FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【「記憶にございません!!!」めっちゃオモシロかった~!】

kioku1.jpg

めちゃくちゃオモシロかったよ、「記憶にございません」

さすが三谷幸喜だ。

キャストも、豪華!


ディーン・フジオカは、首相秘書官。
なので、出ずっぱり!!!(!)
クールでカッコいい。
三谷幸喜はアテガキしてくれるので、本当にディーンの良さが
出まくってます。
kioku2.jpg

ん~カッコいい~
kiokudean.jpg



主演、中井貴一
とにかく、うまい!
うますぎる!

色々言いたく鳴るけど
ネタバレになるので、ぐっとこらえて。
kioku3.jpg


田中圭も出てるお。
出番は少ないけど(忙しいからね)
ものっすごく良い役です・・(!)?
ほんのちょっとだけど、目立ってしまう、存在が罪ぃ~!
やっぱ、うまいわぁ、

なんせ、三谷幸喜は役者をアテガキで脚本書いているので
その役者の魅力が存分に出るよね。
誰もかれもが、うまいし、魅力的だし、可愛いし、面白いし。
kioku5.jpg


石田ゆり子も、すごく可愛い。
石田ゆり子なら、仕方ない。
許そうって思っちゃう(なにを?)


この映画は、なぜかスマホが出てこなくて
全部、ほぼガラケーなのは
意味があるのかな?って思ったんだけど。
どんなスキャンダルも、ネットで噂になっているとか
そういった描写が出てこなかったので、
そここそ、三谷幸喜監督のこだわりなのかもな。と
それもさらに感動した1つでもある。

色々分かった上で、もう一度見てみたくなるような
そんな映画だった。


え?天海祐希。
どこにいた????



あと、有働由美子さん!!
最高でした!!!!!!
こんな人、いるよね~。
IMG-4859-6.jpg


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「劇場版 コードブルー・ドクターヘリ緊急救命」】

 

8月17日にCSでテレビ初放送された「ドクターヘリ劇場版」

第1シリーズから大好きだったんだけど、
第3シリーズが、イマイチで。。。
脚本が、安達奈緒子なんだけど、どうして「透明なゆりかご」とか
すごく良い作品を作る人なのに、
このコードブルーだけは、良くないんだろう?って
ホント不思議。


映画も映画館で見ようか迷ったんだけど。
脚本が林宏司さんに戻ることはなかったので
やめておいた。


結果的に、映画館で見なくて正解だったな。。と
CSを見ての一番最初に思った感想ーー;

のっけから、ドラマ版の紹介長すぎ!
モノローグ多すぎ!!!


本編とにかく、とっちらかりすぎてて、
どれも、見たことあるようなエピソードばかりを入れ込んだだけで
それぞれのストーリーが、なんの脈略もなさすぎて
繋がりも何もない。
メッセージもない。

病の花嫁だけど。
あれは、ない。
ひどい。

救命病棟ではなく、ドクターヘリなんだから、こういう患者の話は
ドクターヘリで見たくなかったし。
真っ白いウエディングドレスに、真っ赤な血って。。。
演じてた山谷花純は迫真の演技で、とてもうまかったとは思うけど。

冴島(比嘉愛未)と、藤川(浅利陽介)の結婚にからめて
入れられたエピソードだとは思うけど。

感動よりも、不快だったかな。
恋人が真剣佑だったってところだけ、ちょっと興奮した。
うまかった。
真剣佑。
真剣佑の涙の演技は素晴らしかったわ。


そして、山Pの肺挫傷。
フェリーの事故で鉄パイプが刺さった男性を救う話は
いかにも、ドクターヘリっぽかったけど、
そこに、この父親から大変な思いをして11才で家を出たって息子の話に
逃げる勇気も必要って
いつも、家族から、逃げる勇気を称賛する山P。
でも、口とは反対にとても優しい山P藍沢は
看護師のばばふみかをかばって、感電。
肺挫傷を追って、意識が戻らない。

って、ずっと、ここから寝っぱなし。

かと思ったら、いつのまにかすっかり元気に戻って
病院の敷地内で冴島と藤川の結婚式。


うーん。。。

仲間同士の治療や
仲間がピンチになるとか
仲間が生死をさまようエピソードって、ほんといらないわ。。。。

こういうの、以前からずっとあったよね、ドクターヘリ。。。
もうお腹いっぱいだわ。って、
ぜんぜんドキドキしなかった。





途中で飽きちゃって、コーヒーいれたりして
これ、映画館で見てたら、どうしてただろう?って
ちょっとゾっとした。


14才の少年の臓器移植の話まで盛り込んで
無理やり橘(椎名桔平)の息子のエピソードとつなげたようだけど。

あれは、ない。。。。

自分の息子が亡くなったばかりで混乱の中、
やっとの思いで、臓器移植を決意した両親に
自分の息子は、臓器移植で心臓を移植して助かったから
心臓の音を聞いてやってほしいって。。。。

あれは、ない。。。。

本当に、ああいう場で、あんなこと言えると思う????

父親は、心臓の音を聞いて、感動してたけど。

見てるこっちは、引いたわー。


よけいショックじゃないか。って思うし。



本当に、役者さんたちはとても良かったし
すごくうまかったのに。
第3シリーズ共々、ただただ脚本が残念すぎるわ。。。。

医療ものは、安達奈緒子さん向いてない
って言おうとしたら、「透明なゆりかご」も医療ものじゃん!!!



だいたい、映画でモノローグって、ないよね。。。


ひどかった。

見に行かなくて本当に良かった。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 




br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【藤原竜也主演映画「diner」 斎藤工、本郷奏多、窪田正孝、小栗旬、金子ノブアキ、真矢みき】

tatuyafujiwara.jpg


見てきましたよ。
藤原竜也主演映画「ダイナー」

殺し屋だけが集まるレストラン「Diner」。
もちろん、藤原竜也も殺し屋。


この映画は、先週、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治の4人が
対談する番組があって、それ見て、お!見たいこれ。
と思って。
原作はもちろん知らないし。
蜷川実花が監督だっていうから、集まったメンバーも
それ相応な人たちだろうな。とは思った。

でも、小栗旬が出てるのも知らなかったし。



diner1.jpg
斎藤工が、出るのなんて、まったく知らなかった@@;
最近、調査不足だわ。
テレビのほうは、ディーガが「斎藤工」で登録してあるので
隅々まで録画しておいてくれるんだけど。

ぶっ飛んでます。
斎藤工。

そら、蜷川実花さんの直々のオファーとあれば
絶対出るよね。
決まってる。




IMG-3710.jpg
もうね、本郷奏多が素晴らしかった。
変人、奇人やらせたらピカイチだからね。
体、子どもです。今回の本郷奏多。
めちゃ可愛いです。
でも、恐いです。
本郷奏多だけでも、かなり楽しめる。





真矢みきさん。出るのは知ってたけど。
まさかまさか、宝塚チームとして、男装の麗人たちが
いっぱい出てくるなんて!
夢のようです。
宝塚殺人チーム、めっちゃ、めっちゃ、めっっっっっっっっちゃカッコいいです。
真矢みき、藤原竜也と最後戦うシーンがあるんだけど。
スタントなしだそうです。

こういう役は、真矢みきにしか出来ないわ。。。
男性ならGACKTしか出来ないように^^;


IMG-3713.jpg



そして、そして窪田正孝ですよ。
やっぱ、この人はすごいよね。
演技力ハンパない。
どっちかっていうと、やっぱりこういうクセのある役のほうが
らしいっちゃ、らしいよね。
昔からこういう役やらせたら、飛び抜けてた。
知らない人は、堺雅人主演ドラマ「ジョーカー」見てみてください。
ビックリするような窪田正孝が見られます。
kubotamasataka.jpg


ストーリーはといえば。。。
まあ、ないっちゃ、ないです。ストーリーを楽しもうと思わないほうが良い。
ただただ、次々出てくる豪華キャストを楽しむのと
ハラハラドキドキを楽しむ。
それに尽きます。

音楽は、MIYABIなんだけど。
できることなら、MIYABIだけにしてほしかった><。。

大好きなんです。
関ジャムでゲストで見たときから、めちゃ好きになって。
最近、よくテレビに出るから、パフォーマンスとギター
楽しみに見てるんだけど。
関ジャムと違って、ほかの音楽番組の
音響の悪いことーー;
ギターの音なんて、ほぼ聞こえない。

この映画でも、そうだった。。。

あと、全体的に音楽のセンスが
あまり私には合わなかったな。。というのが残念なところ。
どうせなら、音楽プロデュース、金子ノブアキにやらせたら良かったのに。と
強く思った。
「Blank13」の音楽は、もおお、本当に素晴らしかったよ。
ストーリーに合った細かい演出とリンク性。


ま、クソ映画っていえばクソ映画なんですが
娯楽性たっぷりの映画です。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【GACKT, 二階堂ふみ「翔んで埼玉」めっちゃオモシロかったぁ~!!】


tondesaitama224.jpg


見てきましたよ
「翔んで埼玉」

あのGACKTさまが高校生役っ!!

しかし、ここは「パタリロ」の世界観。
ぜんっぜん不自然じゃないのが、
むしろ不思議。

まさに、ここは・・・

都市伝説の世界!(!)
(見ればわかります)

もちろん、パタリロを演じた加藤諒くんも
ご出演なさっています。

もうね、何が良いって、
とにかく、キャスティングが素晴らしすぎる。
ガッくんはじめ、
二階堂ふみも、東京都知事のご子息さま。
そう。男のコなんですよ。
なんか、想像していた二階堂ふみとは全然違くて。
ものすごく良かった。
生徒会長!
野太い声を張り上げて。
こういう役、女の子女のコの役より、断然良い!!って。

そうそう。
BLの世界ちょいちょいあり。
魔夜峰央だからね。


その都市伝説を聞いてるパルル(島崎遥香)と
ブラザー・トム、麻生久美子の家族も最高だし。


伊勢谷友介も最高だった~。
ガックンとは仲良しだし。
仲良しすぎて。。。

とにかく、最初から終わりまで
笑いっぱなしで、
涙涙。
終わるころには、顔ぐちゃぐちゃですわ。

映画館は、どこもいっぱい。
みんな、ゲラゲラ大笑いでした。


ただの埼玉、千葉ディすり映画ではなく。
最後には、
ちょっと東京人としては、考えさせられるものもあり。
(と、なにげに、東京人とか言っちゃう私)


なんてたって、あのGACKTが引き受けた映画ですから。
オモシロくないわけがない!!

ネタバレになっちゃうので
内容には触れませんww


ただ、一言言うなら。


絶対、見たほうが良い!!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【岡田准一、榮倉奈々主演「図書館戦争」田中圭、福士蒼汰】



2013年4月27日公開  監督:佐藤信介 脚本:野木亜紀子
<キャスト>
岡田准一
榮倉奈々
田中圭
福士蒼汰
西田尚美
橋本じゅん
栗山千明
石坂浩二
相島一之
波岡一喜
鈴木一真

ほか

やっぱお正月は、映画でしょ。
ってことで、以前、CSで放送されたのを録画して
ゆったりと見ました。

原作は未読。
これも野木亜紀子さんの脚本なのね!と驚き、
ここにも田中圭出てたのね!!と驚く。
なんせ、田中圭は、年末にも年始にも
テレ朝チャンネルからテレ朝地上波で「おっさんずラブ」
一挙放送してて、どっちも、見入ってしまいそうな勢いで。
(途中で止めましたが。)

主演こそ少ないけれど、
とても良いアシスト役として、悪目立ちすることなく
しっかり脇を固めてるうまさ。


この映画のストーリーはというと、
ざっくり言えば、
検閲で引っかかり、
悪影響を与えるメディアへの取締が法制化され
検閲に引っかかった本は、
メディア良化法賛同団によって
処分されていった。
それを守るため
「図書特殊部隊」が存在する。
その部隊班長である岡田准一が演じる堂上は厳しい鬼教官。
初の新人女性隊員、笠原を演じるのが、榮倉奈々。

高校生の頃に、図書館で突然メディア良化法賛同団によって
大切にしていた本を奪われるところを
図書隊の隊員によって助けられたことから
笠原は、その隊員を王子さまと呼び
憧れ、自分も図書隊に入隊をした。


自衛隊なみの厳しい訓練を受け
つーか、これ、自衛隊なのか??

そして、ついにディア良化法賛同団との
対決は避けられない状況となり
「戦争」が始まる。


なんか、どうも、
「本」を守るために
戦争をし、
武器で撃ち合ってるのが
どうも感情移入しきれないところなんだけど。

だったら、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で過去や未来に行くのは
どうなの?って話しで、
ファンタジーで車が飛んだりSF映画で自転車が飛んだり
宇宙人が出てくるのは、どうなの???

って、話しですよね。
ええ。

とにかく、岡田准一なので、
アクションは、ハンパない。
見応え十分。

田中圭も、とてもとても、
良い味出してるよね~
お茶目だし。

ちょっぴり、恋愛も絡んではくるけど。
岡田准一が、あくまでも、教官という姿勢を崩さないところが
男っぽいし、
岡田くんも、大人の男になったんだな~って感じた。
少しデキの悪い新人笠原が、
なんとなく、可愛いのも、伝わってくるし。
命がけでお互いを守ろうとする姿は
しびれる。


にしても、政府サイドになるんだと思うけど、
悪すぎる。


最後のシーンの榮倉奈々の表情が
もう1つの見どころだね。
ハっ!!!として、気がつくわけだ。


なかなかオモシロカッた。

次作の
『図書館戦争-THE LAST MISSION-』も録画してあるので
この休みの間に見られると良いな~


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ