FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【田中圭出演、劇場版「相棒シリーズ X DAY」】

 

ぜんぜん「相棒」の知識なくて。
2010年の斎藤工が出演した「ピエロ」だけは
擦り切れるほど見てるんだけど。

今回、CSで「ホワイトデー田中圭スペシャル!」のなかで
放送された1本で。
始まって1時間たっても右京さん出てこないので
あれ?なぜ?って思っちゃって。
おお、このときの相棒は及川光博みっちーのときなのね。って
思ったのもつかの間。
神戸も一瞬しか出てこなくて。

知らなかった
相棒に「スピンオフ」が存在していたことを!

伊丹刑事が主演(!)

私はてっきり田中圭が「相棒」のゲストなんだと思ってたので
それじゃ、田中圭が犯人じゃん!って決めつけてた^^;
ぜんぜん違った^^;

伊丹刑事と田中圭が演じる岩月が今回の「相棒」だった。
川原和久と田中圭のW主演。


なんか、私こっちのほうが好きかも。

いきなり戸次重幸さんの遺体姿で
つかみはOKだった。

国仲涼子もきれいだったし。
田中圭のサイバー犯罪対策課の刑事は
かなりカッコよかったよ。

どうして、「相棒」の次の相棒は田中圭じゃないかっていう噂は
なかったんだろう?
え?あった?

ぜひ、また出てほしい。
って、出てた?


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【田中圭主演 劇場版「びったれ!!!】

 
連ドラにつづき、2015年11月に封切りになった劇場版「びったれ!!」

おもしろかった(≫▽≪)/

連ドラ版では語られなかった伊武(田中圭)が所属していた組の
若頭、五十鈴(日向丈)との出会いと
伊武がどれほどの極道だったか。
五十鈴が伊武に対してどれほど惚れているのかが語られた。
これ、連ドラ版でも欲しかった~

どうして、いつもいつも
足を洗ったはずの組の人たちが助っ人にやってくるのか
ちょっと疑問にも感じていたので。

とはいえ、全部五十鈴たちがやってきて
伊武と一緒に解決!ってわけでもなく
そのことに伊武自身も葛藤し
そもそもどうして足を洗ったのか
どか、けっこう30分ドラマなのに丁寧に描かれてた。

連ドラ最後にはかりんちゃんの本当の父親が出てきたりして。


劇場版では、今度は伊武の本当の父(竹中直人)との確執が描かれた。
子供時代から父からの激しい虐待にあってきた伊武。
母は中学時代に自殺。
そんな回想シーンに激しい暴力シーンでしか出てこなかった父が
今回はそんな父と真っ向から対決することになる。

連ドラ版で伊武が救った流(池田鉄洋)や幼馴染の濱田(黒田大輔)に
ふたたび相談をもちかけられ
二人が働いている会社を乗っ取る計画が持ち上がり
それを仕切っているのが弁護士の霧浦(山本耕史)だった。
敏腕弁護士ではあったけれど
かなり真っ黒な弁護士。

伊武の過去のことが、かりんの幼稚園や町中に
ビラで口外され
かりんまでいじめられることに。

かりんとの関係が悪化してしまった伊武
補助者の杉山さん(森カンナ)は、そんな二人を見かねて
かりんを実家に帰るときに一緒に連れて行くことに。

ところが、その杉山さんの実家で不当な不動産取り行きで
村の人たちや杉山さんの両親たちまで
立ち退きを迫られてしまった。
それを相談したのが、杉山さんの幼馴染だった
これまた霧浦だったのだ。


霧浦の本当の目的や
霧浦を動かして都市計画を目論む伊武の父。

やっぱり、うしろにはヤクザがはびこってて。

がっくり肩を落としていた伊武だったけれど。
かりんちゃんを助けるために
再び立ち上がる。


娘の前では、ヤクザのまねはしないようにと
指詰め寸前のところで
かりんちゃんの応戦!!!

パパやっちゃって!!
ってとこだね。

小さい娘の前での格闘は
心痛むところだったけれど、
あの場合仕方ない。
かりんちゃんも、半分目を隠しながらも
パパ!!頑張って!!って言ってるようだった。

強いパパは
やっぱ良いよね。

この、かりんちゃん
本当にかわいい子だったな~
今どうしてるのかな??
今12才。
もう出てないのかな??


杉山さんと伊武とかりんちゃんの
3人で帰るシーン。
家族になるかもしれない。と言った杉山さんの言葉が
気になって、気になって。
ぜひぜひ続きを見たい!と思ったけど。
もう5年たっちゃってるんだな。
この頃と田中圭の状況が激変しちゃってるからな。

田中圭のヤクザって「Iターン」が初めてかと思ってたけど。
やってたんだね!!
1つのドラマの中で変貌する伊武努が
めちゃくちゃカッコよくて好きだった~

やっぱ田中圭すごい!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【新しい靴を買わなくちゃ】

 

2012年公開
中山美穂
向井理
桐谷美玲
綾野剛


監督、脚本:北川悦吏子


CSで放送されていたので録画して、見てみた。

公開当時、このロケ風景の特集を、ちらっと見た記憶はある。
へぇ中山美穂、映画に出るんだ。。
このとき、向井理のことは知らなかったと言っていたので
まだパリ在住だったんだと思う。

おそらく、クソ映画なんだろうな。と思ってた。
そして、脚本が北川悦吏子だと今回知って、
あらためてクソ映画だろうと思ってた。

でも、パリのその風景の美しさに圧倒される。

かなり前だけど、行ったことがあるパリ。
猛然と、その記憶が蘇り、

日本の男性と、パリ在住の美しい年上の女性が
どうやって出会うんだよ!
どうやって恋に堕ちるんだよ!って思ってたんだけど。

なかなか出会いは、トレンディドラマだった。
そうだった。
北川悦吏子センセだった。

妹の鈴愛(桐谷美玲)に連れられてやってきた、兄、千(向井理)

なのに、途中で、その妹に捨てられてしまう@@;

だけど、北川悦吏子って、本当に「スズメ」って名前が
大好きなんだな。と思ったよ。
桐谷美玲が、自分のことを、「スズメ、スズメ」って言ってると
どうも永野芽郁とかぶるんだわ。

いっそ「半分、青い。」も桐谷美玲がやればよかったのに。


で、知り合ったのは、みぽりんがこけたから。
それを助けたら、実は、パスポート踏まれてたっていう。

大使館の住所を親切に教えてくれたアオイ(中山美穂)。

パリで、バリバリ働く女性って、
カッコいいよね。
それだけで絵になる。
それだけで恋に落ちるわ。

なんだかね、中山美穂のあまりの美しさと
可愛らしさに、妙に引き込まれた。

そんなに好きでもない向井理もね、
なんか、良かった。
すっごく良かった。

向井理って、その作品によって、
良かったり悪かったりと
極端なんだよね。
今の「10の秘密」は、ぜんぜん魅力なく描かれてるし。


だけど、この映画。
不思議と、キスシーンが、1つもないの。
抱き合うシーンや、

床で毛布をまとい、
「おいで」って向井理が言うシーンとかあるんだけど。

「もっと、もっとギュって」って言いながら
抱き合うけど、それ以上はないの。
不思議な映画。

アオイの住むアパートに住んでる友人のジョアンヌとのシーンも
とってもパリっぽくて、良かった~。


ちょっと意味不明だったのが、桐谷美玲と綾野剛。
結局、綾野剛は、何をしてる人だったんだろう?
パリで夢見る芸術家?
だけど、この二人が会うためにパリにやってくるのだから
意味はあるっちゃあるんだけど。


もう最後の日なんて、
カメラマンなんだから、パリで仕事しちゃえば良いじゃん!!って
完全に感情移入してた。

めちゃくちゃロマンチックで良かった。

大人のラブスト。

そういえば、「ラブスト」北川悦吏子だったっけ。


結局、北川悦吏子というより、総監督は岩井俊二が撮影したらしい。
そりゃそうだよね。
パリまで行って、北川悦吏子が精力的に映画撮影したとは
とうてい思えないよ。
体弱いんでしょ。

岩井俊二らしい映像になってたと思う。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「スマホを落としだだけなのに」】

 


なるほど~!
ここで千葉雄大と田中圭は恋にオチたのね。

って、違うか~。

ここで共演してたとは知らなかった。


この映画、劇場でみたいなと思ってたんだけど
ちょうどQUEENの映画と重なってて。
QUEENかスマホか。どっち!?って選んだのはQUEENだったので
見たかったけど、見てなかったので
嬉しかったな~。


スマホを落としただけで、
これほどの個人情報がダダ漏れ。っていうのは
ある程度想像出来たけど。

まさか、北川景子に、あんな秘密があるとは
思わなかった。
やけに家族や親の話しになると
とたんに、田中圭に冷たくなるな。とは思ったけど。


途中、まさか警察官の千葉雄大が!?と
思わせておいて。
いいや、これは絶対に違うだろ。って
誰もが思ったかもしれないけど^^;

こういう幼少時代を過ごした人は
けっこう多いのかもしれないし。
また、そのあとに、どんな大人になっていくか。

対照的な二人の戦いも、見応えがあったな。


最後は、千葉雄大、主演?って思えたし。

ということで、続編は、千葉雄大は続投。

ヒロインは卒業発表したばかりの白石麻衣かぁ。


今度は、どんなネット犯罪が絡んでいるのか。
つづきは、劇場で。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「マスカレード・ホテル」】

 
 言わずとしれた東野圭吾の作品「マスカレード・ホテル」

映画を見る前に原作読んでたはずなんだけど。
オチを完全に忘れてて^^;

すごいな私。。。

肝心なところ、まるで覚えてなかった。


なので、とってもとっても楽しめたよ。



ただ、原作を読んだ時に、
私が思い描いた新田像は、木村拓哉ではなかったことだけは
確かだった。
もっと背が高くて
爽やかな雰囲気で
人当たりが良くて。

でも、やっぱりすごいな木村拓哉。。。。

これは、キムタクじゃなかったよね。


このあたりから、キムタクはキムタクではなくなって
新田は新田になってったのかな?

少なくとも「BG」や「A LIFE」のときは、何をやってもキムタクって感じてた。
いっぱい叩かれて、すごく研究したり努力してるんだろうな。。。って
本当に感じた。
この作品と、翌日、その次に放送された「教場」見て。

だから、「グランメゾン東京」のあの演技につながってったのかな?って。


この「マスカレード・ホテル」の新田は、
根っからの刑事が
潜入捜査のために、ホテルマンになっていく変化を
とてもうまく描かれてた。

そして、尚美を演じた長澤まさみ。
こちらは、原作どおりのイメージだった!!

ピッタリだった。


二人の反発心から、
次第に信頼感に変化していく様が、とてもよく描かれてたし。

またホテルだけに、とんでもない人数の人が出てくるんだけど
それも、さすが映像化にはかえって向いてたかも。

個性あふれる客たちも
演技力のある俳優さんたちが演じてたので
仕上がりも倍増だよね。


生瀬さんの理不尽な客っぷりなんか最高だった。


松たか子。
私は、ぜんぜん気づかなかった。
クレジットにあったのは知ってたけど。
さんまだって、ちょい役で冷やかし程度に出てきてたみたいだったし。

なるほど。。。

さすが、うまいわけだわ。。。。

御見逸れしました!!と言った感じだった。


これは、ぜひ、続編の「マスカレードナイト」も見てみたいな~って思ったな~


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

br_decobanner_20110417165910.gif | ●映画(劇場、DVD)・CD(音楽) | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ