ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【『デスノート Light up the NEW world』 ついつい藤原竜也のライトに惹かれて・・】



<2016年10月29日公開 監督:佐藤信介>


後から、藤原竜也も出演するという発表があって
弥海砂 を、再び戸田恵梨香が演じるのと
菅田将暉と松岡壮亮の出演。

どんな「デスノート」になっているんだろう。


ライトとLは死んでるはずなのに。。。


なるほど。。。


藤原竜也は、画像を使われ
ウィルスとしてその動画をまかれ、
再び、「ライト」として、出て来るわけだ。

でも、それをやっていたのは、菅田将暉
紫苑優輝
自分は、ライトの遺伝子を受け継いでいるのだ。と

警察側には、竜崎(池松壮亮)が、Lの遺伝子を受け継いだ後継者。
けっこうな悪いヤツかと思ったら、
一番マトモな人物だったというオチ。

けっこうな頭脳戦を駆使してくるので
ここからが、さらに頭脳戦の戦いなのかと思っているうちに
意外と、あっさり殺されてしまった、菅田将暉。


ガッカリだよーー;


本当のキラは。

キラを受け継いでいるのは誰なんだ!!!


って、そもそも主人公が、東出昌大。

そうでした。



デスノートを触れた瞬間に、そのキオクは、戻り。
自分がキラだったことを思い出す。


「デスノート対策本部」には、紅一点の七瀬(藤井美菜)
三島(東出昌大)がキラだと分かると、突然、銃口を向けたりと
キラに殺された兄がいたことを告白するも
竜崎についてた死神アーマによって、即死。


最後は、自分がデスノートに名前を書かれていることを知ってる竜崎が
囚われていた三島にかわって
入れ替わり、
助けるというオチ。。。


せっかくの、10年ぶりのミサミサ
戸田恵梨香も、さほど活躍することなく
ライトの腕の中で死ぬと、自分でデスノートに書いて
死んじゃった。。。。


世界観は、以前の映画「デスノート」を、なんとか引き継いでいるように見えたけど。

ここは、もっと池松壮亮と菅田将暉を頭脳戦で戦うものが見たかった。
あ、
キラは、東出昌大か。

もうキラが、東出昌大って時点で、終わってる。
棒読みくんが、すべてを台無しにしてる。


まさかの、藤原竜也の出演も
利用されるだけに使われるとは。
まんまと、それに「釣られて」しまった。

それだけ、ライト、キラ。
藤原竜也の存在と
L、松山ケンイチの存在は、大きすぎた。

どうせなら、2人を蘇らせての続編のほうが
どれだけ楽しめたか。

池松壮亮と菅田将暉をあっけなく殺したこの作品が
どうにも腑に落ちない。

何がしたかったんだろう?日テレ?


デスノートが6冊ある意味。

まだ、これから死神が6冊は、送り続ける意味。
三島、いや、中上亮が、キラでい続ける意味。

もしかしたら、まだ続けるつもりだったんじゃないかな?
これ作ったときは。

主役を選ぶのに失敗したよね。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ディーン・フジオカ主演「結婚」 美しすぎる詐欺師ディーン!!】

DEAN kekkon

6月24日(土)封切り 映画「結婚」 主演:ディーン・フジオカ


これが、放映してる劇場が少ないんっすよ。。。
でも、絶対見たい!ってことで
行ってまいりました。初日。


とーっても、美しかったです。
ディーン・フジオカが、
女優さんたちよりも、誰よりも美しかったです。

これは、ある意味、ディーンのための映画。かも。

でもね、でもね、

とても「映画」らしい「映画」だった。
説明っぽくなくて。
ゆらりと流れるアンニュイな時間と
ディーンが演じる健児の仕草、息づかい。すべてが。

で、たかがマスカットを食べるシーンが
めちゃめちゃエロいです。
あの指!
あの口!
なんだこりゃ!!と、一番後ろから今回も見てたんだけど
かなり、前のめりになった。


良い味出してたのが、安藤玉恵さん。
うわ、やっぱ、すごいな。この人って女優さんです。

貫地谷しほりは、


おっと、あまり書いてしまうと、ネタバレになってしまう。


ディーン演じる、健児の持つ、
心の奥にある闇。

それが、女性が「結婚」という言葉で美しく輝き
とても嬉しそうな笑顔になる瞬間が見たくて
結婚詐欺を続けているという。。。。


ただ、残念なのが、あまり知名度の高くない女優さんが多くて。
ショートヘアの人、柊子さんって、みたことあるな~と思ったら
「探偵の探偵」で、北川景子が追ってたオンナが
男に性転換したんじゃないかと疑われた人物を演じた人だったってことを
あとで調べて、知った。
この出演シーンも、ほんの少しだったので
まあ、よく思い出したわ、私と思ったわ。
悪くはなかったけど、この役やるには、色っぽさが足りなかったかな~って
思ってしまって、上からですみませんね、今回も。



ほかに、騙される女性たち。
特に、家具店の店員を演じた中村映里子さんていう女優が
わりと、キモになってた気がするんだけど。
この人があまりうまくなかったのが、とても、とても、とーっても残念ーー;

プライドというテーマで近づいた女。
松本若菜さんっていう女優さんも
あまり知らないし。
それほどプライドが高くみえない雰囲気で。。。

なんとか、その騙す相手たちを引っ張った、安藤玉恵さんが
すべてチャラにしてくれるくらい、面白いキャラだった。


それにしても、
まああああああキスシーンの多いこと、多いこと。

結婚詐欺師の話しなので、当たり前っちゃー当たり前なんだけど。
ベッドシーンももちろんあるけど多いけど、
これは、やんわりで、露出も少ない。
ディーンファンでも、安心して見られるレベル。


冒頭と、最後のシーンと
哀愁に満ちてたな~。


こんな邦画っぽくない邦画って、久しぶりに見た。
とはいえ、それほど多くの映画は見てるほうじゃないけどね^^;


ストーリーは、軸となる部分が
とてもよく出来てたので、
おお!!!、そうきたか!!!
そういうことだったのか!という、やられた感もあるので。




音楽も良かったな~
古めかしい雰囲気と
ディーンの住む部屋と。

萬田久子さんが、また、ぴったりな役で。


こういう、映画らしい映画が人気が出ると
また、邦画って変わっていくんだろうな~って思うな。

あと、これこそチャンス!!と思って
この映画に出た女優さん(知名度の低い・・ごめんなさい)
もっと、もっと、出しきってほしかったかな~。


え?この人、知らないけど、すごいうまいんだけど。
なんか、すごい惹きつけられるんだけど。誰?いったい、誰なの?っていうのが
なかったのが残念です。。




もう少し、うまい女優さんが演じてたら
もーっと、良いステキな映画になってただろうな。


エンドロールは、主題歌をディーン・フジオカが歌ってるので
明るくなるまで、最後まで見ましたとも♪


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「昼顔」劇場版 ショックで見た後は何も手につかず何もする気にになれず】

昼顔1

見てまいりました。
3年ぶりの紗和ちゃんと北野先生に会いに。。。

ドラマとは違う、映画独特の映像が
また、「昼顔」には、ピッタリで
音も絵も、とても美しい。


連ドラの最終回でなされた
調停の結果
紗和と北野は、会うことはもちろん連絡も取り合わない。
二度と会わないことを約束して別れた。

もし、万が一、会うことがあったことがわかれば
月に30万。
乃梨子に紗和は慰謝料として、一生支払うことを約束し。




それから、3年。


あの明るかった紗和ちゃんが、
とても無口になって
友人もいない、知ってる人もいない場所をあえて選んで
たったひとり、住んでいる。海辺の近く。

それは、あまりにも寂しく
あまりにも孤独で
「罰」を自ら受けて生活しているようにさえ見えるものだった。


決して、前へ進もうとは出来ていないのが
伝わってくるような。


映画独特の
行間っていうんでしょうか。

それが、この「昼顔」劇場版には、ふんだんに盛り込まれていて
ドラマから生まれた映画とは思えないクオリティだったと思う。

124分。
2時間以上の放映時間だったけれど
まったく、時間を感じさせず、
食い入るように
一番うしろの席が好きな私だけど、スクリーンに
吸い込まれそうに、
前へ前へと気持ちは、掴まれていった。


そして、

「なんで?」
「どうして??」という思いも、たくさん出てきた。


乃梨子は、そんなに物分りのいいオンナじゃなかったはず。
小さなマチだからって、
紗和が言わない限り、噂が広まるなんて
有り得ないはずなのに。



味方だと思ってた人が、実は敵視していて
敵視されていたと思ってた人が
実は、そうではなかったという
少ない登場人物の中にも、人間模様の縮図が描かれていて
すごい映画になったな。と思った。


さて、ここからは、ネタバレとなります。
読みたくない方、
まだ見てない方は、読まないでくださいね。

≫続きをみる

br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【キセキ~あの日のソビト~】

kiseki.jpg

Greeeen

顔出ししないのは、
てっきり、オトナの事情の「戦略」ってやつなのかとばかり
思っていた。
本当に医科歯科大学の学生なんだとか
歯科医師になったとかってニュースは目にしてたけど。
それでも顔出さないのは
作られた「ストーリー」があるんじゃないの?って
どこかで思ってた。

絶対に耳にしたことある楽曲たち。。。


それが、今回「グリーンボーイズ」という形になって
本当にあった話しとして映画化され
菅田将暉と松坂桃李が主演っていうのも興味深かったけど
それより何より、
そもそも「Greeeen」がデビューした背景に

兄の存在があったこと。

知らなかったし。。

そもそも、自分がヘビメタバンドでメジャーデビューしたものの
うまくいかず
やっと受かった医科歯科大学に通い始めた弟が
友人たちと作った曲をアレンジしてほしい。と
渡されたテープ。


そこから、いっきに「道」が開いてく。

弟たちの音楽の才能を見出した兄の
自分がやっていたとき以上に、キラキラした表情。

松坂桃李が、これほどまでに上手かったとは!!!!
初めて公開するという歌声も、なかなか。

ちなみに、この桃李の歌ってるヘビメタも
本当のGreeeenのHIDEの兄、JINさんの書き下ろしらしいです。


兄の葛藤。

そして、弟の学業と音楽との葛藤。

決して順風満帆でGreeeenというアーティストは
売れていたわけではなかったのが、
菅田将暉と松坂桃李が素晴らしく演じてる。


二人が育った家庭も、昭和っぽく
厳格な父のもと
裕福なはずなのに、贅沢な雰囲気は一切ないのが
リアリティがあったりと。

111分と、短めの作品だけれど
とても色んな感情が凝縮され
セリフだけに頼らないものが、たくさん伝わってきた。


私は、とっても感動いたしました。


去年も、この時期、菅田将暉くんの出てた「ピンクとグレー」で
元気もらえて。
今年も、また、この「キセキ」で、菅田将暉、松坂桃李
二人にたくさんの元気をもらえた。

見て良かった。


グリーンボーイズの楽曲、DLしました♪
  

ranking.gif
↓訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村新ドラマQ



br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【中井貴一主演 「グッドモーニングショー」】

  

先週末、見てきた
映画「グッドモーニングショー」

君塚良一さんの作品が好きなので、
今回も、中井貴一が主演ってことで
期待して。

いや~長澤まさみが、大河「真田丸」でも
キリで、良い味出してるけど、
この「グッドモーニングショー」でも、すっごく良い味出してたわ。
なんか、ここんとこ、女優、長澤まさみが、すごく良い。

それとは対照的で光ってるのが、志田未来。


内容的には、
わ~おもしろかった~~!!!
と、終わったあとに、言える作品だったけれど、
もう一捻りあっても、良かったんじゃないかな~?
君塚さんなのに。と、思ってしまった。。。

テンポが良くて、
楽しいのは、娯楽的で、良かった。
映画としては、
どうなんだろう^^;
たぶん、あれは、中井貴一だから、
すごく面白かったんだと思うよ。
うん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ