FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【中山優馬、本田翼主演ドラマ「Piece」第12話感想レビュー】

 
「すべて受け止めるから」と言った折口はるかは
比呂(中山優馬)がやったことを受け止められなかったわけだ。。
「恐い」と言って比呂の前から去ってった折口さん。

比呂と、折口さんとの出会いは、
折口さんが、坂田を探していたことから・・・

え・・・・!?

比呂が、折口さんには、何年かかっても分ってもらって
会いに行きたいと思っていたと話され
ツライ気持ちになっちゃった水帆(本田翼)
折口さんが亡くなったことを、初めて知った比呂
けっこう、抑えがきかないタイプで
折口さんのことを、すべて消そうと
絵を燃やそうとしちゃう。
そんな抑えのきかないところが、
丸尾を半殺しにしちゃったところなのか。

やっぱり、人を殺そうとしたのは、皓ではなく
比呂のほうだったのだ。
皓は、比呂のやったことをすぐに察知して
自分が鉄パイプ握って、ついてた血を衣服につけて・・・・。

しかしなー
この兄弟が、こんなに人として不完成すぎるのは
ぜんぶ、あの母親のせいだよ。


水帆の連絡で駆けつけた矢内先輩と、礼美。

だよね、坂田と知り合って、付き合ってたのは礼美だもの。
妊娠して堕胎したのは、折口さんじゃなくて、礼美のことだった。
実は、折口さんは、礼美の相談に乗ってた唯一の友人でもあったわけだ。。。

なんとも。。。。

だから、本当は相談に乗ってほしかったり
話を聞いて欲しかったり
こっちを見てほしかった水帆に
あんなキツいことを、言ったりしてたんだね。

かなりショックだったようすの水帆。。。

実は、水帆だけでなく、
みんな、心に抱えている部分と
表面に出している自分とは、違ってたりして
苦しんで、悩んでいたことが、よく分るな。。

次週、最終回。
いよいよ皓と比呂が対面。。

しかし中山優馬の二役は、とても見ごたえありすぎ!


br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2012年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【土ドラ長澤まさみ主演「高校入試」最終回予告PR映像(動画)】

12月29日(土)23:10~
やっとすべてが解明される!!
絶対に見逃してはならない最終回「高校入試」



br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2012年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【土ドラ長澤まさみ主演「高校入試」第12話ダイジェスト動画】

昨日放送した「高校入試」第12話プレイバック映像
ダイジェスト動画



br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2012年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【土ドラ「高校入試」第12話感想レビュー】

 
一気に色んなことが動きだして、明らかになった感じはあるけど
よく分らない><。。。
冒頭の校長と荻野の話では、校長の言うことが
もっともで、古き良き、尊敬すべき教師である姿だった。
現在の教育の大きな矛盾を分かっていて、
どうする事も出来ず、歯がゆい思いでいるのが、よく伝わる。

「人間は能力に差があることを認めなくてはならない」
と言った校長に、荻野は、え?という顔をする。

その能力の差があったとしても、劣ったとしても
親が褒めてやればいいんだ。とも。
今の教育はといえば、徒競走はお手手つないで、同時に走り
横並びの着順。
昔はビリだって、一生懸命最後まで走った。

絵が下手くそだって、親は、居間に、その絵を飾ってくれていた。

荻野先生も、共感しながらも、校長の言葉に
不信な表情をすることが多く。

いざ、今回の入試をぶっ潰すの件では、
以前の採点ミスの話に。
荻野は、「今回も、目的は、入試そのものではなく
採点方法だとは思いませんか?」と、話をふる。
今回の首謀者が、過去の採点ミスに絡んでた人物だとしても、
「あの時は、合否には関係なかったじゃないか」
と、言った校長の言葉に、
さらに
「え、ホントに???」と荻野は、動揺しまくり。

合否がひっくり返っていたのなら、マスコミだって調べて公表しているはず。
学校は、それほど守られた組織なんかじゃないよ。と校長・・・
荻野、さらに、呆然と立ち尽くす・・・・

やっぱり怪しい・・・・・・・・・・


一方で、村井先生は、杏子(長澤まさみ)が関与していたことを
見事に言い立てた。

すると、杏子はわりとあっさり
「事件に加担していたことは認めます」と。。
事件の中心人物、首謀者は外部の人間。
内部で関わっているのは3人。
中心人物は、3人と個々に連絡を取り合っていたので
それが、誰だか杏子には、わからなかった。

受験準備のときに、石川エリナが黒板の上に携帯を仕込んだのを見て
今回の事件に関わっているのは、自分だけではないと分ったと杏子ちゃん。。。

杏子の役割は、5時間目の英語の科目で中心人物に
答案用紙を2枚配ること。
ビンゴ!!!

その中心人物は、誰なのかは、暗号で確認していたと

「今年の桜は、いつ咲くと思いますか」

そして、杏子の目的は、「学校を知るため。」
高校入試に学校は、真摯にどれくらい取り組んでいるのか。
一高に赴任したのはラッキーだったとも。
しかし、その一高OBは、
採点ミスを重く受け止めず
ただ自慢して
見下して
バカさわぎ

この時の回想シーンが、音楽まで歪んでるのが
よりいっそう杏子の思いが込められている描写だった。


そして、杏子が知り合った一人の高校教師の話に。。。
時おり、過去の回想シーンでも出てきたその人は、
杏子の恋人。
入試の採点ミスに関わってた教師で
そのミスで不合格となった受験生が自殺したことを
重く受け止め、どんな言葉を尽くしても、前向きになれない彼だったこと。

何を言っても
「帰国子女の君には、日本の学校のことは分らない」

だからこそ、知ってやろう。と、教師のなったのか。。
だからこそ、今回の同じ入試に関する事件に加担したのか。

とはいえ、最終的に、田辺淳一の目的は
その「復讐」とは、どんなものだったのか。。。。
まだ分らない。
そして、淳一の兄、コウイチは、ドキュメント映像を撮りながら
開示請求をしたあとに起こったことは
まだ明かされてない。

あと一人・・・・・
おそらく、杏子の肩に手を置いたりした荻野
それも何かしらの合図だったんじゃないかと。

受験の注意事項を書いていた荻野。


あと1話。
次がいよいよ最終回。
受験生たちの、合格発表まで描かれる。
松島先生の息子は、
沢村同窓会長の息子は、
芝田麻美は、
首謀者の受験番号46は、
いったい、どうなるのか。

杏子は、このまま教師は続けられないよね。。。。。

で、結局インディゴリゾートは、ただの二股の象徴だっただけなのか。
見れば見るほど、見るに重ねてワケ分らなくなる「高校入試」という
不思議なドラマだ。。。。。

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2012年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」第9話感想レビュー&視聴率】

  
やなヤツだね、かほり(真木よう子)の東京の医大の教授。
さいてー
部下の一人がセクハラで訴えられたから
かほりに戻ってこい。って
かほりが必要だから戻ってこいってわけじゃないわけで。

これで東京に戻っても、あの上司には、ずっと振り回されるって
そのとおりだ!
すでに四万十の病院にずっといることを決意して
春菜(木村文乃)に、病院に近い物件まで頼んで。

その春菜はといえば、高知で順一(桐谷健太)が殴り飛ばしたことで
そばに丈太郎(生田斗真)もいて二人に救われたことで
すっかり目が覚めたようで。
立ち直りも早い。

順一はといえば、就職活動でスーツ姿。
カッコいいじゃないの~!!!
刑事か探偵かと思ったよ。
(それ役)
でも、家業しか手伝ったことのない順一を
ニート扱い
厳しいよね~

そして丈太郎は、大河内の田んぼを手伝い、帰り道
荒れた田んぼの跡地を見て・・・・
ひらめいた(!)

ちょっとづつ、かほりと丈太郎の気持ちも近づきつつあるようで。
気づいてないのは、本人どうしだけで
わりと、周りは、分かってるの、この二人のこと。
それが笑える~

でも、さより(国仲涼子)と順一は、もう終わってしまったわけか。。
諦めたのね、あっさり。
なんだ・・・・・

「オレは、おまえにここにいてほしいな」と
自然に言葉にした丈太郎。
ドキっとしたよね、かほり。

この二人、どうなるんだ?
丈太郎は3年で、四万十から去るのか?
そこまでは描かれないのか?

あ、香椎由宇・・・まいっか。


【視聴率】
第9話 8,7%

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2012年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ