ドラマレビューBlog byちゃめ

ドラマのあらすじ、感想、ネタバレ、ドラマ情報、視聴率、撮影ロケ地情報、ドラマ着用ファッション、新ドラマ情報&斎藤工、斎藤工斎藤工さんの作品情報など

≫ EDIT

【2017年10月スタートドラマ一覧】

       

★★(ノーベル文学賞受賞・カズオ・イシグロ原作「わたしを離さないで」)綾瀬はるか主演★★


(スペシャルドラマ)
9/20(水)9:00~日テレ「地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子」石原さとみ主演、菅田将暉
10/29(21:00~) テレ朝「BORDER 2」小栗旬主演
10/6,13(23:15~) 「BORDER(衝動)」(スピンオフ)
波瑠主演 
10/14(土)21:00~フジ「世にも奇妙な物語」吉岡里帆、岩田剛典、中山美穂、藤原竜也、加藤綾子

(朝ドラ)
わろてんか 

(月)
<月9・フジ「民衆の敵」>篠原涼子主演 10/23スタート
<月24:59「吾輩の部屋である」>菊池風磨主演 9/18スタート

(火)
<火9・フジ「明日の約束」>井上真央主演 10/17スタート
<火10・TBS「監獄のお姫さま」>小泉今日子主演 10/17スタート

(水)
<水9・テレ朝「相棒16」>水谷豊主演 10/18スタート
<水10・テレ朝「奥様は取り扱い注意」>綾瀬はるか主演 10/4スタート
<水10・BSP「GO!GO!フィルムタウン」>土村芳主演 10/18スタート
<水24:55「パパ活」>渡部篤郎、飯豊まりえ主演 10/11スタート
<水25:25・フジ「ラブホの上野さん2」>本郷奏多主演 10/11スタート


(木)
<木8・テレ朝「科捜研の女 17」>沢口靖子主演 10/19スタート
<木9・テレ朝「ドクターX」>米倉涼子主演 10/12スタート
<木10・フジ「刑事ゆがみ」>浅野忠信、神木隆之介主演 10/12スタート
<木11:59・日テレ「ブラック・リベンジ」>木村多江主演 10/5スタート

(金)
<金8・テレ東「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」>沢村一樹主演 10/20スタート
<金10・NHK「この声をきみに」>竹野内豊主演 9/8スタート
<金10・TBS「コウノドリ2」>綾野剛主演 10/13スタート
<金11:15・テレ朝「重要参考人探偵」>玉森裕太主演 10/20スタート
<金0:12・テレ東「新宿セブン」>上田竜也主演10/13スタート


(土)
<土8「植木等とのぼせもん」>山本耕史主演 9/2スタート
<土9・BSJ「プリズンホテル」>田中直樹主演 10/7スタート
<土10・日テレ「先に生まれただけの僕」>櫻井翔主演 10/14スタート
<土11:05・テレ朝「オトナ高校」>三浦春馬主演 10/14スタート
<土23:40・フジ「さくらの親子丼」>真矢みき主演 10/7スタート
<土24・テレ東「フリンジマン」>板尾創路主演 10/7スタート

(日)
<日9・TBS「陸王」>役所広司主演 10/15スタート
<日10・BSP「全力失踪」>原田泰造主演 9/3スタート
<日10:30・日テレ「今からあなたを脅迫します」>ディーンフジオカ、武井咲主演 10/15スタート

視聴率
20171016.jpg

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | ▼2017年10月スタート▼ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「わろてんか」第19話てん、女中になる!!】

  

籐吉の母、ツエコさん(鈴木京香)は、
てんを、ほぼ無視して、籐吉には、楓(岡本玲)しか
考えられないという様子。

楓も楓で、ものっすごい気の強い女で
「この縁談に、かけている」とてんに宣戦布告。

それも、「妾のひとりくらいおってもええです」
籐吉が連れてきた駆け落ちの相手を
妾呼ばわり。


母も、「駆け落ちなど、とんでもない!」と
真っ向から許す余地なし。


なのに、てんは、笑ってるし。
「うち、お母さんに認めてもらうよう頑張ります」

楓が
「うちは、あんたみたいに、いつもいつも愛想笑いしてるおなごが
大嫌いなんどす!!」って言ってたけど。

同感。

へらへら笑ってる女。
嫌いだわ~


それでも、気持ちはぶれないてん。
まあ、大したもんだよね。

啄子さんの質問が始まった。
「この家に入る覚悟を聞かせてもらいましょう」
「二度と実家の敷居は、またがないつもりです
どうか、ここにおいてください」と籐吉とアタマをさげる、てん。


なんと、
「女中としてなら、置いてあげましょう」と、お母様。


さすがに、起こった籐吉だけど

「かましません。
どうぞ、よろしゅうお願いいたします」と、アタマをふたたび下げるてん。

なんか、腹立つわ、この女。
って、私も思うわ。


女中部屋に押し込まれた、てん。


なんだか、朝ドラっぽい朝ドラなんだろうけど、
こういう姑からの、イジメ展開。

やだわー。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | わろてんか | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【WOWOWドラマ「片想い」第1話 中谷美紀がオトコマエでカッコいい】

WOWOW   

原作を、電車の中で読みながら元マネージャーが男だった!!という
驚愕の事実に、思わず
「えええええええ~~~!~!!!!!」と、
大声を出しそうになって、必死におさえたのを覚えてる。

それくらい、最初のほうは、元アメフト部の毎年行われる同窓会からの
思い出話やら、同じ酔っぱらいの試合の失敗談で
なんだ、これって、体育会系の話しなのか?と
興味がない入り口だったので、
この爆弾は、本当に驚いた。


やっぱり、その「衝撃」は、映像だと伝わらなかったな。
前々から、中谷美紀が、性同一性障害の役に挑戦!って出てたし
ビジュアルも公開されちゃってたから。

そういうところは、本っていうのは、先が見えず
映像も想像でしかなく、いきなり出てくるので
本当に、すごいショックだった。


けれど、中谷美紀の言葉遣いから
ふるまい。
この役作りのために、かなり鍛えたという、その筋肉美。
映像としての、引き込まれ方も、ハンパなかった。


殺人という事件と
もう1つ、「男と女」という「性」の問題が取り上げられている作品で
アメフト部の花形だった西脇哲朗(桐谷健太)が現在は
スポーツライターをしていて、
その取材先で出会った陸上選手の女の子
末永睦美(高月彩良)が、実は女でもあり、男でもあるという女子高生。


「トランスジェンダー」という問題が
複雑にからみあった作品で
あっというまに、読破した原作だったので
どんなふうに、描かれていくのか、
始まる前から楽しみなドラマだったけれど

想像以上に、美月を演じる中谷美紀がステキなので
これは、絶対に全部見たい!!と、思わずにはいられないと思わせるドラマだ。

桐谷健太も、今回は、CMにの影響で滑舌が妙になりすぎてたのが
やっと直ってきたっぽいので安心して見られる。

理沙子役の国仲涼子も、なかなか適役。
ああ、確かに、こんな雰囲気かも!って。

和田正人や、大谷亮平、鈴木浩介と、脇もしっかり。

やっぱり、CMがないっていうのは、
こういう良質なドラマが出来上がるんだな~と
思ってしまう。

WOWOW 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | 片想い | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「わろてんか」第18話 駆け落ち】

  


儀兵衛につかまった籐吉。

なんあななな、なんと
「お嬢さんをください」
土下座して、言った!!!!


「店は継ぎます
きっぱり、芸は捨てます。」



展開、ここにきて早くなった・・・


懇親の最後の芸?で
みんなの前でてんをシアワセにすることを誓う籐吉。

「オレの嫁はんになってくれ」

ここで、てんにプロポーズ。

これは、びっくり。


「てんは、オマエなんかにやらない」と、父。
そう言うわな・・・

「うちも、笑うていきたい。
このひとを忘れようとして忘れられませんでした。
蔵にいるときも、笑わせてくれました。
それが、好きだということに、ようやく気が付きました

どうか、どうか、籐吉さんと一緒にならせてください」


まだ、籐吉と再会してから
それほどたってないのに。

とはいえ、8年の恋だからな~。


でも、儀兵衛父の怒りは、おさまらない。

「勘当や」


てんは、家を出る支度をすると
妹が、止めようとする。
「そんなことをしたら、二度と帰れなくなりますよ。
そんなに好きなんですか?」

「好きや」と、答えるてん。


うわ、妹のりんが、父に
「自分が、婿をとるから、姉を行かせてやってくれ」と言い出した。


なんと!

おばあさま(竹下景子)までもが
てんの味方についた。


てんは、本気で、籐吉と一緒に生きていく決意をしたんだ。

号泣してる儀兵衛さん。。。


駆け落ちってやつですか。。


「一緒に、わろてんか」
と、良い雰囲気での籐吉の言い方だったのに

「へえ、よろしゅうおねがいします」
ちょっと、セリフ、へたなおてんちゃん。


籐吉の実家へとやってきたてん。

お母ちゃん、

えええええ~
そうなのか。鈴木京香。

しかも、このキャラ!

ぶっ飛んでた。


母は、会わせたい人がいると、
楓(岡本玲)を
「あんたの、許嫁やで」と紹介する。

駆け落ちしてきたのに?
てんが一緒にいるのに。


さっそく、一悶着あるわけか。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | わろてんか | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「ユニバーサル広告社」第1話 ひよっこ再び集合~】

   

すっごい、面白かった!!!

いきなり、実さん、
いや、沢村一樹と、柏木じゃなくて、三宅裕司のツーショット。

広告会社の社長、石井とクリエイティブ・ディレクターの杉山。


家賃25000円につられて
田舎の港町まで引っ越してきた「ユニバーサル広告社」

出ていく人ばかりの町に
入ってきた人がやってきて
驚くのは、愛子さん!!
じゃなくて、喫茶店「ジュルビアン」のさくらさん(和久井映見)。


さくらさんが、愛子さんの喋り方とは、まるで違ってて
こっちのほうが、自然な喋り方だけど。
愛子さんと負けないくらい、こっちのさくらさんも、可愛らしくて魅力的。

そんな、さくらさんの店しか
この町では、あいてるフード店はなく、
杉山がテイクアウトを頼むと、
一緒に運びながら、くっついてきた、さくらさん。

「会社」の仕事を、見てみたいと
しばらく様子を見ていると、
取引先から、急な広告の変更を今日中にという連絡が!


デザイナーの村崎(要潤)に、経理のエリカ(片瀬那奈)
4人の仕事っぷりを見ていた、さくらさんは
この人たちは「ホンモノ」だわ!!と、なんだか、感激してる。

お茶いれたり、
コーヒーいれたり。
夜には、おにぎりを作って届けたり。

この、さくらさんには、どんなドラマがあったんだろう?
この広告社には、何があるんだろう?
すっごく興味がわいてくる。


また、「ひよっこ」の元治さんも出てるし。
でんでんさんもいるし。

朝ドラと違って
のびのびと書けてるんじゃないのかな?って思える脚本で^^;

この、さくら商店街に、奇跡が起きそうな予感。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ユニバーサル 広告社 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「重要参考人探偵」第1話 玉森裕太の行く所にいつも死体】

 

「リバース」での玉森裕太の演技が、素晴らしかったので
これまであまり見たことなかったけど、主演ドラマ、ぜひ見てみたいと思って見た。

カホコのジイジ(西岡徳馬)が、
シャンとして警視庁捜査一課長やってた!!!
意外と若かかったんだね^^;



モデルをしている、マネキ圭(玉森裕太)は、子供のころから
いつもいつも、いつも、
死体の第一発見者になってしまう特異体質(?)

遊びに出かけて、足下が、何かに引っかかると、遺体。
歩いてると、目の前に転落死が降ってくる。
工事現場の横を歩くと、爆破現場からふっとばされてくる遺体。

いつもいつも、いつも第一発見者なので
いつもいつも、いつも「重要参考人」


モデルの仕事は、広告やチラシなどのモデルが目立つ仕事ではない。

そんな圭と、モデル仲間の周防齋(小山慶一郎)と、シモン(古川雄輝)の3人で
新作腕時計のパンフレットの撮影の仕事が入った。
その時計を15年企画していたという宇田川(マギー)は
時計のことを熱く語っていた。

そこに企画部長の小高(遼河はるひ)がやってくると
仕事よりも、圭たちに色めきだつのだ。
「レセプションパーティーにも、是非いらっしゃい。」と誘った。


けど、遼河はるひ。

そのレセプションパーティーで壇上に上がって
話し始めたとたんに、
上から吊るされていた、シャンデリアが落ちてきて。
隣の圭ののすぐ横で、
死んだ。


遼河はるひが、いきなり死ぬって役にも、ちょっと驚き。


しかも、そのレセプションパーティーでは
3億はくだらないという懐中時計が展示されていたものが
その騒ぎと、一瞬の暗さの中で消えたいた。


いつのまにか、圭のポケットに入っていた懐中時計。
またもや、重要参考人となってしまった圭。

でも、今度は、周防とシモンと圭とで
推理を働かせ、掲示たちの前で真犯人をつきとめるという
探偵まがいなことを、やってのけた。


ここから始まったんだ。
重要参考人探偵か~。


なんか、おもしろそう。


「プリズンホテル」でヤクザだった豊原功補が刑事だったり
滝藤賢一さんのオネエ。
刑事→医者→刑事の新木優子だったり
カホコのジィジだったりと
キャストも充実。

玉森裕太の演技にも、注目w


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | 重要参考人探偵 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「わろてんか」第17話 チョコ衛門籐吉さん】

  

神社の境内で寝てた籐吉に掴みかかった風太。
「オマエにてんを守れるはずがない!!」

殴りかかった風太を止めたのは、リリコ。
(まだいたのか・・)


リリコは、籐吉に自分が面倒みると言うと
ハッキリ、籐吉は言った。
「それはできない。
おてんちゃんに惚れてしまったのだ」と。

そして、蔵に通う、籐吉。

籐吉は、手紙を書くことで
実は、自分のほうが救われてたのだということを話した。
一度は、実家に戻ったけれど
手紙を書いていることで
自分の夢が広がっていくような気持ちになってたんだね。。。

ずっとリリコたちといたわけではなかったんだ。


そして、風太はというと、
伊能栞さま(高橋一生)のところへ行った。

「てんと結婚して婿養子になってやってほしい」と。

ところが、伊能さんのほうが、一枚上手。

「それは、君がてんさんにお嫁に行かれるのがイヤだからではないか?
自分のそばにずっといてほしいからではないか?」と。

図星すぎる。



そして、今度は、籐吉が寝ているところに
米問屋の番頭さんが、やってきた。
よく、こんな所に寝てるって、分かったな・・・。

お母さんが、倒れたから、すぐに帰るように。と。

ところが、籐吉は、一日だけ待ってほしいと言い
てんちゃんに会いにいく。

チョコを持って。

いつかの、あの日のように、
口の周りに、チョコ髭をつけて、
石川チョコ衛門を見せてくれたのだ。

てんは、大喜び。

しかし、籐吉、捕まった。
これまでよりも、一層恐い顔した、儀兵衛さんに
捕まった。。。


儀兵衛さん、恐いんだけど
「ドクターX」で出てる海老名が、わりと情けない男なので
同じ時期に、出てるっていうのは、ちょっとな~と。

せめて、朝ドラの出番がなくなってからだったら良かったのに。。。

濃い顔だから、余計に感じるわ。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | わろてんか | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【「刑事ゆがみ」第2話 ゲスト斎藤工は下着泥棒いや下着コレクター】

  

「バーカっ!!」
って、ずっと羽生(神木隆之介)の取り調べで
言ってた斎藤工。

個性的な衣装。
これ、いつもの斎藤工っぽい。

でも、結局、斎藤工は、事件には、まったく関係なくて。

ただの、教え子と教師だった2人の
美しい恋の話しだった。。。

水野美紀が「黒い十人の女」の時と違って
しおらしい感じの40過ぎても男性経験のない教師役やってた。
すごい役の幅が広くなったな~って感じたな~。


っつーか、今回のゲストは、水野美紀と中川大志でしょうが。

斎藤工は、客寄せパンダか?

取り調べシーンだけだったけど、面白かったから
まあ、いっか。

もっと重要な役なのかと思ってたので、
ちょっとガッカリだけど。


【視聴率】第2話 5,8% 客寄せパンダにもならなかったようでーー;

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



br_decobanner_20110417165910.gif | 刑事のゆがみ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【木村拓哉、ボディーガード役に初挑戦! 「エンジン」脚本家井上由美子と13年ぶりのタッグ】

   

木村拓哉が、来年1月期放送の新木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」(仮)で、
自身初のボディーガード役に挑戦することが明らかに。
人間描写の名手・井上由美子と13年ぶりのタッグを組み、
命を左右する緊迫した状況に丸腰で立ち向かう男たちの熱く泥臭い戦いの日々を鮮烈に、
そしてリアルに描いていくという。

日本において、警護する職業として一般的によく知られているSP(セキュリティーポリス)。
彼らのように拳銃や殺傷能力の高い武器を持てない、
あくまでも民間人に過ぎないのがボディーガード。
しかしクライアントの依頼は絶対であり、どんな状況でも護らなければならない。
もし武器の持たない状態で、有り得ない危機が訪れたら…!? 
丸腰で危険と隣り合わせでいる彼らこそ“究極のサービス業”とも言えるのかもしれない。

これまで検事、パイロット、医師と様々な役を演じてき木村さんだが、
今作で演じるのがこの民間警備会社のボディーガード・島崎章。
過去の出来事をきっかけにボディーガードの世界からは身を引いていたのだが、
身辺警護課の新設を機にボディーガードへの復帰を決意。
しかし、なぜか自らのキャリアを隠したままに…。
また私生活では、中学生の息子とふたり暮らし。
だが、息子の思春期もともなってか、いまいち円滑なコミュニケーションはとれていない…。
まさに“命の盾”ともいうべきボディーガード・章を、木村さんはどのように演じるのだろうか?

この物語を描くのは、「白い巨塔」「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」
「緊急取調室」シリーズなどで知られる、人間描写の名手・井上氏。
また、木村さんの主演作でも「GOOD LUCK!!」「エンジン」を手掛けている。
今回13年の時を経ての再タッグが実現。
“民間ボディーガード”という特殊な立場にある人々を題材に、濃密な
人間ドラマを完全オリジナルで描いていく。

木村さんは、「“ボディーガード”という方々がどんな業務をされているのか
――みなさんが抱いているイメージもあると思いますが、それを一掃するような
作品になるのではないかと思っています」と言い、
「スタッフ、共演者の方々とこれからどういうアプローチをしていけるのか、楽しみです」とコメント。
役柄については、「過去のある出来事がきっかけで現在はボディーガードの世界からは
退いているわけですが、その当時にはボディーガードという仕事に
使命感・プライドを持って職務に就いていたのだと思います。
過去に起きた出来事、それが章の心にどのような変化をもたらしたのか、
しっかりと自分の中に落とし込んでいきたい」と意気込み。

今回タッグを組む井上氏については、「13年という年月を感じないくらい
身近な存在」と明かし、「井上さんほど、本を作っていく過程で
柔軟な方はいないんじゃないかと思うくらい、いつも出来上がってきた本に驚かされます。
また、女性目線で描く男性の心理・世界もとても興味深いので、
今回も井上さんが作ってくださる世界の中で、存分に章という男を
担っていきたいと思います」と絶大なる信頼を寄せているようだ。

また、「ボディーガードは、普通に暮らしている人たちには遠い存在、
無関係な世界と思いがちかもしれませんが、決して特別な存在なわけではない、
ということを、この作品、そして島崎章という男を通してみなさんに
伝えられたら嬉しいです」と呼びかけている。

また、木村さん演じる島崎章と共に警護対象者を護るチームの仲間たち、
ボディーガードと激しく対立する警視庁のSP役に名を連ねる
豪華共演陣も近日発表予定となっている。

木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」(仮)は
2018年1月より毎週木曜日21時~テレビ朝日系24局ネットにて放送予定。
(cinema cafe)

木曜9時テレ朝ドラマ枠って噂、本当だったんだね~。
ボディーガードのドラマだと
つい最近では窪田正孝が演じてたNHKのドラマを思い出す。
あと「MOZU」ね、
警備会社は、警察の息がかかってるっては話しだったけど
今回の木村拓哉のボディーガードは、どんなドラマになるんだろう。

目のつけどころが、鋭い。
ボディーガードなら、ちょっと見てみたいと思うもん。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


br_decobanner_20110417165910.gif | ●新ドラマ情報 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【川栄李奈、金爆・喜矢武と夫婦役で初共演!『コウノドリ』で妊婦演じる】

  

元AKB48で女優の川栄李奈と
ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの喜矢武豊が、
27日に放送されるTBS系ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22:00~)の第3話に出演し、
夫婦役で初共演を果たすことが19日、わかった。

講談社『モーニング』にて人気連載中の鈴ノ木ユウの同名漫画をドラマ化。
2015年10月期に放送された前作に続き、産婦人科医と天才ピアニストの
2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラ役を綾野が務め、
前作から2年後の姿を描く。

第3話で川栄が演じるのは、初めてのお産でサクラ(綾野)の元へ診察に訪れる
妊婦・山崎麗子。心臓病を患っており、サクラから無痛分娩を勧められるが、
周囲から聞いた“出産ジンクス”に振り回されペルソナの医療者たちを
困惑させるという役どころだ。
昨年ドラマで妊婦役が続いた川栄が、今回も安定した妊婦ぶりを披露する。
そして、TBSドラマ初出演となる喜矢武が、心配性の妻・麗子を支える妻想いの夫・友和を演じる。
(mynavi)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

br_decobanner_20110417165910.gif | コウノドリ2 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

体質や生活習慣
FX
ブログパーツ