ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【MASKMEN」 マスクをはずした斎藤工、芸人になる。最終回】




実は、この番組。
ノーチェックで、
3話あたりで、Tverのトップページに斎藤工が映ってるのを見つけて
初めて見始めたのだよ。
私としたことが。

おそらく、1話は斎藤工が出るということは
内密に番組は放送されたんだろうなぁ。。
いや、違うのかな?
そもそも、斎藤工じしんが、動き始めたところから始まったのか?

斎藤工サイトからいつも番組出演のお知らせメールは来るけど
「MASKMEN」に出るってメールは、
来てたかな・・・・・・・?


ま、いいとして。


とにかく、芸人になりたくなってしまった斎藤工は
だいたい、斎藤工って人は、
好みが、とても変わってる
いや、私とはまるで好みが逆で
好きな音楽や、アーティスト、
まったく合わない。

なので、くっきーさんの芸が、
どうしても、面白いとは思えない。

だから、くっきーさんがプロデュースした
人印の良さもちっとも分からなくて。

それでも、一生懸命な斎藤工。
海外に行く時も、
ドラマや撮影、映画、イベントと
多忙ななか、人印になりきることに一生懸命な斎藤工。
真面目なんです、この人。
って、おまえ、斎藤工のなんなんだよ!!
って、突っ込まれれば。
ファンです。
って。


けどね、
結局、芸人の永野のアドバイス。
あれが、すべてだったね!!
すごいちゃんとした人なんだ!!この人、永井って芸人は。
なんて思ったりシて、
いやいや、くっきーさんや、ノンスタの石田さんが、
ちゃんとしてないわけじゃなく。

斎藤工の面白さを、よきよく分かってて
仲がいいだけに、本音でガツンと言ってくれたのが
見てて、すごく気持ちよかったし、
沿うそう!!その通り!!
よくぞ、言ってくれた!!

顔を隠す時点で、ある意味、自意識過剰。みたいなこと言ってた
ズバリと。

最後のくっきーさんとのお笑いは
最高に面白かったじゃないですか。

以前、「日10☆演芸パレード」で
色んな芸人さんと組んでやったお笑いコント、
めちゃ面白かったもん。
こういうのが良いって。


それを、永井さんは見てたかどうかは知らないけれど。
すっばらしいアドバイスだったね。


にしても、このテレ東の番組。
どこまでがドラマで
どこまでがドキュメントで
どこまで台詞なのか分からないところが
また、おもしろいよね。
山田孝之の赤羽とか松岡茉優と伊藤沙莉のとか。


ホンモノのドラマでは
4月クールに、江口洋介、
上川隆也が、それぞれ主演を演じるドラマが始まるし。

いったい、テレ東・・・

テレ東で何かが起きてる?



この最終回。
斎藤工の捨てた、リリー・フランキーさんが描いてくれた絵。
そこ、捨てる????と、ビックリしたけど。
川に流れて、
それぞれ、色んな国にたどり着いたんだね。
で、色んな国の子どもたちが
そのお面をひろって、
かぶって。

人印のマスクは、
なぜか、松重豊を羨む手塚とおるさんが
愚痴ったあとに拾うというオチ。

ここから、また人印が動く?
詳しくはDVDで。

だと!!!?



あと、最終回のエンディングテーマ「マスカレード」
斎藤工が歌ってたの~!!
嬉しかった~~~!!!
Toshiさん、ありがとう!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 




br_decobanner_20110417165910.gif | ●斎藤工 (出演映画 掲載誌ほか)● | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【齋藤工監督、高橋一生主演「blank 13」 こころが震えた】

blank13-1.jpg


70分という短い長編映画。
しかし、できるだけ説明を省いてはぶいて。
映像だけで伝わる、本来の「映画」の意味を
心の奥底へと
ズキズキと痛みのように、伝わった作品だった。

金子ノブアキの音楽。
音とお輪、木魚のリンク?
めちゃくちゃステキでした!!!





(若干ネタバレ含みます)
借金まみれで、息子のことなど感心がなく
ギャンブルにはまる父。
苦しい生活。

兄のお古であろう、大きなダボダボのTシャツを
いつも着ているコウジ(大西利空)
父の雅人(リリー・フランキー)とは、よくキャッチボールをしていた。

新聞配達におそらく夜の仕事。
掛け持ちをしている母、洋子(神野三鈴)
どんなときも、自転車を必死にこぎ、新聞を配達する。
この姿には、鬼気迫るものを感じさせ、
それが、事故につながることも、予感させていた。


絶対、骨折や内臓破裂でもしてるであろうくらいの事故でも
立って見せて、
「大丈夫です、配らなくちゃ」って。
腫れ上がってる顔。
傷だらけの顔に化粧する痛々しい母の姿を
ただただ見ているしかない、コウジ。


執拗なまでの借金取りの怒号。
その借金取りには、波岡一喜さん。

波岡一喜さんが出てて福士誠治さんが出てこないわけないな。
と、思って見てたら、
ちゃんと、いた!!

そんな斎藤工に関わる
世の中が、「斎藤工」を認識する前から
ずっと繋がってた人たちが
たくさんここには出てくるのが、
もうう、斎藤工をずっと、ずっと応援してきた身としては
本当に嬉しくて、嬉しくて。
(斎藤工は私が育てた!!と友人家族には言ってる・笑)

ごめん、SETの大竹浩一さん見逃した><。。
それだけ、民衆にみごとにマッチしてまぎれてしまう演技の出来る役者なのですよ。


「タバコ買ってくる」と、言い、外に出ていく父に、
きっと帰ってこない。と
コウジも母も、兄のヨシユキ(斎藤工)も、感じてた。


このクソやろう!な父を、みごとにリリー・フランキーが演じてる。
この人は、本当に小説家なんだろうか?と、思ってしまう。


余命3ヶ月だという父が見つかったのは、
音信不通から、13年たった日。
母も兄も、見舞いには行かないと言ったけれど
コウジは、キャッチボールしたり、野球を教えてくれた父が
おそらく、
とても、
すごく、
大好きだった。

久しぶりに会いにいっても、
特に会話が弾むわけでもなく。


それでも、この親子二人の空気感が
独特なものをかもしだしてて、
すごいな。って。
高橋一生なんて、主演なのに、
そんなに台詞なくて。

なのに、痛いほどに、そのあふれる感情が
伝わってきて。


コウジの彼女、サオリ(松岡茉優)
「お父さんのところ、行こう」と、
また見舞いに行こうと誘い、
二人で会いにいくけど、
このときは、
親父、すごく痩せた・・・・」と、ぽつんと、コウジが言うのだけど、
その父の姿は、
カーテンごしで、ちょうど顔が隠れて見えない。

このへんの演出も、素晴らしいな。って。

どこを、とっても、演出が、素晴らしかった。


早めのエンドロールで、ビックリしたけど。

火葬シーンって、
普通は、遺族が、火葬されていくご遺体のお棺を見送って
号泣する、っていうシーンは、山ほど見てきたけど。

齋藤工監督は、
そっち側ではなく、
焼く側を映している。
このへんも、
そうきたか!という感じ。

ただ、「アンナチュラル」で、石原さとみが
火葬を止めるシーンがあって、
そこ、カラーで見ちゃってたのが、自分てきにすごく残念で、
その回、見なきゃ良かった!!!!><。。と、後悔したよ。


同じ、名字の、松田家の葬儀が
同じ日、同じ時間に
すぐそばの寺で行われてて。
ことごとく、間違えて、やってくる参列者に
受付をしているサオリが、
しまいには、こっちから促しているところ。

同じ人間なのに、
その葬儀の盛大さの違い。
生きていたときの、その人間の価値なのか?
と、思わせておいて。

本質的なところを垣間見た瞬間が、圧巻。

金子ノブアキが、そんなキーマンを演じてる。

芸人を目指してる斎藤工は、「笑い」も忘れない。


雅人の葬儀にやってきた
本当に少ない人数。
その葬儀で行われた出来事。

もう、ここは演技力で役者さんたちが
ものすごいものを作り上げてたね。

遺族じゃないのに、「うん、うん」って、一人ひとりの話しを
聞き役になってる、おもしろい佐藤二朗さん。

いったい、なんなんだ!この葬儀は。
しかも、住職が、一人ひとり故人の思い出を語らせたり
自己紹介みたいなのをさせたりなんて、
私が知る限りではなかった。
だけど、その住職も、もしかしたら、雅人という人を
感じていたからなのかも。


その場にいられなくなってしまった、兄のヨシユキ。
次に、語ったコウジは、
自分の知らなかった父を知ることができて
本当に良かったです。
と、1つ1つ、噛み締めながら。


なににせよ、
最後に、コウジが子供のころに
脅しにきてた、借金取りの波岡一喜さんまでが
葬儀にやってきて、頭を下げたのが
すべてだったと思う。
実は、借金取りにまで、情を感じさせていた人物だったことが
ハっとさせられた。


喪服に着替え、
母も、きっと葬儀に向かっているんだろうと思ってたのに。。。


最後に、エンディングの音楽とともに
喪服のまま、タバコの煙を、ふわ~っと、上に向けて吐き出す神野三鈴さん。
とても、美しかった。

タバコを吸うシーンや、
タバコもタバコの煙も大嫌いだけど、
このとき、初めてタバコの煙が美しいと思ったな。。


なんとも言えない余韻を残す、

これこそが
「映画」

だというのを、
数多くの映画を鑑賞し、
評論してきた齋藤工の1コマ1コマに情熱を感じた作品だった。


もおね、
とにかく役者が、すごい!!

松岡茉優伊藤沙莉
あのときの共演でしょ。。
佐藤二朗さんなんて、「親孝行プレイ」とか思い出しちゃったし。


斎藤工
愛されてるな~。



この「blank13」のパンフレット。
「通常版と、写真がメインのと、2種類あります。」って言うから
値段聞いたら、通常版が800円
ビジュアル版が1500円って言うの。

「内容は、写真メインのほうにも、同じものが載ってますか?」って聞いたら
「内容は同じです」って言うから
じゃ、ビジュアル版のほをください。って買ってきて、
さあ、読もう!!と、思ったら。

写真だけだった・・・・・・・><。。。

この映画こそ、
解説も読みたかったのに。

絶対、通常版も買ってこよう!!



「blank13」素晴らしかったです。
ガンで親を亡くしている身としては
いろいろ感じるところも多かったです。

斎藤工の歌に「映画監督」という歌があるのだけど。
私、その歌が大好きで
「きみ」を自分に置き換えて妄想しながら聞くのが幸せな日々だったころを
思い出したよ。
なっちゃったね、映画監督。

ショートフィルム「半分ノ世界」も素晴らしかったけど、
今回の長編?中編?
70分が短い!と感じさせない濃さだった。
70分。
逆にけっこう良い時間帯かも。って思っちゃった。

blank13-2.jpg


blank13-3.jpg


blank13-4.jpg


blank13-5.jpg

ま。
どっちにしても「ビジュアル版」は買いでしょ!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



br_decobanner_20110417165910.gif | ●斎藤工 (出演映画 掲載誌ほか)● | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「あきらとアキラ」最終回 伝説のWアキラ再び】

WOWOW 

上川隆也が出てくると、
画面が、ぐっと引き締まる~。

木下ほうかさんが社長を勤める、東海旭商会が手がける
東海リゾートの負債が止まらない止まらない。

このままでは、親会社の東海遊仙まで倒産の危機に。
そこで、立ち上がった、向井理アキラ。
全面的に東海遊仙を担当する斎藤工アキラ。

負債を抱えた東海リゾートだけを切り離すのではなく
逆に、将来性のある東海旭商会を売ることをひらめいた向井理アキラ。

斎藤工アキラは、以前、就職の世話をした友人、
滝沢(森田甘路)にM&Aの相談をする。

すると、繊維事業の開拓を勧めている、大日ビールという会社があると
情報を入手し、向井理アキラに報告する。

斎藤工アキラは、滝沢とともに、
表だっての交渉ではなく、
内々での提案として、大日ビールに出向く。
と、出てきたのは、企画戦略担当の沢渡(上川隆也)だった。

ところが、東海旭商会との買収の話しは一蹴。
まったく乗ってこなかった。

そこで、向井理アキラは、安堂(小泉孝太郎)に相談すると、
相手の立場にたって、
ものごとを、反対側から考えることを助言される。
と、そこで、再び、向井理アキラは、ひらめいた。

沢渡は、大日ビールの上場を狙っているのではいかと。
それには、東海リゾートがついてくるのは、マイナスでしかない。
滝沢が出した、M&Aのシミレーションを、
もう一度、自分にやらせてほしいと言う。


元気になった、弟、龍馬(賀来賢人)は
元社長でありながら、北村(尾美としのり)の下で兄を支えるため仕事復帰。

兄弟、一丸となって再建を試みる。

そして、アホなだけだった、オジの木下ほうかは、
いつも、いつも、兄、堀部圭亮が「良い人がいる」と紹介された人物は
全部、失敗に終わったことを
人に頼ってばかりで、自分で何かをしようとしなかったことに気づくのだ。

これ、最後まで気が付かないで終わるのと
気づくのとでは、大きな違いだよね~。


とても、大胆なシミレーションと
議案を書いた書類を
当然、斎藤工アキラの上司、部長(利重剛)は大反対。

けれど、その大胆さに実は、やってみたいという
挑戦の心もあったのね。

頭取に、その話しが、通ってた。
頭取は、あきらとアキラが起こした新人研修の「伝説」を思い出していた。
あの「伝説」で、一番驚いたのは、実は、自分だったのだと。
粉飾を見破った、斎藤工アキラだったが、
自分は、まったく気づいていなかったのだ。

再び、この2人が、こうして、手を取り合って
1つの会社を救おうとしている。
これは、やってみる価値があると、頭取自らが後押しをした。


しかし、ここで、また、ピンチがやってくる。
M&Aの情報漏えいが噂になってしまっていた。
この情報源が、三友銀行の羽場裕一だったのだ。

向井理アキラと木下ほうかさんは、三友に乗り込んだ。
言い訳する羽場裕一。
そこに、颯爽と上司が入ってきて、土下座。
羽場裕一も、それにならって土下座。

池井戸潤作品には、土下座は欠かせないのね。


謝っただけでは、すまない!と、アキラ社長は、キッパリ!


心配された、大日ビールとの交渉は成功した。


男泣きする、向井理アキラ。
崩れおちて、喜びを噛みしめる斎藤工アキラ。

いい演出だった~
これ。

向井理も、うまくなったな~
(上から・・)


これで、めでたしめでたしで終わるのかと思ったら。
何十年越しの恋を、やっと実らせた、斎藤工アキラ。
やっと、
やっと、田中麗奈に「付き合ってほしい」と言えたのだ。
その間に、結婚、離婚までしたのを待ってだ。

向井理アキラのほうは、
やっぱり、そういうことだったのね。
後輩のはずなのに、やけに、タメ口で話してるな~と、気になってたけど。
いつのまにか、そういう仲になってたってことね。

2人のアキラの間に入って、
良い仕事をしてたカンナ(瀧本美織)。

女優陣の選出に、ちょっと不満はあるけど、
ドラマが良かったので、よしとしよう
(上から・・・)


あーあ。
終わっちゃった・・・・。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | アキラとあきら(斎藤工主演) | | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「あきらとアキラ」第7話 父につづいて弟、賀来賢人まで倒れる!】

 

少年時代から、縁があった2人のアキラ。

境遇は、お坊ちゃまと、倒産する町工場の息子。
まったく立場が違った2人が、
「銀行」で、再会するのだ。

新人研修で、この2人は、これまでにない実戦形式の
融資プロジェクトで伝説のファイナルをやってみせた。
後の後輩にも語り継がれるほどの研修だった。


優秀な2人は、順調に上に上がっていくと思われたが
斎藤工のほうの、アキラ山崎瑛が
自分の父のときのように、倒産しそうになった工場の社長、井口(宮川一朗太)の
娘は、心臓が悪く、心臓移植をしなくてはならなかった。
どうしても、助けたかった斎藤工のアキラは、
口座をすべて凍結される前に、全額おろすことを井口に助言する。


銀行からのペナルティは厳しく、
斎藤工のアキラは、静岡支店へと飛ばされ
出世街道から、外れていった。
と、思わせておいて、

そこが、ファイナルで伝説を作った2人の違うところ。

這い上がるのだ。
斎藤工アキラは、自分のやり方で。
向井理アキラの家庭教師でもあった安堂(小泉孝太郎)の口添えもあり
本社に戻ることができた斎藤工アキラ。


一方の、金持ちアキラの向井理のほうは
父が経営する東海郵船が、傾きかけたときに
弟の龍馬(賀来賢人)に聞いた話をヒントに、
貨物に目をつけ、父に提案する。
そして、再び、順調になっていった東海郵船だったけれど

その父、石丸幹二は、病に倒れ、
ついに帰らぬ人に。。。。


うさんくさい、石丸幹二の弟たち、
向井理アキラのオジたち、木下ほうか、堀部亮の策略で
龍馬が、社長に就任することになり、
リゾート会社と観光会社を運営する東海郵船の子会社を経営する2人は
その龍馬が、社長になりたてのときに、
何も分からないまま、連帯保証の手続きをさせてしまう。


これが、後にとんでもないこととなり、
東海リゾートは、300億の融資を、
向井理アキラの銀行からメインバンクを鞍替えし
そのメインバンクから受けていることが発覚する。

龍馬は、社長に就任して、1年が経っており、
向井理アキラは、父の遺言で、
東海郵船の筆頭株主となっていた。
けれど、龍馬は、父の会社を継がずに銀行に勤めてしまった兄が
口出ししてくるのを我慢できず、
聞く耳を持たない。

会社でも、役員たちから、社長としての手腕はあるが
突っ走ると誰も止められないと向井理アキラの耳に入る。


ここを、乗り切るには、向井理アキラの力が必要だ。と
役員から相談され、
斎藤工アキラからも、「立て直せるのは、オマエしかいない!」と、言われる。


さらに、東海リゾートへの融資を迫ってくるオジたちに
どうしても、反対ができない龍馬。
役員会議では、反対され、
ついに、メインバンクから副社長として人を送り込む話まで持ち上がった。
それも、東海郵船のためになると考えた龍馬だが
とんでもないことだ!と、ここでも役員に反対される。


これは、社長解任動議でも出てクビになっちゃうんじゃないかと思ったら。

あらら、ビックリ。
倒れちゃったよ。
龍馬社長。。。。

ええええ~~こんなに若いのに、
死ぬの?

と、驚いてたら、
心筋梗塞で、心労がたたっていたのだ。

手術は、うまくいき、一命はとりとめるも
油断できない状況。


斎藤工アキラは、ずっと前から好きだったのに
好きだと言えず、
オトナになっても、好きだと言えず
医者になって、アメリカに渡って、結婚しちゃった、田中麗奈が
離婚したと聞いて、
再会してた。

浮かない顔した、斎藤工の話を聞いた亜衣(田中麗奈)は
「運命を怖がってはいけない」と、言う。
それを、向井理アキラにも話すアキラ。


弟、賀来賢人が、目を覚まし
限界だったと、やっと兄に本音を話し
会社を、どうか立て直してほしい。と、懇願される。


あんなに、拒否してたのに、
本当は、お兄ちゃんの助けが、心の底から欲しかった弟。
意地っ張りなんだから。。。

でも、病気で社長交代なら
解任での交代よりも、入りやすいよねーー;


舞台が、銀行なだけに
「半沢直樹」にそっくりすぎるところもあるけど
同じあきらとアキラが、強い絆を深めつつ
支え合ってる感じが、ちょっと気持ちわるいけど、良い。

これ、この2人だから、見甲斐があるけどね。

でも、W主演って言いながらも
なんか、向井理のほうが、出番が多い気がする。
メインっぽく描かれてる気がする。
っていうか、原作が、そうなんだろうね、きっと。

まあ、逆のアキラとアキラは、違うと思うけど。
斎藤工のお坊ちゃまはハマると思うけれども、
向井理の町工場お坊ちゃまは、きっとハマらない気がするしね^^;


そんなわけで、

東海郵船への融資を見送るという銀行の部長からの話に、
ついに、向井理アキラは、
自分が社長となり、立て直してみせる!と、
断言したところで、7話、おしまい。

全9話。
あと2話なわけだけど、
アキラとアキラに、どんな運命が待ち受けているのか。
運は、良いのか悪いのか。

楽しみです。


それにしても、斎藤工ファンとしては、
向井理と主演で肩を並べるというのは、
ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!という感慨深いところがあるのですよ。

朝ドラ「ゲゲゲの女房」では、かたや、ヒロインの夫役で朝ドラ全話登場のなか
アシスタントとして、何話かの出演で、ほとんどセリフもなかった斎藤工。

大河「江」では、やはり、主演の上野樹里の夫の向井理に対し
上野樹里の姉、水川あさみの夫となり、
これまた、途中で死んじゃうんですよ。
ま、カッコイイ役でしたが。


「an.・an」で、カラーページ数が向井理よりも
多くなったときには、バンザイしましたからねヽ(^。^)ノ

本人は、さほど感じてはいないようですが
(そう言ってた江のとき、ぜんぜん向井理のほうが上だって)

見守ってきたファンとしては、泣けますよ。
W主演。


こうして見てると、向井理は、演技力は、さほど。と思ってたけど
棒読みくんに比べたら、ぜんぜん。
やっぱ、違うな~と思いました。
上からで失礼。



スポンサーがないと、良いドラマが出来上がるよね。

今度は、NHKで、お願い。
WOWOW

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | アキラとあきら(斎藤工主演) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「最上の命医2017」 8月23日放送決定!斎藤工コメント動画】




西條命(斎藤工)は、アメリカの最優秀若手医師賞を受賞するほどの技術を持ち、
患者を救 うためにはリスクを顧みず困難な手術に挑む小児外科医。
一時は肝臓癌からの多発的転移で 手の施しようのない状態に陥ったが、
アメリカで最先端医療の治験者となり、
奇跡的に生命 をつなぐ事ができた。今は病院を転々としながら
小さな生命を救い続けている。

ある日、命は呼吸困難に陥った中学生・萩尾萌絵の応急処置を施すが、
原因が妊娠高血圧症だと気づき、近くの病院に飛び込む。
そこはアメリカで命と師弟関係にあった
小児外科の権威・手塚義富(草刈正雄)が勤める病院だった。
術後、手塚に「うちで働け」と誘われた命は、
萌絵の担当を条件に承諾する。実は萌絵のある症状が引っかかっていた。
父親不明の子を宿した 14歳の萌絵を、
母・一路は激しく追及する。名門中学の教頭で、
幼少から厳しかった一路を恨む萌絵は、
出産は一路から逃げるためと豪語。しかも、
産まれてくる赤ちゃんを一路が里子に出そうとしている事を知った萌絵は――!

一方、命は手塚の娘・里香と出会う。幼い頃に病気で視力を失った里香は、
アメリカで障害者支援の技術を研究中だが、
手塚のある変化が気になって帰国したという。
「200%の準備をしてオペに挑め」という手塚の教えに
背中を押されてきた命。子供を救うことは、
その子を助けるだけじゃない――“無限の樹形図”への想いを胸に、
命は次々と“奇跡”を起こしていく!


出演者:
斎藤工 
草刈正雄 
大塚寧々 
志田未来 
松尾諭 
遠藤雄弥 
桃果 
大和田伸也
比嘉愛未 
泉谷しげる 

原作:「最上の命医」「最上の明医 ~ザ・キング・オブ・ニート~」 
入江謙三 橋口たかし(小学館・週刊少年サンデーコミックス)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | 最上の命医(斎藤工主演) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ