FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【角田光代「坂の途中の家」】

sakanototyuunoie.jpg 
 

ごく普通の主婦里沙子が、生後8ヶ月の我が子を殺してしまった主婦、
水穂の刑事裁判の裁判員になった話。
3才になる娘を抱え、実の両親とは折り合いが悪く
夫の両親の住む浦和へ毎日子どもを預け遠回りして裁判所まで通い
これまで、まったく縁のなかった裁判に関わっていくことで
自分が娘を出産し育てるにあたって、母乳でなければいけない。
という凶悪観念にかられた日々を思い出し、
泣き止まない赤ん坊との日々を思い出し、
保健師や友人、公園で出会う母親たちからの言葉で傷つき
夫や姑からの心無い言葉でも傷ついてきたことに
蓋をしてきたことを急激に昨日のことのように思い出していく。

しだいに、被告人の水穂と自分が重なりあって
公判を重ねていくと同時に、自分がやってきたことと
水穂がやってきたことの境目が分からなくなっていく。

あまりにも身近に起きた、見知らぬ女性の事件。

それだけでも疲れるのに、娘の文香のダダのこね方は
ハンパなく里沙子を痛めつける。
あまりにも、その駄々こねの描写がリアルすぎて恐いくらい。

ビールを飲まないと眠れなくなる里沙子に
アルコール依存症だと決めつける夫。
裁判員になるなんて、キャパオーバーな事なんだから
断れと言う夫。
ダダをこねる娘に、ちょっとしたしつけのつもりを
虐待と勘違いされ、自分は本当に虐待をしているのか
ずっと虐待をしてきたと思われているんじゃないかと
疑心暗鬼になっていく里沙子。

もう、これは心の葛藤で
公判が続くあいだじゅう、証人が変わるたびに
里沙子は、深く深く考えすぎてしまい
読むのがめんどくさくなってくるんだけど
この里沙子は、いったい最後にはどうなるんだろう?
水穂は、どうなるんだろう?という思いが強すぎて
一気に読む進む。

考えることも大事だけど
ま、いっか。と思うことも大事。
でも、ちゃんとその時にしっかり考えて答えを導き出さないと、
とんでもない誤解や思い込みをしたまま人生を過ごしてしまうと言われたようで
最後まで読んで良かった。と思った。

角田光代さんの長編小説は、これだから好きだ。
日常が、恐怖になってしまうスリリング。

裁判員って、まだまだ身近じゃないし。
体験した人の話も聞くこともない。
こんなふうに小説になって初めて今回、裁判員の大変さも知った。


この小説は今年の春にWOWOWでドラマ化されたみたいなのね。
知らなかった。
これは、ぜひ見てみたいと思う。
柴咲コウは、どっちの役なんだろう?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「ラプラスの魔女」】

laplace.jpg



まったく前知識なしで読み始め、あ?これ映画化されたやつかな?
と途中で気づく。はいはい、櫻井翔が主演してたやつだ。
映画も見てなくて、良かった。
というのも、これは、東野圭吾にしては珍しい、ミステリーよりも
SF要素が満載。
いや、昔の小説では、かなりSFっぽいのも、あったか。

そして、時々あるんだけど。
え?誰が主人公?っていう流れ。
ここに書かれるプロローグも、しっかり忘れないように内容を覚えておいて。
本編に入ったら、なるべく、プロローグから離れて、時々思い出す。
じゃないと、最初の家族はいっこうに出てこないのだ。

不思議な力を持った少女。
そうかと思えば、一酸化炭素中毒によるまったく関係のない2つの場所で起きる事故。

それを調べるために呼ばれた研究者。
被害者の映画関係者に、繋がる映画監督と、その家族の不幸な事故。。
1つ1つ読んでると、まるで関係のない物語が
だんだん、繋がっていき、折り重なっていく物語。

それらのキーワードに翻弄されていく研究者と刑事。

その中でも、一番のカギとなるのが、「脳手術」。
不思議な少女以上に不思議な少年の存在。

頭の中で、人物関係の相関図をしっかり描きながら複雑だけど
思い描きやすい不思議な小説。
やっぱ、そこは東野圭吾だよね。と思いながら。
今回も入り込んで読み終えた。

終わりは、まるで映画のようなどっちとも取れるような終わり方で
ちょっと呆然とした。
映画版のストーリーは、どんなだったんだろう。と、映画がとても気になった。


  
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【マスカレード・イブ】

マスカレード・イブ

「マスカレード・ホテル」の
続編?

「マスカレード・ホテル」は、かなり前に読んだので
うろ覚え。
刑事がホテルマンに潜入捜査する話しってのは
覚えてたけど。
その刑事が、木村拓哉をイメージして書いたとは
読んでるときにも、夢にも思わなかったし
全然、そう感じなかったよ!東野圭吾さん!!!

でも、映画見てません。

本屋に行ったら、目に入ったので、買ってみた。
「マスカレード・ホテル」封切りまつりで一緒に置いてあったんだと思う^^;


でも、こちらは、短編。

刑事の話しと、
ホテルの話しとが、交互。

それにしても、めっちゃ有能なホテルウーマンの尚美さん。
あ、これは、間違いなく、あのときのフロントクラークの女性のことだ!と。
ホテルには、様々な客が日々やってきて。
ときには、その客の仮面を、なんとしても守り抜くのが
ホテルマンの仕事。

かたや、仮面を暴くのが仕事の刑事。

刑事の新田は、やはり、とても優秀で。
でも、あのときの刑事とは、読み終えるまで
気づかなかった。
やっぱり、完全に忘れてたんだわ、私。


どうも、刑事側の話しが、いまいちで。
ホテル側の話しは、みるみる読み進むんだけど。

どころが、最後には、それが、みごとに合致。

どこで尚美と新田は絡むの?
と、思ったけど、
ずっとすれ違いのままで。

でも、知らないところで、みごとに、ホテルマンの尚美が
事件解決に大きな協力をしていたという
面白い話し。
残念ながら、新人女性刑事が尚美さんと接してるんだけど
新田には、名前も知らされず。
気づいたかな?
もしや、と思ったかな?
そうは書いてなかったけど。
そう思うと、ちょっとワクワクする。


だけど、最後の事件は、わりとあっけなかったかな。。。
あ、もしかしたら?と、
想像できるようなからくりでもあったし。
というか、東野圭吾、読みすぎて
わかっちゃうのかな。

「マスカレードナイト」次、読まなくっちゃw

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




    

br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【それもまたちいさな光】

とても読みやすかった。

どうでも良いことが、
実は、それこそが「今を生きてる」ことで
生活。だったりするのだと
どうでも良い毎日こそが
大切なのだと感じさせてくれる作品。

主人公と幼馴染との恋とも愛とも言えるような
言えないような距離感も、
とてもとてもよく伝わってくる。

主人公が聞いてるラジオのパーソナリティが
また、主人公になったりと
角度を変えると、面白い見方が出来て
別世界のようで、繋がってて。

とても良かった。



  
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【瑕疵借り】

kasikari.jpg


そもそも「瑕疵」って言葉知らなくて。
傷、欠点。。。
訳ありのことだったんだね。
ワケあり物件の話だと知って、
不動産かなんかが出てきて・・・と、勝手に想像しながら
読み進めると。
まるで違うのが松岡圭祐。

これまでのシリーズものとは違う作品だと知って
飛びついて買ったのだけど
いっこうに、物件の話は出てこない。

それは、コンビニに勤める女子大生の話から始まって。


そうか!
そういうことか!

と、2話くらい途中あたりで気づく。

話は4作あるのだけど、その「ワケあり物件」に住む
プロの「瑕疵借り」が裏の主人公。
いや、表の主人公?

とにかくワケあり物件にまつわる話から始まるので
けっこう暗い。
切なくなったり、心が沈んだりもする。
だけど、そこからスッキリ解決へと向かっていくさまがみごとなのだ。

ワケあり物件に住んでいた人。
それに関わった人。
そこにもともと住んでいた人。
生きているからには、いろんな事情があるよね。

こんなテーマを思いついた松岡圭祐って
やっぱ天才だわ。

そして、なんとなく松岡圭祐っぽくない小説でもある。
それは、きっと普通の人を描いているから
かな?
オモシロかったです。


 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ





br_decobanner_20110417165910.gif | ●BOOK | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ