ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【黒革の手帖】

ドラマで武井咲が演じたのを見て、原作に興味を持って読み始めた。
時代も昭和50年代だし、主演の元子は銀行員でも、派遣ではなかった。

しかも、美人でもなかった。
それでも、ドラマとはまったく違ったストーリー展開が
すごく引き込まれるものがあり、これが松本清張なのか!と、実は初めて松本清張も読んだのだ。

固いイメージがあったけれど、とても読みやすい文章。手に取るように思い浮かんでくる情景。

顔と違って、優しい文面。
色んな意味で驚いた。

何度もドラマ化されている理由も分かる気がする。
すぐ下巻読みます。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【五十嵐貴久「年下の男の子」】

この小説は2008年の作品なんだね。そこから10年近くたった今。
女性が年上だろうと、年齢差など関係なく交際する人たちが多くなってる。
この小説は、37歳の大手乳製品の会社に勤めるベテランOL晶子が主人公。
勤続年数も長く、仕事にも慣れているので知らないことは、ほとんどなく
上司からも信頼されてる女性。
たまたまトラブルで駆り出され、
取引先業者で同じくトラブルを解消するために一晩一緒に仕事をした、
契約社員の23歳の児島くんとの出会いから
晶子にモテ期到来。

14歳差の年齢差に悩む悩む晶子。
今だったら、そこまで悩まなくても?と、
そんなドラマもたくさんあるし。
なんせ、30歳が53歳に告白するドラマまで出てきたからね。
でも、マンションまで購入した晶子は、年齢的にも、
付き合うのなら、結婚を考えられる相手でないとと
結婚にこだわる女性でもないながらも、
そのへんの気持の葛藤が、おもしろい。

とても軽快で、読みやすく、共感できるストーリーで。
最後に、気がついて、本当に良かったね!!って、
心から晶子さんを応援できちゃう小説。

この主人公の晶子さんが。お局様てきな嫌な女でもなく、
晶子をやっかむ人も出てこない。
ガツガツ仕事人間でもないけど、行動力があってアタマも切れそう。

女優さんが演じるなら、どんな人だろう?と
想像しながら、最後まで楽しく読むことが出来ました。

やっぱ五十嵐貴久さんの本は、文章が良いな。
読みやすいな~。


  
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【東野圭吾「虚ろな十字架」】

一気読みしたくなるまで、少し時間がかかるほど
暗い暗い雰囲気が漂ってて、滅入る内容に
最後まで読めるのか?と思ったほど。

ところが、さすが東野圭吾。
途中から、エンジンがかかるんだよね、いつも。
いや、今回のこの作品は、今までにないほどに暗い不幸な始まりだったので、
「知りたい!!」を求めるまでに、時間がかかった。

7歳の娘を殺され、妻とは離婚。
その妻が亡くなり、真相がみえてくるにつれ
すべてがつながっていくことに引きつけられていく。

これまでのような、<これぞ!>のどんでん返しこそなかったけれど。
子を思う気持ちっていうのと、命のテーマ。

元妻が残した「死刑廃止反対」の内容から
とんでもない事実が隠されていたことに気づいていく
主人公の中原道正。
感情の起伏はまったくと言っていいほどに淡々としてるんだけど、それとは比例して、
起きてきた過去の大事件に、絶叫しそうになった。
想像するだけで、悲しく、苦しい。

すべての描写が、
手に取るように映画でもみているように浮かんでくる、
やっぱり、東野圭吾って、すごいなって改めて思う。

ただ、東野圭吾ならではのどんでん返しがなかったところは、物足りなかったな。
途中で、ほぼ予想がついちゃったのもあるし。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【消えた少女】

サブタイトルが「吉祥寺探偵物語」とあるだけあって
吉祥寺が舞台。
実在するハモニカ横丁やらチャチャハウスやら。
ちょっと名前をかえた学校やら。
吉祥寺を知ってる人には、それだけでもウキウキしちゃうとっかかり。

主人公の川庄は、外科医の妻と別れ母よりも父が心配だからと
息子は、父にくっついてきてあげたというしっかりした11歳。
妻に男が出来ての離婚だったため
医者でもある元妻からの養育費はたっぷり。
銀行員だった、その主人公は、息子の育児のために
コンビニのバイト店員に。

そして、夜な夜な吉祥寺のマチへと飲んだくれて
出ていく
そんな日常の話しの中で、ネコ見つけました。
で、ずっと続くのかと思い、そろそろ飽きてきそうになったそのとき。

やっぱり、五十嵐貴久さんです!!

そんなはずがない。

オカマのキョウコちゃんが連れてきた美しい人妻。
その女性との出会いから1年前に起きた
少女行方不明の事件を追うことになる。

警察も捜査を縮小しつつあった1年前の事件。

川庄は、銀行マンの頃の人脈や、オカマのキョウコちゃんの幅広すぎる人脈を使って
瞬く間に、警察も見落としていたことに
たくさんたどり着いていく。。


最後の最後のどんでん返しには
驚かされた。

警察官でもない、探偵でもない。
でも、本職とは違った「経験」こそが事件の真相に
辿り着いた川庄の勘の鋭さ。
なんか、読んでて気持ちよかった~。

そんなはずあるわけがない!と言ってしまえば
それまでだけど。
小説ならではの面白さ、小説の世界にどっぷり
連れて行ってくれる五十嵐貴久さんの世界が
たまりません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「TVJ」五十嵐貴久】

TVJ五十嵐貴久

これ、五十嵐貴久さんのデビュー作なんだそうだ。
幻のデビュー作に手を加え、「別冊文藝春秋」に連載され
2005年に出版された作品。

あとがきの解説にも書かれているように
「TVJ」
本当に、妙なタイトル。

まるでDAIGOだ。

テレビジャック。
の、おはなし。


かなり、スリリング。

誰もが出入りするテレビ局。
それが、迷彩服を着て、銃を持って大勢の男たちが
ウロウロしようが、
誰も、不審に思わない。
それが、テレビ局。


ところが、綿密に練られたテレビ局ジャックだったのだ。
その狙い、
その条件。
人質。

すっごくスリリング。

高いビルの窓から落ちていった由紀子。
誰もが、転落死したものと思われていた。

ところが、
ビックリ。

ここからが、由紀子の生命力の強さの発揮。

見回りの犯人と鉢合わせたり
逃げても、逃げても追われる中
迷路のような職場が、特殊なテレビ局という作りで
由紀子の知恵と賢さが次々と描かれる。

警察もいるはずなのに。

番組ごと全国放送となったそれは、前代未聞の生放送となるけど
次は、由紀子は、どうやって
危機を脱出してくんだろう?と、

もう、読まずにはいられない。


五十嵐貴久さんの作品に
絶賛夢中です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  


br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ