FC2ブログ

ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【志尊淳、初ベッドシーンに挑んだ主演作『潤一』携えてカンヌへ!「沢山の人へ届けたい」】

 
 

7月にカンテレで放送予定の6話連続ドラマ『潤一』で主演を務める志尊淳が
現地時間7日、フランス・カンヌ国際シリーズフェスティバル
「CANNESERIES=Cannes International Series Festival」に参加し、
ピンクカーペットに登場した。

本作は、直木賞作家・井上荒野による第11回
島清恋愛文学賞受賞作「潤一」が原作。
女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一と、
様々な背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの刹那の愛を描いた
連続短篇集を映像化したもの。主人公の潤一を演じる志尊は、
「気まぐれな不良」をエロティックに演じ、
本作で初のベッドシーン・オールヌードに挑戦。
潤一と一瞬出会って、そして別れていく孤独な女たちを演じる女優陣たちには、
藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、
そして原田美枝子と国内外で活躍する6名が集結した。

「CANNESERIES」は、連続ドラマを対象とする国際的ドラマの祭典。
世界中から応募されたドラマ作品の中から選ばれた作品のみが、
4月にカンヌで開催される「カンヌシリーズ」でノミネート作品として上映され、
その中から作品賞・主演賞・脚本賞・音楽賞・特別賞が選出される。
全世界から応募された作品の中からノミネートされた10作品が、
6日間に渡りカンヌ映画祭と同じ会場で上映され、
現地時間4月10日の夜に授賞式が執り行われる。

そんなカンヌからの熱烈なラブコールを受け、
今回、志尊、藤井、北原栄治監督、広瀬奈々子監督、
河村光庸プロデューサーが上映会に参加し、
満員の観客から大きな拍手で出迎えられた。

今回、初めてカンヌを訪れた志尊は、
「日本の作品として初めてカンヌシリーズに招待を受けたことを
大変光栄におもいます。まさかこのような形でカンヌに来れるとは、
思ってもいなかったので、今はまだ地に足がついていない感じですが、
カンヌの空気を吸い、さまざまな方とふれあい、
この作品を沢山の人に届けたいという気持ちが強いです」と興奮した様子で話した。
(ドガッチ)


<「潤一」ストーリー>
職無し・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一(志尊淳)。

出産を控えた妊婦、映子(藤井美菜)。
妹の旦那と寝る姉、環(夏帆)。
亡くなった夫の不倫を疑う女性、あゆ子(原田美枝子)。
夫に束縛された女性装丁家、千尋(江口のりこ)。
処女を捨てたい女子高生、瑠依(蒔田彩珠)。
毎日男あさりに出掛ける女性、美夏(伊藤万理華)。

それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。
潤一はどこから来て、どこへ行くのか…。
(ザ・テレビジョン)


「潤一」
7月、カンテレで放送予定
※放送終了後から、国内プラットフォームにて配信予定
<キャスト>
志尊淳
藤井美菜
夏帆
江口のりこ
蒔田彩珠
伊藤万理華
原田美枝子


原作=井上荒野「潤一」
監督=北原栄治、広瀬奈々子
脚本=砂田麻美



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【<日9・TBS「この世界の片隅に」>松本穂香、松坂桃李 7月スタート】

   

TBSの日曜劇場「この世界の片隅に」のティザー映像が、YouTubeで公開された。
ドラマ「この世界の片隅に」松本穂香、松坂桃李、村上虹郎ら出演

こうの史代の同名マンガをもとにした本作は、
戦時中の広島・呉市を舞台に、身近なものを失っても前向きに生きていく
少女すずの姿を描いた連続ドラマ。
2011年には北川景子主演でスペシャルドラマが放送され、
2016年には片渕須直が監督、のんが主演を務めた長編アニメが公開された。

本作ではすずを松本穂香、北條周作を松坂桃李が演じたほか、
村上虹郎、伊藤沙莉、土村芳、久保田紗友、二階堂ふみ、
尾野真千子、田口トモロヲ、伊藤蘭、宮本信子らが共演に名を連ねる。

映像は、すずが家事に励むシーンからスタート。
そして尾野扮する黒村径子や、村上演じる水原哲らの姿が映し出され、
終盤には周作がすずに「あんたと一緒に生きていきたいんじゃ」と語りかけるさまが切り取られた。

「映画 ビリギャル」の土井裕泰らが演出を担当する
「この世界の片隅に」は、7月より放送スタート。

<キャスト>
松本穂香
松坂桃李
村上虹郎
伊藤沙莉
土村芳
ドロンズ石本
久保田紗友
新井美羽
新垣来泉
二階堂ふみ
尾野真千子
木野花
塩見三省
田口トモロヲ
仙道敦子
伊藤蘭
宮本信子



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
 


br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ブラックペアン」最終回 視聴率18,6%で有終の美】





あれ??

結局、みんな、良い人だった?
佐伯教授も、罪を隠し続けてた悪人と思わせておいて
実は、その隠されたブラックペアンには患者を最後まで
諦めずに救うという象徴だったということか。

ブラックペアン
その素材と意味。

すべは、イイヌマカツジさんのオペのときに明かされた。

ずっと、喋りながら、告白しながら
オペをする佐伯教授。
ただでさえ、倒れてオペしたばかりなのに。

そんな「真実」を知り
涙を流す、渡海センセイ。

二宮和也は、口、ひん曲げながらも
こちらも「悪魔」かと思いきや、
父親思いの優しい息子だったつーことで。

その間で、右往左往していた
竹内涼真くん。

ナイス演技でした。


あれだけの大学病院なのに
医師が、ほぼ全員か?と思ううような人数で
1つのオペを見学してたり
学会に出たり
今回は、理事長選に行っていたり。

ほかに患者はいないのか!!!?と
突っ込みたくなるシーンも、たくさんあったけれど。

なんといっても
最後の最後には、
いつもいつも
渡海センセイが、かっこよくオペ室に現れ
その見事な手さばきで患者を救う
ヒーロー的な存在は、
やっぱり、見ていて気持ちが良かったです。

教授、二人の板挟みになって

自分が裏切ったくせに
「裏切りやがって」と
いつも理不尽に怒ってる市川猿之助さんだった。

最後まで出番が少なくなるどころか
どんどん重要なポジションになっていく加藤綾子には
もう、最終回には、その棒演技にも棒セリフにも慣れ
なんだか、うまくなっていくのかもしれないとすら思いこんでしまう始末。

そして、最後まで内野聖陽さんの演技は
圧巻でした。
おみごとでした。
さすがでした。
存在感、ありすぎ。


渡海先生の、影の努力を目の当たりにした
世良先生は、これから、ものすごく良い医者にと
成長していくんじゃないかと期待しちゃいますね。

ぜひ、続編を!!
という声も多かったようだけど。


ブラックペアンの謎は解けてしまった後では
もう「ブラックペアン」のタイトルは使えないのでは?と
真剣に考え込んでしまいました。


【視聴率】最終回 18,6%

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
 


br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「あなたには帰る家がある」第10話 木村多江さんの秘密と中谷美紀のキス】

  
 

まさか、こんな展開になるとは。

不倫だけじゃなく
綾子(木村多江)には、秘密があるというのは
なんとなく触れられてはきたけど。

「ブラックリベンジ」では妹に夫を寝取られ
伯母として接してきた甥っ子が
まさかの、自分の夫と妹の間に出来た子だった!
っていう役だった木村多江さんが
今度は、姉の夫を寝取って
妊娠して、それを承知で茄子田(ユースケ・サンタマリア)と
結婚してた。

そんな事情があったとは。

細かい設定に脱帽でした。

なるほど、
そういう女だったのか。って。

いくら憧れてたお兄さんでも
実の姉の結婚相手、
結婚式の直前に、気持ちを伝えるとか
キチガイすぎる。
それで「受け入れてくれた」とか
バカなのか。

姉の森口瑤子さんが
あれだけ、妹である木村多江さんを
毛嫌いしてる理由がよくわかった。
母親とも絶縁状態だったことにも納得がいくわ。

おまけに、結婚するなら
女には縁のない、家庭のことだけを考えてくれる人と
太郎を選んだとか、なんという。

今回は、実に、ユースケ・サンタマリアがカッコ良かった。
もともと、カッコいいんだけど。
これだけ、だっさい役演じきってた中で
その中に、優しさと器の大きさと
心から綾子を愛して守ろうとするその姿は
亭主関白風なところを、わざと演じてた太郎さんの本物の優しさがあったよね。

玉木宏の顔だけ男とは、大違い。

玉木宏も玉木宏で、顔だけ男のだささを
演じきってて、
対照的で、おもしろかった。


終盤にきて、子供が中心に描かれていき
茄子田家の長男が、とても悩み苦しんでいたことが
麗奈にだけ告げているという、これも、なんの因果なのか。

そんな子供、二人の思わぬ行動が
麗奈の両親と、茄子田の二人を
綾子の実家へと、全員集合させてしまったわけだけど。

こんな展開、思ってもみなかった。

ただただ、W不倫のドロドロばかりを描いていくのかと思ってたから。

綾子。
木村多江さん、本当にイヤな女になりきってて。
あの男にだけ媚びるようなところ
ホントに大嫌いになりそうなくらいに
素みたいに演じてる。


そして、今回、まさかの
真弓(中谷美紀)の、茄子田へのキス。。。

これは、茄子田。
勘違いしちゃうよ。。。。
まさか、本当に真弓は、茄子田と一緒になりたいとか
思ったわけじゃないとは思うけど。
本当にいい人で、
本当に素敵な人であることを、
少なくとも、綾子より、ずっとずっと分かってしまった真弓。

なのに、綾子は、秀明さん、秀明さんって
まだ言ってるし。


息子を連れて、
堂々とお焼香に向かったユースケ・サンタマリアは
めちゃくちゃカッコ良かった。

これが、自慢の息子だ!と。
一緒に暮らして一緒に御飯食べてれば、親子なんだ。って
心からそう思ってるユースケ・サンタマリアの言葉が
綾子には響かないのかしら。
中学生になるまで、そんな夫に守られてきたことを
綾子は、気が付かなかったのかしら。

気づいてても、
綾子には、太郎への愛がなかったってことなのかしら。

もう、綾子がバカすぎて
逆におもしろいわ。

離婚したらおしまいになるわけじゃなく
いまだに、トラブルに二人して巻き込まれ続けてる
真弓と秀明って、いったいなんなんだろう。


なんか、かわったドラマだった。
いや、まだ次週が最終回。

このドラマは、どう決着がつくんだろう。
想像がまるでつかなくなってきた。。。。


あ、そうか。
これって原作がマンガだったんだ。
ちゃんと原作があったんだ。
はじめから練られてた展開だったのか。
マンガ、侮れない。。。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ブラックペアン」 元アスリートにアナウンサーなんなん!このキャスティング】

 


せっかくドラマは、そこそこ面白いのに
どうして、こんなに重厚なドラマなのに
畑ちがいの人が、たくさん出てくるの?

いいかげん、イラっとするんだけど。

加藤綾子だけならまだしも。

元水泳選手の田中雅美に
元テニスプレイヤーの沢松奈生子
フリーアナウンサーの福沢朗まで。。

もう辟易ーー;


なんでなの?
話題作り?

これだけ加藤綾子に演技批判もあるのに
いっこうに出番減らないし。
この役も専門家から、おかしいって苦情も来てるっていうのに。
でしゃばり過ぎの役だし
セリフ変だし。
もう、やんなる。
見たくなくなる。
へたくそおおおおお!と言いたくなる。


苦手だった葵わかなが
普通に見えてくる。。。


ってわけで
内容が、あまり入ってこない。


でも、頑張ってニノの演技見る。

なかなか良いよね。
ニノの性格の悪い医者。

早く種明かししないかな。


とりあえず、キャスティングに文句あり。
って書いておきたかった。


【視聴率】第6話 13%


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ




br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2011年10月スタートドラマ▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ