
ずっと演じている江口洋介も、本当にすごい役者だと
見るたびに、すごいな。と思ってしまう。


続けて、第3シリーズも放送してたので、
また見てしまうんだわ。


第5シリーズには、とうとう進藤先生が
いなくなってしまったんだけど。

ぜひぜひ、進藤先生ありで続けて第6シリーズをやってほしい。
このシリーズだけにしか出てこなかった
香坂先生も、また見てみたい。

須藤理彩もリアルタイムで見てたときは
本当に看護師なんんじゃないかと思いこんじゃうほど
看護師だった。
また見てみたい。


ああ、本当に良いドラマだな。
また長く語ってしまった。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●過去のドラマ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ