fc2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、レビュー。最近めっきり韓国ドラマ。パク・ヘジン★ユ・スンホ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【パク・ヘス、イ・ヒジュン「キマイラ」第10話~21話 本物のキマイラ?】

kimairatop.jpg

もう本物のキマイラ、連続殺人鬼はジョンヨプ(イ・ヒジュン)なんだな。って話しに進んでいくのかと思いきや。警察から釈放されたジョンヨプ。彼の勤め先は大財閥の病院。会長と親しい署長は早々に釈放を命じてしまったのだった。

そして、また火による殺人は起きたのだけど、同じ爆発などでも、ちょっとこれまでとは違い、ユジン(キム・スヒョン)のは、模倣犯ではないかと分析していた。ラジオ出演したキマイラを調査している記者のキム・ヒョギョン(チャ・ジュヨン)。キム記者のほうはキマイラを煽るようなことを発していた。
するとラジオ局に「キマイラだ」と名乗る男から電話が入り・・・・・。


ユジンは、ある消防官のことを思い出していた。
でも、実はその男、消防官でもなければキマイラでもなく。。。
ユジンの前に現れ、ユジンをユジンの自宅で監禁し爆発物を持ち込んでいたが、ジェファン(パク・ヘス)の機転によって救われ、偽物キマイラは逮捕となった。


これで、「キマイラ事件」を収束させたい警察上層部は、ジェファンを昇進させ本部は解散。
となるはずだったのだが。。。

kima21-5.jpg




ジェファンの母ウンス(ナム・ギエ)が、これまでも時折、妙な回想シーンが出てきてて、いったい何のことやら????と思っていたのだけど、だんだん繋がってきて、もしかしたら35年前に起きた事件。
生き残りの女性研究員っていうのは、ジェファンの母だったんだ!と分かっていく。
恋人だったと思われるメガネの男。
これが、誰の若い頃なのかも、よく分からなかったけど、
説明も名前も出てこないから、てっきり最初は死んだジェファンの先輩刑事のハン刑事なのかと思ってた。
仲が良かったようだし、ハン刑事はジェファンの母を愛していたようだったし。
ちょっとわかりにくい描写が続いてた。
でも、それはソリョングループの会長だったのだと分かってきた。
kima21-1.jpg


ということは、ジェファンは会長の息子なのか????



認知症の症状が出てきていて、心配したジェファンは病院に母を連れて行くと。。。
そこで、会長と偶然鉢合わせ。
母は、会長を見て、表情が変わったけど、どうやら母はジェファンを生む前に事故にあい記憶を一切なくしているのだということで、会長の顔を見て、少し思い出したようではあったけど????
kima21-2.jpg



そんな流れの中で、35年前の本物の「キマイラ」の犯行の様子も描かれたんだけど。。。

え・・・・
これって、じゃ、ジェファンの母なんじゃ????

って、驚きの展開????
でも、突然のフラッシュバックのような夢のような出来事に戸惑っているふうだし、突然泣き出したりしてるけど、今現在、同じような犯行をキマイラとして行っているとは、とても思えないような状態だし。。。



会長は、ジェファンの母を見て、すぐに彼女だと分かったらしく、部下にすぐに彼女について調べるようにと命じた。
会長宅で、偽物のキマイラが危険物を送り込んだ事件を解決していたジェファンは会長とは顔見知りだったため、会長は
のちに、ジェファンを呼び出して母の様子を聞いている。
kima21-4.jpg




ジェファンの母の病状を診たのはジョンヨプ。
なんかね、結局ジョンヨプとジェファン。けっこう仲良くなってて協力しあう方向になっていってるんだな、これが。
キマイラという冤罪をきせられた父の息子だとジェファンには話しているし。
kima21-3.jpg



ジョンヨプは、ユジンともすっかり色々と話すようになっていて、ユジンが彼の言った言葉を本に引用したいと頼むと、じゃ、食事をごちそうして、ということになり、その夜約束していたのだったけれど。
ジョンヨプの前に現れた数人の男たちによって監禁され。
会長婦人が、ジョンヨプに、今夜の便でロンドンに発ちなさいといきなり言い出す。
キマイラの息子だったと分かった会長は、そばに置いておくのは極めて危険とみなしたのだった。
そもそも、この会長婦人がジョンヨプを気に入って連れてきたはずなのに、ひどい仕打ちだけどね。まあ、財閥のやることだから。
kima21-7.jpg



しかし、医者であるジョンヨプだけど、元特殊部隊出身なので、めっちゃ強い。
数人の護衛である屈強な男たちをたった一人でなぎ倒してしまった。
kima21-8.jpg




今度は会長婦人を襲うのかと思ったけど。婦人には「車を借りる」と鍵を奪っただけだった。
kima21-9.jpg



そして、待ち合わせに遅れてユジンのところへ。
おそらく道中、事情を話しだんだろうね、ユジンのところに泊めさせてもらうことになったみたい。
kima21-10.jpg


なんか、この2人は、けっこう良い雰囲気なのかと思ってた。


ジェファンの昇進表彰の日、署長に「キマイラ」からメールが届いてしまった。
kima21-12.jpg


ジェファンは突然、母の担当医であるジョンヨプが病院をやめたと聞いて、それは絶対におかしい。何かあったに違いない!!とソワソワしていた。そこへキム記者がやってきていて、ユジンはジェファンを好意的に見ているなんて話しをしていたけど、ジョンヨプの正体、キマイラの息子だとジェファンから聞いて。。。
kima21-14.jpg



なんだか、ものっすごく驚き、涙ぐんでるんだよ、そして父のところに行くと、いきなり「オッパなの!!!??」と言い出した。
kima21-13.jpg



どういうことだ!??
彼に妹がいたのか?
もしかしたら、亡くなった母が死ぬ前に妹を産んでた????
その子を、ジョンヨプの父の弁護を担当していた記者のお父さんが育ててた????
????
なんか、「?」が止まらない。。。


そこへ、ジェファンにジョンヨプから電話があり、ロビーまで来ているという。


「自首しに来た」って(!)
kima21-15.jpg



さらに「???」が重なる。
やっぱりキマイラ???

と、なんか展開遅いなぁ~と思ってると、突然、ドカン!!!ドカン!!とくるこのドラマ。油断ならない。
ただね、U-NEXTで見てると、1話を分割してるもんだから本当は16話なのに、32話になってて、そのうちの1話が下手すると20分程度のときもあったりと、ブチブチになってしまってるのが、本当に残念。
よくU-NEXTでは、そういう配信の仕方するんだけど、ちゃんと繋げて配信してほしいわ。。
まだ見放題だから良いけど。
課金の作品だと頭くるよね。





<キマイラ・キャスト>
パク・ヘス(チャ・ジェファン)中山警察署強力班刑事
イ・ヒジュン(イ・ジュンヨプ)ソリュン病院外科医、特殊部隊出身
キム・スヒョン(ユジン・ハサウェイ)プロファイラー、FBI捜査官
チャ・ジュヨン(キム・ヒョギョン)UBS調査報道局記者
ナム・ギエ(チャ・ウンス)ジェファンの母
カン・シニル(ハン・ジュソク)中山警察署強力班班長、キマイラ元担当刑事
ウ・ヒョン(ペ・スングァン)中山警察署署長
ホ・ジュンソク(コ・グァンス)特別捜査本部チーム長
クォン・ヒョクヒョン(イ・ゴニョン)特別捜査チーム員
ユン・ジウォン(チャン・ハナ)特別捜査チーム員
キム・ジフン(チョ・ハンチョル)強力班刑事
チョン・ヨンギ(イム・ピルソン)強力班刑事
キム・グィソン(イ・ミンギ)国会議員、元検事
キム・ホジュン(イ・ファジョン)イ・ミンギの妹、ソリュン病院理事長
イ・ギヨン(ソ・ヒョンテ)イ・ファジョンの夫、ソリュングループ会長
キム・ジョンハク(キム・ヨンジュン)UBS調査報道局チーム長




<キマイラ 人物相関図>
kimairasokan.jpg


ドクターのジョンヨプ演じるイ・ヒジュンって同じ年に「マウス」にも出演してるんだよね。
でも、「マウス」では、もっとがっちりしてて、顔もイメージが全然違う。
こっちは、やけに顔が細くて、シュっとしてるし。
「マウス」のほうが後のようだから、役作りでガッチリさせたのかな?と、もっと粗暴な雰囲気で、まるで180℃違う役の印象で、ホント驚く。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)キマイラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【「キマイラ」第6話~9話 釈放】

kimairatop.jpg


ジェファン(パク・ヘス)の目の前で炎に巻かれて亡くなったハン班長。
ジェファンは、絶対に犯人は医師のジョンヨプ(イ・ヒジュン)だと確信していたが特捜のコ・グァンス(ホ・ジュンソク)は聞く耳を持たなかった。
上からもそうそうにこの件は切り上げるようにと言われていたので、その方向で行こうとした矢先。

ハン班長の自宅の近辺で防犯カメラに映っている不審なジョンヨプを発見。
すると、ただちに逮捕へと向かい出した警察。


たったそれだけで???って気もしたけど。

kima1-6.jpg


取り調べでは忍耐戦が続き。
プロファイラーのユジン(スヒョン)は、ガラス越しからジェファンにアドバイスを送っていたのだが、突然、終了して、部屋から出てこいと言われたジェファン。

意味が分からないでいると、実はジョンヨプは医師でありながら軍隊の特殊部隊出身で、プロファイルを熟知しているプロだったのだ。


でも、だから何故??って気がしたけど。

そんな疑問だらけの取り調べ。
スーツを着こなし、一寸のスキも見せず、紳士ぜんとしているジョンヨプが、しだいに汗をかきだし、ジェファンの持ってきた氷水に反応して良い流れだったのに。だよ。


結局、ジョンヨプの勤め先の病院長から署長への連絡で、あっけなく釈放。
財閥の病院長と署長は親しく、「いやあ~部下が知らないうちに逮捕しちゃって」と、これまた意味の分からないことを言ってる署長。


ユジンが一度ジョンヨプの前に取り調べでやってきたときにだけ、かなり饒舌になっていたジョンヨプ。異国育ちの養子という共通点に好感を持ったのか、ユジンそのものに好感を持ったのか。
ユジンが講義をしているところにも現れて質問までするジョンヨプは、食事まで一緒にしたりと、かなりユジンに興味があるようで。



と、なんだか連続殺人、35年前の犯人と同じ手口で、ナゾのキマイラがモチーフになったこの事件。パタリと止まってしまったのだ。


止まったってことは、やっぱりジョンヨプなのか???とも思うけど。
ジョンヨプの養子に行く前の少年時代の頃も描かれ、かなりの苦しい生活の中、父は殺人犯と言われ、母は具合が悪くても治療を受けられないまま亡くなってしまっていて、どうして警察にいたのかは、よく分からなかったけど、刑事たちに、子供のジョンヨプは、とても酷い目に合っていたことが分かる。
おそらく、その刑事をジョンヨプが探していたのだということも。

署長が発した言葉に敏感に反応し、嘔吐までしていたジョンヨプ。
たぶん、その刑事は署長だったのかな?という感じ。


何かが、まだまだこれから始まるに違いないんだけど、ちょっと停滞した感じの9話までだった。


 


<キマイラ・キャスト>
パク・ヘス(チャ・ジェファン)中山警察署強力班刑事
イ・ヒジュン(イ・ジュンヨプ)ソリュン病院外科医、特殊部隊出身
キム・スヒョン(ユジン・ハサウェイ)プロファイラー、FBI捜査官
チャ・ジュヨン(キム・ヒョギョン)UBS調査報道局記者
ナム・ギエ(チャ・ウンス)ジェファンの母
カン・シニル(ハン・ジュソク)中山警察署強力班班長、キマイラ元担当刑事
ウ・ヒョン(ペ・スングァン)中山警察署署長
ホ・ジュンソク(コ・グァンス)特別捜査本部チーム長
クォン・ヒョクヒョン(イ・ゴニョン)特別捜査チーム員
ユン・ジウォン(チャン・ハナ)特別捜査チーム員
キム・ジフン(チョ・ハンチョル)強力班刑事
チョン・ヨンギ(イム・ピルソン)強力班刑事
キム・グィソン(イ・ミンギ)国会議員、元検事
キム・ホジュン(イ・ファジョン)イ・ミンギの妹、ソリュン病院理事長
イ・ギヨン(ソ・ヒョンテ)イ・ファジョンの夫、ソリュングループ会長
キム・ジョンハク(キム・ヨンジュン)UBS調査報道局チーム長




<キマイラ 人物相関図>
kimairasokan.jpg


ドクターのジョンヨプ演じるイ・ヒジュンって同じ年に「マウス」にも出演してるんだよね。
でも、「マウス」では、もっとがっちりしてて、顔もイメージが全然違う。
こっちは、やけに顔が細くて、シュっとしてるし。
「マウス」のほうが後のようだから、役作りでガッチリさせたのかな?と、もっと粗暴な雰囲気で、まるで180℃違う役の印象で、ホント驚く。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)キマイラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【パク・ヘス「キマイラ」第1話~5話 連続爆破事件】

kimairatop.jpg

車に乗り込んだ中年男。ふと見ると見慣れないライター。駐車場から出ようとすると遮断器が上がらず苛立つ男。
タバコに火をつけようと、そのライターに火をつけたその瞬間。
爆音とともに、車は一気に燃え上がり火だるまとなるその男。。。。



中山警察署強力班の刑事ジェファン(パク・ヘス)は現場に駆けつけ検証したとところ、これだけ激しい燃え方をしているのにガソリンやアルコールなどの匂いが全くしないことを不審に思ったジェファン。
アメリカのFBI捜査官でもあるユジン(キム・スヒョン)に現場の写真を見せると火災より爆発に近いのでは?と見解を述べた。

kima1-1.jpg


死亡したのはソン・ワンギ65才。昔は腕の立つ記者だったと言う。
あるブログの中に1984年に怒った連続殺人事件に関する記事があり、その当時世間を騒がせた概要が、今回の事件と酷似していることが分かっていく。。。。。

kima1-5.jpg



ジェファンとユジンは現場へ再び向かい、ユジンが連絡を取ったブログ主から連絡があったユジンはその人物に会ってくるとジェファンと別れ、ジェファンは現場を捜索していると、古びた建物に一箇所だけ真新しいガラスが入った部屋が目に止まり、建物の中へと入っていく。
そこから出てくる怪しい黒い影。
後を追うものの見失ってしまう。
ジェファンは部屋の中へ入ってみると、壁一面に描かれた不気味な絵を発見する。
それは「キマイラ」と呼ばれるギリシャ神話に出てくる怪物の絵。
すぐに部屋を出ようとするジェファンだったが、ドアが開かず、次の瞬間、爆音とともにガラスを突き破って外へと投げ出されてしまったジェファン。。。。。。



もう、この段階で、主人公死んだと思った。😅😅
最近、主人公すぐ死んじゃうドラマ見すぎてる?死んだと思って助かったってドラマか。

ジェファンも、大丈夫。わりと回復も早かった


退院したジェファンは、上司のハン・ジュソク(カン・シンイル)に35年前の事件について尋ねるのだが、「何も知らない」と答えるハン班長。しかし、爆発した車の中から、怪物の絵が描かれたライターを見つけ、ポケットにしまってた班長。。。



被害者ワンギの後を追っていた借金取りのドライブレコーダーを確認すると、もう一台、ワンギの車を追っていた車を見つける。
所有者に放しを聞こうと病院に訪れたジェファン。
そこで、医師のイ・ジョンヨプ(イ・ヒジュン)と顔を合わせたジェファン。
ジョンヨプの顔を見るなり被害者の出入りしていた賭博場CCTVで見た「ドクター」を思い出したジェファン。
車の持ち主は3ヶ月前から昏睡状態だったという。。。
いったい・・・・・・・・?


署に戻ったジェファンはジョンヨプを調べると彼はイギリス国籍。身元を調べるにはイギリス当局の協力が必要だという。
kima1-7.jpg



ジェファンはユジンに協力を求めると、資料を見たユジンは、被害者の遺体から骨折痕があったことを思い出し、ワンギとジョンヨプには面識があった可能性を指摘した。
ワンギの治療費を自分のカードで支払ったジョンヨプ。
しかしジェファンには、ワンギのことは全く知らないと言っていた。

kima1-4.jpg



ジェファンは、ジュソク班長に「捜索令状を」と言うのだが、これだけではどうしようもない、検事が令状など出さないと言われてしまう。



何かを隠しているふうのジュソク班長。

自宅に帰る途中、なにやらつけられてるような気配。
家までたどり着くと・・・・・・・・・・。



突然班長と連絡が取れなくなり、ジェファンは班長の家へと行ってみるといない。
そこで、例のライターを見つけたジェファンは、嫌な予感がし、班長の携帯で位置情報を調べ、最後に位置情報が確認された場所へとやってきたジェファン。


廃墟のビルを見つけ、中へと入っていくと・・・・・・・。



椅子に縛り付けられ、気を失っている班長の姿が!!!

呼び続けると、意識を取り戻した班長は、「来るな!!!」「こっちへ来るな!!」と叫ぶ。
「すぐにほどくから」と近づこうとしたジェファンは、足元に仕掛けられたピアノ線が(!)


上から水が勢いよく溢れ出し、班長の足元から火が上がり、あっというまに火だるまに。。。。



これは、あまりにも衝撃すぎる映像。

班長を慕ってたジェファンは、自分さえ動かなかったら!!と、悔やんでも悔やみきれない思いで罪悪感に打ちひしがれてしまう。

ジェファンは、班長こそが、35年前の「キマイラ事件」の担当刑事だったことがわかり、班長の解剖をした医師から、ポケットからあのライターが出てきたと渡される。



ジェファンが、絶対に怪しいとふんでる医師ジョンヨプだが、35年前彼は小学生?
しかも、35年前の「キマイラ事件」の犯人はすでに死亡しているという。

模倣犯か、本当は死んでいなかったのか。
それとも関係者なのか。。。



配信ドラマの合間に見ていたこの「キマイラ」
SBSがアジア大会の放送で「国民死刑投票」も「7人の脱出」も2話も放送中止にするから、イライラしてたけど、そうだ。これがあったと見ることが出来て、良かったよ。そうだった、これ、すごく面白いんだった。。。って。


<キマイラ・キャスト>
パク・ヘス(チャ・ジェファン)中山警察署強力班刑事
イ・ヒジュン(イ・ジュンヨプ)ソリュン病院外科医、特殊部隊出身
キム・スヒョン(ユジン・ハサウェイ)プロファイラー、FBI捜査官
チャ・ジュヨン(キム・ヒョギョン)UBS調査報道局記者
ナム・ギエ(チャ・ウンス)ジェファンの母
カン・シニル(ハン・ジュソク)中山警察署強力班班長、キマイラ元担当刑事
ウ・ヒョン(ペ・スングァン)中山警察署署長
ホ・ジュンソク(コ・グァンス)特別捜査本部チーム長
クォン・ヒョクヒョン(イ・ゴニョン)特別捜査チーム員
ユン・ジウォン(チャン・ハナ)特別捜査チーム員
キム・ジフン(チョ・ハンチョル)強力班刑事
チョン・ヨンギ(イム・ピルソン)強力班刑事
キム・グィソン(イ・ミンギ)国会議員、元検事
キム・ホジュン(イ・ファジョン)イ・ミンギの妹、ソリュン病院理事長
イ・ギヨン(ソ・ヒョンテ)イ・ファジョンの夫、ソリュングループ会長
キム・ジョンハク(キム・ヨンジュン)UBS調査報道局チーム長




<キマイラ 人物相関図>
kimairasokan.jpg


ドクターのジョンヨプ演じるイ・ヒジュンって同じ年に「マウス」にも出演してるんだよね。
でも、「マウス」では、もっとがっちりしてて、顔もイメージが全然違う。
こっちは、やけに顔が細くて、シュっとしてるし。
「マウス」のほうが後のようだから、役作りでガッチリさせたのかな?と、もっと粗暴な雰囲気で、まるで180℃違う役の印象で、ホント驚く。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


br_decobanner_20110417165910.gif | (韓)キマイラ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |